ブログ「日々整体」

整体で体臭は解消できるか その2

整体で体臭の解消はできるだろうと考えています。

体臭のきつい方は、首が長く、お尻が下がって、太ももが太くなっていますね。でも、首が長く、お尻が下がって、太ももが太くなっている人の全員が体臭が強いかというと、そんな事はないように思います。これは、頸椎6番に問題がある人の身体的な特徴ですけど、頸椎6番に問題があれば必ず体臭が強くなるわけではありません。


突き詰めていけば、頸椎6番の狂い方でわかるようになるのかもしれません。

でも、現状の私の技量では狂っている事はわかりますけど、どう狂って何が起こっているかは、ご本人の感覚だったり、実際に匂いを嗅いで把握するしかないように思います。


書きながら考えてみみます。


体臭がきつくなる人は、肌荒れ気味の傾向があるように思います。

特に、首回りや腕にその傾向がみられるはずです。肌があれるという事は老廃物を皮膚から排泄しようとする働きです。ですから、尿や便から老廃物を排泄しきれていない訳で、その理由は腎臓の働きに何かある可能性が高いです。頸椎6番というのは、腎の働きに直結していますから当然の事ですけどね。


余談ですけど、女性の服に首回りが大きく開いていたり、肩を露出するものがあるのは健康であることのアピールだと考えるとわかりやすいでしょうか。男性は、腎臓の働きが健全な女性の肌を美しいと感じるのです。


さらに余談を続けます。


血尿がでるとか尿にたんぱくが混じるというのは腎臓の働きが強すぎるのです。

腎臓が硬く緊張していると考えるとわかりやすいかもしれません。たんぱくや血尿に関しては、それなりに実績もできてきたので相談してもらえたらと思います。まだ、もうちょっと理解を深めないといけないとは思っているのですが、たいていのケースに対応できるはずです。


話を戻します。


整体していて首の肌の様子が変わってきたら頸椎6番の状態がちゃんと変わってきているという事だと判断できます。これは、野口晴哉師の著書なんかにも同様の記述があるのですけど、まったくその通りでびっくりすするぐらいキレイな肌に変わる人もいますね。だから、肌が弱いとか、肌荒れは体質だなんて思っている人がいたら案外そうではないケースの方が多いと思いと考えた方がよいでしょう。


当然ですが、肌がキレイになってくれば体臭も変わってきます。

だから、肌荒れだけとか、体臭だけとか分けて考えない方がいいですね。人間が生きていく上での体の活動を代謝というのですけど、その代謝にスムーズさを欠いている状態の時に肌荒れが起こったり、体臭がきつくなったりするわけです。ですから、代謝がスムーズになれば両方に変化がみられるはずです。


頸椎6番と代謝を中心にみると体の見え方は大きく変化してきます。

もちろん生まれもっての体質は無関係ではありません。でも、それは運動が得意か苦手というような性質というか個性といっていい領域の話になりますね。


ちょっと言い換えてみた方がわかりやすいでしょうか。

生まれついて代謝のスムーズな方は、体を動かして汗をかくことに快をかんじますから運動がすきな傾向がでるというだけの話です。


これまで、代謝の問題で相談にこられた方は、たいてい肌荒れや、汗の量を気にしておられました。

でも、


「肌だけキレイになりたい。」

「汗がひどいから、汗だけとめてくれ。」


という風にしか考えられなくなっているのでうまくいきませんでした。

だから、もし代謝をスムーズにしたいと考えて取り組むのでしたら、肌もきれいになるし、汗も適度にかけるし、他人を深いにさせるような体臭もしないという体に変わると思いますね。

関連カテゴリー< エナメル上皮腫スチル病アトピー多汗症

体臭は整体で解消できるか? その1


こんな事をいっている私だってもしかしたら香しいおっさん臭を漂わせている可能性があります。でも、私自身はまったく自分の匂いについての感想はありません。。 

女性には男性の臭いが苦手だという方もいるようです。 
野性の動物だと、オスは自分の縄張りである事を示すために縄張りの中に自分の匂いを残します。だから、人間の男だってそういう原始的というか、生き物としての機能を残しているかもしれません。そう考えると、体臭が強いというのは男性として強靱で健康であるというアピールだといえるでしょう。だから、男性の匂いがダメだという女性は恋愛したら、男性の臭いに対する感じ方ががかりと変わると私は思いますね。

つまり、 

「匂いの感じ方は、心理状況でがらりと変わる、」 

この事は、香りに、臭いについての考え方において、一つ押さえておくといいと思いますね。 

また、嗅覚は人によって好みが大きく異なるという点も見逃せません。 
味覚みたいなものだと考えるとわかりやすいでしょうか。私は20年ほど前に、ドリアンという非常に匂いのきつい果物を食べたのですけど、1週間ぐらい口の中がトイレの匂いで満たされていていました。相当辛かったので、もう死ぬまで食べないと固く誓っていますけど、このドリアンを美味い美味いといって食う人がいるんですよね。実際、私はそういう人に騙されて食う事になったのですから・・・。 

ドリアンを平気に食べられる人って、香りの分解能力が違うのじゃないかと考えています。 
わかりやすくするために、お酒の強い弱いに置き換えてみます。お酒の飲める人は肝臓の働きが強靱で、アルコール分解能力が高いので簡単に酔い潰れたりはしない訳です。それと同じで匂いの分解能力というものがあると考えるといいでしょう。たぶんですけど、鼻とか性の能力の違いが繁栄していると思います。 

ドリアンの香りが1週間も残るとなると、胃腸の働きかなと思うのですけど、ちょっと違うかなと思えます。 
私自身は納豆だって、くさやだっておいしく食べられますからそれなりに高い匂いの分解能力を持っているはずですからね。ドリアンまでいくと、超能力だとか、スタンド能力とか呼ばれるレベルのものが必要なのだと考えるといいかもしれませんね。 

ここまで考えて気が付きましたけど、女性で男性の匂いが苦手という人はこの匂いの分解能力が極端に低いケースがあるかもしれませんね。先ほど、述べたように大半は好意をもてない男性が苦手というだけだと思いますけど、匂いの分解がうまくいかない人は男性らしい人ではなく中性的、女性的な男性を選ぶようにすると案外うまくいったりするかもしれません。 

匂い、体臭というのは、このあたりの事を踏まえておくといいのじゃないでしょうか。 

「私がドリアンをもう食わない。」 

と心に誓うような食い物なのに、それをペロリと食べる人もいたりします。 

あと、テレビなんかでたまに匂いフェチの芸能人をみかけます。 
そういう人って、めっちゃきつい匂いなんだけど嗅がずにいられないという香りがあるそうですね。例えば、ペットのおしりの匂いを嗅いであっちの世界にトリップしてしまうのが好きみたいな話は何回も聞いた事があります。 

食べ物の好き嫌いと同じように、香りや匂いにも好き嫌いがあるという訳です。 
だから、もし、自分の体臭が気になるという人がいたら、まずは、 

「その匂いが好きだといってくれる人は必ずいる。」

ということは知っておいてもらうとよいと思います。

まだ心配なので私自身の体験談も1つ紹介しておきましょう。 
学生の頃の同級生のグループに女性がいて、その女性の匂いがどうしても嫌いだという男性が同じグループにいました。でも、私はそんな匂いはまったく感じていませんでしたし、ちゃんと女性として魅力のある女性だと感じていました。 

そういう私は老人臭みたいな匂いは苦手なんですよね。 
もしかしたら、老いて衰えるというのを実感させられるからでしょうか?でも、そういう匂いが苦手じゃない気にしないという人もやっぱりいるみたいですから、やはり好みの相性みたいなものといえるでしょう。 

さて、体臭、匂いについて述べようとしたらこれだけの前置きになってしまいました。 
体臭が気になってしまう人って、これでもまだ足りないぐらい神経質になってしまっていると私は感じています。だから、まずは本当はそこまで気にする必要がないのだよということはまずは頭の中だけで理解してもらえらたらなぁと思うのです。 

次回、整体で体臭を解消できるかということについてもうちょっと述べてゆきたいと思います。
関連カテゴリー< じん麻疹アトピースチル病多汗症

アトピーの原因について

最近、アトピーの人の体を見ることが増えています。
以前からアトピーに対してはそこそこ理解していたつもりです。ですから、どうすれば肌がキレイになってゆくかという事はわかっているつもりでしたがちょっと甘い部分があったようです。


で、最近のアトピー事情をちょっと調べてみようとインターネットでささっと目を通してみました。
すると今も昔もあまりかわっていないようですね。いい石鹸とか、シャプーとか、ストレス、過労、ダニ、ほこりなどを原因にあげていました。さらに、みてゆくと近所にアトピーに自信がありげな治療院がありました。


ただ、残念ながらアトピーの原因については伏せてありました。
自信があるなら内緒にすることもないだろうと思いましたが、まぁ、商売のキモになる部分なのであまり大きな声で言いたくないとい気持ちはわからないではありません。私なんかの場合は安易に答えをここで知らせてしまうと勘違いしてしまう人がかならず出てきて、かえって体をこわしてしまいかねないと考えているからです。サイトをみた感じじゃ違うと感じられましたが、もしかしたら同じ考えからそうしているのかもしれません。


しかし、私はひねくれ者なんですよ。
よそが秘密にしているなら私はおおっぴらにしてしまおうと思います。


アトピーの直接的な原因は胸椎8番の異常にあります。
8番は胃の働きにも関係が深い骨です。ですから8番の状態が良くないと消化吸収の力が弱いといえます。細身で食の細い傾向がある、そんな方がアトピーに悩まされる傾向があります。そうではないケースだと油ものやお酒など、カロリーの高い物を食べ過ぎである事が多いですね。消化器の状態が肌に影響するというのは美容に感心の高い女性などには当たり前の事なのですが、男性だとあまり感心が向かないようです。私なんかだと胃の状態は、まっさきの指に現れたりしてきます。


ただ、消化器の働きについては、


「食えてさえいればOK。」


と考えてしまっている人が少なからずいます。
そのせいで消化器の働きが落ちている事を自覚できないのです。そんな状態ではご飯をおいしくは食べれていないのですが、そんな人は味覚も鈍感になっていています。で、そんな状態の人が、


「なんでもおしく食べれます。」


とか言っていると、


「嘘をついてはいけない。体はそうはいっていない。」


なんて私にいわれるわけです。
本人の自覚など体の状態を見る上では参考にならないだけでなく、適切な判断の邪魔をして体を悪くしてしまうことがあるわけです。



ただ、胸椎8番が悪くなった時に必ずアトピーになるというほど単純ではありません。
アトピーになってしまうようなひとは代謝が悪い傾向があります。わかりやすいのは汗をうまくかけていないというような状態です。これまた、


「手の平とか(足先とか)にすごく汗をかくんですよ。」



とかいって、自分の代謝が正常であることを必死にアピールする人がやはりいます。
汗に関してはちゃんとした研究をしている人がいないというか、おそらくほとんどの事がわかっていないのではないかと思います。汗をかくという事は代謝が起こっているということなのですが、手の平なんかにかく汗は代謝とはまったく関係がないもので水がでているだけといえます。興奮や緊張をしたときに、


「手に汗を握る。」


なんていう表現をすることがあります。
手の平にたっぷり汗をかいて、



「いい汗をかいた!」



などと考える人はいないことでしょう。
きちんと代謝が起こるということは、いい汗をかいているということです。私なんかはエアコンをずっと否定しつづけているのは、エアコンがいい汗をかくのを邪魔しているからですね。ずっとエアコンで体温調整をやっているといい汗をかけない、代謝を起こせない体になってしまうというわけです。ですから、アトピーの原因がエアコンの使いすぎという人も結構いるかもしれません。


あと関係が深いのは呼吸器の働きです。
今、ちょうどアトピーでみている人で、工作機械を使う工場で働いている人がいます。もともとアトピーの傾向があったのが整体でおさまっていたのに、転職して働き先を変えたら肌の荒れがひどくなってきたのです。最初は、どうも工作機械で使っている油に負けているようだとは感じていたのですが、ある時に、


「2週間ほどマスクをして仕事をしてみてください。」


と試してみてもらったら、肌の状態が改善されました。
まだ、推測の段階ではありますが、どうも工場内の空気に含まれる油、オイルミストというのですがこれが原因でアトピーの症状がでてくることがあるようなのです。肺の負担がおおきいので、胸椎7,8番の状態が悪くなってくるわけです。気がつくきっかけとなったのは、北海道から関西に引っ越してきた事がきっかけでアトピーがひどくなったのだけど、なんとかならないだろうかと相談をされたことです。そこから転じてもしかしたら空気ではという考えにたどり着いたので実際に試してみたわけです。

というわけで、アトピーのポイントをまとめると、


・直接的には、胸椎8番に問題がある
・代謝が悪い傾向がある。これは頚椎6番をみるとわかりやすい。
・肺の働きが悪い、肺に負担がかかっている、胸椎5,7番をみるとわかりやすい
・交通事故で、胸椎1~3番に異常が残っている事が原因というレア?なケースも結構ある。
・アレルギーが関係して症状がでることがある。これは胸椎9番の状態で確認できる
・ただの食べ過ぎとう不摂生が原因の人も珍しくない


アトピーというものを捉える時に大事なポイントはこんなところです。
体にこのような問題があるときに、ダニや、ストレスに反応して肌があれくることがあるわけです。このあたりを踏まえて体の状態をチェックしてゆくとたいていの場合は解決がそれほど難しい問題でなくなってきたりします。なお、長くなってしまったので、はしょって結論だけ付け加えた部分があります。そんな部分については理屈抜きで自信満々に語っているサイトをみかけたらまた補足してみようと思います。
関連カテゴリー< アトピー

こんな事がアトピーの原因になるという話

昨年末のことです。
アトピーで半年以上整体に通っておられる方が、


「とんでもなく体の調子が悪くなってきた。」


といって駆け込んでこられました。

アトピーは原因がはっきりとわかっていて胸椎8番の左側に異常があると起こります。
ですから、この方もアトピーはましになってきていて荒れてもすぐにキレイになるようにはなっていました。ただ、なぜか思っている以上の成果があがらないのです。もっと肌がキレイになってきてもいいのだけどなぁと頭を悩ましていました。


そして突然、、眠れない、体が重い、アトピーが全身にでて痒くて仕方ない、ということでした。
こんな調子になったのは2年ぶりだったのだけど、以前からまれに発作のようにこのような状態になるということでした。


「これはもうなにか重大な見落としをしているはずだ。」


と考えました。
丁寧に背骨をみてゆくと、胸椎1番の右側に異常が見つかりました。通常、こんなところが悪いからといってアトピーになるような事はありません。たいていはひどい肩こり、首がこる、頭痛がする、手が痺れる、人によっては手に痛みがでてリウマチだと診断されたりする人もいます。


結論をいうと、アトピーは胸椎8番の左の問題であるという先入観があったせいで見落としていたわけです。何がおこっていたかというと、もともとあったアトピーが胸椎1番の影響でさらに悪くなっていたというわけです。つまり、胸椎1番のせいで8番に異常が起こってアトピーが起こっていたため、いくら8番の問題を解消してもまたすぐに悪くなってしまうわけです。
ちなみに、胸椎1番が悪くなった原因は交通事故とみて間違いないようでした。交通事故の影響が残ってアトピーになるということがあるわけです。



「生兵法は怪我の元。」


なんていう言葉があります。
中途半端な知識と経験でわかったつもりでいたせいでしょう、いつも偉そうなことを口にしている私に対する手痛いしっぺ返しとなってしまいました。


「病気をみたらだめで、体をみなくてはいけないよ。」


これは今年のテーマといえそうです。

関連カテゴリー< アトピー

アトピーの整体事例

最初、アトピーで相談にこられた方ではありませんでした。

「とにかく体がだるい。」

ところが、体を確認させてもらうと、肌のあちこちがかさついてしまっていました。
皮膚科にいってステロイドをの塗り薬をもらっていたそうですが、ほかの医師のところへいくと

「それを使い続けたら体はたいへんなことになるよ。」

と言われて辞めた少しあとだったそうです。
症状を抑える塗り薬をやめたものですから、全身が岩の表面のようなガサガサになってしまっていました。仕事は夏場でも長袖長ズボンという作業着だったそうで、少し汗をかいたりするだけで、全身がかゆくなるので困っておられました。

さて、体がだるいということの原因の大半は交感神経の働きがにぶっているためです。

・体がだるい。
・やる気がでない。
・いくら寝ても眠い
・食欲が止まらない

という状態になります。

こういった状態に胸椎8番の問題がからむとアトピーなどの症状が起こり始めます。
体の状態を確認すると、原因はとてもはっきりしていました。ですから、乱れた自律神経を整える体するだけです。整体にとってもっとも大事な技術は骨を動かすことではなく、体の状態を的確にとらえるという事にあるといっていいでしょう。

また、整体に合わせて生活習慣の改善も指導しました。
この方の場合、私のいう事を信頼いただけてしっかりと改善すべき点をかえていってくださったので体の変化もとても早いものになりました。結果として、1ヶ月程度で体のだるさはほぼ解消し、体のかゆみも仕事が忙しくなって疲れがたまったときにでる程度にまで解消しました。この方の場合、交感神経の働きが悪くなったときにそれが胸椎8番に影響してそれが原因でアトピーになっていたのです。

なお、アトピーでよく使われるステロイドの薬を使っている人は、胸椎8番が悪くなってきます。

「毒をもって毒を制す。」

というのはこういう事をいうのかもしれませんが、臭いものに蓋をしているようなものです。胸椎8番を悪くするということは寿命を縮めるような事ですので、必ず辞めるように指導しています。
関連カテゴリー< アトピー
12
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036