ブログ「日々整体」

インドア派とアウトドア派

「自分の事はインドア派だと思い込んでいた。」 

ある方から、そんな話を伺いました。 
世間で言われているような言葉のイメージだと確かにそんな印象のある人かもしれません。 

たぶん、このセリフをいった方は、 

「自分はインドア派だから、家の中で発散要求を満たせる。」 

と思い込んでいた事になります。 
それで、緊急事態宣言の前からほとんど誰にも会わずに引き籠もっていたらしいです。でも、そろそろ溜め込みすぎたエネルギーを発散したくなってきたので整体にこられたのはではないか、そんな風に私は感じた訳です。 

それで整体を受けた後に、足を伸ばして美術を鑑賞にいかれたそうです。すると、ずいぶんエキサイティングな体験ができたのだとか。 

インドア派っていうのはどういうタイプの人間でしょうか? 
1人でできること、屋内でやる事、なんていうのがインドア派のイメージでしょうか。芸術に触れて発散させるみたいな事はインドア派でしょうか。私みたいに、考えている事を文にまとめるなんていうのはインドア派の行為でしょう。 

でも、考えてみたら、インドアとアウトドア派の違いって、発散欲求をどこで発散させるかというだけの違いでしかありません。貯まったエネルギーを家の中で発散させるか、家の外で発散させるかの違いでしかない訳です。こう考えてみると、インドア派とアウトドア派の違いはずいぶんと雑な派閥だと言えますね。 

例えば、私なんかは読書やら文を書くのが好きな訳です。 
インプットした情報をアウトプットすることに興味を持つわけです。おそらくそこにアイデンティティみたいなものがあるのでしょう。いわゆるインドア派な訳ですが、私は考えるより先に行動を起こすことの方が多いのです。だから、あれこれとはじめてみてから考える方がうまくいく訳で、アウトドア派みたいな行動を好む傾向がある訳です。 

まぁ、最初の、 

「自分の事はインドア派だと思い込んでいた。」 

という発言をした人は別にこんな事を考えていたのではないと思いますけどね。 

インドア派、アウトドア派というカテゴライズを捨ててみるといいのかもしれません。 
例えば、 

「どんな行動、活動をしたときに気持ちが晴れやかになったのか?」 

と考えてみるといいでしょうか。 
アートに触れて気持ちが晴れたのだとしても、そこにはいろいろあると思う訳です。アートそのものに心が動かされたのか、そのアートの制作者とのコミュニケーションで心が動かされたのではやはり全然意味がかわってきますよね。まぁ、相手が芸術であれば、そんなに簡単に色分けできるものじゃないでしょうけどね。 

さっきもいった通り、そこまで考えてたらインドア派なんて言葉はでてこなかったでしょうけどね。 

「インドア派ってずいぶん古い言葉かもしれない。」

なんていう具合に、私が勝手に拡げてみただけの話です。
関連カテゴリー< ブログ

季節と体の変化の話

ここ2週間ほど、多くの人の頸椎7番に硬直が現れています。 
そのために動悸が起こったり、めまいが起こったりなんて事をいう人がやたらと多いです。厄介な事になっていた人たちがちょっと落ち着きが見えてきていたのに、また症状が辛くなっているという事でなかなか悩ましい事になっています。 

体の様子をみるとそんなに悪い事にはなっていないと感じています。 理屈で考えると急に冷え込んで来たのでその影響を受けているのでしょう。

昨年も同じような変化はあったのかもしれませんが、胸椎7番に影響がでているというのはみてとれていませんでした。だから、今年になってわかるようになったという事でしょう。たまにでてくる経験を積んだ結果、今まで気が付かなかったことがわかるようになったという事ではあります。


実は、私自身の体にもたぶん同じ事が起こっています。 
妙に体がへたってしまっていまって首の付け根から力が抜けないでいました。日記をきちんと書いていれば昨年の今頃にも同じような事を書いていたのかもしれません。でも、あれこれ書いていても自分の体調についてはあまり興味がわかないのか書き残していなかったりするのでいまいちよくわかりません 

これを書いているのは11月4日です。 
やっと体がしっかりしてきたのですが、2週間近くはタガタだったように思います。やはり季節的なものという解釈で間違いはないと思っておきましょう。 

自分の体に起こった変化をみると、どうも腰の力が抜けていたようです。
腰の力が抜けて、胸椎の力が抜けなくなるのはなんとなくピンと来る人もおおいでしょうか。肩の力を抜くには、腰がパンとする必要があるわけです。
 
自分で背骨を読めればはっきりとわかるんですが、どうも胸椎12から腰椎1番にかけて妙な緊張がでています。
また、胸回りにも妙な緊張がでていますから、それの影響で心肺の動きが悪くなっています。ただ、この緊張は以前からあったもので、解消しようとあれこれ苦心していたものであろうと思われます。それが以前よりはっきりと自覚できるようになったわけです。 

そう考えると、この変化、不調はそう悪い物ではないかもしれない。 
そんな風に感じてはいます。体の不調というか、動かない骨がどこかということを以前よりはっきりと自覚できるわけですからね。 

「うまく解消できればあと20~30年ぐらいは生きていられるかもしれないなぁ。」 

とそんな事を考え始めています。 
10年ぐらいで終わるかなぁと思ってましたが、もうちょっと長生きできるかもしれないと思いはじめました。そこで、今朝から木刀をもって体を動かしてみることにしました。とりあえず20分ほど体を動かしてみたのですが、うまく動かないのは自覚できましたので続けてみようと思います。

どうもこのあたりが私という人間の死に方を大きく左右するような気がしています。
ただ、どうも体がうまく動かないのが影響しているせいか、でてくる文がどうも固くていけませんね。もうちょっと柔らかく毒のある内容にしなくてはいけないと思うのですが、書くものの内容はやはり体のまんまということになるようです。
関連カテゴリー< ブログ

作品と商品、サービスと技術の違う

私は小学2年生の頃からパソコンゲームで遊んでいました。

周りはみんなファミコンで遊んでましたから当時からマイノリティな存在だった訳です。当時、発売されているゲームもありましたけど、プログラムが掲載されている本や雑誌を買ってきて自分で打ち込んという遊び方が当時は行われていました。


小学生にはなかなかハードルの高い遊び方でしたね。

プログラムは基本は英語ですし、中学から高校ぐらいの数学の知識がないとプログラムの中身なんて理解するのは難しいからです。プログラム言語の仕様書と英語の辞書を片手に四苦八苦して遊んでいました。


そういう経験があるとゲームで遊ぶというのは他人の作品で遊ばせてもらうという感覚を持つようになります。掲載されいている通りに打ち込めばいいだけと言えば簡単に思うかもしれません。しかし、プログラムがちゃんと動いているのかわかならいといけませんし、動作がおかしければ自分で修正をしなくてはいけません。だから、それなりの知識と技術がないからゲームで遊べないのです。コンピュータゲームという遊びの初期はそんな雰囲気があったわけで、その感覚がなんとなくいまでも続いているのでしょう。たいていのゲームの好きは、ゲームのことを『作品』と呼びます。


しかし、ゲームの事について詳しくない人にゲームのパッケージを見せて、


「これは作品だ。」


と言われてもピンとこないと思います。

任天堂スイッチのゲームのパッケージを見ても、それは商品だとしか思えないでしょう。かくいう私も、ジョーシンやヨドバシカメラのゲーム売り場に行っても、作品が並んでいるとは思えません。作品と商品という言葉には明確に違う物を指している訳です。


ただ、私の場合にはごく一部の商品の中には作品だといっていいゲームが含まれている事を知っています。

その違いがどこからくるかを一言でいってしまうと、作っている人が知識や技術をもった職人であるということではないかと思います。


わかりにくければ身近な物に置き換えて考えてみるといいでしょう。

映画だったり小説だったりで、作品と商品を分類してみるといいかもしれません。三谷幸喜や宮藤官九郎が脚本を書いたドラマや映画は作品といっていいと感じる事がおおいですね。


洋画だとスターウォーズのエピーソード6までは作品として作られていたように思えます。今年見たのだと、ジョーカーは商品っぽい内容でしたが、主演男優が作品に昇化させていたと感じました。


ヒットしているから作品という訳ではありません。

話題になっていたドラマの逃げ恥なんかは商品じゃないでしょうか。私は見てないですけど新垣結衣を主演にしてしまうと商品っぽさがでてきてしまいます。以前に、紹介した映像研には気をつけろなんかは原作が好きで、間違いなく作品として描かれた漫画ですが、キャストにAKBが使われると商品になってしまいます。


見ていない映画なんで評価はできませんが、『カメラを止めるな!』っていう奴はきっと作品なんでしょう。伝わってくる話を聞くとそんな風に思えます。商品と作品の分類には、個人の感覚で多少の差があるのかもしれませんが、割とはっきりと線引きできるような気はしますね。


先日、体のケアを目的にあるお店にいってきました。

中国では医療として認知されている技術なのですけど、実際に受けてみるとこれはサービスだなぁと感じました。技術的にはちゃんとしているのですけど、サービスとして提供しようとするのでなんかずれが出てくるわけです。


我が身に置き換えて考えてみました。

整体においての作品と商品の違いは、技術とサービスという言葉に置き換えるとわかりやすいかもしれないなぁと。私自身には、


「技術者であろう。」


という考えはずっと根底にあります。だから、私にぶれはあまりないように思います。

しかし、


「サービスを求めているのか、それとも技術を求めているのか。」


整体を受けられる方にこのサービスを求めるという認識があると成果があがらないように思います。いつもいうセリフですけど、人間はロボットじゃありませんせんから何をしているかより何を考えているかの方が重要だからです。


「考えるのが面倒くさいので毎朝早起きしてラジオ体操をしています。」


そういうスタンスでは、何かが違うと言わざるをえません。

整体っていうのは、本来、


「よい生き方とは?」

「より幸せを感じる生活とは?」


こういう事に対して、体の様子を見ながらアドバイスとサポートをする技術じゃないかと思うわけです。


すると、


『思考を省略できるようにする物が商品やサービス』

『思考を掘りさげる助けになるものが作品や技術』


こんな風に言葉にするとわかりやすいかもしれませんね。

関連カテゴリー< ブログ

運動神経とはなにか?

「体は筋肉で動かす。」 

多くの人がそう考えていることでしょう。 
でも、どう考えても絶対に違うでしょう。自分の身体感覚でもそうですし、運動や武道の実力者なんかの話を聞いても思います。イチローやダルビッシュの話を聞くとそれを確信できますね。陸上競技だと為末信二、体操選手だと森末慎二なんかもそんな発言をしています。ところが、多くの人がそれが理解できていないように思います。本来、そういう一流選手の言葉を翻訳してくれる役割のマスコミがそれを理解できていませんから仕方のないことなのかもしれませんけどね。 

筋力で体を動かす、筋力が運動能力を決めるのであればオリンピックやプロ競技はボディビルダーのような人たちにばかりなるはずです。現実は、ボディビルダーは極端に運動能力が低くなっているという事はご存じでしょうか? 

ボディビルダーは力持ちだから引っ越し作業なんかが得意と思うかもしれません。 
しかし、ボディビルダーはオモリを使って効率的に筋肉を疲労させる専門家です。だから、力仕事なんかをさせても役立たずというのが現実でしょう。100kgのベンチプレスは持ち上げても冷蔵庫や洗濯機は持ち上げられないでしょうし、一時的に持ち上げてもすぐに疲れて動けなくなるはずです。

また、腰が膝が痛い時に筋力が不足しているから鍛えろなんていう話をよくききます。 
整形外科の医師なんかはこういう事をよくいうのではないでしょうか?しかし、整形外科の医師は運動についてはまったくの無知ですね。例えば、プロスポーツ選手になりたい、オンリピックで金メダルととりたいと思った時に整形外科に相談にいく人はまずいないでしょう。 


それで、そんな具合に運動について大して詳しくない人が、 


「運動は体にいい。」 


といっているのを聞いて疑問は感じないでしょうか?私なんかはおかしいと常々思っているのですけど。


「一般人とスポーツ選手でどちらが運動で体を痛めやすいか?」 


と考えれば間違いなく、スポーツ選手の方が怪我をしやすいのです。 
スポーツ選手は運動の強度が違うと思うかもしれませんけど、じゃあどの程度の強度であればいいのですかと聞いてみましょう。運動をすすめる人では適切な答えをでだせないと思います。 


「1日30分の運動をしていると健康度があがる。」


なんて具合に、調査をすればデータはでてくるでしょう。 
でも現実は30分運動した人の全てが健康になっている訳ではなく、運動している人の60%とか70%とかの健康度があがれば、これが科学のデータだとばかりに発表されています。 


「1日30分勉強すれば頭がよくなる。」


と言い換えてみると、バカバカしい話だという事にきがつけるでしょうか?
勉強は怪しいけど、健康なら大丈夫だと考えるでしょうか。これは体の事になると多くの人が騙されやすいという事を示しているだけだと思いますけどね。


あなたが残った30~40%にはあてはまらないという根拠はいったいどこにあるのでしょうかね? 
はずれを引けば意味がない、あるいは、かえって体を悪くすることになります。新型コロナウイルスに感染した場合の死亡率は0.1%程度ですけど、その確率に恐れおののいているにもかかわらず3~4割にあたってしまう可能性は一切考えないのは大きな矛盾といえますね。 

さて、なぜ多くの人がこんな間違いをしているかというと、たぶん天動説で考えているのじゃないかとふと思いました。地球は動くことのない平らな皿で、我々はその上で生活していると考えているのでしょう。 

tendosetsu.PNGのサムネイル画像
運動をするときは、こういうのをイメージしていないのでしょうか?
このイメージでやると体を動かす全ての動作にとんでもない筋力が必要になりますね。何しろ完全に止まっている状態から運動を開始しなくてはいけません。

でも、実際は、
eisei.PNG
我々は地球の自転、公転に合わせて結構な速度で運動しています。
自転の速度は時速1700km、公転速度は108000kmですからかなり早い運動をしています。たぶんですけど、運動神経のいい人っていうのはこの力をうまく使ってるんじゃないでしょうかね?地動説で体を動かしている訳です。

もちろん、こんなものは頭で考えてできるような事はありません。
でも能力の高い人はすでにある運動、速度を上手に使って体を動かしているのという訳です。
だから、どんな運動でも最初にもらうアドバイスは、

「体の力を抜け。」

となるのでしょう。
つまり体の力は使わないというのが正解なのじゃないでしょうかね。


それなのに、多くの場合、筋力を使えと言われるわけです。
ガリレオが地動説を唱えたは400年ぐらい前ですけど、現代でもまだ頭の中が天動説のままになっている人の方が多いという訳です。
関連カテゴリー< ブログ

四面楚歌の記事をnoteでも公開はじめました。

四面楚歌の記事







を更新しています。

その中で、人は不老になれるか 以外の記事を note で単独記事として購入できるようにしてみました。

noteというのはブログサービスみたいなものなのですが、ちょっとおもしろい機能をもっているのでうまく使えるといいかと考えています。


関連カテゴリー< >
<戻る 1234567891011
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036