ブログ「日々整体」

肩こりと目の疲労の話

「ゲームしたり、ネットみたりとスマホ画面ばかりみているので肩が凝って辛いのです。」


といってくる人がいます。
私が対応とか説明するのが倒くさいと感じる人は2種類いるのですが、そのうちの片方に属しています。


「本当にそう思うならうちなんか来てないでとっとと携帯会社の店へいって解約してきなさい。」


というのですが、決して解約しようとはしません。
そもそも画面をみて目が疲れるということがどういうことか掘り下げて考えてみようともしません。携帯端末でゲームをしていれば目が疲れるのは当たり前のことで、自転車に乗って2時間ほどツーリングしていれば足が疲れるのと同じことです。自転車は全身運動に近いので適切な乗り方をしていれば全身がつかれますが、まぁ、それはおいておきましょう。

画面をみていれば目が疲れるし、自転車に乗れば足が疲れる。こんな当たり前の事を私に訴えていったいどうしろというのかと思うのですけどね。

なお、これに似たタイプに、


「仕事でずっとPCの画面を見ているので肩がこります。」


といってくる人もいます。
そういう人には、


「じゃあ、仕事辞めればいいだけではないですか。」


というと黙ってしまいます。
両方に共通するのは、足が疲れるのは問題にしないが、目が疲れるのは問題にするという点でしょうかね。私にすればどっちも同じようなもので大した差はありません。


目が疲れるということは、胸椎1,2,3番が疲労して動きが悪くなるということです。
人によっては頚椎2番に問題があったりすることもありますがこのケースはちょっと話がややこしくなるだけですので置いておきます。目の疲労なんて、ただの疲労なわけですから、普通は一晩ぐっすり眠れば疲れは抜けてしまいます。ですから、目がずっとしょぼつくとかすむというのであれば、ぐっすり眠れていないのが問題なのです。だから、


「眠りが悪くて目の疲れが抜けません。」


といってくるようなら正解に近いのですけどね。足の疲れが抜けないときなら、普通はそういう風に考えると思うのですけどね。


もちろん、別に間違ってはいけないと考えているわけではありません。
ですから、


「目がいつも疲れているのだがなんとかならないか?」


と単刀直入に相談してくれればいいのですけどね。
目の疲労ときだけは妙なうんちくを語り始める人がおおいのは妙なことだなぁと思ったりするわけです。
関連カテゴリー< ブログ

胃の調子の不眠の関係

「胃の調子が悪いと眠れない。」


こんな事は誰でもが知っている既知の事実だと私などはついつい思ってしまいます。しかし、世間はちがうらしい・・・・。やっかいな話しというか、こんなくだらないことで何ヶ月もまともに眠れないでいる人がいたりします。

先日、眠れないと相談にこられた方がいました。
で、背骨を一目見るなり、


「こんなものはただの食べ過ぎだ。」


と私にはすぐにわかりました。
で、本人もそれはなんとなく感じていたそうです。
私のところへ来る前に、専門医のところへいって、


「胃がムカムカしたり、傷んだりしたら眠れなくなるような気がするのですが?」


と相談していたそうですが、



「そんなものは眠りと一切関係がない。」


と切って捨てられたのだそうです。
私が医者をどうしても尊敬できなくなってしまっているのは、毎日のようにこういう人がやってくるからです。こんな一目瞭然の問題を認識することができず、トンチンカンの行為を治療と称してやっているのですから・・・。それで何も問題が起こっていなければいいのですけどね。まともな生活をおくれないようになっている人の方が多いのですから。すべての医者がそうではないと思いたいのですけどね。


さて、ご本人ですが自覚症状として、


・ずっと口の中が乾いた感じがする。
・頻繁に口の中を噛む。
・口内炎がやたらとできる


というものがあったそうです。
背骨の様子をみると胃腸がまともに働いていないのはすぐにわかりましたので指摘してみたら、はじめてそのことを話してくれました。どうやら、


「一切、関係がない。」


と切って捨てられたのショックだったようです。そのせいで私に胃の具合について話すことをためらっていたのです。


現代医学は、体の問題は顕微鏡でないと見つけられないと思い込んでいるのかもしれません。
顔色をみるだけでわかることも少なくないのですけどね。そういう技術というほどのものでもないですが、経験を蓄積して活かせるお医者さんはいまはもうほとんどいなくなってしまっているのかもしれません。


あと、付け加えておきますが


「そうか!それじゃ胃薬飲目ばいいのか!」


なんて勘違いする人がいるかもしれません。
でも胃薬を飲んでたらやはり眠りは悪くなります。なぜなら、胃薬を飲んでも胃の働きは整わないからです。蛇足だとは思いますが念のためにつけくわえておきます。
関連カテゴリー< 不眠

アトピーの原因について

最近、アトピーの人の体を見ることが増えています。
以前からアトピーに対してはそこそこ理解していたつもりです。ですから、どうすれば肌がキレイになってゆくかという事はわかっているつもりでしたがちょっと甘い部分があったようです。


で、最近のアトピー事情をちょっと調べてみようとインターネットでささっと目を通してみました。
すると今も昔もあまりかわっていないようですね。いい石鹸とか、シャプーとか、ストレス、過労、ダニ、ほこりなどを原因にあげていました。さらに、みてゆくと近所にアトピーに自信がありげな治療院がありました。


ただ、残念ながらアトピーの原因については伏せてありました。
自信があるなら内緒にすることもないだろうと思いましたが、まぁ、商売のキモになる部分なのであまり大きな声で言いたくないとい気持ちはわからないではありません。私なんかの場合は安易に答えをここで知らせてしまうと勘違いしてしまう人がかならず出てきて、かえって体をこわしてしまいかねないと考えているからです。サイトをみた感じじゃ違うと感じられましたが、もしかしたら同じ考えからそうしているのかもしれません。


しかし、私はひねくれ者なんですよ。
よそが秘密にしているなら私はおおっぴらにしてしまおうと思います。


アトピーの直接的な原因は胸椎8番の異常にあります。
8番は胃の働きにも関係が深い骨です。ですから8番の状態が良くないと消化吸収の力が弱いといえます。細身で食の細い傾向がある、そんな方がアトピーに悩まされる傾向があります。そうではないケースだと油ものやお酒など、カロリーの高い物を食べ過ぎである事が多いですね。消化器の状態が肌に影響するというのは美容に感心の高い女性などには当たり前の事なのですが、男性だとあまり感心が向かないようです。私なんかだと胃の状態は、まっさきの指に現れたりしてきます。


ただ、消化器の働きについては、


「食えてさえいればOK。」


と考えてしまっている人が少なからずいます。
そのせいで消化器の働きが落ちている事を自覚できないのです。そんな状態ではご飯をおいしくは食べれていないのですが、そんな人は味覚も鈍感になっていています。で、そんな状態の人が、


「なんでもおしく食べれます。」


とか言っていると、


「嘘をついてはいけない。体はそうはいっていない。」


なんて私にいわれるわけです。
本人の自覚など体の状態を見る上では参考にならないだけでなく、適切な判断の邪魔をして体を悪くしてしまうことがあるわけです。



ただ、胸椎8番が悪くなった時に必ずアトピーになるというほど単純ではありません。
アトピーになってしまうようなひとは代謝が悪い傾向があります。わかりやすいのは汗をうまくかけていないというような状態です。これまた、


「手の平とか(足先とか)にすごく汗をかくんですよ。」



とかいって、自分の代謝が正常であることを必死にアピールする人がやはりいます。
汗に関してはちゃんとした研究をしている人がいないというか、おそらくほとんどの事がわかっていないのではないかと思います。汗をかくという事は代謝が起こっているということなのですが、手の平なんかにかく汗は代謝とはまったく関係がないもので水がでているだけといえます。興奮や緊張をしたときに、


「手に汗を握る。」


なんていう表現をすることがあります。
手の平にたっぷり汗をかいて、



「いい汗をかいた!」



などと考える人はいないことでしょう。
きちんと代謝が起こるということは、いい汗をかいているということです。私なんかはエアコンをずっと否定しつづけているのは、エアコンがいい汗をかくのを邪魔しているからですね。ずっとエアコンで体温調整をやっているといい汗をかけない、代謝を起こせない体になってしまうというわけです。ですから、アトピーの原因がエアコンの使いすぎという人も結構いるかもしれません。


あと関係が深いのは呼吸器の働きです。
今、ちょうどアトピーでみている人で、工作機械を使う工場で働いている人がいます。もともとアトピーの傾向があったのが整体でおさまっていたのに、転職して働き先を変えたら肌の荒れがひどくなってきたのです。最初は、どうも工作機械で使っている油に負けているようだとは感じていたのですが、ある時に、


「2週間ほどマスクをして仕事をしてみてください。」


と試してみてもらったら、肌の状態が改善されました。
まだ、推測の段階ではありますが、どうも工場内の空気に含まれる油、オイルミストというのですがこれが原因でアトピーの症状がでてくることがあるようなのです。肺の負担がおおきいので、胸椎7,8番の状態が悪くなってくるわけです。気がつくきっかけとなったのは、北海道から関西に引っ越してきた事がきっかけでアトピーがひどくなったのだけど、なんとかならないだろうかと相談をされたことです。そこから転じてもしかしたら空気ではという考えにたどり着いたので実際に試してみたわけです。

というわけで、アトピーのポイントをまとめると、


・直接的には、胸椎8番に問題がある
・代謝が悪い傾向がある。これは頚椎6番をみるとわかりやすい。
・肺の働きが悪い、肺に負担がかかっている、胸椎5,7番をみるとわかりやすい
・交通事故で、胸椎1~3番に異常が残っている事が原因というレア?なケースも結構ある。
・アレルギーが関係して症状がでることがある。これは胸椎9番の状態で確認できる
・ただの食べ過ぎとう不摂生が原因の人も珍しくない


アトピーというものを捉える時に大事なポイントはこんなところです。
体にこのような問題があるときに、ダニや、ストレスに反応して肌があれくることがあるわけです。このあたりを踏まえて体の状態をチェックしてゆくとたいていの場合は解決がそれほど難しい問題でなくなってきたりします。なお、長くなってしまったので、はしょって結論だけ付け加えた部分があります。そんな部分については理屈抜きで自信満々に語っているサイトをみかけたらまた補足してみようと思います。
関連カテゴリー< アトピー

電話ではまじめに返事しないよという話

自分でいうのもなんですが私の人の体の見方は世間とはまったく違います。
意図してそうなったわけではありません。毎日のようにやってくる調子の悪い人たちをなんとか元気にしようと、そのためにどうすればいいかをずっと考えたきたらこうなっただけです。


すると、ちょっと困ったことが起こり始めました。



「これこれこういう問題が体に起こっているのですが、実績がありますでしょうか?」



などという質問が頻繁にあります。
当院に体を運んでもらって体の状態を確認した上でならなんとでも答えられます。しかし、電話でこんな質問をされたら、真面目に答えるに気になれないようになってしまいました。ぜかというと、表にでている現象だけ捉えてあれこれと考えることには全く意味がないからです。


例えば、先日、このブログで紹介しました耳鳴りの原因についてです。
耳鳴りの直接の原因は胸椎5,7番の異常です。しかし、それだけでは足りないのです。本当に大切なポイントは、


「どうして胸椎5,7番が悪くなったのか?」


ということです。
実際、胸椎10番に異常があってそれが影響して5,7番が悪くなっているというケースが実際にあったりします。中途半端な素人判断の考えをいくら聞いたって間違いなく情報が不足しているのです。


で、先日、実際にあったわけです。
女性の方からの電話だったのですが、


「少し前に出産したのですが、出産後に体のある場所にできものができてしまったのです。自律神経の働きに異常があるのではないかと思うのですがそちらでこのような事例に実績はありますでしょうか?」


といいうわけです。


「実績はありませんし、何か考え違いをしているのではないですか?」


と返事をして電話を切りました。
電話できいた状態から、おそらくどういう問題が起こっているかは推測はできるのですけどね。残念ながら、それは電話ではこたえられないのですよ。なぜなら、私は世間一般の人とはちょっと違った体の捉え方をしているからです。

あと、補足しておきますが、自律神経の働きに問題があったらもう先は長くないと思った方がいいですね。自律神経の働きというのは生命の根本的な部分です。そこに異常があるのならもう生きる力はないということでもあります。もう質問の時点で間違っているのですがそこに気が付けませんし、それを説明しても理解する事はまず不可能なようです。

簡単にいうなら、テレビや自動車を修理するような感覚で体を治そうという発想をしている人と電話で話をしてもまったく噛み合わないのです。噛み合わせる努力はずっとしてきたつもりですが、もう、時間の無駄だとしか思えなくなってきたので諦めることにしました。


先に述べた通り、実際にきてもらって体の状態を確認しながら、


「これこれこういうことがおこっていて、こうすれば大丈夫ですよ。」


と話ができればまた違うのですけどね。

というわけで、電話で


「○○なんですがよくなりますか?」


という質問に、わかりませんしどうにもなりませんと答えることにしました。
まぁ、体の状態を確認もさせないで答えを求めるというのが非常に無礼であるというぐらいの感覚は持つほうがよいのではないかと私は思いますね。
関連カテゴリー< 整体について耳鳴り(耳なり)

100点満点の背中のライン

星野源の『時よ』という歌のYoutubeでのトレーラを一度見てほしいのです。
歌のプロモーションビデオをみながら星野源さんがしゃべっているシーンがあります。で、出演している女性のダンサーが踊っているシーンをみながら、


『私にとって100点満点の太もも、これこれこれこれっ、これこれっーー!』



と叫んでいました。

ちなみに、ムービーをみてもらえばわかるのですが、この女性ダンサーは顔を隠しています。なぜだかは明らかになっていませんが顔を出すと具合の悪いタイミングだったそうです。


実は、私もこのダンサーが、ケチの付け用のない体の形をしているなぁと感じていました。

この女性は背中のラインがとてもきれいなのです。
もっというなら腰のくびれ、盛り上がったお尻の形、そこから伸びる足すべて100点万点といっていいでしょう。そして、そのような体型だから彼女のような非常にレベルの高いダンスができるのです。これはムービーをみてもらえれば、ほぼすべての人にわかってもらえるのではないかと思います。


「背筋を伸ばせ。」


とよくいいますが、彼女の背筋は100点満点といっていいでしょう。
ただ、このような背筋は努力して保つようなものではありません。どうしてかというと高い心肺能力をもった人は必ずこのようなきれいな背筋を描くようになります。もっというなら内臓の働きがとても高い状態であれば自然と彼女のような体型になるということです。

言い換えてみると何を言いたいかわかりやすいでしょう。
心臓や肺の働きが悪いと背筋は曲がり、腰はぼてっと太くなり、お尻が下がってくるということです。多くの人は姿勢というのは努力して保つものだと勘違いしていますが、本当は体が丈夫で健康であれば姿勢は自然とキレイになってくるのです。


「姿勢が悪いから体がわるくなるのだ。」


という人が多いのですが逆です。
体が悪いから姿勢が悪くなるのだということです。
関連カテゴリー< ブログ
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036