整体指導について

骨盤と自律神経の関係について

骨盤調整というような言葉はたいていの方ならきいたことがあるでしょう。
しかし、骨盤と自律神経というものつながりはちょっと理解しにくいのではないでしょうか?そこで、体を整える上でもっとも基本的な部分について説明しよす。

骨盤は左側が交感神経、右型が副交感神経の状態に深く関わっています。
ですから、左側の骨盤を調整することで交感神経の働きを、右側の骨盤を調整することで副交感神経の働きを整える事ができます。

交感神経と副交感神経の働き

自律神経というのは、交感神経と副交感神経にわけて考えらるのが一般的です。
しかし、この考え方が大きな誤解を生んでいると思います。そこで、人の1日の生活をモデルに自律神経の働きに置き換えて考えてみます。

朝、目覚めた時には交感神経の働きが高まってきます。
交感神経の働きが悪いと、すっきりと目が覚めません。交感神経の働きがたかまってくると、仕事をしよう、学校にいって勉強をしようという意欲がわいてきます。

「私は低血圧なんで朝が苦手です。」

なんていう人がいますが、それは血圧のせいではなくて、交感神経の働きがたかまりにくいせいです。

ちなみに、ここ1年ほど、朝、目が覚めても体を起こせなくて学校にいけないという相談が増えてきています。たいてい、体には問題がないということで、本人のやる気のせいにされてしまっていますがそうではありません。交感神経の働きがたかまってこないのが原因です。

バリバリ仕事をする。勉強をするとうのは交感神経の働きです。
交感神経の働きが悪いと、前向きな気持ちになれませんし、何かをやろうという意欲も湧いてきません。

「やる気をだせ!」

といくらおしりを叩いても、交感神経の働きが悪い人にはやる気などかけらも湧いてきません。


仕事や勉強にはげんで

「ちょっとお茶しよう。」
「一服しよう。」

ということになれば副交感神経の出番です。
食事や休憩時間になれば、副交換神経が高まってきます。そうすることによって、体と心をリラックスさせて休息と必要なエネルギーの補給をすることができるようになります。

そして、休憩が終われば、また交感神経の出番です。
集中力を高めて、仕事や勉強にはげむためには交感神経が高まっていなければ無理です。副交感神経が優位な状態でよい仕事など無理なのです。

そして、1日の仕事がおわれば再び副交感神経がたかまってきます。
そうやってリラックスした状態を作ることで、夕食をとって、テレビや読書をしたりと、ゆったりとした時間を過ごせるようになります。そして最後は睡眠です。疲れを抜いて翌日に備えることができるよう睡眠をとるわけです。

簡単なモデルですが、1日だけみても、状況に応じて交感神経と副交感神経が役割を分担して体の状態を整えているということがわかることでしょう。

自律神経を整えるということは、単純に交感神経を高めましょう、副交感神経を高めましょうという単純なものではありません。交感神経と副交感神経がそれぞれが状況に応じてしっかり働くようにするということなのです。

頚椎2番

目と頭の血行に関係が深い骨です。
目の疲れや違和感、頭痛がする場合などは頚椎2番の調整をしてあげればたいていすぐにおさまります。
また、花粉症が目にきた場合の原因も2番なので、頚椎2番の調整をきちんとしてゆけば花粉症などすぐに解消してゆきます。ただ、ほとんどの人こんな話をしてもピンとこないようです。しかし、当院に定期的に来ている人には「花粉症が辛い。」などという人は一人もいません。

頚椎3番

鼻に関係が深い骨です。
鼻の花粉症の場合は頚椎3番に異常がみつかります。鼻に関わる迷走神経が通っているのですが、それが緊張していると花粉に過敏に反応するようになります。鼻が詰まっている場合も、頚椎3番の調整ですぐにとおります。

頚椎4番

交通事故でむちうちになるというのは4番の稼働性が悪くなることです。
ですから、何年前に交通事故にあって、その影響が残っているか?というのを確認したければ頚椎4番の状態を確認します。

交通事故の後、体の調子が悪くなった主張する人は割合いるのですが、本当に事故の後遺症で体の調子が悪い人は案外少ない傾向にあります。事故の後遺症など、時間の経過とともにたいていは解消されるからでしょう。

しかし、ちょっとややこしい事がよく起こっています。
たとえば、こんな具合です。

事故で首を痛めた
     ↓
その影響で腰が痛くなった
     ↓
首はすっかり治ってしまった
     ↓
しかし、腰の痛みが解消しない


という事がよくあります。
きっかけは事故のせいでも、それはきっかけの1つでしかなかったと考えてもらうとよいでしょう。元々、腰に痛みがでる要因が他にもあったということです。それなのに、


「事故のせいだ、事故のせいだ・・・。」


と考え続けて何十年も体の調子が悪いと言い続けている人が非常に多いと感じます。
事故など終わったことでなかった事になどできないのですが、どうすれば体がよくなるかを考えましょう。


ちなみに、反射の動きに関係が深い骨で、4番の状態がよい人はとっさな動きができるようになります。交通事故にあって、車が大破したけど無事だったという人は、頚椎4番の状態がよかった人です。交通事故でムチ打ちになる時点ですでにどこかがおかしかったと考えてもらうぐらいでいいでしょう。

頚椎6番

食欲、発汗、半規管に関係が深い骨です。
頚椎6番に問題があると、異様に汗をかく多汗症、耳鳴り、めまいなどがすることがあります。実は、耳鳴りに悩む人には異常なほど汗をかく、あるいはまったく汗をかけないという事がよくあります。それぞれ別問題に思うかもしれませんが汗と耳の働きには深い関係があるようです。腕の運動にも影響が強く、腕に強い疲労があると頚椎6番の動きが悪くなって耳鳴りがするというケースもあります。

頚椎7番

肩あたりの一番大きな骨で、動きが小さく顔を左右に向けても動きがありません。
胸椎7番に問題がでると、たいていひどい肩こりを感じるようになります。

また、指の痺れはたいてい胸椎7番の異常です。
痺れを感じている場合、首をひっぱったり、温めたりというのはあまり意味がなく、頚椎7番の調整をしてやればたいていすぐに解消します。

胸椎2番

胸椎2番は手の動きと関係が深い骨です。
ピアニストや彫刻家などの胸椎2番を確認すると後ろに飛び出し気味です。アニストがピアノを引いているのを見ると肩が丸くなって見える人がいますが胸椎2番が飛び出しているからです。ただ、飛び出しているから異常というわけではありません。
た、目の使いすぎで肩こりを感じる事がありますが、目が疲労すると胸椎2番が弾力をなくしてしまうからです。

また、胸椎2番の右側にはリウマチの調整点があります。
リウマチの反応がなくてもここに硬結があると、指の関節が腫れてきたり痛みを感じたりします。

胸椎4番

心臓の働きに関係の深い骨です。
心臓というのは、人間にとってやる気や元気の源といえます。ですから、胸椎4番が悪いと、意欲も元気もわいてこなくなります。朝起きれない、無気力だと言われているような人もここの働きが悪いからです。

動悸や息切れのする方はたいてい4番に問題があります。
パニック症などと言われいてる人には、胸椎4番が悪いので動悸がしているだけという人もすくなくありません。

なお、食べ過ぎたり、体を冷やしたりしていてもここに問題がでます。
私がやかましいぐらいに食事の量と冷えについてあれこれいうのは胸椎4番がとても大切な骨だからです。

胸椎5番

呼吸器に関係が深い椎骨です。
胸椎5番に弾力がなくなると喉がいがついたり、咳がでたりします。
人間は胸椎5番に弾力がなくなると、咳を出して5番を震わせ自分で調整します。ですから、薬で咳をとめてしまうと、5番がゆるまずかえって長引いてしまうことがよくあります。

また5番は風邪をひくという事にも深く関わっています。
人間は風邪を引いた時は熱を出して体を整えます。ところが、5番の働きが悪いと風邪をひいているのに熱がうまくでてくれません。こんな状態では、様々な不調を感じて辛いというのが長期間にわたって続いてしまいます。

胸椎5番に異常があると、自然治癒力がうまく働きませんが、逆の言い方をすると、5番が整うだけですべて解決することもあるぐらい大切な働きをしている骨です。

胸椎6番

胃の働き関係が深い骨です。
食べ過ぎると、胸椎6番の右側が悪くなっています。ですから、「そんなに食べていないと。」といくらいいはっても、胸椎6番が悪ければ食べ過ぎています。

胸椎6番が悪いと、胃が過剰に働いている、つまり胃酸過多の状態です。
この状態では満腹をうまく感じることができませんので、手持ちぶたさに食べる、ちょっと小腹すいたといってずっと食べ続けるようになります。

また、ダイエットでリバウンドをするのも胸椎6番が悪いからです。酸過多の状態で、無理矢理食べる量を減らすと必ず反動がでるのです。

胸椎7番

アトピー、パニック、不安症、癌などはたいてい胸椎8番に問題があるのですが、まれに7番に問題が見つかる方がいます。

ちょっと乱暴ですが、基本は胸椎8番と同じと考えていただくとよいと思います。胸椎8番をサポートとしているという印象でしょうか。

胸椎8番

人間が生きるためにはもっとも重要な役割をしている骨だと言えます。胸椎8番が悪くなったときには、体から張りやツヤがなくなっていきます。生きる力がなくなっていくからです。

胸椎8番にもっとも深く関係しているのが吸収という働きです。
人間は、食べてエネルギーを補給しなければ生きていきません。ですから、8番が悪くなると食欲がおちて食べる事ができなくなります。

風邪をひいて抗生物質を飲んだ人は胸椎8番が悪くなります。邪薬をもらうときには、必ずいっしょに胃薬をもらうのこのせいといえます。

胸椎8番が悪くなった時に、もっともわかりやすい病気は癌といえるでしょう。体の細胞を正常に作る力が衰えるのでだろうと考えています。アトピーなども胸椎8番が悪くなることが原因です。

胸椎9番

胸椎9番は、肝機能に関係が深い骨です。
肝臓というと、お酒をイメージする人が多いでしょう。しかし、お酒を飲み過ぎたときに最初に調子が悪くなるのは腎機能です。飲み過ぎた翌日に、体が重く感じるのはそのせいで、この場合、背骨の異常は10番にあらわれます。

胸椎9番に異常があると相当な飲み過ぎ食べ過ぎです。
肝臓はかなりの無理がきく臓器なのです。肝臓は非常に我慢強くなかなか異常に気がつかない傾向があるという話は聞いたことがある人もいることでしょう。

お酒を飲まない人でも、日常的に食べ過ぎている人は9番に異常があらわれます。また、体質として胸椎9番に疲労がたまりやすい方もいます。そのような人はお酒に弱い傾向があります。



胸椎10番

胸椎10番をみるとその人の体の様子がわかるといっていいでしょう。
自律神経の様子がとてもすなおに現れてくる骨です。内臓でいうと腎臓の働きに深く関わっています。胸椎10番の左右が弛緩していると、足がむくんだり、体が重くなってきます。全ての背骨に影響する骨で、胸椎10番さえしっかりしていれば、何があっても大丈夫だと思ってもらってもよいかもしれません。

腰椎2番

腰椎2番の左側は胃の働きに深く関係しています。
左側3側が固くなっていると食べ過ぎです。胃の働きを超えて食べてしまうとここが固くなってきて、腰が重くなったり痛みがでてきたりします。どんなに自分が少食であるかを主張する人でも、ここが悪ければ食べ過ぎですので食べ過ぎの調整をします。

右側に問題があるときは体を冷やしています。
盲腸の調整は右3側です。腸閉塞を起こしている人もここに問題がありましたので、消化器全般に関わっていると考えています。また、ここに問題があると、かなり強く痛みを感じます。もし、痛みを感じていなくても調整をすると一時的に痛みがでてくることがありますが、この場合は痛みをとめようとはせず、きっちりと痛がっておくと1~2日程度で整ってきます。

腰椎4番

左右の骨盤の動きに関係が深い椎骨です。
腰椎4番の左側3側に問題があると、左側の骨盤の開閉運動がうまくいかないため交感神経の働きが悪くなります。左側1-2側に問題があると右側の骨盤が下がって副交感神経の働きが悪くなります。

生殖機能に関係が深く、女性にとっては、妊娠、出産に大きく影響します。
腰椎4番が悪いと、生理痛が辛くなったり、生理不順になったりします。ひどい場合には不妊の傾向もでてきますし、妊娠しても出産の際に難産になります。

腰椎5番

たいていの腰痛は腰椎5番の調整をしてあげるだけでかなり痛みや違和感が和らぎます。
ヘルニア、脊椎管狭窄症、骨に亀裂がはいっているなど、腰の痛みは様々な診断がなされますが、私からみると腰椎5番の弾力がなくなることがほとんどです。

「もう治らないので一生上手につきあってください。」

と言われた人が1回の整体で腰の痛みもきえたことがあります。腰椎は見方によって判断が大きく異なることが頻繁にあります。

足首

女性の美しさを表現するのに、

「細くしまった足首」

というものがあります。
女性にそのような話をすると、男性のひきしまった足首が魅力的にみえるという人もいました。足首の状態というのは、その人の健康状態がストレートに表現されています。当然のことですが、人間は本能的に健康的な異性を魅力的に感じるといえそうです。

足首は、大きく柔らかく動き、なおかつ一度チカラを込めれば石のように硬くなるという状態が理想です。少々難しいのは、足首はうまく動かなくても通常の生活にほぼ影響はないということでしょう。しかし、足首の状態が悪いと体は少しづつ、少しづつ悪くなっていきます。

例えば、外反母趾などは、痛みを感じ始めるのはかなり状態が悪くなってからです。気がついたときには、骨が変形してしまっているということの方がおおいのではないでしょうか。原因は、足首の状態が悪いせいです。

本格的にスポーツや武道などに取り組んでいる方であれば気が付きやすいかもしれません。足首の状態で、身体のパフォーマンスは天と地ほどの差がうまれてくるからです。

右の足首の状態が悪くなると、ガスがたまるようになったり、食欲がでなくなります。左の足首が悪くなると、体に問題はないのだけど、意欲ややる気がでない、体が思い、寝付きや寝起きがわるくなるという事になる人がおおいでしょう。

ただ基本は、左の足首は交感神経、右の足首は副交感神経の状態が現れる考えておいてもらうとよいかもしれません。

足1指(親指)

整体では、足の親指の事を蹠骨といいます。
親指を上手く使えている人は健康で、使えていない人はどこかバランスが乱れているということがいえます。外反母趾などは典型で、歩くときに足の外型でよちよち歩いている状態が長くつづくと親指が変形してきます。人は足の親指を使えなくても、普通の生活はできてしまいますが、そんな状態が永くつづくと自律神経の働きが悪くなります。

外反母趾で痛みがひどくなったときには、治らないと判断されることが多いようですが、私の見る限り重心のバランスがうまくとれるようになれば痛みはなくなります。ただ、変形していしまうとまず元にはもどりませんから、見た目を気にする場合は早々に対処するのがよいでしょう。痛みがでるのは変形しているからではなくて体を動かすときの重心に偏りがあるからです。

ウォーキングが体にいいのは、親指を動かすからです。
逆にいうと、親指がうまく使えないのにウォーキングをしていると逆に体を壊します。健康を保ちたいと思うあまり無理に体を動かして、かえって調子を悪くしている人は少なくありません。

足2指(人差し指)

足の人差し指の状態をみると、胃腸の具合がだいたいわかります。
胃腸の働きが悪くなっているのにその自覚のない人が事が多いため深刻な事になっている人もすくなくありません。「食えれば元気。」というようなたいした根拠もないにもかかわらず思い込んでいる事が多いせいでしょうか。体の状態がよいというおんは、少なく食べてしっかり吸収することができるということです。山のように食べたって体に負担がかかるだけだけです。また、人差し指の状態に問題があると、外反母趾が加速する傾向があります。

足4指(薬指)

薬指という名前に疑問を感じたことはないでしょうか?
足の薬指は骨盤の運動と連動しています。つまり、薬指を調整することで骨盤の調整をすることができます。文字通りの薬となる事ができる指です。

また、整体のときにはまず最初に薬指の状態を確認します。薬指の状態を確認することで体の状態をほぼ把握できると考えてもらうとよいでしょう。

自律神経、骨盤の状態が悪い方はたいてい薬指が縮んで硬くなっています。
そんな方の指の腹をなでるように引っ張ってあげると強い痛みを感じます。また、足の甲側に、小さな米粒の半分ぐらいのしこりが見つかることもあります。これもまた骨盤の状態が悪いということです。


足5指(小指)

左足の小指は腸の働きの状態が現れます。
ですから、小指に問題がみつかる場合は、たいてい便秘をしていると思ってもらうとよいでしょう。たいていは小指の外側に小さなしこりが見つかります。便秘とは逆だと思うかもしれませんが下痢気味である、便がゆるいという方も小指になんらかのサインがでています。

足の指は体の調子が悪くなると、緊張を起こして短くなります。とくに腹側の緊張が強くなりますので、まっすぐではなく指先が下方向に曲がってきます。

手首

首という名のついている部分は引き締まって細い状態がよい状態です。
自律神経の働きがよい人は、手首がしまっています。このような方は、当然ですが体も引き締まっています。手首の様子をみると、指の使い方のくせなどがはっきりとみてとれることがあります。ですから、重いものを持つのが苦手な人や包丁を使うのが下手な人というのは手首の様子をみるとわかりますね。中には手首の状態が悪いので手指がうまく動かず、自分が不器用だと思い込んでいる人もいます。そういう方は手首をきっちりと閉めて、練習してやればなんでも上達するようになります。才能というのは人並み以上の部分で、どんな方でもある程度はこなせるようになるとしっておくとよいでしょう。ですから、苦手なことがあるというのは単純に自律神経の働きが悪いせいかもしれません。

手首の状態が悪いことが原因で体の調子が悪いと、深刻化してしまうことが多いようです。
頭痛、耳鳴り、めまいなど頭に影響することが多いのも特徴でしょうか。突き指をしたのだけどと相談したら、

「私は手首の専門なので指のことはわかりません。」

と答えた専門家がいたそうですが、解剖学で手首の構造を研究しているだけで、その運動が体にどのように影響するかを理解できていないのではないかと思います。

基本的には右手が交感神経、左手が副交感神経に関係が深いです。
ただ、体の壊し方で必ずしもこうであるというわけでありませんので、体質や生活習慣の影響で、右手首を、あるいは左手首を狂わせやすい、自分はどちらの傾向があるかを把握しておくと体の様子は大きくかわるかもしれません。

手1指(親指)

親指は自律神経の働きに影響を強い部位です。
交感神経に深く関わっており、指に異常があるせいで、

「めまいがひどく学校に通うことができない。」
「ひどい頭痛がでて、月のうち1週間ほど寝込んでしまう。」

というのは実際にあった事例です。
耳鳴りの原因になっていることも珍しくありません。

親指の異常は自覚できないこともおおく、私に指摘されてはじめて気がつく人がほとんどです。親指に異常があってもたいてい通常の生活はできてしまうからです。
整体指導について
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036