ブログ「日々整体」

ヘパーデン結節の話

「ヘパーデン結節で小指の先が痛む。」


という相談がありました。
整体しながら体の状態を確認してゆくとリウマチと同じとしか私には思えませんでした。どう違うのかは本人にきいてもよくわかっていなかったので調べてみると、


「骨の変形の仕方がリウマチとちょっと異なる。」


ということのようです。


問題があるのは、手首と頚椎です。
あえて違うというのなら手首の様子は普通のリウマチの人とはちょっと違うかなと感じました。ただ、体の状態をみて判断する限りやることはリウマチと変わりません。

ただ、かわった病名をいわれたので私は何かが違うのかもしれないと余計なことを考えてしまいました。そのために手間取ってしまいました。痛みがやわらぐまでに2ヶ月近くかかってしまいましたが、


「こんなものリウマチを同じだ。」


と見切りをつけていたら、もっと早くよくなっていただろうと思われます。


例えば、食べ過ぎた時に体にどのような変化がでるかというと、


・頭痛
・肩こり
・腰痛
・胃痛
・胸焼け、吐き気
・めまい
・耳鳴り


などなどあげてゆけば切りがありません。
体が壊れるほど食べたときに、体のどこに異常があらわれるかというのはその人の体質や、そのときの生活状況、季節などでもかわってきます。だから、夏だと胸焼けするけど、冬だと頭痛がするいうことだって珍しくありません。こんな時症状別に考えて夏だと○○症、冬だと○○病なんていう具合に名称を変えることに意味は無いとわたしはおもいます。

こんな調子で表にでてくる症状で病気を分類していたら、病気が無限に増えてしまいます。
実際、こういう仕事をしていると、聞いたことがない病気の名称をいわれることが日常茶飯事だったりします。しかし、たいていは体質のせいで他の人とはちょっと違った症状のでかたがしているだけです。

なお、リウマチとう病気ですが、原因はわからないとされています。
しかし、整体という技術を通じてみるとかなりはっきりと原因がわかりますし、治してしまうのはそれほど難しいものではありません。

関連カテゴリー< ヘパーデン結節リウマチ、膠原病

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036