ブログ「日々整体」

シェーグレン症候群の話

シェーグレン症候群というのは、簡単にいってしまうと涙と唾液がでなくなるというもののようです。免疫疾患だと考えられているようですが、2022年に治せるようになると言われているのだとか。どういうことかわかりませんが、唾液とか涙を無理矢理分泌させるような薬のめどがたっているのかもしれませんね。


実は、以前に紹介したスチル病の方がこのシェーグレン症候群だという事でした。
ただ、経緯としてスチル病と診断されて治療中に症状がではじめたというわけで、


「たぶん、薬の副作用で唾液がでなくなるだけだからしばらくほっときましょう。」


と話してみた所、薬をやめて1~2週間ほど経過したら気にならなくなったようです。
唾液を出す働きというのは免疫の働きに関わってきますし、スチル病に使う薬というと免疫の働きをとめてしまうようなものですからそれの影響だろうと直感的に思っただけですけどね。

一応、補足しておきますが症状が納まっているのでいつでも辞めていいと医師にいわれていたようなので薬やめたらたぶんたぶん治まるんじゃいかと。本人は心配だからと、薬を続けていて辞める踏ん切りがついてなかっただけですが、体の状態がある程度よくなったタイミングでいまなら辞めるのにちょうどいいでしょうと、そんな具合に相談しながらやってみたわけです。


で、今になってどういうものかをインターネットで調べてみたら涙と唾液の働きが悪いというのを一括りにしているのは具合が悪いのではないかと思えました。この方の場合、涙がでない、目が乾いてしまうというような事は何もいってなかったですしね。

大雑把に分類しちゃうなら、目というのは肺の働きの影響が大きいですし、口というのは胃の影響が大きいわけで、全然別系統で考えた方がいいかなぁと思えますけどね。まぁ、胃袋はしっかり動くけど息苦しいとか、息苦しいけど消化吸収はしっかりできるということもまたありえないので同時に起こったり、起こっている体の問題は同じということは言えるのかもしれませんけどね。

理屈としては、免疫の働きが正常になるように体を整えて、免疫の働きを止める薬を辞めたら唾液がでてくるようになったというだけのことです。経過をみて感じるのは、シェーグレン症候群といわれるもの事態はそれほどややこしい問題ではないのかもしれません。まぁ、長引かせたりすると厄介なことになることもあるとは思いますけどね。

ただ、こうなってしまうという状態はたいていの場合、ほかの問題が起こっているのじゃないでしょうかね?ただ単に、涙がでない、唾液がでないだけというような状態はまずないと思えます。症状別にネーミングされているので別物として捉えてしまうかもしれませんけどね。根っこにある部分は同じといってさしつかえないでしょうから、この方のようにほかの問題が起こっているいるのじゃないでしょうか。
関連カテゴリー< シェーグレン症候群免疫疾患

スチル病の話

昨年末ごろに、スチル病なんですという方が来られました。
聞いたことのない名前でしたが、簡単にいうと、


「関節に痛みがでて肌に湿疹がでる病気。」


ということでした。
原因不明ですが、ステロイドを使うことで症状がおさまるということで免疫の異常であろうと。免疫の働きをマクロファージというのですが、それが誤った働きをしているためと考えられているようです。免疫疾患の病気は現状のお医者さんではどうしようもありませんから、もう治りませんから、再発に怯えながら一生をくらしていくしかないなんて説明されます。それでずっと暗い気持ちで過ごしていたようでが、ご家族にとてもできた方がいらして、


「諦めないで治す努力をしてみよう。」


と、そう話してくれたそうで、まずは割合近所の私に白羽の矢が立ったわけです。



で、そんな話をきいて、私が一言いいました。


「あいつらは、自分らに治せないときには治らないって言うでしょ。」


というのが、妙にツボにはいったようです。
最初に述べたとおり、初めて聞いた免疫疾患ですが、どうにかならないものかやってみましょうかという流れになったわけです。


免疫疾患の病気はいくつか経験があります。
経験があるのは、肺、リウマチ、肝臓、子宮、腎臓、大腸などが免疫の働きがおかしくなっているせいで問題がおこっているケースです。

ちなみに、子宮に関しては、子宮になんらかの免疫異常が起こっているのでないかと推測されていましたが、現在の医療では病名がついてないということでした。
ただ、体をみると多分免疫異常が起こっているのだろうなぁとは思えました。
このあたり病名がついてないと説明がやりにくいですね。病名なんぞなんでもいいと普段から吹聴している私にすると矛盾していることに皮肉を感じますね。


で、これらのケースをみていて感じるのは免疫の異常が起こるしくみというのはどの病気でも基本的に同じであるということです。肺と肝臓に免疫異常がおこるメカニズムが同じというのは直感的にわかりにくいかもしれませんけどね。

もうちょっと噛み砕くと、体に2つの問題が起こっているときに免疫疾患が起こります。
ひとつは免疫そのものの働きに問題があるということです。免疫というのは、体を健全に保つ働きでそれが過剰に働いていると考えたくなるかもしれませんが、実際は逆で働きが低下しているときに起こります。厳密にいうとちょっと違うような気もしますが、免疫をコントロールする力が低下していることが暴走の原因になると考えとけばとりあえずは問題ないでしょう。

もう1つは、その免疫の暴走がどこへ向かうかという事です。
免疫をコントロールする力がなくなることと、その行き先がどこになるかが決まることが同時に決まってしまうこともあるようです。つまり、2つのトリガーが同時にひかれてしまう場合ということですね。

ただ、免疫のコントロールが悪くなって、それから、それがどこに向かうかは後から決まっているように思えるケースも少なくありません。1つ目のトリガーがひかれて、それからしばらくたって2つ目のトリガーひかれるわけです。まぁ、それがどこなのかは体質的なものの影響が大きいですが、生活習慣の影響もすくなくないと思えますので、ケースバイケースだと考えておくほうがいいでしょう。


そんな事を考えながら体をみていくとスチル病はアレルギーの親戚みたいなことが起こっているなぁと思えました。
で、そんな考えで整体していくと2~3ヶ月程度ですっかり元気になってしまいました。
まぁ、あいつらに言わせると再発のリスクは常につきまとっているということになってしまうでしょうけどねえ。

で、私がみるに、1つめのトリガーである免疫をコントロールする力はしっかりと働き出したので、


「現状であれば再発することは10中9までないとと思う。」


と話したのがつい先日のことです。
ただ、まだまだ免疫疾患についてはきっちりと把握できたとは言えませんので、油断をしてもらっては困るよと付け加えてはあるんですけどね。まぁ、体の変化からみるにかなり程度の軽いものだったようなんですけどね。これまでみてきた免疫疾患だと私の理解が浅すぎたこともあって数ヶ月とか1年とかは普通にかかっていましたからね。


実は、あまり発信していませんでしたが、ここ2年ほど免疫異常についてゲロを吐くぐらいずっと考え続けていました。で、その考えがまとまりつつあるタイミングでうまくいくケースがでてきたので大筋では間違っていないだろうと思えるようになってきました。ケーススタディがまだまだ足りませんし、もうちょっと深い理解が必要だとは考えているのですが、なんとかできるようになるかもしれないなぁとちょっと野心が芽生えてきたわけです。
関連カテゴリー< スチル病免疫疾患
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036