ブログ「日々整体」

うちなんか紹介したら駄目だよという話

「知り合いにこういう人がいるんですが?」


うちに来て元気になった人がよくいうセリフです。
そういう人には、


「その人が本当に困っていて元気になりたいと思っているなら、こういうところもあるけどと声をかけてみたらいいんじゃないですか。でも、うちなんて安易に紹介したら駄目ですよ。」


なんて答えています。


大層な言い方になっていますけどね。
人として暮らしていれば、辛い事、苦しい事、悲しい事などいろいろあるわけですよ。最近は、そういうのは薬を飲んでやり過ごしましょうなんていうのが流行しているように感じています。そんなことをやっていれば体がおかしくなってしまうのは当然のことです。


体の不調や病気も実は同じことでしてね。
薬でごまかしていると体がおかしくなってしまいます。最近、増えている耳鳴り、めまい、不安症なんかの相談はそのいきつく先だったりします。もちろん、すべてがそうではありませんが、感覚としては8~9割ぐらいは向き合わなきゃいけない体の問題を薬でごまかしているからでしょうか。原因がわからないということは、副作用で起こっている問題にも気づけないということでしてね。私からすると、呆れ果ているようなことが体に起こっています。


繰り返しますが、生きてりゃいろいろ起こるわけですよ。
だから、嫌な、目を背けたくなるよう出来事でも、ちゃんと向き合って気持ちを切り替えていかなければいけません。それには、誰かのアドバイスや手助けが必要だったり、時間が必要だったりするときもありますけどね。それなのに、


「ストレスが原因で辛くなっているので薬を飲んで様子をみましょう。」


なんて、愚かしい事この上ないと思いますけどね。



体の問題も同じです。
病気はちゃんと自分の体の力で治してしまわなければいけません。薬の助けを借りていると、薬の助け無しで生きることができない体になってしまいます。そんな体で、豊かで幸せな人生なんておくれるわけがないんですよ。



自律神経の働きを整えるということはこういう感覚が一番大切です。
それがわからない人に、わたしの事なんて紹介したって変人扱いされますし、相手が駄目な人だったりすると疎まれたり恨みを買ったりすることすらあります。だから、


「うちなんか安易に他人に紹介したら駄目ですよ。」


来られている人には、そういう風に話すようにしていますね。






サイト内の記事がいろいろおかしいという話

なんのきなしにパニック、不安についての記事を見直したら、かなり内容がおかしいです。
正確にいうならおかしいというのではなく、私の考え方、捉え方に変化がでてきているということではあるのですけどね。

おそらくほじくっていけばいろんなところに矛盾があるでしょう。
サイトの記事をみて相談にこられたのだけど実際に私の説明を聞いたら、


「なんかサイトでの説明と中身が違う。」


なんていうことが結構起こっていそうですね。


特に大きな変化で言うと、


「自律神経の働きに異常がある。」


という表現は、今は一切していません。
なんでかというと、今は自律神経の働きに異常があると、人はすぐにでも死んでしまうと考えているからです。

どうして、そう変わったかというと、自律神経というのは常に元気に健康になろうと一生懸命に働いているというのがわかってきたからですね。動悸がでるのも、不安になるのも、めまいがするのも、耳鳴りがするのも、本当は体が元気に、健康になろうとしているときに起こるもので、ほとんどの人がその自律神経の働きを邪魔してしまうから駄目なんだと、今はそういう風に考え方がかわってきています。


それなのに、


「不安、パニックは自律神経の異常だ。」


なんていう記述が次から次からと・・・・。
思いつくままに好き勝手に継ぎ足してきたサイトですから、あちこちに矛盾がでているだろうと考えてはいました。ですからいずれは全体を見直して修正した方がいいのかもしれませんが、この矛盾を解決するのはおそらく無理でしょうね。なぜなら、一時的に修正したって、どうせまた私は違う事を言い出して、違うように表現するようになるのですから。そんなものいちいち書き換えていられませんので、このサイトの内容は今後ますます混沌としてゆくことになることが予測されます。


で、この考えにいたった時点で、とくに大きくかわっているのは耳鳴り、めまいなんかについての考え方であることに気が付きます。このあたりになってくると、もう恐ろしすぎて見直すことすら不可能になっているといえます。まぁ、外からみたら変なのでしょうけど、私からすると考えが足りなかったり、理解が深まっているだけで私自身はなんの矛盾も感じていませんから、もうこれでいいといことにしておきましょうかね。


そういや平松伸二という漫画家がいます。
ブラック・エンジェルズという漫画の作者なんですが、話の途中でほとんどの登場人物が死んでしまいます。その中の一人に頭部をマシンガンで撃ち抜かれてしまった人がいるのですが、しれっと再登場してきて、


「いんだよ、こまけぇことは。」


の一言で有耶無耶にしています。


私はこの生き方を見習うことにしようと思います。






東京の人たち その1

品川、日暮里で整体させてもらっている人たちの様子をちょっと紹介してみます。


ただ、こういうのを紹介すると、


「その事例は私と同じだ!」


と言い出す人が必ずでてきます。
ところが、実際に体の様子をみてみると間違いなく見当違いだったりします。こういう事を言い出す人って、唐突な思いつきだったり、ひらめきにこだわって視野が狭くなっているのです。ちゃんと説明をしてもまったく聞き耳をもちませんから、ほぼどうしようもないからろくな説明をできないまま帰ってもらうことが多いですね。





1.40代 女性 耳鳴り
ひどい耳鳴りでまともに生活ができなくなっているとのことでした。
心の問題だなんて言われて薬をつかってごまかしていたようですが、ごまかしが効かなくなって相談にこられました。ショッキングな出来事があって、それをきっかけにひどい耳鳴りがなりはじめたようですが、私が見たところそれはただの引き金でしかありませんでした。ちょっとした問題があって腕の疲労が抜けない状態になっていましたね。で、


「こんなもんはただの腕の疲労だ。」


と説明しました。
こういう時、大半の人は、メンタルと自律神経の異常が原因だということに固執してしまいますね。初回の整体で、音が小さくなったので聞く耳をもったのかもしれません。


2.30代 女性 
数回通ってこられて体の様子がかわってきました。むくみがひどかったのですが、それがスッキリとし体が引き締まってきているのに本人の感覚では顔がむくんでまぶたが重いのだとか・・・。
私が何かを見落としている可能性がありますが、私には20代の頃の体に戻してくれといっているように聞こえています。確かに、体によくなる余地は残っているのですが、扁桃腺を切ってしまっていることがネックになってそうは簡単にいかないものでどうしたものかと思案中です。
扁桃腺は切ってしまってもいいというものではないということは知っておいてほしいですね。


3.30代 女性
頭痛、足のしびれ、逆流性食道炎があるとのことでした。
でも、胃が馬鹿になって食べ過ぎてしまっているだけでしたね。食事についての考え方を説明して、食生活を改善するよう指導しました。ストレスが原因だなんていう、見当違いのアドバイスを真に受けているせいで体をおかしくしてしまっているケースです。


4.50代 女性
ご主人が単身赴任のせいで気持ちが落ち着かず体を壊しているという非常に珍しいケースでした。
常に不安がつきまとっていて心が安定しない状態で3年ほど生活していたようです。なんでもかんでもストレスのせいにしてしまう傾向のある世の中ですが、本当に心の問題で体を駄目にしている人をみるのは今年は5人目ぐらいじゃないですかね。不安、ストレスで体がおかしくなっている人の体は、私には生きるのを辞めようとしているように見えますね。


5.40代 女性 耳鳴り
肩腰の痛み、生理不順、ホットフラッシュなどを訴えておられました。
こういうのは原因は1つで並列で考えてよい体の問題です。2回ほどみたのですが、華奢な体格で力のいる仕事をして疲労がうまく抜けなくなっているのが原因だったようです。不調はすぐに抜けたのですが、仕事での体の使い方、疲労の抜き方を考えていく必要があるケースですね。


6.30代 女性
左手の指の力が抜けないという相談でした。
最初、なんでかよくわからなかったんですが、脈の動きが変だと話を聞くと若い頃に気胸、肺に穴があいたことがあるということでしたのでピンときました。肺に穴があくようなことは年齢を重ねればなくなるのですが、その原因というのは年をとってもなくなるわけではありません。で、気胸の原因を解消するように整体したらすっと力が抜けました。気胸は心臓と肺のバランスが悪いときに起こるのですが心臓の動きを静めてあげるというような調整です。


7.40代 男性 耳鳴り
この人も扁桃腺を切っているということでした。私のところに相談に来る人で扁桃腺を切っている人が多いのは偶然ではないと思っておく方がいいんじゃないですかね。
単なる食べ過ぎだったのですが、何が悪いのかと聞かれたので、


「生き方が間違っているね。」


と答えたらピンときたようなので、たぶんもう大丈夫でしょう
体には人生観があらわれますからそれに反する生き方をしていたら体を壊すのは当たり前です。


8.40代 女性 耳鳴り
鎮痛剤を使いすぎて耳鳴りが止まなくなっていました。
私は鎮痛剤はつかうべきではないと考えていますね。最近は、すぐに効果がでるようですが、その副作用は異常と思えるほど大きなものになってきています。鎮痛剤をやめて、頭痛の解消をすれば解決でしょう。


9.40代 女性 めまい
ぜんそくなど呼吸器の問題を無理やり薬で解消するとめまいを起こしてしまうようになることが多いというのは知っておく方がいいんでしょう。不安、動悸、イライラ、胃痛、あれこれ不調をあげておられましたが、薬で体の問題をごまかしているとこうなるという典型的な例といえます。


10.10代 男性 ぜんそく
夜になると咳き込んで眠れない、薬をずっと続けていたがまったく効果がないとのことでした。
整体を終えて帰ろうとしたら、いきなり全力で走り出したそうです。子供は体の変化に対する反応がストレートで面白いですね。今は、もう薬なしで過ごせているようです。


11.40代 男性 耳鳴り 不安症 不眠
突発性難聴をきっかけにおかしくなったと最初いっていましたが、突発性難聴の時点でおかしくなっているのでそこをスタートにするのは間違いです。難聴の解消には副作用の強い治療が行なわれるので、そのあと不安や、耳鳴りなどが続くケースが多いですね。
この方もストレスが原因だとかんがえているようでしたが、それは違うということを理解するのにちょっと苦労しているようです。
結局、こういうのは体の様子がかわってこないと理解できないのが当たり前ではあるのですけどね。何回かこられてだいぶ楽になってきたようで、ちょっと話が通じるようになってきました。




ほかでは、耳鳴りに自己免疫疾患が絡んでいたり、ひどいめまいなのだけど生まれつきちょっと問題があったのだろうという人、めまいの原因が私の理解の外にあったので最近になってやっと糸口が見えてきた人という具合、現時点ではなかなかうまくいっていない人も何人かおられますね。


子供のぐずりと不安症の話

子供が泣き喚いて非常にやかましいということがありました。

先日の品川へ向かう新幹線での出来事です。最初、父親がみていたのですが涙をハンカチでふいているだけでした。で、10分ほどして母親が帰ってきて、



「ごめんさないねー。」



と抱きかかえて一旦落ち着いたのですが、5分もするとまたすぐにぐずりだしました。

すると、頭ごなしに泣きやめとしかりはじめてしまいました。で、最後に言いだしたのは、




「泣いてるとミッキーに会えないよ」




なんていう謎の説得です。

子供はたぶん3~4歳ぐらいですかね。それなりの大きさでちゃんと立っていましたから、見た目からするとぐずるような年齢じゃなかったんですけどね。



それじゃ駄目だろうと思って様子を見ていました。

最後に両親は、あやすのも相手をするのも諦めて放置してしまっていました。


電車の中でくずる子供に対して、




「親がちゃんとしつけしていない。」




と、そんな批判をする人間が多くいるようです。

こういう状況についての意見や考えをまとめている記事をみて、世の中終わっているなぁと思ったもんですけどね。このときの両親のように泣きわめく子供を放置してしまうというのはちょっと親としてどうなのだとは私も思います。ただ、その記事では、こういう具合にぐずる子供に対して緊急回避として、チョコやクッキーをあげてなだめるという親もいるそうなのですけど、そういう親に対して、



「電車の中で、周囲に人がいる状況で物を食わせるな、ちゃんとしつけしろ。」



なんていうもうどうしようもない事をいう人間がいるのです。



「しつけをちゃんとすれば子供は親の思い通りの行動をとるようになる。」



これはあまりに幼稚な考えだと私は思いますが、こういう意見が正論として取り上げられてしまうのですから日本の未来はあまり明るくないかもしれません。



私が見ていて感じたのは子供が不安になっているという事です。

だから、安心できるようにしてあげればいいだけだろうと、おそらく抱き上げてしばらく背中をぽんぽんと叩いてあげれば落ち着くだろうと。私の斜め隣に座っていましたから、声を掛けやすそうな両親だったら私は手と口を出していたかもしれません。ただ、



「泣いてるとミッキーに会えないよ」



なんて発言を聞いたせいで、この人たちは駄目だという評価を下してしまっていたのでできませんでした。



人間は、心臓の収縮が弱くなったとき不安になります。

子供がぐずっている時の体の状態がどういうものかというと、脈の力がちょっと弱っているといってしまっていいでしょう。まぁ、細かくみていけば他にもあると思いますが、理由がわからない時はたいていそういう状態であろうと思われます。だから、チョコでもあげて喜ばせてあげれば一時的には収まったりするわけですね。まぁ、チョコだとほんとに一時的であとでもっと困ったことになるということもあると思いますが・・・。



ただ、やっかいなことに不安というものは一旦感じてしまうと簡単に抜けないことがあります。

具体的にいうと、みぞおちの力が抜けないようになってしまっている状態です。私の場合だと、自動車で事故をおこしそうになってしまって、その恐怖感が消えなくて何日か眠れなくなってしまうなんていうことがありましたかね。



子供でもそんなことがおこります。

私の息子の場合だと、明るい時間に昼寝していて起きたときに夜になっているとどうしても泣き止まないなんていうことが3回ほどありました。何時間も泣き続け、つまりどうやってもみぞおちの力が抜けないわけで、子育てに詳しい方に相談したら



「お風呂いてれみたら。」



と言われて試したら、あっさり落ち着きました。



で、多分なんですが、新幹線の子供は寝ていたら母親が居なくなっていて驚いてしまったのでしょう。

母親が帰ってきて落ち着き始めたのですが、子供の心臓の動きが落ち着く前に手を離してしまったようです。すると、



「また、居なくなるかもしれない。」




そういう不安を感じているのだろうなぁと。

子供は、ずっと、



「ママー、ママー。」



と大きな声で泣いてしました。

で、そんな事を考えているうちに品川について新幹線を降りることになったのです。



さて、成人している人は不安を感じたからといって泣きわめくわけにはいかないことでしょう。

ただ、自分が不安症だと感じてる人は、ぐずっている子供をみたときに、その子供には自分と同じことが起こっていると考えてみるといいでしょう。子供がぐずるというのと、成人がわけもなく不安になるという事で体に起こっていることはほぼ同じなんじゃないでしょうかね。



あなたが不安になるのは、きちんとしつけられていないからでもなく、人間として至らないところがあるわけでもなく、なんかの拍子に脈の動きが弱ったり、みぞおちの力が抜けなくなっているからだったりします。大人だったら酒みたいな緊急回避もできなくはないですが、酒に頼りすぎるとやはり体を壊してしまいます。






関連カテゴリー< ブログ不安症、パニック症

パニックや不安症について勘違い

パニックや不安症に関して勘違いをしている人が多いので辟易しています。
世間のいい加減な説明をきいてわかったつもりになって、凝り固まっている人ばかりでいちいち説明するのに嫌気がさしてくることもあります。まぁ、そういうわけでパニックや不安症についてここでもう一度基本的な部分をまとめておこうと思います。


一番の大きな間違いは、ストレスが原因だと考える点でしょうか。
はっきりいって全然違います。この考えを改めるつもりのない人は、もう無理なんで、死ぬまでずっとパニックや不安症ですとかいってることになるでしょう。


こういうのは動物を例にとって考えると割合とわかりやすいような気がするのでうさぎなんかを例に考えてみましょうか。


野生のうさぎが肉食動物とであってしまったときにはどうなるか?

心臓がドキドキと高鳴り始めるわけです。命の危険を感じた時に激しく心臓を動かすこによって、全力で逃げることができるようになります。平時の1.2倍ぐらいのスピードと2倍ぐらいの持久力はでるんじゃないですかね?


これは人間でも同じです。
刃物をもったおっさんが、


「おりゃーーーッ!」


とか大きな声をだして自分の方向に走ってきたらと考えてみてください。
恐怖を感じて、心臓が激しく鼓動をうちだすはずです。この体の変化が異常であると考える人はいないことでしょう。


ついでに、ある学者がいっていたことです。
訓練されていない人が、人を殺そうとしたしたときには血圧が240ぐらいにまであがるそうです。当然ですが、心臓はこれ以上ないというぐらいに高鳴っているでしょう。いまから思うと、


「どうしてそんなことがわかるのですか?今まさに人殺しをしようとする人の脈を測ったことがあるのですか?」


と質問したらよかったと思わないでもないですけどね。
ただ、人を殺そうとしたときには、血圧が上がって心臓がドキドキいいだすのは間違いないでしょう。口論や喧嘩するだけでもそうなりますしね。

こうならないようにしようと思うと、謎の暗殺結社にでも入って人殺しの訓練をするしかないのではないでしょうか。まぁ、どっかの戦場にでもいって人を殺しまくっていれば慣れてきたりするかもしれませんが、それだと自分が死んでしまう可能性もあるのであまりおすすめできませんしね。

さて、暗殺結社では冷静に人を殺せるように、不安や恐怖にとらわれないようにするために薬を使いません。なぜなら、不安や恐怖を感じない人間では、危機を感知する能力がなくなってしまうからです。直感がまったく働かなるといいかえてもいいでしょう。うさぎが腹を空かせたライオンと出くわしても危険を感じることができないようでは、すぐに捕まって食べられてしまいます。

ですから謎の暗殺結社は、危機や危険にでくわしても、その影響で心拍数や血圧があがらず、冷静さを失わず、必要なときにだけ心肺機能を高めてどのような状況でもフルに身体能力を発揮できるように暗殺者を訓練するわけです。


自分でもくだらない例え話になってしまったと思いますので話を元に戻しましょう。


刃物を持ったおっさんが大声をだして自分の方へ走ってきたら?
この状況で不安や恐怖を感じないというのは異常です。心臓が高鳴り、血圧や脈拍があがってくるのは当たり前のことですね。そうなるのが嫌なら暗殺結社にはいって血の滲むような努力をするしかないわけです。


ところが、世の中で言われているのは、刃物をもったおっさんが迫ってきている時に、


『深呼吸して気持ちを落ち着けましょう。』
『薬で心拍数と脈拍を落として冷静になりましょう。』
『前向きに物事を捉えてプラス思考になりましょう。』


というような事だったりします。
まぁ、こんな事を本気で考えている人には、


「できるものならやってみたら?」


と、私はほり投げたくなるわけです。
プラス思考になって、おっさんがもっているナイフはおもちゃで、驚かしておいて実は花束をプレゼントして安心させてくれるに違いないみたいに考えてもおそらく事態は好転しないことでしょう。


ポイントは何かというと、体にある問題があると1の不安を10の不安に増大してしまうことがあるということです。ストレスなんかほぼ関係ないことの方が多いんですけどね。


前向きに物事を捉えてプラス思考になれば体が元気になると考えているとか、会社のストレスが原因でとかいっている人は、私にクソ味噌にけなされるはずですので注意が必要です。
関連カテゴリー< 不安症、パニック症動悸、息切れ
1234
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036