ブログ「日々整体」

四十肩の本当の原因とは?

さっき、YouTubeでちょっと笑える動画をみていたのです。
すると、おすすめ動画に、


「四十肩の本当の原因!?」


なんていう動画が表示されました。
で、まぁ、見てみたんですが、


『四十肩の本当の原因は手首である。』


と説明していました。
で、これをみてどう考えたかですが、確かに手首の調整をしてあげることで肩の痛みは楽になるだろうとは思います。相応の技術をもっていれば四十肩を根本的な原因を解消することもできるだろうとも思います。ただ、本当の原因は手首にあるというのはちょっと違うだろうなぁと、そんな事を思いました。

まぁ、このあたりの理屈はどうでもいいんです。
要は肩の痛みをなんとかできて、その人が元気に暮らせればいいわけなんですから、この動画でしゃべっている人が手首であると考えて、技術的にその問題を解消できるのであれば、


「四十肩の真の原因は手首である!」


という結論でも全然いいわけなんですよ。


ただ、私が手首の調整で四十肩をどうにかできるかと問われれば、


「無理です。」


と、そういう答えになってしまうでしょうね。
手首の調整で全身の動きを変えるみたいなことが必要になるわけで、技術的にどういうことをすればいいかはわかりますが、それが実際にできるかはまた別問題なんです。まぁ、イチローがどういうバッティングをしているかは説明できても、私がメジャーのピッチャーからヒットが打てるわけはありませんからね。ついでにいうと、正直にいって、そんな難しい事をしなくても、もっと簡単な方法があるだろうと、私なんかはつい横着に考えてしまいますね。


で、この動画をみていて思ったことは、


「底が浅い事をいっているなぁ。もうちょっと掘り下げてみればもっと・・・・」


ということだったりするんですが、まぁ、私も似たような事をいってるんだろうなぁと。


整神体源柳斎重國みたいな人が私が書いているものをみれば、


「底の浅いくだらない内容だ。」


と切って捨てられるのだろうなぁとそんな事を思ったわけです。
関連カテゴリー< 四十肩、五十肩

まだまだ未熟だなぁという話

どうしても頭痛がとれない方がいました。
原因は体の様子を見てすぐにわかりました。左側の肺がうまく動いていないのです。うまく動いていないといっても別に息苦しいというようなことはなく普通に生活はできています。ただ、365日ずっと頭痛がする程度には動きが悪いわけです。

肺の動きが悪くて頭痛がするなんていう話はきいたことない人が多いでしょう。
ただ、それほど珍しくないものです。こうなったときに間違いなく頭痛がするわけではなく、肩に痛みがでてうまくあがらないという人の方がおおいのです。俗にいう40肩、50肩というやつの原因はたいていはこんなところにあったりするんですが、頭痛に化けてしまう方は割りと少数派といえるでしょう。


で、原因ははっきりわかってどうなったらいいかわかるのです。
でも、何をどうしても肺に動きがでてこないわけです。なんだかんだで1年以上かよっておられたのですが、成果があがらず諦めることになってしまいました。まぁ、はっきりいって私の経験と技術が不足しているからで、いくら偉そうな事をいっていても私なんぞまだまだ足りない部分がいくらでもあるわけです。


ただ、不思議とこういう時の直後にたいてい気がつくわけです。
今回もその諦めの電話がかかってきた翌日に、


「はっ!」


と直感が働きました。
そして、ちょうどその時やってきていた方にも非常に似たような事が起こっていて長いこと体がすっきりとしていなかったわけです。で、確認するとちゃーんと大きな問題が残っていた事が確認できるわけです。たぶん、同じだったんだろうなぁと。

どこかというと頚椎に問題がありました。
思えば頚椎の読み方はまだまだ甘い部分があるというという自覚がありましたから、もっと早く気がつくことができたのではないかと・・・。


実は、過去にもこういうことは何回もあったりします。
私に何かを学ばせる、気づかせるために来ていたとしか思えない人が結構たくさん思い出されます。そういう方たちって、私がそのことに気づいてしまうと、以降はまったく来られなくなってしまうんですよね。世の中ってのはよくできてるなぁと、そんな事を思うわけです。
関連カテゴリー< ブログ四十肩、五十肩頭痛

体を整える方法

人間というのはほっておけば健康に元気になります。
体が冷えれば熱をあげて体温をあげますし、菌が体の中で増え過ぎたら同じように熱を出して殺菌してしまいます。逆に、体温があがりすぎれば体が重くなってきますし、涼しい場所へいって体を休めたくなったり、冷たい飲みのものが欲しくなったりします。

ところが、ほとんどの人が余計なことをします。
熱がでたら薬で下げて、鼻水がでたといって薬で止めて、ほしいと思わない、美味しいとも思わないような食べ物を、

「体によいから。」

という理由をつけてせっせと食べています。
こんなことをすれば体を壊すのは当たり前のことです。

最近、定期的に整体にこられる方五十肩になりました。
肩を満足に動かせなくなって辛いそうです。整体してて、こんなことになるというのは私としては非常に恥ずかしいことです。そこで、なんでこんな事になったのだろうか?と振り返って考えてみたところ、はっと気がつくことがありました。

今年の初め頃に、ひどい風邪をひいたといって風邪薬を飲んでいたことを思い出しました。
私はすぐに体がおかしくなったことに気がついて、


「いったい何をやったんですか?」


と問い詰めたのですが後の祭りです。
風邪をひくということは、体を整えてより丈夫に健康になる機会だというのにそれを潰してしまっていたのです。よく考えてみれば、それからずっとおかしくなっていました。半年もたって、やっと本人にもはっきりと自覚できるようになったというわけです。

この人はそれだけではありませんでした。
健康診断でコレステロールが高めであるということでなんらかのサプリメントを勧められて飲み始めたりもしていました。こちらもすぐにおかしいことに気がついて


「すぐに辞めなさい。」


と指導をしました。自分で自分の体を壊しているのですから困ったものです。コレステロールの量を人為的に減らそうとすると、ほとんどの場合、免疫力が大きく低下して、過食をするようになります。その結果がこの方の場合は五十肩でした。

体はほっておけば勝手に健康になるのです。余計なことをして体の邪魔をするとかえって体を壊れるのです。
関連カテゴリー< 四十肩、五十肩風邪

体をちゃんと使えていないだけの話

「正座は体に悪い姿勢である。良い姿勢であれば正座して足が痺れるはずがない。」

と、テレビでいっている人がいました。
で、その人の結論は骨盤を閉めれば健康になるからこのベルトを使って骨盤をしめろということでした。こんな人がテレビにでて偉そうな事をいっているのとはひどい話です。この程度の人を取り上げるメデイアにも文句を言いたくなってしまいますね。

見ている側も、この話をきいて、

「あぁ!そうだったのか!」

と正座を辞めてベルトを買うというような人がそうたくさんいるとも思えませんが、実際のところはどうなのでしょうね?

正座をすると足が痺れるのは上手く正座ができていないだけです。
足を曲げて背中をすっと伸ばせばそれで正座ができているというわけではありません。正座というのは全身をうまく使ってこそはじめてできるものです。例えば、足が痺れている人は、足より手に意識を持っていくほうがよいでしょう。全身をうまく使えれば痺れたりするような事はなくなります。日常的に畳の上で生活してお箸で食事をしていた日本人はそういう事が当たり前のようにできたのでしょう。

最近では、

「こういう事ができなくなったのは栄養不足である。」

という風潮です。
正座ができないのは栄養価の少ない野菜を食べているからだとかいってサプリメントをせっせと食べたりしている事になります。ずいぶんおかしな事をやっているとは思わないでしょうか。

実は、腰が痛くなるも、肩や首が痛くなるのも、耳が遠くなるのも、目が見えなくなるのも、眠れないのも、全部体をうまく使えていないことが本当の理由です。

でも、こんな事を言うと、


「そうか!運動不足が原因なのか!」


なんてほとんどの人がいいだします。
本当の原因は、こういう安直な思考といえるかもしれません。

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036