ブログ「日々整体」

妊娠するために必要な考え方

「出産さえできればそれでいいのか?」

というと大半の女性が違うと答えると思います。
なにが違うかというと、赤ちゃんがお腹の中で健康に育って欲しいし、無事に出産したいと思うでしょうし、出産後は元気に育って欲しいし、大きく育ったら一人前になって幸せな人生を送って欲しいと思うはずです。

それなのに、ほとんどの人が、

「妊娠さえすればいい。」

という考え方で妊活をしています。
まずこれが大きな間違いです。子供が欲しいという気持ちはわかりますけど、なぜ欲しいのかと考えてみてください。たぶん、ほとんどの人は、

「幸せになりたいから?」

ではないでしょうか。
だから、妊活と出産そして子育てがどういうものか?妊娠と出産を経る事で幸せを失う事がないかをまずはよく考えてみて欲しいのです。

生まれてくる子供が健康で元気に育つかは両親の健康状態によって大きく影響を受けます。
だから、子供をもうけて幸せになりたいと思うのであれば、まずは子供の親であるあなたが健康にならなくてはいけません。不健康といえる状態のまま、子供が欲しいという女性があまりにも多いのです。

私が整体師として声を大きくして伝えたいことは、

「母親が健康な状態であれば子供は健康に生まれるし、健康に育つ。」

という事です。
こんな事は当然というかあまりにも当たり前の事なのです。しかし、健康な状態がどのような状態なのかということを間違って認識しているのでおかしな事になっているケースを頻繁に見かけます。

男性が原因の不妊もあります。
この場合は、男性が健康ではないから子供ができないだけで男性が健康になれば子供はできるようになります。男性が原因の場合は、検査ではっきりと特定できる事が多いのじゃないでしょうか。問題は、現行の医療では男性の不妊の原因を解消する技術がほぼないようです。しかし、医療にはありませんが、整体であればちゃんと解消できる可能性がありますので心配はいりません。このケースの具体的な問題点についてはは後半で述べます。

ただ、不妊に関しては女性に相談を頂く事の方が圧倒的に多いので今は女性を中心に述べていく事にします。
まずは、

「子供ができにくいというのはどういう事か?」

と考えてみてください。
この状態がどういうものか、整体で考えてみればはっきりとわかっています。子供ができないというのはお腹の中で子供が健康に育ちにくい状態だからです。

例をあげると、

「こんなんでよく子供が産めたな。」

と、つい言ってしまった同級生の女性がいます。
その女性の旦那も同級生だったので後で聞いたら、出産の時に、

「医者に母子ともにダメな可能性が高いから覚悟をしておいてくれ。」
「万が一の時はどちらを優先するか?」

と言われたといっていました。

このように女性にとって妊娠と出産というのは命がけになってしまうケースがあります。
そして、なかなか妊娠ができないという事は、お腹で赤ん坊が育ちにくいとか、出産に大きな問題が起こる可能性が高い状態だという事です。妊娠できないのではなく、自身の命を守るために妊娠しないのです。

「体は常に自分の事を最優先に、自分を守っていてくれる。」

まずは、このように認識をしてください。

ところが、専門家である医師にはこのような考えが全くありません。
体が自分の命を守るためにやってくれている働きを停止させて子供を妊娠させるための工夫をするのです。そして、それを不妊治療と称しているのです。治療っていったいなんなだと考えたくなりますね。

私に言わせれば、決して許せない行為です。
先に述べた、どうして子供が欲しいと思うのかという前提を考えてみてください。様々な表現があると思いますが、『幸せになるため』であるというのは総ての人の思いではないでしょうか。医療がそれなりに進歩しているので、無理矢理妊娠して出産しても母親が亡くなってしまうという最悪の事態になるケースは減ってはいるのかもしれませんけどね。

体を壊してまで妊娠出産までして、生まれてきた子供は健康とは言えない状態です。これで幸福な生活をおくるというのはほとんどの人には無理だと思います。

わかりやすいところだと、マタニティ鬱だとか産後鬱なんていう言葉は聞いた事があるでしょう。
これは医療が、

「妊娠して出産さえしてしまえば他の事は知りません。」

という事を平気でやっているから起こるのです。
ひどいのだと、出産した赤ん坊の事を愛せないような状態になってしまっているケースの話を聞いた事があります。すべてが医療の問題かというと違うケースもあるだろうとは思いますが、医療の関わり方は非常に大きな影響を与えるのにそれについては知らんぷりをしてしまっているというのが現状でしょう。

次に、妊娠できない体の問題についてです。
実は、生殖能力、つまり妊娠して出産をするための働きは頸椎6番が大きく関わっています。頸椎6番の働きは、新陳代謝に深く関連しているといつも説明をしていますが、新陳代謝というのは性の問題にも深く関わっています。

解りやすいところだと、

「赤ん坊を育てるための母乳は実は汗が変化したものだ。」

なんて話を聞いた事がある人もいるかもしれません。
だから、母乳がでないという人は汗をかくのが苦手で、新陳代謝が悪いという事がいえます。ついでにいっておくと女性でバストが大きい方は肺の活動が大きい方で新陳代謝が高い傾向がありますね。オペラ歌手なんかで胸が豊かな方がいますけど、それは肺が大きくて高い能力をもっているからです。

余談を付け足しておきましょう。
性の感覚に関わる問題はだいたい頸椎6番の問題です。性同一性障害なんていうのは最近はいわなくなって、いろんな言い方がでてきてよくわかっていませんので細かい部分はほっておいてくださいね。

体の性の状態と身体感覚の性がずれてしまうと表現するとわかるでしょうか。
これは頸椎6番の問題です。結婚直前のカップルがやってこられて、その男性の頸椎6番に狂いがありました。その結果起こっていた事は、膝が内側を向いていたという事でした。平たくいうと、スカートがはけるような体の状態でした。だから、女性の方へ、

「もしかしたら、結婚してから実は男に興味があるんだ。」

とか言い出すかも知れないからびっくりしないようにとアドバイスをした事があります。
このとき、男性にそのような性癖はなかったようです。ただ、何かのきっかけで目覚めるという事があるかもと思ったのです。まぁ、この方の頸椎は私が正してしまったので、そんな性癖がかつて眠っていたことには今更気がつけるはずもないと思いますけどね。

話を戻します。

こんな具合に、頸椎6番の影響は男性も同じです。
頸椎6番に狂いがあると、生殖能力に問題が起こる事があります。女性だと、生理不順だったり、生理痛が辛いなど生理にすぐさま影響がでてくるからわかりやすいでしょう。男性は妊活に関わる部分だと、精子の数が少ないとか活動が弱いとかそんな具合になると思うので検査でわかることが多いでしょうね。

妊娠中のつわりも頸椎6番の影響です。
実は、つわりはお腹の赤ん坊が健康に育つために起こっています。赤ん坊が健全に育つようお腹の環境を整えるために頸椎6番を動かすという運動を勝手に体が起こします。その結果、気分が悪い、吐き気、めまいなどがおこるのですが、そういう症状は頸椎6番を揺すって動かすために起こっているものです。だから、症状を起こすことが目的ではありません。気分が悪いという女性には、そう説明して

「ゲロゲロと吐けば吐くほど赤ん坊が元気になる。」

とアドバイスをしています。
まぁ、辛いでしょうけど、元気な赤ちゃんを生もうと思うのであればたぶん我慢できると思います。本当は妊娠する前に頸椎6番をちゃんと整えておけば、つわりなんかで苦しむ事はなくなるはずですけどね。

頸椎6番の影響は狂い方によって様々です。
すべての人が同じように狂う事はないからケースバイケースだとしか説明のしようがありません。先に紹介した男性のように、妙になよっとした部分がある男性、すごくキレイな女性なのに中身が中年のおっさんとしか思えない人がいたり、行動、思考、性癖に影響がでる事もあります。だから、頸椎6番が狂うとすべての人が不妊になるというような単純な問題ではありません。

また、年齢をかさねる事で変化することもあります。
若いイケメンが好きだったけど、急に渋いおっさんが好きになったとかいうのは頸椎6番の状態が加齢等の理由で状態が変化したからだといえます。

長くなってきたのでそろそろまとめようと思います。

女性が出産をして幸せになろうと思うのであれば頸椎6番の状態は整えておいた方がいいでしょう。
例えば、生理痛が辛い、不順のまま妊活、そして出産をしようなんていうの当たるも八卦みたいなギャンブルみたいなものだと感じます。そこまでいっていなくてもなぜか妊娠できないというのであればまずは頸椎6番の働きに問題があるかもしれないと考えてみてください。

私に言わせれば頸椎6番を狂わせたまま高額な不妊治療を行うなんて言うのはナンセンスです。
もちろん、幸福の感じ方というのは、個人差がありますから、私の考えを押しつけてはいけないとは思いますけどね。

最近、お腹が大きくなった女性に会ったのですがとても幸福そうだと感じました。
この女性は、最初、

「近くに結婚するのだけど生理がない。」

といって整体にこられた方でした。
すべての人がうまく行くわけではないのですが、こんな具合に幸せになれる人もいます。だから、もし不妊でお悩みの方おられたら相談してもらえればと思います。男性でも女性でもどちらでも問題はありませんので。費用だって成果がでるかどうか怪しい謎の不妊治療と比べれば雲泥の差だと思いますしね。
関連カテゴリー< 不妊産後鬱

疾病は決して不要な存在ではあるまい

(本文)
 病に冒さるゝと云うことは、既に生理機能が弛緩し、退行してゐるからである。従つて羅病するということは、人体に反応作用を起こさしめ、生理機能の亢進を図る為の刺激である。而して刺激に反応して亢進した生理作用が発病であり、この現象が病症である。
 然らば疾病は決して不要なる存在ではあるまい。不自然的生活に対しての忠告であり、その調整である。健康の弛みを引き締める為の存在である。羅病するからには吾人は確かに不自然的生活をしてゐたに相違なく、発病するが故に正しき健康の保持を保証されるのである、それでこそ全生し得らるゝのである。

現代語訳と注釈は四面楚歌に掲載しています。
関連カテゴリー< 野口晴哉研究

3月東京(蒲田、日暮里)の整体

3月の予定を公開しています。
整体を希望される方は、電話にて申し込みください。

蒲田
3月6日、20日(日曜)

日暮里
3月7日、21日(月曜)

予約時間はこちらで確認ください。



関連カテゴリー< >

辛い出来事に耐える方法

どこで読んだのか全く記憶にないのですけど、拷問に耐えるための訓練なんてものがあるそうです。
重大な機密を知っているCIAの諜報員や政治家なんかがその訓練を受けているとかなんとか。訓練を受けていないと拷問で苦しめられた上に極秘事項を暴露させられるなんていう事になります。そのため拷問が無意味にするため、そしてその効果が得られないようにするなんていう発想がでてくるのでしょう。

それで拷問に耐える訓練についてです。
実際に拷問を受けてそれに耐える訓練ではないそうです。本当なのかどうかは確認ができないのですが、自分をある特殊な状態にするという手法なのだとか。どういう事かというと、拷問を受けている間は、

「自分が拷問を受けている。」

という状態ではなく、

「拷問を受けている自分を眺めている。」

という精神状態にするのだそうです。
具体的には、拷問を受けている自分を部屋の天上だったり空中から眺めるという視点をもつのだとか。すると拷問を受けているのが他人事になるのでどんなに辛いとか苦しくても耐えられるそうです。

まぁ、こんな事を知ったからといっても、実際に試す機会などありませんから

「そんなので肉体の痛みを耐えられるようになるのだろうか?」

と思っていたのですが、この事はまったく違う方面からの知識から正解のようだと思われました。
インドだったかチベットあたりだったと思うのですけど、針を体に刺したり、剣山の上に座ったりしながらヨガのポーズをとっているの見たことがあります。それで、

「こういう修行って意味があるのだろうか?」

と、ずっとうっすら考えていたのです。
実際、釈迦はこういう修行をやっても真理には到達できないから意味がないといったそうですしね。それで、お坊さんがやっている修行の意味って何かというと、あらゆる物事に主観を挟まないで客観的に見るためのものだという事がいえます。それで、

「どうも自分を客観的にみる事ができるようになると、肉体のあらゆる苦痛に耐える事ができるようになるらしい。」

という事に気がついたのです。

この繋がりはちょっと唐突に感じるかもしれません。
ただ、書き始めるとかなり長大な文になってしまいます。また、ここらあたりの問題というかテーマは言語化してしまうと悟りの境地からはどんどん離れてしまうだろうと思われます。まぁ、私は悟りなんかには恐ろしくこれ以上は近づきたくないですし、ここを読む人に悟りを目指して修行をしていますなんていう人はいないと思います。だから、多少ぶっ飛んでいると感じられても私はそう考えているという具合に無理矢理に納得してもらう事にして述べてゆきます。

結局、苦行というのは自分を客観的に見るための訓練だという事です。

重要人物は秘密を守るために自分を客観視するためのノウハウを身につけ、修行僧は自身を悟りあるいは真理
に近づけるために体を痛めつけてそれに耐えるために自分を客観視する方法を修行する訳です。自分を客観的に見る視点を持つという点で苦行と拷問に耐えるためのノウハウがリンクした訳です。

ある日、突然に、

「なるほど。」

全く異なるいくつもの情報が私の中で1つに繋がりました。
こういう瞬間ってある種の独特の快感があったりします。もしかしたら、それが楽しみで私は変な知識を吸収しようとするのかもしれません。

さて、近年は、精神で体の反応を制御しなくてはいけないという考えが強いのです。
そのため、

「何事もプラス思考でなくてはいけない。」

みたいな馬鹿な事を考えている人があまりにも多いです。
辛いと思うことを、無理矢理に良いことだと、プラスにねじ曲げる事はとてもいびつな事です。ほとんどの場合において、健全な事ではないと理解した方がよいですね。こんな思考では自分を客観的に見ることなど不可能です。

辛いと感じる事があれば自分を俯瞰して眺めてみる事ですね。
自分を客観的に見る視点をもっていればプラスになるのでなく、プラスもマイナスもない冷静、平常な状態になるはずです。もしそれが可能になるようであれば、国家の安全保障を揺るがすほどの秘密を知ってもそれに心が揺れ動くような事はなくなります。

さぁ、

『辛い出来事に耐える方法』

がどのようなものか理解できたのでしょうか。
本当にそれができるようになろうと思うなら、普通の人間ではなくなる必要がありますね。それだったら、泣いたり叫んだりして苦しんでおく方が楽だし、人間らしいと私は思います。まぁ、どうしてもいうのであれば、体中に針でも刺して訓練してみたらできる人もいるかもしれません。
関連カテゴリー< ブログ

3月から名古屋の整体の場所が変わります。

名古屋で行っている整体の場所が変わります。
これまで利用シていた場所が使えなくなりました。場所は、以前に使っていた名駅前のビルになります。今月の2月27日は、はこれまで通り、東別院のスタジオです。

3月からの場所はこちら


関連カテゴリー< >
12
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036