ブログ「日々整体」

感受性の話

「感受性を高めていく事が元気になるということですよ。」

私がいつも言っているセリフです。
今回はこの感受性というものを掘り下げて考えてみようと思います。

基本的には、感受性というのは暑い時に暑い、寒い時に寒いと感じる事ができるという事です。
私は長袖のシャツを着ているのに周囲の人は半袖半パンで過ごしている。春から夏にかけて私がよく見かける光景です。暑さの感じ方は、個人差があるものですがいくらなんでもちょっと早いだろうと思うタイミングで薄着になる人がいます。そういう方は、夏真っ盛りになるとエアコンの設定温度を馬鹿みたいに下げてしまうのではないかと思われます。女性から職場のエアコンがきつい、買い物にいったスーパーが寒くて困っているという意見を聞かされる事が多いですね。

近年は熱中症という大義名分がありますからやりたい放題です。
私がそれを強く感じるのは新幹線でしょうか。5~6月あたりだと1枚余計に着込んでおかないと寒くて仕方がありません。エアコンでは凍死するほどは冷えないのに対して、暑さだと30度を超えたぐらいで呼吸が止まってしまう人がいるわけですからなかなか苦情をいいにくいのです。

夏、日差しの強い日だと、暑さで人が倒れましと救急車が増えるそうです。
それで救急医療に関わっている人が、30度を超える日はエアコンで室温の調整をして涼しく過ごさなくては駄目だと、強く訴えている文を読んだ事があります。でも、日常的にエアコンで過ごしていると暑さに弱い体質に変化していきますから、結果として熱中症で倒れる人が増えていく事になります。

これまたよく言うことですが、体は自分で作っていくものです。
ですから、30度を超えたら呼吸が止まってしまうような体づくりをして、日差しを恐れて生活するというのでいいか?1回ぐらいは考えてみてもいいのではないでしょうか。


暑さ寒さに関しての感受性は個人差があるのは間違いありません。
人間社会だと個人差だからと割り切ってもいいのですけど、野生の生物に置き換えた時にもそういう個体差がどのように影響するか考えてみます。

草食動物は食べものとなる草が生い茂る地域に移動しながら生活しています。
ドキュメンタリー映像で、ヌーやガゼルなどの草食動物が群れで移動しているのを見たことがあるのじゃないでしょうか。サバンナ地域など日本のように四季があるわけではなく、雨季と乾季という具合に気候の変動が極端に分かれます。基本的には、雨季に雨が降って、その水分で植物が増えて、乾季になったらカラカラに乾いてしまうので食べものがなくなります。

移動をするタイミングは雨が降って植物が青々としてくるタイミングである必要があります。
早すぎると十分な草が生えていませんし、雨季で降った雨が濁流となって移動を妨げる事があります。足止めをされてしまうと周囲には餌となる植物がありませんからそれで餓死してしまう事すら起こります。また、遅すぎれば、他の群れに食い荒らされたあとで十分な草が残っていません。

この移動のタイミングを見極めるのは感受性といえます。
鹿、象といった種はリーダーが群れを率いているのですが、そのリーダーが移動のタイミングを見極めます。リーダーの感受性が鈍いと群れを全滅させてしまう事があるわけです。私が見たドキュメンタリー番組では、鹿の3つの群れを追跡できるようにしてその移動のタイミングと経過を観察していました。

観察では群れによって移動するタイミングが異なっていました。
Aという群れが最初に移動を開始、Bが遅れて出発、Cがかなり遅れて出発するという流れでした。興味深いと感じたのは2番目に出発したBの群れが一端引き返した事です。タイミングが早すぎたと感じたBのリーダーは引き返して出発をやり直すという判断をしたのです。

最初に移動を開始してまっさきに目的地に到着したAの群れはどうなったか?
その群れは数を半数に減らしていました。そして生き残った鹿にはも負傷をしてるものがいました。移動が早すぎたので飢えてしまい、そのタイミングで肉食動物に襲われてしまったのです。一方で、BとCの群れは十分に草の生えているタイミングで無事に移動することができました。

たぶんなのですけど、鹿は気温、風向き、湿度といった状況をなんとなく感じ取って、それに経験を加味して判断をしているのであろうと思われます。観測して論理的に判断するのではなく感受性で感じとって、適切な判断をしているというわけです。

ほかでは、象の群れを追いかけた番組を見たことがあります。
若く経験が浅い象がリーダーの群れだったのですが、群れにいた子供の象が、川を渡る際に流されてしまっていました。このときは、移動するタイミングは悪くなかったのかもしれませんが、自分が率いる群れがどの程度の流れまで渡ることができるか、判断を誤ったわけです。

記憶があいまいですが、ヌーの群れなんかだとリーダーがいなくて集合知というか、群れ全体の感覚でなんとなく移動していたように思います。感受性は個だけのものではなくて、群れ全体としてのものもあるといえるわけです。そう考えると、人間の場合は、専制政治も民主政治もどちらも経験しているわけで、リーダーをおいてそれに従うという生き方と、話し合いをしてこうしましょうみたいな、どっちのやり方にも対応できるのかもしれません。

書いていて思いましたが、ヌーなんかは何万頭というような大きな群れを作ります。
人間だって昔はリーダーがいる専制でやっていたのが、今はほとんど民主的にやっています。数が増えてくるとそれを一人でまとめるのが困難になってきて、民主的にやるほうが効率がよくなってくるのかもしれません。空気を読めなんていう言葉は、群れ全体の感受性に従えという事なわけですね。ただ、これは今はあまり関係のない話なのでおいておきましょう。

野生の場合だと、感受性がにぶいということがそのまま死に繋がる事があるわけです。
群れを作る生き物だとリーダーの感受性が群れ全体の生死に関わります。日本に住んでいるだけだと、暑さを見誤って亡くなるぐらいでしょうか。そういや昨年だったかは、実力が不十分な登山家が無茶な挑戦をして凍死したなんてニュースがありましたが、感受性が不十分だと自然とは向き合えないということでしょう。

もっと手近で考えれば農業がわかりやすいですかね。
種をまくタイミング、水を引くタイミング、雑草を抜くタイミング、こういったタイミングを適切に判断するのは感受性で、感受性が豊かな人がおいしいお米だったり野菜だったりを作る事ができるわけです。基準を決めて機械的にやっていれば品質は安定するでしょうけど、高品質なものを作ろうと思うと感受性が豊かである必要があるのじゃないでしょうか。

さしあたっては、私たちの日々の生活に置き換えるなら、体を休めなければいけないタイミングなんてのは意識して感じてみるといいのじゃないでしょうかね。サラリーマンは休めない、主婦は休めないなんて言っている人がいますけど、健康と引き換えにしてまで働く必要があるかについて、たまには自分の感受性に問いかけてみてもいいのじゃないでしょうかね。



関連カテゴリー< ブログ

客観的に自分をみた話

ある日、


「耳鼻科にいって、ほっておくと耳が聴こえなくなるから、薬をちゃんと飲むように。」


なんていわれたそうですが、


「医者がいまいち信用できないし、薬も嫌だから飲んでない。」


なんていう人がやってきました。
いわゆる突発性難聴というやつで、耳鳴りもかなりきつめに鳴っているようです。


平たく言うと非常に私の考えに近い方といえるのです。
しかし、実際にそういう人が目の前に現れた時に、私は、


ドン引き


しました。
それで、


「私に接した人は私にこういう印象を持つわけか・・・。」


と、いうことに気が付かされたわけです。

似たもの同士は反発するといいますからそのせいかもしれません。
ただ、ちょっと掘り下げて話を聞いてみたら、それなりに筋の通った考えをもっておられる方でした。だから、むやみに医療に対して不信感をもっているというわけではありませんでした。

医療に対する考え方は人それぞれでいいのじゃないでしょうか?
ところが、今は、医療に対して120%信頼して自分と自分の家族の体を全て託さなければならないみたいな風潮があったりします。

例えば、


「子供が熱をだしたときにどうするか?」


というケースです。
病院に連れて行かないのは虐待だとか言われるケースが増えてきているように感じています。病院は全知でも万能でもないのですし、ついさっきこられた方なんかは、


「風邪なんか長くても2日寝ていれば治る。」


と言っていました。
薬で強引に症状を抑え込むのをよしとせず、本人の体の治癒力で治すのがいいなんて考える親がいたって別にいいと思うのです。ところが、それを許さない人がかなりいたりします。

起立性調節障害なんかは医療のやり方が原因で起こっているケースがあります。
ほかでは、ニュースになっていましたが、ネプチューンの名倉潤さんはお医者さんの言うとおりにしたら仕事ができなくなりました。これ、私は同様の事例をいくつもみていますのでどういうことが起こっているかは四面楚歌の方に書いておきました。さっき述べたとおり医療が全知でも万能でもないという例はいくらでも転がっているわけです。


それで、ドン引きしてしまった理由ですが、盲目的に医者に身も心もすべてを投げ出さなくてはいけないというのと逆に、


「医療はまったく信ずるに足りない。」


と言ってるように最初は感じてしまったのだろうと思えます。


「極端な物言いは相手をドン引きさせるのだなぁ。」


と、ちょっとだけ我が身を振り返って反省してみようと思いました。
関連カテゴリー< ブログ突発性難聴耳鳴り(耳なり)

やっとスタートラインに立てたかも

今日、整体にこられた人の体を見ていて、


「やっとスタートラインにたてたかも?」


という感触がありました。
なんだかんだで15年ぐらいこの仕事に関わっているわけですが、15年も経ってもまだはじめの一歩も踏んでいないと思ってしまったわけです。


最近、やたらと頭に浮かぶのは、


「一は全、全は一。」


という言葉です。
なんか奥の深そうな言葉ですし、釈迦とかブッダとか偉い人がいった言葉かなぁと思っていたのですが、鋼の錬金術師という漫画のセリフだったようです。漫画で使われていたので知った言葉ですが、どこかからの引用だろうと思っていました。


それで、スタートラインにたてた感触に浸っていたのですが、足首の調整をしていたら、ボキボキと音がなるし、やたらい痛いということで、


「足首が悪いのですか?」
「足首はいろんなところへつながっているのですね。」


なんて言うので、それは違うと、


「体というのはすべて揃って一つのものです。」
「少なくとも繋がっているという表現をしているうちは体のことがわかってないよ。」


なんて答えました。
聞かされた方は、煙にまかれたことに気がついていなかったとは思いますけどね。


私が人間の体をどのように捉えているかを、言葉で説明するのはなかなか難しかったりします。
人間っていうのは1つの銀河というように捉えるのが正解に近いと思うのです。ただ、宇宙規模で物事を考えるというのはなかなか難しい作業なので、


「地球というのは1つの生き物。」


だと考えるのがいいのではないかと考えています。

地球が生き物だとして、大陸のヨコチョにある小さな島の端っこに桜島という山があります。
その山が噴火するのは、地球にとっては異常でしょうか?地表近くで火山活動が起こって、灰がでてきたり、圧力が高まった時には噴火したりするわけです。それで、


「灰が洗濯物とか車に付着して汚れるから。」


というような理由で、火口を塞いでしまおうなんていう考えをもつ人がいるでしょうか?
大量のコンクリートでも流し込んで火口を塞いでしまうなんてこともできそうな気もしますけどね。でも、そんな事をすると圧力が上がりすぎて大爆発だったり、地震なんかがおこるのじゃないでしょうか?別に、地層とか断層とかそういうことに詳しいわけじゃありませんが、塞いだらたぶん具合が悪いだろうとことは間違いないと思えるわけです。


これを、人間の体にもどして考えれば、手の隅っこに小さな吹き出物がでたぐらいのことではないかと思います。不思議なもので、人の体だと表面にクリームやら薬を塗って塞いでしまうことに違和感がでてこないのです。そういう事をしたときに体の内部で何が起こるのか?噴火を止めるのは具合が悪いけど、吹き出物なら止めてもいいと思ってしまうのですから困ったものです。


赤道に近い南の方で海の温度が高まれば台風が発生します。
その台風が発生しないように海水温を調整したらどうなるか?おそらく地球上のほとんどの生き物が生きていけないようになると思いますけどね。

人間の場合、肺や腎臓に疲れがでると風邪をひきます。
風邪というのは地球にとっての台風みたいなものです。風邪をひかないように体の機能をいじくり倒すっていうのは海の温度を調整しようとする行為なわけです。台風は通過したあとに大気圧が安定しますからカラリと晴れて夏がやってくるのですけどね。人間の体だったら台風を強引にとめたらどうなるか?いろいろ具合の悪いことがおこっているのですけどね。


「台風が起こらないようにする」


というのは割と簡単で環境を破壊すればいいのです。
地球に優しくすることに熱心な人は多いのですけど、自分の体には厳しい人が多いのはどういうことかと、スタートラインでそんな事を思うわけです。
関連カテゴリー< ブログ

それは前世の因縁が原因です

どの本だったか忘れましたが、整体という技術の創始者である野口晴哉氏の著書に息子さんが大腿骨を折ってしまった時の逸話があります。ぶらんこに乗って遊んでいたら転落してその際にへし折れてしまったそうです。

いわゆる完全骨折という奴だったと思われます。
大腿骨は人間の骨で一番堅いと言われている骨でそれが完全にへし折れてしまうなんてのは他で聞いたことがありません。しいてあげるならいうならゴミ収集車のプレスに挟まれたとか、そういう事故の話を聞いたことはありますがそれぐらいの出来事がなければ起こることはまずない怪我といえるでしょう。

私の感覚からすると大腿骨が折れてしまうと、生きる力を失ってそのまま亡くなってしまう事もありそうな気がします。そして、もし安静な体勢を保って骨が繋がっても、元通りに歩けるようになることもほぼないのじゃないでしょうか。骨は折れてもまた繋がってさえいればいいというほど単純ではありません。

そういえば以前に、スキーで足の骨を折った後、食品アレルギーで頻繁に寝込むようになったなんていう人が整体にこられていました。
骨の故障が元になってアレルギーを起こすなんてのは理解できない人の方がおおいのじゃないでしょうかね。よく勉強して頭のいい人ほど、関係なんかあるはずがないというかもしれません。でも、骨というのが体を支えるためのものではなく、もっと他の役割の方が大きいはずなんですけどね。そういうことがわかっていれば、生まれついてのアレルギーなんてのは発育にちょっと問題があるだけというケースがほとんどだと思われます。


さらに余談が続きます。
当時だとこのあたりの関連についての理解が浅かったです。しかし、この方のアレルギーの事も今ならわかるかもしれないと、ここのところずっと考えていました。実は、この記事のテーマもそうなのですが、わからなかった事がわかるようになるというのは、たいていある日突然です。皆目見当がつかない、手の施しようのなかったものが、ある日突然にどうにかできるようになったりします。日頃の行いのよい人なんかだとそういうタイミングで私のところへやってきて、ささっと解決して、ささっといなくなったりしますね。


話を戻します。

野口晴哉氏の骨折の手当は独特でした。
骨がおれた場合、曲がってくっつくといけないからギブスで固定するというのが常識的な感覚でしょう。しかし、野口氏はガチガチに固定せず太ももに新聞紙を巻いたそうです。当然ですが、新聞紙には固定する力はありませんから、ぷらんぷらんの足の状態です。

「人間の体には、骨をまっすぐにつなげようとする力がある。」

という考えだそうです。
骨自身、骨の周囲の筋肉やその他の細胞などすべてが足をまっすぐに伸ばそうという働きをするからギブスがあるとそれを邪魔してしまうということのようです。他の部位の骨でしたら多少は曲がってくっついても誤魔化しはきくのでしょうけど、大腿骨ですとそういう訳にはいきません。大腿骨がうまく機能しなければ走るどころか、歩くことすらままなりません。もし、多少は歩けてもすぐに足が痛くなって動けなくなるというような状態では、骨がきっちりくっついて治ったとは言えません。

そういえばちょうど私がいま見ている人に、腕の骨折が原因でパニックを起こしている人と、同じく腕の骨折が原因で耳なりで困っている人がいますね。一人は10年以上前、もうひとりは30年以上前の怪我です。こういうのは骨の状態がきちんとみれる人でなければどうしたらいいのか検討もつかないでしょう。

さらに付け加えて、


「どうしても辛くてどうしたらいいのかわからなくて前世を見てもらったことがあります。」


なんて人が最近来られました。
別に、そういう事を吹聴しているわけでなく、あまりに辛かったからでしょう。かなりがっついて原因を教えてくれといってくるので、


「前世でなんか悪いことしたみたいですね。」


と冗談で言ったら、冗談になっていなかったという話です。
まぁ、この方はまた全然違うことが原因だったみたいで、まだはっきりとは言えないけど多分体のここにこういう問題があるからですよと伝えたところちょっと安心したようです。


話を戻します。


他の本で見たと思うのですが、雪山で遭難して骨折したけど、その骨折した足で自力で山を下りてきたなんていう人の体の状態を観察した事があるようです。

「折れていても歩けるじゃないか。」

と、そういうことが事実として起こったわけです。
私自身でもそんな話は2~3聞いたことがありますから、雪山を歩いておりるぐらいであれば骨は折れていても大丈夫らしいというのは間違いないわけです。そこから端を発して骨、骨折というものについて考えを深めていくと、こういう結論というか発想にたどり着くのではないでしょうかね。

もちろん、折れた足を新聞紙でくるんでおわりではありません。


「もし、うまく繋がらなかったらは僕は整体を辞めるよ。」


そういって目に手当てをしはじめたそうです。
先ほど述べた骨をまっすぐにくっつけようという働きを高めるために、目に意識と力を集めたわけです。


「どうして目なんだ?」


この記述をみたのは5年前だったか、10年前だったか忘れました。ただ、目に意識と力を集めることで折れた大腿骨がまっすぐにくっつくなんていう理屈が私の想像や理解の完全な外にあります。それで、


「いつかわかる時が来るのだろうか・・・?」


死ぬまでたぶん無理だろうなぁなんて思っていたのですけどね。


それがつい先週のことですけど、


「なるほど、そういうことか・・・。」


と突然、気がつくことができました。
確かに、目がしっかりしていると太ももの力というか働きがたかまりますね。それは逆もいえて太ももが力を失っていると目がうまく見えなくなってくるはずです。

なんで気がついたかというと、大腿骨の力が抜けている人の体を見ていたからなんですけどね。で、その人が訴えているのは、


「膝が痛くてまともに歩けない。」


という事だったりします。
おそらく読んでいる人は、私がいったい何を伝えようとしているのか全くわからないと思いますけどね。こんなものは現時点での私にはうまく説明なんてできませんから、詳しい説明をするなんて事はもう諦めてしまおうと思います。そのうち、気が向いたらというか、言葉になりそうになってきたらこっそり開始している闇ブログの方へまとめてみようと思います。

それまでは、こういう事は、


「前世の因縁が原因です。」


ということにしておこうと思います。


いい忘れていましたが折れた大腿骨はちゃんとくっついて、数年たった時には、


「どっちの骨を折ったんだっけ?」


と本人でもわかららないぐらいなんの後遺症もなくきれいに繋がったそうです。

四面楚歌トラブル中・・・

ちょっと前にテスト運営を開始した四面楚歌ですが絶賛トラブル中です。
解消のためにあれこれやってもらっていますが、安定するまでにもうちょっと時間がかかりそうです。このあたりに関しては完全に人任せにするしかありませんから果報は寝て待てという心境でいるしかないようです。

それで、もしかしたらこのタイミングに申し込みをする方いるかもしれないということでお知らせです。
登録と決済がうまくいかなくて閲覧がうまくできない可能性があります。その場合は、慌てずに電話にてその旨連絡をしてください。手動での対応になりますので、すぐさま対応できないタイミングがありますがちゃんと対処しますので安心してください。



さしあたって、無料で読める記事もありますので、そちらもを覗いてみてもらうといいと思います。




さて、本題です。

先月ぐらいに電話で質問があったのですが、トンチンカンな質問だったので取り合いませんでした。
こういうのってテレビの影響なのかなぁと、何か事件や事故が起こると、


「原因を究明して再発防止に努めます。」


というコメントが必ずついてきます。
原因というのがわかれば事故が起こらないと本気で思い込んでいる人が結構な割合で存在しているようです。これってかなり変な事なのですよ。


「家の中でつまずいて膝をぶつけた。」


という小さな事故で考えてみましょう。
足元につまずくような何かが転がっているからつまずいたのだと原因を発見したとします。それじゃあということで、毎日掃除をする取り決めをして、整理整頓に努める事にしました。それでつまずくという事故は完全に防げるでしょうかね?忘年会で酒飲んで帰ってきてそのまま寝てしまった翌朝につまずくという事故が起こる可能性は否定できません。それじゃあ、その事故を防ぐために忘年会への参加をやめるとか、お酒を飲むのを辞めるとかそういう対策が必要になってくるわけです。

こうやって禁止事項を増やしていったらつまずき事故の起こる確率はかなり小さくなってゆくかもしれません。でも、我が家でつまずくことはもうないとか安心していると、タンスの角に小指をぶつけたりするわけです。


それで、多分なのですけど、こういう事が肌感覚でわかっている人だと、


「家の中でのつまずき事故を防ぐために、整理整頓を心がけているのですがうまくいきません。そこで、自律神経の働きを整えて注意力を高めたらいいと思うのですがそちらの整体でこのような要望には対応が可能でしょうか?」


こういう馬鹿な事は聞いてこないと思うのです。
こういう人は、家の中で集中しすぎて、外出した瞬間に気が抜けて車にひかれたりするんじゃないでしょうかね。


人間なんて普通に生活してりゃ、たまにはぶつかったり転んだりするわけです。
それで怪我したからといったって、3日とか、ちょっと重くても1~2週間ほど痛がっておけばちゃんと治るのです。その期間は、特別な何かをする必要などまったくなく、テレビやマンガでも見て、


「あはは!」


と、笑っておけばいいだけです。


病気なんかも同じでしてね。
人間は元気に生活してりゃたまには風邪引いたり病気をしたりするのです。それで病気なんかだといいことがあって、ちゃんと、笑って過ごしていれば病気する前より体は元気になります。骨を折ったりすると、折れた部分が折れる前より強くなるなんて話がありますが、それと同じで風邪を引いたら、肺とか腎臓とかが風邪引く前より丈夫になっているのですけどね。

ところが、


「つまずく事はいけない事だ!」
「痛みで動けない期間があることは社会人として許されないことだ。」
「痛いのは嫌だ。」


なんて考えている人は、病気に対しても同じ発想をしています。
予防をやりすぎて、禁止事項も増やしすぎて、笑えなくなってしまっているのを、


「自律神経の問題だ。」


なんていっているわけです。
実際に、風邪をひきたくないと気が狂ったように手洗いうがいをしているせいで、耳鳴りやめまいが止まりませんなんていう人はいますけどね。その場合は、いったい何が原因なのかなんてのは考えてみる必要があるんじゃないでしょうかね。


関連カテゴリー< ブログ
1234567891011
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036