ブログ「日々整体」

なんとか生きていこうと思う今日このごろ

私はこのところずっと気が滅入ってしまっています。
新型コロナウイルスのパンデミックから五輪開催までの流れには、 

「どうしてそういう判断になるの?」 

という違和感しか感じられません。 
それでこの流れの先がどこにいきつくのか?という事なのですけど、私の予測が最も悪い方に転がると日本人は半分ぐらいが死んでしまいます。下手をすれば10年以内にその状況がやってくる可能性があると思うのですけど、今のところにまっしぐらにそっち方向へ進んでいます。一応いっておきますけど、新型コロナウイルスで半分が死ぬみたいなバカな事は考えていませんからね。 

ちょっと前に知った人に宮台真司という人がいるのですけど、その人が加速主義というのを唱えています。
どういうものかというと、とっとと日本を沈没させた方がいいという考えです。それを加速することで再浮上が容易になる訳ですけど、非常に残念なことにその考えに賛同せざるをえません。ただ、賛同するって事は日本人が半分死ぬということを受け入れなければいけない訳で、どうにかうまく回避できないだろうかという事をつい考えてしまいます。 

呑気にオリンピックを見ている人には、 


「そんな悠長にテレビを見ている場合じゃないだろう。」 


と言いたくなりますけど、大半の人には危険とか苦難なんていうのは目の前にやってくるまではまったく実感できないし、見えないものなのでしょう。でも、そうだと気がついた時にはもう手遅れなんですよね。 

そんな事をずっと考えているので憂鬱な訳です。 
そういう気分って、YouTubeなんかでやっているコロナ対策批判とかをやっているのをみているとちょっと晴れたります。でも、結局はそういうのは一時しのぎで、結果としてやはり気分はすさんできてしまいます。だから、もう浮世から離れて山奥で畑でも耕して暮らしていきたいと思い始めるようになってきました。 


自分という人間の器がかなり小さいらしいという事に気がつかされるのはこんな時です。 


「肝の小さい事をしたり、言ったりしている。」 


と自分で思います。 
でも、こういう風にどうしようもない事をくよくよと考えこんでしまうのです。10代のころだと、自分には無限の可能性があると信じていたのですけどね。せめて今、自分が取り組まなきゃいけない事があるのだから、それに専念できる程度の集中力が持てればいいのですけど、こういう自分にとってはあまり重要ではない事に気持ちがもっていかれていろんなものがおろそかになってしまって、


「多分、このままだと死ぬ時に後悔するのだろうなぁ。」 


なんて事を思うわけです。 

結局のところ、自分が納得できる生き方をするしかないのですよね。 
そのことを踏まえて今、私はどうあるべきか、どうするべきかよく考えて行動しようと決意をするのでした。


有料ブログ「四面楚歌」
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中
関連カテゴリー< ブログ

整体の勉強会をはじめようと思います。

東京都のPCR陽性者が4000人を超えました。
これを書いているのが、8月1日なんですが、これはもう東京だけで1万人/日いくだろうと思えます。去年、流行語になったオーバーシュート、つまり感染爆発が起こるのは不可避ではないでしょうか。実は、検査数が1万程度しかないのでもうすでに起こっているかもしれません。

オーバーシュートというのは、コントロールできない状況を意味しますからそこから先どうなるかは運次第という事になります。一応、季節変化による減少は見込めるとは思いますけど、それを上回る数字の伸びがでると思って準備をした方がいいだろうと思われまます。簡単にいうなら、

「神風が吹いて、オーバーシュートしなくてよかったね。」

という事が起こる可能性はゼロじゃありませんよという話です。

オーバーシュートした場合に真っ先に考えなくてはいけないことは、病院がまったくアテにならないということです。現状でも、東京、大阪ではまともな診療を受けることはできていませんからね。

実際、先日こられた方の話です。
難病にかかっている方で症状が悪化したということで病院にいったのです。ところが、発熱しているということで病院にいれてもらえないという事になったそうです。難病の方だって放置すると亡くなることはあるのです。この方は、地方にお住まいの方なんですが、それでこんな対応ですからね。

現状で、病院は新型コロナウイルスは知らぬ存ぜぬと対応してくれません。
そして、保健所は完全に手が足りていません大阪では対応がおくれて亡くなった方がもう二桁に達しているのじゃなかったですかね?その状況が今後さらに悪化する可能性が高いという訳です。


それで、我々が考えなくてはいけない事は、万一熱がでても自分で対応できるようになる事です。
自身のケアができるように、あるいは家族の方が発熱してもその方のケアができるように、整体についての基礎的な知識と技術を身に着けていただきます。ウイルスがどういうものか、どういう人が重症するのか、そうであれば日々どのように生活していくことで新型コロナウイルスが怖いものでなくなるのか?そんな事を学んでいただければと考えています。

日程は、基本的には私が空いている時間で行います。
当院の休日がメインになります。サイトの下の方にカレンダーがありますので、赤い日の日程で選んでいただいて時間はお互いの都合がよいタイミングを調整するようにします。空いている日程があれば、そちらでも問題はありません。

もし、興味がわいて勉強してみたいという方がおられましたらまずは電話にて問い合わせください。

TEL 075-954-0036
受講費用 1万円

関連カテゴリー< >

オリンピックは我々に何をもたらすのか?

ある程度、先の状況を見越して書いていたのですけど、推敲しているうちに状況に追い越されてしまいました。
そのためちょっとちょっとポイントがずれていると感じる点があるかもしれませんが、今回はそのままにしてあります。



オリンピックの開催は、大きな変化への狼煙になるのではないかという気がします。
私は新型コロナウイルスの脅威はそれほどのものではないと考えていました。もしかしたら、それが脅威になってしまうきっかけになるかも?という考えも浮かんだりしています。

ウイルスが強毒化していくなんていう事は普通はないのですよね。
インドで猛威を振るっている変異株ですけど、ワクチンの有効率は39%ぐらいにまで低下するそうです。この変異したウイルスはもう日本に入ってきていますからこれからの流行はこのデルタ株がメインになってゆく事でしょう。ただ、結局はコロナウイルスですから、日本人への脅威になるかというとそんな事はやはりないのではないかとは思えます。だから、あまり余計なワクチンを接種することでウイルスが変異をさせるきっかけを作らないようにしていった方がいいのではないかと思えます。

ワクチン接種に積極的な考えをもっている人は、

「ウイルスに感染した際に、重症化するかは運次第である。」

と考えている印象です。
一応、持病をもっている人がみたいな情報はありますけど、持病なしでも結局は運次第だという結論になるみたいですね。自分の生死が運任せになる事になるので、感染が広がっていくのが恐ろしくて仕方がないようです。

それに対して私の考えは、

「体が健全な状態であればウイルスなんぞ恐るるに足らない。」

というものです。
別に体の中にウイルスがいたってなんの問題もないのです。疲れがでたとか、体が弱ったときに風邪をひくだけの話で、寿命がつきている人だとその時に命を落とすだけです。死んだときの要因だと考えられる事が1つ増えただけで、その見分けがお医者さんにできていないという事ではないかと思います。

それでも死者数が増えていたりすれば、問題にあげていいと思うのです。
ただ、こういう数字は1年ぐらい経過しないとはっきりとは数字にでてこないので現時点ではどうなっているのかよくわかりません。

話がそれたので戻します。

続きは、四面楚歌の方で掲載しています。 こちら
記事単体での購入は noteというサイトで可能です。 こちら
関連カテゴリー< 四面楚歌

謎のウイルスに対する整体について

「あなたは未知のウイルスに侵されている。」

と診断を受けた人の整体しています。
その方の体の様子を観察していると頸椎3番と頸椎6番に問題があることがわかります。それが、どういう状態かというと、呼吸器がうまく働かなくて代謝に問題を起こしています。簡単にいうと、喘息とか肺炎とかをおこしやすい状態です。

呼吸器がうまく働かないという事がどういう事か、多くの人にはわかりにくいかもしれません。
肺がその能力をちゃんと発揮できていない状態ですね。ですから、呼吸が止まってしんでしまうというような事ではありません。エンジンはかかるけどアクセルを踏んでもスピードがあがらない状態の車を想像してもらうとよいでしょう。

私からすると、医者の診断というのは、

「心臓が止まりさえしなければOK!」

という基準で行われています。
だから、

「アクセルを踏んでもスピードがあがらないのです。」

と相談した時に、

「それはあなたの気持ちの問題だ。」
「それはあなたの努力が足りないからだ。」

なんていう有害なアドバイスが返ってくるわけです。

自動車のメンテナンス工場で3,4速にギアが入らないという相談をしたら

「それは運転者の気持ちと努力不足のせいです。」

なんて言われた普通の人はキレると思います。だから、気持ちがとか前向に物事を考えたらキレても問題はないと思います。

肺の能力が十分に発揮できないと、集中力がでない、スタミナがない、持続力ない、意欲がでない、疲れやすい、眠りが浅いなんていう事になります。物事に継続して取り組めない人はたいてい本人の努力不足が問題だと捉えられますが、ほとんどの人は肺は能力がちゃんと発揮できていないと考えた方がいいでしょう。ダイエットがうまくいかない人なんかも肺の能力が発揮できていない可能性が高いですね。結局、根気がないとかすぐに諦めてしまうとかいう人の大半は内臓機能が十分に発揮できていないだけで、本人の気持ちに問題がある訳ではありません。

謎のウイルスに侵されている人に話を戻します。

続きは四面楚歌へ掲載しています。
記事単独の購入はnote でも可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌

ワクチン摂取についての考え方

ワクチンに関わる相談を頻繁に受けるので、何回でも書いておこうと思います。


政治に健康が左右されるというのはバカな事だと思います。
しかし、現状の社会を見回すとそういう事が実際に起こっています。新型コロナウイルスのワクチンの接種は義務化はされていないのです。ところが、病院に勤めている人たちは接種するのが当然というような空気が漂っているそうです。大学ではワクチンを接種していないと講義を受ける事ができないとか、職場でも接客業であれば接種する事が当然だという同調圧力があるそうですね。

安全性の確保に問題があるという指摘はあちこちでみかけます。
実際に、医師がその点を指摘をしている情報もネットでは珍しくはありません。ところが、政府はそういう情報はデマだと発信しています。治験が行われていないのは事実なのに、安全であるという主張はいったい何を根拠に発信しているのか納得できる説明がありません。

「政府の発表が大本営発表になっている。」

という指摘はずいぶん前から言われています。
オリンピック開催に関わる検疫がザルだというのがわかりやすいですね。
今ではもう、

『安全安心な大会にする。』

という話は完全に消えてしまって、いったん無観客開催になるとしたのをやっぱり観客をいれようなんていう議論にかわってしまっています。

政府に関わる人の発表だと、担当大臣である河野太郎氏がワクチンについて発言していました。
この人が誠実な人だったらよかったのですけど、残念ながら嘘を平気でつく人だったようです。河野氏は、ゴールデンウィーク明けにはワクチンが不足するという事を把握していたらしいですね。ところが、自治体にはワクチン接種の段取りを急ピッチですすめさせていました。

「段取りが遅い自治体にはワクチンを回さない。」

と脅しまでかけてです。

地方に分配する予算の決定に大きく関わる財務官僚が市長に電話をかけたなんて話もありましたね。
ところが、7月にはいったらワクチンが足りなくなったので受付停止なんて事態になった訳です。たぶん、地方自治たちの職員は残業して必死こいて段取りを整えたのじゃないでしょうか。そういう労力を無駄なものにして、追い打ちをかけるようにワクチンをうてる期待していた人たちから罵倒されたなんて現場もあったそうです。

また、ワクチンを作るのはファイザーという会社ですけど、黒い噂が絶えないところです。
いつだったかはっきりと忘れましたが、治験のデータだったかを改竄したのがばれて、多額の賠償を払っていたというようなニュースをみたような気がします。それに幻滅した研究者がファイザーを離れたなんて噂も聞いた事がありますし、あまりよい噂を聞かない製薬会社なのです。

私は、ワクチンの効果についてのレポートに目を通しましたが、とてもじゃありませんが信頼できる内容ではありませんでした。
データが客観的なものではなく都合の良いデータがとれるような数字の作り方をしているとしか思えなかったのです。具体的にいうと、ワクチンの成果を確認するための新型コロナウイルスに感染しているかどうかの判断をするPCR検査の実施に医師の主観的な判断が挟まっていたのです。平たくいうと、都合のよいデータをとるために医師がPCR検査の実施について恣意的に操作できるような調査方法でした。

あとこれは直感的なものですが、有効率95%というのは高すぎる数字です。そんな都合のよいものがこんな短期間で開発できるわけがないというのが私の認識です。

ワクチン接種をすすめた時に、変異を起こすことも想定済みだったのではないかと思えます。
いま、デルタ株やらラムダ株やらが出回り始めているようですけど、それに対応したワクチンがすぐさま投入されるはずです。変異はずっとつづくわけですから、3回、4回では終わりません。しまいには、毎月1回ワクチンを接種しなくては生きていけないみたいな状況になる事をファイザーは想定しているのではないですかね?私は大きな悪意を持つ会社にしか見えなくなってきています。

とりあえずの対策として、ファイザーの株を買っておくことですかね。もうすでにかなり価格は上がっていると思いますけど、まだまだ上昇するであろうと思われますから。

ワクチンの効果ですけど、新型コロナウイルスに対してはそれなりの効果はあるようです。
ただ、副反応は私が思っていた以上にきついようで死者数がかなり多いように感じます。ある程度の死者はでるだろうと思っていましたが、レアケースとして落ちつくだろうと考えていました。もちろんワクチンをうたなければ死ぬ事はなかったであろうと思いますから、政府の発表に違和感を感じざるをえない訳ですけどね。

未確認情報ですが、ワクチンの死者数は接種後4日までしかチェックしていないそうです。
するとワクチンをうって5日後になくなったというケースは副反応による死亡とはカウントされません。これを書いている前日に整体した方の知人がワクチンをうった日の夜に倒れて集中治療室で治療を受けているそうです。どれぐらい経過してるのかは聞いていませんが、このまま亡くなるとワクチンで亡くなったとはカウントされないでしょう。 ですから、死者数の数は現実はもうちょっと多いと考えたほうがよいかもしれません。先に述べたとおり、大本営の発表する数字からだんだん信頼性がうしなわれつつあるかもしれません。

亡くなる以外でも失明したとか、くも膜下出血をおこしたとか、そんな事になるといろいろ困った後遺症がでるでしょう。でも、医師の大半は新型コロナウイルス以外は治療法が確立されていて治せると考えているのでしょうか。その結果、

「コロナに感染さえしなければいい。」

という発想になるようです。
そんな阿呆なと思いますけど、彼らはそういう風にしか考えられないようです。

続きは四面楚歌に掲載しています。 続きはこちら
この記事は、会員登録のみで閲覧可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌
1234567891011
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036