ブログ「日々整体」

ヘパーデン結節の話

「ヘパーデン結節で小指の先が痛む。」


という相談がありました。
整体しながら体の状態を確認してゆくとリウマチと同じとしか私には思えませんでした。どう違うのかは本人にきいてもよくわかっていなかったので調べてみると、


「骨の変形の仕方がリウマチとちょっと異なる。」


ということのようです。


問題があるのは、手首と頚椎です。
あえて違うというのなら手首の様子は普通のリウマチの人とはちょっと違うかなと感じました。ただ、体の状態をみて判断する限りやることはリウマチと変わりません。

ただ、かわった病名をいわれたので私は何かが違うのかもしれないと余計なことを考えてしまいました。そのために手間取ってしまいました。痛みがやわらぐまでに2ヶ月近くかかってしまいましたが、


「こんなものリウマチを同じだ。」


と見切りをつけていたら、もっと早くよくなっていただろうと思われます。


例えば、食べ過ぎた時に体にどのような変化がでるかというと、


・頭痛
・肩こり
・腰痛
・胃痛
・胸焼け、吐き気
・めまい
・耳鳴り


などなどあげてゆけば切りがありません。
体が壊れるほど食べたときに、体のどこに異常があらわれるかというのはその人の体質や、そのときの生活状況、季節などでもかわってきます。だから、夏だと胸焼けするけど、冬だと頭痛がするいうことだって珍しくありません。こんな時症状別に考えて夏だと○○症、冬だと○○病なんていう具合に名称を変えることに意味は無いとわたしはおもいます。

こんな調子で表にでてくる症状で病気を分類していたら、病気が無限に増えてしまいます。
実際、こういう仕事をしていると、聞いたことがない病気の名称をいわれることが日常茶飯事だったりします。しかし、たいていは体質のせいで他の人とはちょっと違った症状のでかたがしているだけです。

なお、リウマチとう病気ですが、原因はわからないとされています。
しかし、整体という技術を通じてみるとかなりはっきりと原因がわかりますし、治してしまうのはそれほど難しいものではありません。

関連カテゴリー< ヘパーデン結節リウマチ、膠原病

潰瘍性大腸炎の話

潰瘍性大腸炎であるということで整体にこられ方が一区切りをつけることができました。
車で2~3時間はかかるずいぶんと遠方から2年近く通っておられました。症状がすべて治まったわけではありませんが、この状態なら大丈夫だと自分で思えるようなところまで体がかわった事を実感できたようです。

潰瘍性大腸炎は難病指定されている病気で、原因がはっきりしていません。
ですから、体がどのような状態になったときに症状が重くなって、どんなときに軽くなるか?では、どのようなことに注意して、どうすればよい状態を保つことができるのか?ということについて徹底的に話し合いながら取り組んでいました。

先日、一区切りしましょうかという話になったのですが、


「今回が通算98回目でした。」


といっていました。
潰瘍性大腸炎の方の整体については、どうすればいいかはわかっているつもりでしたが経験が不足していたので今ならもうちょっと減らせるようになっているかもしれません。

実は、最初にこられたときは、ずいぶん駄目だなぁと思える体になっていました。
また、遠方からこられているとうこともあり、当初は途中で音を上げてしまうだろうと、かなり失礼な事を考えてしまってもいましたた。それが健康になるんだという強い気持ちをもって98回も通ってこられたのですから整体がどうこういうより本人の粘りが改善の一番の要因といえるでしょう。

さて、潰瘍性大腸炎ですが、免疫が過剰に働いて大腸の粘膜に潰瘍ができる病気といわれています。ただ、なぜそのような事がおこるのかはっきりとした原因がわからないため難病指定になっています。

自律神経の状態をみるとまったくその通りで、副交感神経の働きが悪くなっていました。
整体の調整のポイントは、右の骨盤と腰椎5番になります。腰椎5番は近年、免疫の働きに重要な関わりがあるという発表がされ新聞記事になっていたのをご存知の方もいるかもしれません。

免疫に関わるという病気というとたいてい腰椎5番に問題がるといえるようです。
リウマチ、膠原病など他の難病していされている病気も同様に腰椎5番がやはり整体する上での重要なポイントになります。腰椎5番が免疫に深く関わっているというのもこういうところからも推察できるといえそうです。
関連カテゴリー< リウマチ、膠原病潰瘍性大腸炎

リウマチのリハビリのお話

少し前の事ですが、リウマチについての記事を見かけました。
その結論は、


「関節が変形するとつい引きこもりがちになるので、運動をしたほうがよい。しかし、運動のやり過ぎで関節が痛みすぎることもあるので適切な運動量で。」


というものでした。
関西人なら、


「どっちやねんっ!」


ツッコミの1つもいれたくなるかもしれません。


「チョコレートを食べると癌を抑える効果がある!」


という極端なものも問題ですが、結論をぼかした先のような表現はやはり適切ではないと思います。


「適切な運動量ってどれぐらいですか?」


ということについても考えたって結論がでることはまずないでしょう。


私たちの通常の生活で考えてみましょうか。
親しい友人がとてもよい異性を見つけて結婚することになったとします。で、それが我が事のようにうれしかったので、結婚式と二次会でハメをはじして飲み過ぎてしまった。ほかでいうなら、ムシャクシャすることがあって食べ過ぎてしまったとか、会社で失敗をしてつい深酒をしてしまったとか、次の日になって体がずいぶん辛くて、ちょっと後悔するなんてことは誰にでもあることでしょう。

年齢を重ねてもそういうことはかわらないのではないでしょうか。
人は年をとったからといって喜怒哀楽がなくなるわけではありません。旅行で旅館などにいくと、大いに飲んで楽しそうにしているお年寄りなど珍しくもありません。

そういうのに対してを、


「体の事を考えて適切な運動と食事をしましょう。」


なんて助言は、人間らしさを放棄しろといっているように感じます。
誰にでもハメをはじしたくなることはあるし、控えめにしすぎたり、やり過ぎたり、そういう事があるから人生は楽しいのだと私は思います。その上で、


「じゃあ、どうしようか?」


というのを考えなければうまくいきません。

これを踏まえてリウマチのリハビリを考えるなら、


「体というのは過保護にすると弱くなる。」


ということを忘れてはいけないと思います。
ですから、痛いからじっとおとなしくしておけというのは駄目で、リウマチの事など意に介さないで旅行でも運動でもなんでもするというのを基本にどうするかと考えればよいと思います。運動のやり過ぎてでた痛みなど対処を間違えなければ3~7日程度ですぐに解消されるからです。


リウマチを患っている人は、副交感神経に異常が見つかります。
副交感神経の働きが悪いので、交感神経が過剰に働くせいであると考えて整体するとたいていすぐに痛みは和らいできます。交感神経が過剰に働くので、白血球が過剰に働いて自分の体を攻撃するようですね。

副交感神経というと、リラックスしたり、考えかたをどういうと安易に考えてしまう人が多いのです。しかし、リウマチの場合は、なんらかの理由で体をひどく冷やしている事が原因の場合が多いのでそれではうまくいきません。ですから、さしあたって整体で副交感神経の働きを整えて痛みを和らげ、その上で冷えとりに時間をかけて取り組むというのが一番うまくいく方法だと考えています。
関連カテゴリー< リウマチ、膠原病

膠原病について

「膠原病はどうにかなるのでしょうか?」

という質問を先日いただきました。

実は、自律神経を整える整体において膠原病とういのはもっとも効果的な対処といえます。なぜかとうと、


「膠原病は右の骨盤が下がる事によって起こる病気。」


だからです。
右の骨盤がさがるということは、副交感神経の働きが悪くなります。

膠原病といっても、いろいろあると考えてしまうかもしれませんが、根本的な原因は右腰が下がることです。ですから、まずは、

右の骨盤をあげる

これが、膠原病改善の肝になります。




関連カテゴリー< リウマチ、膠原病

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036