ブログ「日々整体」

パンチドランカーについて考えてみる

ちょっと前に、はじめの一歩という漫画でパンチドランカーの話をしていました。
おそらく現在の医療ではパンチドランカーというものの原因や理屈はわかっていないそうです。わりと本格的なボクシング漫画ですので、いまでもそんなものなのでしょう。


パンチドランカーの症状は、頭痛、記憶障害、認知症、歩行障害などがあるようです。
パーキンソン病と診断されていたのはモハメッド・アリで、これまたパンチドランカーの1種と考えられているとか。脳の障害が残っているという具合に考えられているようですが、脳解剖しないと本当に障害があるかわからないということだそうです。パンチドランカーの症状をうったえている人の脳を解剖してみたという話はきいたことがありませんから、そうすればわかるかもしれないという程度の話かもしれません。ただ、私からするとおそらく頚椎や胸椎にきついダメージが残っているからだろうと推測できます。


平たくいってしまうと打撲が原因なわけです。
実は、打撲というのは非常にやっかいなものです。自覚症状がでるまでに数年かかることが普通だからです。私のこれまでの経験でいうと、交通事故なんかで受けた打撲はその影響を自覚するようになるのは2~3年後だったりします。そのせいで私が、


「体を強くぶつけたことがあるはずだ。」


と指摘しても本人にはその記憶がないことが多いのです。
なぜかというと、体をぶつけて骨が折れたというようなケースは、力が骨を折ることで抜けているので、後に問題が残るような事があまりないのです。早いスピードで激しくぶつかったのだけど、わりとなんともなかったという時に背骨の異常が後に残ることになるので記憶に残りにくいのです。


残念なことに、こういう体の問題を現在のお医者さんはまったく認識できていません。
まぁ、そこが私の飯の種になっているといえばそうなのですけどね。こんな事で人生を台無しにしているような人が少なからずいると思うと、大きな声でいろいろ言いたくなってしまうこともあるわけです。


脳に何らかの障害があるとしても、それはおそらく頚椎や胸椎の異常からくるもので、結果としてそうなっているのではないかと考えられます。残念ながらプロボクサーの方の整体をしたことはないので、完全な憶測ですけどね。以前に、


「主人がプロボクサーなんです。」


という方が一度こられたので、なんらかの障害残ったりしたらいらしてくださいとお話したことはあるのがせいぜいです。


ただ、体に強い打撲があるせいで手足に力がうまく入らなくなったという人を何人かみています。
そして力がうまく入らないということが極まってしまうと逆に筋肉の硬直を緩めることができなくなることは当然といえます。それが原因でパーキンソン病のような病気の原因になっているのではないかと推測しています。そう考えれば、マイケル・J・フォックスなんかは、交通事故か、高いところから落ちるというような経験をしているのではないかと思うのですが、ネットでちょっと探してみるだけではそのような記述はみつかりませんでした。


まぁ、本当にぶつけただけという簡単なケースもあれば、ボクシングのように体中に何らかの打撲が残っているような場合はもっと複雑な事が起こっているかもしれませんけどね。打撲が残っているかどうかを見分け得ることができれば、解決する体の問題も少なくないはずです。
関連カテゴリー< ブログ頭痛起立性調節障害繊維筋痛症

9月12日は休みます

遠方からの問い合わせが多いと昨日書きました。
ただ、これぐらい多いとこちらから出向くことも考えた方がよいだろうとは思っていたりします。

月に1回定期的に日本巡りみたいな仕事のやり方も悪くないなぁと思うのですが、まぁ、実際にやると体力的には結構きついよなぁと思ったりもします。

希望のある方はメールアドレスなんかを登録しておいてもらって、実際にでかけるタイミングでお知らせするような形がとれれば無理なくいけるかなぁと思ったりもしますが、場所の確保ということを考えるとなかなかに難しいなぁと思ったりしますね。もしかしたら難しいというより面倒だというのが本音なのかもしれませんけどね。まぁ、なんとか段取りをすすめて実現できないかやってみることにしましょうかね。


なお、来週の火曜日12日は休みですのでご注意ください。


関連カテゴリー< ブログ

遠方からの問い合わせ

遠方の方からの問い合わせが少なくありません。
よくあるのが、


「遠いので近くで同じ考え方や技術を整体できるところはないでしょうか?」


というようなものです。


ハッキリ答えておきますが、そんなものはありません。


まぁ、私なんてそれほど大したことはありませんから私以上の人などいくらでもいるとは思うのですけどね。技術や知識は私以上でも、どれぐらいの経験を積んでいるのかよくわからないので、この人だったら


「安心して紹介できるか?」


というと、よくわからないわけです。
整体なぞ、技術や知識などいくらつんでも駄目だろうと私は考えています。


また私、自身が横のつながりを大事にしない人間ですし、そういうのが煩わしいと感じるからですかね。


余談ですが、整体に来られた人たちが集まって話しているときに、



「この人は絶対にサラリーマンできない人だ、。」


という意見で一致したそうです。
協調性がないわけではないと思いますが、他人と交わることを好むたちではないということでしょうかね。


昨日も愛媛の方から電話がありましたが、


「まずは1回来てください。」


とお答えしました。
慢性疲労症候群という診断をされているそうです。その方の体に何が起こっているかはこの単語だけでおおよその検討がつきますが、ちゃんと体をみてのものではないから電話では何もいえません。それほど難しい問題ではありませんが、ほっておいてどうにかなることはまずないでしょう。


「そうなったときの残りの人生がどうなるか?」


と考えてみればよいのです。
遠いからなどという理由が実にくだらないものになると私などは思うのですけどね。
関連カテゴリー< ブログ

原因なんてわかったって意味がない

最近、かなり体の調子の悪い人がこられました。
いいところがないといってしまってもいいぐらいで、心臓、胃袋、肝臓、腎臓などなど五臓六腑全部がまともに動いていないなぁと思えるような状態です。お医者さんの検査では異常ないといわれるし、かといって自分が元気だとも思えないしで困って相談にこられたようです。ただ、内臓全部が悪いからといって、それぞれに原因があるわけではありません。それら全部が悪いのにはちゃんとした理由があって、その理由はおそらくではあるけれど、


「子供の頃にちょっとした事故にあっている。」


というがあたりではないかと推測しています。
何十年も前のことがいまでもずっと体に悪影響をあたえているわけです。


こういうケースは実はそれほど珍しくありません。
今、私のところにかよっている方でも、おそらく部活でサッカーをしていたのだろうけど、サッカーのときに激しく体をぶつけたのが原因だろうという人がいます。どんなことになっているかというと、学校へいけなくなってしまっています。来年は受験のようですが、外出もままならないから困っているということで相談にこられました。世間だと起立性調節障害なんていわれている状態なわけですけどね。ちなみに、これまたお医者さんでは体を強くぶつけた事が原因でこんなことになるということはまったく把握できていないようですね。


「これらのケースですが、原因がわかったからといってどうにかなるか?」


私の場合だと、ある意味そのとおりといえる部分はたしかにあります。
でも、ほとんどの人にとってこんな原因がわかったからといってそれを解決する事は無理といえるっでしょう。だから原因など考えてもあまり意味がないわけです。

しかし、私の場合でもこんな原因など掘り下げて考えてもほとんど意味がありません。なぜなら、私が考えるのは、


「どうすれば元気になるか?」


であって、


「どうしてこなったのか?」


という事ではないからです。
なんか言葉遊びをしているように感じるかもしれませんが非常に重要な事です。ここを間違えるから体の調子が整わないのですよ。


さっき、当院のサイトへどのような検索ワードでやってこられるのかを久々に見てみたのです。すると、


「○○ 原因」


なんていうワードが多いわけです。
で、


「一生懸命に原因なんて探したっていみがないんですよ。」



とちょっと言いたくなったのでした。
関連カテゴリー< 自律神経失調症起立性調節障害

脊椎間狭窄症について

ここ1週間ほどで脊椎間狭窄症で腰が痛いという方が2人ほどこられました。
実は、私は看板やチラシから腰痛という単語を全部消しています。なぜなら、


「なぜなら骨に通る神経の通り道が狭いので腰が痛むからもう治りません。」


という考え方から抜け出せない人がほとんどだからです。
これの親戚の話にヘルニアなんていうのもありますね。たいてい場合、手術をしたら治るとか、もう治りませんなんていう説明を受けているからでしょう。まぁ、お医者さんが嘘をいうというのは想像もつかないでしょうから仕方のないことといえるかもしれません。


最初は私もそんなものかなぁと思っていたんですけどね。
ただ、狭窄症だったりヘルニアだったりする人もちゃんと体を整えていけば痛みなどなくなってしまうのです。で、そういうのを何人もみていると、


「これはお医者さんでは治せないというのが正確なんだろうなぁ。」


と考えるようになりました。


こういう話を説明するときに、


「木だったらどう考えますか?」

「葉が枯れてきた時に葉に薬をつけますか?」
「枝がしおれたり、曲がってきた時には枝に薬をつけますか?」


と質問してみるとだいたいの方はなるほどと思うようです。
木だったらほとんどの人は、なにかおかしいなと思ったときには幹や根の状態を確認するのですよ。それなのに自分の体に起こったことだと、葉や枝に薬をつけて治そうとしてしまうわけです。そんなことをやっていれば、


「死ぬまで治りません。」


という結論になるのは当たり前といるでしょう。


神経の通り道や椎間板の軟骨に異常があるのであれば、なんでそれが起こったのか?ということを掘り下げて考えればいいだけなんですけどね。ちゃんと、その根っこ部分さえかえてしまえば、痛みや痺れなどなくなってしまいます。体の見方や考え方をかえれば、やりようはいくらでもあるよい例といえますね。
関連カテゴリー< 脊椎間狭窄症
1234567891011

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036