ブログ「日々整体」

過敏性腸症候群の対処法:医学とは異なるアプローチ

過敏性腸症候群について、整体師の私は医学とは全く事なる考え方をしています。

過敏性腸症候群(IBS)の医学的な見解は以下のようなものです。

長期にわたる腹痛や腹部不快感、および変化する排便パターンを特徴とする一般的な消化器系の病態です。この病態は、大腸が正常に機能せず、腸内の食物の動きが速すぎたり遅すぎたりすることで起こります。

IBSの正確な原因は明確には理解されていませんが、過敏な腸、腸内細菌のバランスの乱れ、腸の運動性の異常、遺伝、ストレスなどの心理的要素、食事などだろうと考えられています。 

現在の治療法は、食事の変更、ストレス管理、薬物療法など、患者の症状を管理することに主に焦点を当てています。薬物療法には、抗スパスモディクス、抗うつ薬、痛みを和らげる薬、下剤、止瀉薬などがあります。また、プロバイオティクスは腸内細菌叢の健康を改善することでIBSの症状を緩和する可能性があります。

しかし、IBSは慢性的な病態であり、完全な治療は困難であることが多いです。そのため、患者と医師は症状を管理し、生活の質を最適化するための個別の治療計画を立てる必要があります。このためには、健康的な食事と生活習慣、適切な運動、ストレス管理技術の採用などが推奨されます。

このような見解になるのは、医学には腸の専門家が存在しているからでしょう。
そのせいで、

「自分は、腸の専門家だからその専門分野のなかでのみ、つまり腸の問題にだけ取り組まなくてはいけない。」

というように考えてしまうのでしょう。そのため、

「もし過敏性腸症候群は腸に問題があって起こるのではなかったら?」

という発想を持てないでいる訳です。

私、つまり整体師としての視点から見ると、過敏性腸症候群の原因はとてもはっきりとしています。一言でいうなら

「過敏性腸症候群は肺の働きに問題があるから起こります。」

肺の働き、つまり胸椎3,5番などに問題があって起こるものです。この事を理解するには、五行の考え方を参考にしてもらうといいかもしれません。

五行において腸というのは五臓のうち肺に属する働きに分類されています。
具体的に説明すると、肺の働きが不十分な時は腸の働きが活発になって肺の働きを助ける動きをします。結果として下痢をしたり腹痛を起こす事が多くなるでしょう。しかし、これらの症状は肺の働きを助け健全な状態に戻すために起こっているものでですから、こういった症状を薬物で止めてしまう事で肺の働きが不調なままになって下痢や腹痛が頻繁に起こったり、治まらなかったりすることになる訳です。そのため過敏性腸症候群は対処の方法を間違えてしまっているせいで深刻化させてしまっているケースが非常に多いと感じています。

過敏性腸症候群に陥っている人の背骨の状態には、とても特徴的なパターンがあります。
ですから、ある程度の経験のある整体師であれば背骨の観察をすればまず見間違える事はないでしょう。ストレスや遺伝といった医学において考えられている原因はほぼ関係がないといってしまっていいでしょうね。

残念なことに、肺の働きに不都合があって腸が過敏になる下痢や腹痛を起こすという事について、多くの人は理解できないようです。先日も親子で相談にこられた方いたので、これこれこういう事がおこっていますよ、解決はおそらくそれほど難しくないですよと、かなり丁寧に説明させてもらったのですが、うまく理解できなかったようです。説明を聞いたあとに、

「自律神経が悪いのじゃないのですか?」
「自律神経が悪いのだから爪もみみたいな簡単なやり方で症状を改善する方法はないのですか?」

というような、トンチンカンな質問をしてこられました。
10代で頻繁に学校を休んでいるということでしたけど、こんな明らかな問題を長期間引きずり、その結果として人生が狂ってしまうのは、大変もったいないことだと感じずにはいられません。

関連カテゴリー< 過敏性腸症候群

自然な睡眠:理想的な体づくりと寝具の役割

現代の科学において、動物が睡眠を必要とする全ての理由やメカニズムが完全に解明されているわけではありません。ただ、動物の睡眠が果たすいくつかの重要な役割が研究によって明らかになっています。以下は、そのうちのいくつかです。

脳の休息と回復: 動物の脳も、人間の脳と同様に、活動中に蓄積される疲労や老廃物を除去するために休息が必要です。

記憶の整理と固定: 動物も人間と同様に、睡眠中に獲得した情報や経験を整理し、長期記憶に保存することが示唆されています。

身体の修復と成長: 睡眠中に成長ホルモンが分泌され、筋肉や組織の修復、細胞の再生が行われることは、動物にも共通しています。

エネルギー消費の低下: 動物も睡眠中にエネルギー消費が抑制されることで、エネルギーを効率的に利用し、生命維持活動を維持できます。

免疫機能の維持: 動物の免疫機能も、睡眠によって維持・向上することが示唆されています。

ただし、動物によっては独自の睡眠パターンや習慣があります。例えば、海洋哺乳類の一部は、半球睡眠を行うことで、呼吸や温度調節を維持しながら休息をとります。また、いくつかの鳥類は、飛行中でも短時間の睡眠をとることができます。

研究が進むにつれて、動物の睡眠に関する理解はさらに深まるでしょう。しかし、すでにわかっていることからも、睡眠が動物にとって重要な機能を果たしていることは明らかです。

整体という技術から睡眠を考えてみると、

「睡眠とは運動の1つ。」

という扱いになります。
運動というと体を動かしているのを想像するかもしれませんが、停止するというのも運動の一種と考えるのです。このことをもう少し広げて考えると、ヨガをする、瞑想する、深呼吸をするということもまた運動に含めて考える事ができますし、食事をするという行動にしても運動の一種に含めて考えます。

そして、整体というのは、適切な運動をできるように体を整える技術であるといえます。骨を整えるというのは、骨をきれいに並べるというのではなく骨が適切に運動できるようにするという事を意味している訳です。

さて、私は寝具について質問をよく受けます。
単純に、

「どのような寝具がよいのですか?」

というものです。
寝具メーカは様々な事を謳っているとは思います。しかし、整体師として言わせていただくと睡眠を寝具に頼るべきではないと考えています。

どういう事かというと、

「この枕があれば毎日8時間熟睡できて毎日が充実します。」

というような枕があったとします。こういう枕を利用して寝ていると、この枕でなければ熟睡できなくなってしまうからです。

野生動物が餌を人間からもらっていると、自分で餌をとれなくなるから野生で生きていけなくなるという話を聞いた事はないでしょうか。それと同じような理屈で、完璧な安眠枕で熟睡をしていると、その枕でしか熟睡できなくなってしまいます。仮に、火事で焼けたり、被災したりで枕を失ってしまったらどうなるでしょうか。あるいは、旅行や出張先のホテルにまでその枕をもっていかないと十分な眠りがとれなくなってしまいます。

ですから、理想的な眠りをしたいのであれば、

「いつでもどこでも熟睡できるような体づくりをしていくがよいです。」

という事になります。
その上でお気に入りの枕があるというのであればそれでよいとは思いますけどね。ただ、寝具にこだわってもあまりいい事はないというのが私の返事になります。
関連カテゴリー< 不眠

整体における医学的な根拠

私は、医学的根拠がないと指摘される事がありますが、そんなのは当たり前の事です。なぜなら、私は医学者でも医師でもなく整体師だからです。

整体と医学の最も違う点は、

「整体では情動や感情をもっとも重視して、医学は検査結果をもっとも重視する。」

という事でしょうか。
他だと、

「整体では整体師の主観を最も重視して、医学は客観を重視する。」

と、言い換える事もできます。

医学に対して整体師としての主観的な意見を言わせて頂くと、

「医学的な根拠というのは、医学者と医師にとって都合のよい解釈。」
「ちょっとわかった事が増えてきたぐらいで自分が神様になったと勘違いしている連中。」

と言い換える事もできます。
まぁ、ここまでは言い過ぎだとしても、近年の医学者たちは、ホモサピエンスをホモサピエンス以外のものに進化させる事が近いうちにできるようになると主張しています。イカロスやバベルなど神様に近づく事ができたと考えた人たちにどういう事が起こったかを考えれば、また同じような事が起こるのじゃないかと、私などは思ってしまいます。

医学と医学者がこうなってしまうのは、私が整体師としてもっとも重視している情動を完全に無視しているからではないでしょうか。
情動を理解するには牛、豚、鶏などの家畜の生き方を考えてみるとわかりやすいでしょう。牛は牛乳を大量に採取するために乳が大きく改良されている品種が誕生している訳ですが、その大きな乳房のせいでまともに歩けなくなっていたりします。乳首に搾乳機をつなげられてずっと搾乳をされ続けている訳ですけど、牛はこのような生き方に幸せを感じているでしょうか?

豚や鶏も同様です。
豚も鶏も大量に肉がとれるような品種に改良されています。そして、狭いオリの中に閉じ込められてただただ太るためだけに餌を食べて活かされています。それで、ある程度の重さになったら殺されて肉として出荷される訳です。このような豚や鶏の一生は幸せだといえるでしょうか。

牛、豚、鶏には幸福を感じる能力がないと考える人もいるかもしれません。
しかし、家畜となるような哺乳類は人間と同じような喜怒哀楽があるというのは他の学問によって明らかになっています。もちろん我々は人間だから、牛、豚、鶏に世界がどのように見えて、どのように感じられるかというのは決して理解できるものではありません。しかし、間違いなくそのような感情を持っていると考えられています。

海外ではエビやカニの捌き方が法律で決められているというニュースを見たことがあります。
割と大きな話題になっていたので見たことのある人もいるのじゃないでしょうか。エビやカニだって、苦しみを感じる能力をちゃんともっているので、食べる時には苦しませないように締めなければいけないという訳です。日本では、活け作りなんていう刺身の食べ方もありますが、こういう知識をもっている人にいわせれば、

「日本人はなんという残酷な魚の食べ方をするのだ。」

となるのでしょう。

それで、1匹の鶏からとれる肉の量を3~4倍に大きくした品種を開発した人がいます。
その研究者は、

「動物の尊厳を無視しているのではないか?」

と指摘された時に、

「そのおかげであらゆる人が鶏肉を安価で食べることができるようになった。だから私は社会に大きく貢献した。」

と自身の開発を誇ったとかなんとか。

さて、家畜だからこんな妙な話になるのだと思うかも知れませんが、最近は、

「人生100年の時代。」

なんて言われている訳です。
おそらくこれは平均寿命が100歳になるという事であろうと思われます。

令和元年の寿命に関するデータをみると、

平均寿命 男性 81.41歳
       女性 87.45歳
健康寿命 男性 72.68歳
       女性 75.38歳

というものでした。
人生の長さの10%が何かしらの疾患を抱えており、その大半は介護を必要としている状態なのではないでしょうか。

さて、この平均寿命が100歳になった時に健康寿命がどのような数字になっているかについては何ら説明がないのが現状です。都合の悪い事について何も言わないのは客観的な意見を述べる人たちの典型的な傾向だと私は感じています。

そのあたりに配慮をしてか、

「老いは病気だから100歳まで老いる事がないようにできる。」

なんていう事を主張している医学者も存在しています。
もし、仮にこれが実現した時に、我々の情動にはどのような影響を与えているでしょうか?もしかしたら、100歳という健康寿命を達成するために、檻の中だったり、タンクのようなベッドに押し込められて一切の活動を禁止されているかもしれません。さすがにそれだとまずいと思う人が多いでしょうから、脳に直接情報を送ってずっと幸福に暮らしている夢をみさせられているかもしれません。

イメージできないのでしたら、マトリックスという映画のネオを思い出してみるとよいでしょう。
コンピュータ技術者としてそれなりに幸福な人生を送っていましたが、それが夢だと気がつくというのがマトリックスという映画のはじまりです。

そのような状態で生き続ける事が幸せだとは思わないのが、情動を最も重要だと考える整体師としての私の立場と考え方です。

関連カテゴリー< ブログ

『あなたの自律神経が整わない本当の理由』電子書籍の販売を再開しました。

Amazon Kindleで電子書籍の販売を開始しました。

以前に公開していたのを一旦停止していたのを再開です。タイトルをクリックまたはタッチしてください。アマゾンのページにジャンプします。


あなたの自律神経が整わない本当の理由

https://amzn.to/3mSa7LS


現在、Kindle Umlimited会員であれば無料で読むことができますので、この機会に読んでみてください。

関連カテゴリー< >

チック症の整体

チック症の原因は医学では完全には理解されていません。
遺伝的な要因、脳の化学物質や神経回路の異常、および環境要因が関与していると考えられています。遺伝的な要因に関しては、チック症の家族歴がある場合、チック症を発症する可能性が高くなるとされています。

チック症の人々は、ドーパミンという脳内物質の異常な放出により、神経回路の調節に問題が生じると考えられています。
このため、ストレスや不安などの環境要因がチック症状を悪化させることがあります。ただし、ストレスや不安などが直接的に原因となるチック症は珍しく、大多数の場合、遺伝的および神経化学的な要因が関与していると考えられています。

このあたり、医師にどういう説明をされたか思い出してみるとよいでしょう。
私のところへこられる方は、たいていストレスなどの環境要因が原因だと説明されています。

医学では心臓の動きとチック症には直接的な関連性はないと考えられています。
チック症は、脳と神経系の障害によって引き起こされる運動障害であり、心臓の動きとは異なるという訳です。ただし、チック症の症状が激しい場合、ストレスや緊張によって心拍数が上昇することがあります。また、チック症の一部の症状は、顔面筋肉の動きや首の動きに関わるため、これらの動きによって一時的に心臓の拍動が変化することがあります。しかし、チック症そのものが心臓の動きに影響を与えるという証拠はありません。

これが医学におけるチック症への見解です。しかし、整体という技術を通じてチック症の人の体を観察すると、明らかに心臓の動きと関連があることがわかります。

私の見解を簡単に説明すると、心臓の機能が十分でない場合に、体を激しく動かしたり、声をだしたりしているようです。これを医学的に説明した場合に、ドーパミンの異常な放出が起こっているという事になるのではないでしょうか。だから、心臓の動きと働きを改善してあげるとチック症の症状が軽くなるということも実際に何人も見ています。

また、ストレスや緊張によって、チック症の症状が悪化し、これが一時的に心拍数の変動を引き起こすことがある。医学ではそのように見解を述べていますが、私はこの説明に疑問を持っています。ストレスや緊張が原因であるとすることで、

「わかりません。」

という見解を述べることから逃げているように感じられるからです。わからないのであれば、わかっているような言い方をするのではなくて、はっきりと、

「わからない。」

と発言するのが専門家としての責任ではないかと私は考えます。

こうなってしまう理由ですが、医学において心臓とは、

「動いてさえいればいい。」

というものだという認識しかもっていないように思います。
また、心臓は心臓のみで血液を送る働きをしていると考えているせいで、心臓が人間の体と生活においてどのような役割を果たしているのかをちゃんと理解できていないように思います。だから、心臓に不都合があれば他人の心臓をもらってきたり、クローン技術で心臓を複製すればよいと考えているのです。

心臓が適切に機能していると、向上心や行動力、意欲に満ちた人間になり、様々なことに興味を持って挑戦できるようになります。私は整体師として、このように心臓の働きについて考えています。

それでチック症についてですが、おそらく収縮がうまくいかない時があって、その時に体を動かしたり、声をだしたりすることで心臓を動かそうとしているのだと考えています。このような意図しない体の動きを専門用語で自律運動といいます。眠くなった時にあくびがでるとか、喉になにかがつまったときに咳き込むとかいうのと基本的には同じようなものだと考えてもらってよいでしょう。対処はも基本的には簡単で、心臓に関わる神経の働きに何かしらの問題が起こっていると考えてもらうとよいでしょう。胸椎4番周辺を探してもらうとたいていは何かしらの違和感がすぐにみつかるはずです。

最近の事例だと、授業中に声をだしてしまうということで困っている中学生がいました。それほど思い症状ではなかったようですが、授業の妨げになると白い目を向けられていたようです。それで先に述べた通りの考えで3ヶ月ほど整体にこられたらかなり症状が軽くなりました。

関連カテゴリー< チック症
<戻る 4567891011121314
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036