ブログ「日々整体」

白髪染めが原因で・・・

前回のブログで、どうやら白髪染めが原因で手足が痺れるという話を紹介しました。

実は、この話は後日談があります。
その後も数日するとまたしびれてくるのです。今日もまたその方がこられたのですが、数日前に手が全く動かなくなって身動きできなくなったため整骨院にいったそうです。すると、


「ただの肩こりです。」


と言われたそうです。
まぁ、それには間違いないのですが、


「白髪染めの話しはしなかったのですか?」


と聞いた所、さすがにそちらではそんな話をまともに聞いてくれないと思ったようで話さなかったそうです。

確かに、白髪染めのアレルギー反応で手足がしびれたなど突拍子もなさすぎると思われることでしょう。ただ、背骨には明らかにアレルギーの反応があるのたみてとれていましたので、私はほぼ間違いないと考えています。


ただ、今回の反応は非常に強烈なものでした。
よほど強力な薬品を使用したのではないかと思います。ちょっと怖い話ですが、


「何かの病気の治療中だったりと弱っているような人だったら命にかかわるようなこともあるのではないか・・・。」


と思えました。
10年ぐらい前に、


「頭に毒をかけないでくれ!」


という事を真剣に訴えて活動している人がいました。
当時は大げさだと思っていましたが、いま考えると、おそらくこの人はこのことを危惧していたのだろうと思われます。白髪染めが原因で、そんなことになるなんて普通は思いもしませんでしょうから、原因不明のショックでみたいなことになるかもしれません。

幸いこの方のアレルギー反応と腕のしびれは日を追うごとに軽減していますのでこのまま問題なく解消することでしょう。また、体に対する悪い影響をおさえるためにでていると思えたので後々問題になることもないといえそうです。

アレルギー反応事態は本来は体を守るためにでている症状です。
それが過剰に働くと様々な問題がになりますが、今回は適切な範囲内で起こっているとおもえましたので後々に残るようなこともないといえそうです。
関連カテゴリー< 手、指のしびれ足のしびれ

手足のしびれの以外な原因

手足がしびれるという事で整体にこられた人の話です。
手芸のすきな方で、肩こりがひどくなったときにまれに手がしびれるということはありました。しかし、このときはどうも様子が違う感じでした。なぜなら、整体してしびれがとれても翌日にはすぐに手足がしびれはじめたからです。


「おかしいねぇ。」


なんていう話をしてまた整体をしたらすぐにしびれは抜けました。
ところが、やはり翌日にはしびれはじめました。はじめのときに、美容院でずいぶん辛い姿勢3時間ぐらいじっとしていたということだったので、本人はそれが原因じゃないかといっていました。しかし、私には腕が疲れているように感じたので、たぶん違うはずだという返事をしていました。


3回目にして、ご本人で気が付かれました。
美容院で、白髪染めをしたそうです。随分、強い薬品を使ったものだそうで、始める前に


「頭がぴりぴりしたらすぐにいってください。」


といわれたそうです。
案の定、頭の皮膚がピリピリしだして強い違和感を感じ始めたのでそれを美容師に伝えると、慌てて薬品を洗い流しはじめたそうです。その後、手足がしびれはじめたというわけです。


それを聞いてその可能性はあると思えました。
いわゆるアレルギー反応がでたわけです。アレルギー反応がでたときには胸椎9番の右側に異常がみつかります。こういう場合、たいていは痒くなったり、皮膚が荒れてきはじめたりするわけですが、この方の場合は、頚椎6,7番、胸椎1、2番に強い緊張がでてきてしまっていました。ここだけみると腕の使い過ぎで疲れているようにしかみえないのです。別に腕が疲れるようなこともしていないということで、1日置きに整体してこんなことはまず有り得ないと言えます。


つまり、手と足がしびれたとうのは白髪染めが原因というわけです。
美容院が使う薬液なんには、随分強いものがあるときいた事がありますがこんなことがあるわけです。簡単にいうなら、頭皮が強く緊張してしまっているわけです。わかりにくければ、頭の一番上あたりに力を込めてみてください。同時に首に力がはいるのがわかるはずです。これは流石に見抜けませんでした。これからは、急に手足がしびれだしたという人がきたら、


「美容院で白髪染めをしてないか?」


と聞かねばいけないかもしれませんね。
関連カテゴリー< 手、指のしびれ足のしびれ

手根管症候群の話

先日、手先のしびれについて記事をかきました。
そして今朝、新聞記事をみると手根管症候群との書籍のをみかけました。もしかしたら、こういう症状がはやっているのかもしれません。はやりというと不謹慎に感じるかもしれませんが、こういう仕事をしていると手足のしびれというものについては、本当に流行り廃りというを感じます。

ちょっと前の話で言うと、何年か前にヘルニアが流行したことがあります。
腰が痛い、足がしびれるなら皆、腰椎のヘルニアで、手がいたい、手がしびれるというと首のヘルニアということになります。それがある時を境にヘルニアの人がほとんどいなくなって、ほぼすべての人が脊椎管狭窄症に変わったという事を目の当たりにしました。

研究がすすんで判断が変化したということこともあるかもしれません。
しかし、1~2年では手足や腰の痛みやしびれを抱えている人は、ストレスが原因であるということで安定剤を飲んでいる人が急激に増えてきました。


「それで成果があがているか?」


というと、私の目の届く範囲だとそんなことはないと思えます。
結局のところ、いまひとつ成果があがらないので、手を変え、品を変え、あれこれ試しているという印象が拭えません。

手根管症候群についの記述をインターネットでさらっとみましたが、整体的に考えるととんでもない見当違いの事をやっていると感じます。それで手術までやってしまう人もいるようで、とても怖いと感じています。的はずれなことをしなければ、よほどひどい人でもない限り1ヶ月もあればしびれは落ち着いてくると私は思います。

なお、先日書いた記事はこちらです。

関連カテゴリー< 手、指のしびれ腰痛、膝痛足のしびれ

手足のしびれ

今日、手足がしびれるということで整体にかけこんできた方がいました。
定期的に整体にこられる方で、先週きたところでした。体をみるとそう悪くないと感じました。ただ、前回の整体をしたとき、

「なにか腑に落ちない。」

とメモがしてありました。
本人が体の体の感じ方と私がみた体の状態にずれがあったからです。

今日も、ひと通り整体して、体の様子を確認してもらうと、足のしびれはきえましたが、手にしびれが残りました。足もなんでこの状態でしびれるのか?と違和感を感じていましたのが消えたので、

「どうも今日も変だなぁ。」

と考えていました。

自律神経の状態からわかることは体を冷やしているとうことだったので、

「エアコンつけて寝てませんか?」

と、聞いてみるとどうやらあたりだったようです。

そこで、肩甲骨の調整をしてみました。
わきから背中にかけてのリンパが腫れているのだろうとみたからです。どうやらあたりだったようで、しびれがとれました。

「これ、うちにこないでレントゲンやらMRIやらの検査をしたら首のヘルニアだといわれるのだろうか?」

なんて、ふといじわるなことを思いました。


さて、肩甲骨の調整というのは呼吸器の調整です。
もっと簡単にいうならエアコンで体を冷やして風邪をひいていたわけです。ただ、リンパの動きが悪かったので熱がでてなかったのです。このような不調が手のしびれにでるというのは今回はじめてみたように思います。

こんなことは、このブログでは耳にタコかもしれません。
体を冷やしたら熱を出して体温をあげようとするのは正常な体の働きです。ですから、熱をだしておけばそれですっかり元気になっていたはずです。


「熱がでればしっかり出しきる事。できればしっかり風邪をひいておくこと。しびれは風邪が抜けるまで残るかもしれない。あと、エアコンは禁止ね。」


と説明してかえってもらいました。
関連カテゴリー< 手、指のしびれ足のしびれ

体をちゃんと使えていないだけの話

「正座は体に悪い姿勢である。良い姿勢であれば正座して足が痺れるはずがない。」

と、テレビでいっている人がいました。
で、その人の結論は骨盤を閉めれば健康になるからこのベルトを使って骨盤をしめろということでした。こんな人がテレビにでて偉そうな事をいっているのとはひどい話です。この程度の人を取り上げるメデイアにも文句を言いたくなってしまいますね。

見ている側も、この話をきいて、

「あぁ!そうだったのか!」

と正座を辞めてベルトを買うというような人がそうたくさんいるとも思えませんが、実際のところはどうなのでしょうね?

正座をすると足が痺れるのは上手く正座ができていないだけです。
足を曲げて背中をすっと伸ばせばそれで正座ができているというわけではありません。正座というのは全身をうまく使ってこそはじめてできるものです。例えば、足が痺れている人は、足より手に意識を持っていくほうがよいでしょう。全身をうまく使えれば痺れたりするような事はなくなります。日常的に畳の上で生活してお箸で食事をしていた日本人はそういう事が当たり前のようにできたのでしょう。

最近では、

「こういう事ができなくなったのは栄養不足である。」

という風潮です。
正座ができないのは栄養価の少ない野菜を食べているからだとかいってサプリメントをせっせと食べたりしている事になります。ずいぶんおかしな事をやっているとは思わないでしょうか。

実は、腰が痛くなるも、肩や首が痛くなるのも、耳が遠くなるのも、目が見えなくなるのも、眠れないのも、全部体をうまく使えていないことが本当の理由です。

でも、こんな事を言うと、


「そうか!運動不足が原因なのか!」


なんてほとんどの人がいいだします。
本当の原因は、こういう安直な思考といえるかもしれません。
12
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036