ブログ「日々整体」

妊娠と出産の整体

「子供を産みたいのだけど妊娠するとつわりの時期に寝込んでしまうのがなんとかならないだろうか?」


という相談を一昨年から受けていました。
2人のお子さんの出産経験があったのですがどちらの時もそんな状態になっていたそうです。これまでは臥せってしまったときには、母親に助けを頼んでいたそうです。ただ、今回はすでに2人のお子さんがいて、その面倒をちゃんとみるほど体力に自信がないのでなんとかならないかと相談にこられたわけです。

体の状態をみて、


「これは確かに元気な赤ちゃんを産める状態ではない。」


そう思えました。
ただ、女性の性の働きというか、正常に出産できるかを正確に判断するのは正直いってかなり難しいです。というのは、性の働きに問題があるのを確認するのは難しくないのですが、問題があったとして、それがどう影響するのか、


・妊娠ができない。
・妊娠はできるけど無事に出産できない。
・妊娠、出産はできるけどつわりがひどい
・出産はできるけど生まれてくる子供に問題がでてしまう。


というのを見分けるのは正直いって難しいのです。
でも、性の働きに問題があればそれはわかりますし、どうすればそれが健全な状態になるかはわかるのですけどね。


具体的な話を紹介すると、(これは確か以前にここでも紹介したかもしれません)


「こんな体の状態でよく2人も子供産めたね。」


なんて話していた友人がいました。
その友人は3人目の子供を出産するときに、



「母子ともに駄目かもしれんから覚悟してくれ。」



なんて医師に言われていたそうです。
その旦那も私の同窓生で、3人目の出産のときはそんなことになっていたと後で聞かされました。生殖能力に異常があると妊娠、出産が子供だけでなく、本人の命に関わることがあるわけです。幸い今ではみな元気にしていますが、一歩間違えればどうなっていたかと思うと・・・。甘く考えてはいけないなぁと痛烈に思い知らされました。



出産というのは妊娠さえすればよいわけではありません。
母親の体になにか問題があれば、生まれてくる子供にも何かしらの問題がおこりがちだというのは知っておいて欲しいと思います。



さて、最初の相談の話にもどります。
頃合いをみて、


「これぐらい元気になってくればもう子供つくって大丈夫ですよー!」


という話をしてから半年以内ぐらいで妊娠されていました。
ちなみに、妊娠されたあともお腹が大きくなり始める頃まで整体にこられていました。

そして、


「元気に生まれました。」


と報告をもらえたのがつい数日前のことです。

今回は寝込んでしまうようなことはなく妊娠中もずっと元気に過ごせたそうです。
結局のところ、妊娠、つわりの時期に寝込んでしまうのは性の働きに問題があるだけといえます。ですから、性の働き、生殖能力がきちんと働いていれば妊娠、出産に問題がおこることはないと考えてよいでしょう。

なお、女性の場合は、この判断は割合簡単ですね。
生理痛が辛いというような方は、なんらかの問題があると考えてもらってよいでしょう。そんな方が無理やり子供を作ろうとしてしまうと命に関わることもあるのです。
関連カテゴリー< ブログ不妊

不妊治療は辞めたほうがいいという話

最近、不妊治療をやっていましたという人を数人続けて整体する機会がありました。
不妊治療なんて、治療とは名ばかりで、体を壊すようなことをやっていると考えていましたが、やはりひどいものですね。

不妊であるということは性の働きに問題があるわけです。
女性であれば生理痛がきついなんていうのはその問題の典型的な自覚症状といえることでしょう。最近だと生理痛がないという人の方がすくないのではないでしょうか?しかし、体に問題のない人であれば、生理の際に体が辛くなるということはありません。むしろ女性の場合は、生理を経過することによって体のリフレッシュが行われますから男性より健康を保ちやすいのです。


「女性は生命力が強い」


なんていれる理由は本来こんなところにあるといえます。
まぁ、私は男なのでそれを実際に体験したわけではありません。ただ、整体して元気になった人がみな生理痛が辛くなくなったといいますので、間違いないのだろうと思います。


体の問題を残したまま子供を産みたいなどと考えれば体を壊すのは当然です。
最近、みた中の一人は、ガンになってしまっておりステージⅣという診断とのことでした。ステージⅣというのがどの程度のものかは、最近までテレビやネットで騒いでいました。ですから改めて説明する必要もないことでしょう。

まぁ、医学的にガンのメカニズムは解明されていませんので、私がこんなところで声を大きくして叫んでみてどこにもとどかないのでしょうけどね。薬をいれて体をいじることの行き着く先はたいていこんなところといえるのではないかと思います。





関連カテゴリー< 不妊

不妊の話いろいろ 

先日、男性の不妊について書きましたが、実は、男性の不妊は、


「このような体質の人で、こうなっているせいでおこるのだろう。」


という予想していたのですが、まったくそのままの体の状態でした。
男性の不妊の原因は、簡単にいってしまうと、右の骨盤に問題があって副交感神経の働きに問題があるといっていいでしょう。ただ、こんな言い方をすると、


「あぁ、そうか、それじゃリラックスして副交感神経を高めればいいのだ。」


なんてほとんどの人が安易に考えてしまうのですから、とてもやっかいな世の中といえます。
生兵法は怪我の元なんていう言葉がありますが、このような知恵ともいえない、ちょっとした豆知識で崩れた体のバランスをどうにかしようと考えてしまうから多くの人が体を壊してゆくのです。


まぁ、人間の体というのは全員違いますから、すべての人に同じことが起こっているとはいえません。
しかし、1つうまくいったケースがあると、どのような事が原因であっても、たいていは応用がきいてしまいます。どうしてかというと、


「どのような状態になれば子供ができるようになるか?」


というのがわかってしまうからです。
それに照らしあわせて考えれば、何が原因でどうすればよいかなんていうのを見つけ出すのはそれほど難しくはありませんからね。


ただ、女性の場合はちょっと事情が違います。
女性の場合は、体がどうこうというより、体を冷やしていたり、食べ過ぎていたりと生活習慣に問題があることがほとんどです。だから、原因もすぐにわかるし、何に注意すればよいかもすぐわかります。

ところが、


「子供が欲しいというのは口だけで、本心から子供を産みたい。」


と思っている人はかなり少数のようだというのが私の印象です。
だから、ほとんどの人は生活習慣を改めようとはしませんし、一時的に改めてもすぐに元に生活にもどしてして子供を生みにくい体にもどしてしまいます。話していても、


「親族が孫はまだかと、口うるさいので表向きには子供ができるように努力しています。」


という本心がチラチラと見え隠れしたりします。


やっかいなのは、そんな駄目な体の状態でも妊娠してしまうことがあることでしょうか。
私の友人で、


「よくこんな体で子供が産めたね。」


と、ついいってしまった人がいました。
その友人のご主人は、次の子供の出産の時には、産科の医師に


「母子ともに駄目な可能性があるので覚悟しておいてください。」


と言われていました。
幸いなことにその友人は、今では母子ともに元気にすごしていますけどね。子供というのは妊娠さえすればいい、出産さえすればいいというようなものではないというのを忘れないようにして欲しいものです。
関連カテゴリー< 不妊

男性の不妊

実は男性の不妊について相談をされたことはありません。
ですから、表向きにはまったく別の問題で相談にこられていたのです。ところが、体の状態をみていくにつれて、


「おそらく性に関わる問題があるのじゃないか?」


と思えたので、質問してみたところ、


「実は子供ができない。」


ということでした。
まぁ、あまり詳しくは紹介するつもりはありませんが、それを体をみてわかるということですから、どうすればよくなるかもわかるのは当然のことです。

実は、ちょっと前に男性の不妊について考えた事がありました。
なぜかというと学生の頃の友人がまったくおなじような事が理由で子供ができないために、体外受精なども試していたからです。ですから、どういうことが体に起こっていれば、そのようになるかを考えてみたことがあり、そのせいもあって今回の問題に気がついたのだと思います。

体外受精は、男性の方の体に問題があるのに、問題のない女性に大きな負担を強いる方法だそうです。とても元気だった奥さんが薬づけになって、それでもうまく妊娠することができず苦しそうにしているのをみるのはとても辛かったそうです。

そんな話をしたあと、


「じゃあ、子供ができるようにしましょう。」


なんて答えていました。
そして、半年ほどたったある日、


「あれ、ちょっと体の様子がわかってきましたね。」


と声をかけたところ、


「実は、検査にいってきたのですが、これなら普通に子供ができると言われました。」


ということでした。
今から思うと、できるようになるという確信があったにしろ、実績もないのに、ずいぶんと安請け合いをしたといえるかもしれません。

ただ、最初にこられたときの課題はまだ残っている状態で、体はまだまだよくなる余地が残っていたりします。生殖能力というのは体が万全である必要はないのだなぁ、落ち着いて考えてみれば当たり前の事を確認したような気がしています。
関連カテゴリー< 不妊

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036