ブログ「日々整体」

うまくいかなかった話

最近のことですが、うまく整体できなかった方がいます。
最初に体の状態をみたときに、


「かなり時間がかかると思いますよ。」


と説明をしていたつもりです。
しかし、3ヶ月ほどたっても成果を感じられないということでした。ただ、私自身はこのタイミングで手応えを感じ始めていました。実際に、それにまつわる体の変化がでていたのをご本人も自覚していたようなのですが納得できなかったようです。


この方、実は頚椎の手術をした3ヶ月後ぐらいから体の調子が急に悪くなってきたそうです。
私にの考えだと頚椎など絶対にメスをいれてはいけない場所です。首はその人の生きる力がもっとも反映して表現されているといっていい場所です。ですから、長くてしっかりした首をしている人はみな長生きします。私がはじめてみたときには、その首から完全に力が抜けてしまっていました。


生きる力というのは、内臓でいうと腎臓の状態をみるとわかりやすいといえるでしょう。
背骨でいうと胸椎10番の左右に腎臓の働く力が表現されます。首に力がなくなっているのですから、当然ここも力がなくなって、背中にふれると穴があいたような感触になっていました。その結果、


「力がでない。」
「意欲がでない。」
「気力がわかない。」


なんていうことになっていると私は見立てていました。

ちなみに、大きな病気や怪我をした後に同様の状態になっている人は、現時点で数人整体に通っておられますのでそれほど珍しいケースではありません。


話しを戻します。

この方のケースでは、やっかいな事が一つありました。
それは、


「首を触らないようにしてくれ。」


と言われたことです。
医師にそう言われたということですが、もともとの原因が首にあるのに首に触るなというのは無茶な話ではあります。ただ、この方がほかへいってどうにかなるとも思えなかったので、はじめてしばらくはその意向に沿うことにしました。しばらくたって、体に変化がでてきたところで、首の調整をはじめますよと了解をとってから整体をはじめたのですけどね。まぁ、調整とはいっても強い刺激を加えるようなことはないので、最初から首の整体をやっておけばよかったなぁと今では思ったりもします。


割合と親しい人に同様の手術をした人がいて、その人はずっと元気に過ごしていたのだそうです。そのせいで、


「これは手術の後のダメージが原因です。」


という説明に本人が不信感を感じたこのだろうと思います。
首の状態がまったく同じでまったく同じ処置をしてまったく同じような回復過程を経過すれば同じように元気にしていられたかもしれませんけどね。

また、手術後3ヶ月程度は割合と元気にすごせていたようです。そのため、なにか他の要因があるのではないかと考えてしまったようです。

私が見る限り首の力が抜けてどうしようもなくなっているのは間違えようもないぐらい明白でしたけどね。うまくいかないときは、こんな具合にすべてのピースがうまくはまらないなぁとそんな事を思いました。いまから思うと体が相当つらいのはわかっていましたから、最初から強引に毎日通いなさいというぐらい勢いで整体してゆけばよかったかもしれません。


関連カテゴリー< うつブログ手、指のしびれ無気力、不登校

打撲の話

「どうやらだぼくが原因で体を壊している人が少なからずいる。」


今年はそのことに気がついて打撲についての理解を少しづつ深めてきました。で、どうやら初歩的な事がだいぶわかってきました。交通事故のあとなんだか妙に調子が悪いなんていう話を聞いたことはあるのではないでしょうか。ちょっと調子が悪い程度ならいいのですのですけどね・・・。


「打撲程度で・・・。」


と軽く考えてしまう人が多いのことでしょう。
しかし、冗談抜きで命に関わる問題です。そのことがわかってきてからは、より真剣に体をみるようになりました。もし万が一私が見落としたせいで・・・、と考えると、もう整体なんぞやめてもっと気楽な仕事に転職しようかとも真剣に考えました。


ちなみに、最近、来られている方には、ある手術の後から調子悪いという方がいます。整体では、手術のあとというのも、打撲として扱います。体に起こるのは打撲とまったく同じです。


打撲ですが、ぶつけて腫れてきたとか、骨が折れたとかであればまず問題はありません。
しかし、強くぶつけたのになんともなかったなんていうのが非常に危ないのです。これは早いスピードでぶつけたせいで、そのときはなんともないように感じても数年後に、重大な問題を起こします。

そしてその問題は痛いとか、いうような性質のものではなく内臓機能の破壊といった具合に現れてくる例を今年はいくつか見つけてきました。最初にいいましたが、命に関わるというのは冗談でもなんでもありません。




関連カテゴリー< ブログ

耳鳴りのよもやま話

「耳鳴りって本当にとまるのですか?」


最近、頻繁にいただく質問です。
耳専門のお医者さんに、


「耳鳴りは止まらないんですか?」


と聞くと、ほぼ間違いなく、


「無理だ。」


という返事が返ってくるそうです。
そのせいで、不安になってしまうようです。実際、今日も整体にこられた方とこんなやり取りがありました。


最近は、テレビで紹介された方法、補聴器を使う方法もみかけることが増えました。確かに、その方法だと多少は楽になる傾向があるようですが、そちらは私は懐疑的だったりします。理由は簡単で、耳鳴りのなる方の体の様子をみると明らかな問題がすぐにみつかるからです。いつもお話することですが、


「体が完璧であれば耳鳴りがなることなどはない。」


ということです。

耳鳴りの整体は以前では、私が未熟だったせいもあり、うまくいかなかったりすることもあったのですが、最近ではたいてい3ヶ月程度でなんらかの成果をあげられるようになってのではないかと思います。

ただ、世間では、


「止まらない。」
「死ぬわけではないから気にしないで生活しましょう。」


なんていう考え方が一般的なせいで、こんな話をすると、胡散臭く聞こえてしまうようです。
仕方がないことだとは思いますが、状況をもうちょっとなんとか変えれないかなぁとつくづく思います。


関連カテゴリー< 耳鳴り(耳なり)

白髪染めが原因で・・・

前回のブログで、どうやら白髪染めが原因で手足が痺れるという話を紹介しました。

実は、この話は後日談があります。
その後も数日するとまたしびれてくるのです。今日もまたその方がこられたのですが、数日前に手が全く動かなくなって身動きできなくなったため整骨院にいったそうです。すると、


「ただの肩こりです。」


と言われたそうです。
まぁ、それには間違いないのですが、


「白髪染めの話しはしなかったのですか?」


と聞いた所、さすがにそちらではそんな話をまともに聞いてくれないと思ったようで話さなかったそうです。

確かに、白髪染めのアレルギー反応で手足がしびれたなど突拍子もなさすぎると思われることでしょう。ただ、背骨には明らかにアレルギーの反応があるのたみてとれていましたので、私はほぼ間違いないと考えています。


ただ、今回の反応は非常に強烈なものでした。
よほど強力な薬品を使用したのではないかと思います。ちょっと怖い話ですが、


「何かの病気の治療中だったりと弱っているような人だったら命にかかわるようなこともあるのではないか・・・。」


と思えました。
10年ぐらい前に、


「頭に毒をかけないでくれ!」


という事を真剣に訴えて活動している人がいました。
当時は大げさだと思っていましたが、いま考えると、おそらくこの人はこのことを危惧していたのだろうと思われます。白髪染めが原因で、そんなことになるなんて普通は思いもしませんでしょうから、原因不明のショックでみたいなことになるかもしれません。

幸いこの方のアレルギー反応と腕のしびれは日を追うごとに軽減していますのでこのまま問題なく解消することでしょう。また、体に対する悪い影響をおさえるためにでていると思えたので後々問題になることもないといえそうです。

アレルギー反応事態は本来は体を守るためにでている症状です。
それが過剰に働くと様々な問題がになりますが、今回は適切な範囲内で起こっているとおもえましたので後々に残るようなこともないといえそうです。
関連カテゴリー< 手、指のしびれ足のしびれ

手足のしびれの以外な原因

手足がしびれるという事で整体にこられた人の話です。
手芸のすきな方で、肩こりがひどくなったときにまれに手がしびれるということはありました。しかし、このときはどうも様子が違う感じでした。なぜなら、整体してしびれがとれても翌日にはすぐに手足がしびれはじめたからです。


「おかしいねぇ。」


なんていう話をしてまた整体をしたらすぐにしびれは抜けました。
ところが、やはり翌日にはしびれはじめました。はじめのときに、美容院でずいぶん辛い姿勢3時間ぐらいじっとしていたということだったので、本人はそれが原因じゃないかといっていました。しかし、私には腕が疲れているように感じたので、たぶん違うはずだという返事をしていました。


3回目にして、ご本人で気が付かれました。
美容院で、白髪染めをしたそうです。随分、強い薬品を使ったものだそうで、始める前に


「頭がぴりぴりしたらすぐにいってください。」


といわれたそうです。
案の定、頭の皮膚がピリピリしだして強い違和感を感じ始めたのでそれを美容師に伝えると、慌てて薬品を洗い流しはじめたそうです。その後、手足がしびれはじめたというわけです。


それを聞いてその可能性はあると思えました。
いわゆるアレルギー反応がでたわけです。アレルギー反応がでたときには胸椎9番の右側に異常がみつかります。こういう場合、たいていは痒くなったり、皮膚が荒れてきはじめたりするわけですが、この方の場合は、頚椎6,7番、胸椎1、2番に強い緊張がでてきてしまっていました。ここだけみると腕の使い過ぎで疲れているようにしかみえないのです。別に腕が疲れるようなこともしていないということで、1日置きに整体してこんなことはまず有り得ないと言えます。


つまり、手と足がしびれたとうのは白髪染めが原因というわけです。
美容院が使う薬液なんには、随分強いものがあるときいた事がありますがこんなことがあるわけです。簡単にいうなら、頭皮が強く緊張してしまっているわけです。わかりにくければ、頭の一番上あたりに力を込めてみてください。同時に首に力がはいるのがわかるはずです。これは流石に見抜けませんでした。これからは、急に手足がしびれだしたという人がきたら、


「美容院で白髪染めをしてないか?」


と聞かねばいけないかもしれませんね。
関連カテゴリー< 手、指のしびれ足のしびれ

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036