ブログ「日々整体」

ダイエット、半年で10kgほど減りました

ダイエットをはじめて半年ぐらい経ちます。 
今朝、ジョギングしたあとにシャワーを浴びようとしたら自分の体がサイズダウンしているのを実感しました。体重を測ってみたらはじめてからだいたい10kgほど減っていました。今までダイエットというものにちゃんと取り組んだ事はありませんでした。安易にやるとうまくいかないものだろうと思っていまいたが案外そうでもないかもしれません。 

多分、うまくいかない人は、 

「そもそもダイエットって何?」 

というところが曖昧なままなんとなく痩せたいみたいな事で取り組んでいる人のじゃないでしょうか。 
ダイエットがうまくいかなくて、 

「自分の意思が弱いのだ。」 

みたいに自分にダメだししている人をたまによくみかけます。 
でも、そういう人って、意思が強いとか弱いとかはどういうところから来るのかというのをちゃんと考えた事はないのでしょう。 

最初に理解しておかないといけない事だと思うのですけど、意思に強い弱いはありません。 
ポイントになるのは、 

「物事を継続できる体の状態か?」 

という事ですね。 
継続できる状態であれば他人からは意思が強いように見えるというだけの話です。そして、それは心の問題ではなく体の問題です。

実は、意思が強いというのは心肺機能がちゃんとしているかどうかというだけの話です。ダイエットがうまくいくかどうかは心肺機能の状態によると思っておくといいでしょう。 

ただ、こういう言い方をすると、運動して心肺機能を鍛えればいいとか安易に考えちゃう人が多いかもしれません。この発想が心肺機能が弱い人の典型的な思考法です。 

心肺機能が弱い人は、 

「どうすれば苦労しないで横着して成果だけ得ることができるか?」 

そういう風にしか思考が回転しません。 
例えば、ダイエット以外で考えると、 

「宝くじがあたれば人生が薔薇色に変わるに違いない。」 
「よい異性に出会う事ができれば人生がバラ色になれる。」

とかいう人なんかも同じ発想です。 
ダイエットがうまくいく人はこのような思考をすることがない事をまず理解しましょう。 

心肺が弱い人はいかに手を抜くかが主な目的なります。 
何をやっても3日坊主になるのは当然の結果といえるでしょう。だから、そこをどうするかを考えながらやるのがキモになりますね。 

つまり、ダイエットがうまくできない、物事がつづかない、根気がないと自分の事を思う人はまず心肺機能に難があると考えた方がよいのです。また、そういう人はまず間違いなく必要以上に食事を食べていますから、年齢とともに太る傾向があります。 

手っ取り早くやりたい人は、まず整体を受けて体の状態を改善する事ですね。 
自分の事を意思が弱いと思っていた人なんかは、

「体がちゃんとしたときに自分がどのように変化するか?」

明らかにこれまでの自分とはまったく違う自分になります。まぁ、そのことに本人が気が付かない事も多いですけど、体がしゃんとすると人生がかわるぐらいのインパクトがあるのは当然の事です。 

この事を踏まえて、以下、私が半年間でやってみた事を述べていこうと思います。 

続きは、四面楚歌に掲載しています。
記事単品で購入したい方はnoteでも公開しています。リンク先はこちら
関連カテゴリー< 四面楚歌

まずは元気になりましょう

先日、片耳がほとんど聞こえなくなったという人がこられました。 
それで、医者にかよっていて様々な治療を試したそうです。でも、医療においてはもうやれることがないという事を言われたのだとか。 

それで困って私の所へこられたとのことでした。
医者で行った治療や何を言われたかなんかを一生懸命に言ってこられます。でも、話を聞いていて、根本的なところで間違えているというのを思うわけです。 

どういう事かというと、医者は難聴になる体というものがどういう状態なのかを一切考えていません。 
だから、彼らが治療として行っている事は、 

「なんかよくわからんけど、こういう薬物を体にいれたら難聴が回復することがある。」 

という事でしかありません。 

難聴の原因というのは一言でいうと頸椎の狂いです。
でも、この頸椎の狂いで人はすぐさま死んだりはしません。医者はこういう具合に死に直結しない問題を、

「心の問題です。」

いって、深く考えないで切ってすててしまうことがおおいですね。

頸椎に狂いが生じた時には、めまい、難聴、膠原病などの自己免疫疾患、生理不順、腰痛、肩こり、頭痛、膝痛などなどありとあらゆる事が体に起こります。頸椎が狂うと一言でいってもその狂い方でいろんな事が体に起こるのです。 

それでこの方の場合についてです。 
頸椎が狂って耳が聞こえなくなっているわけですけど、他にもいろいろ不都合が起こっていました。そのいろいろな不都合について1つ1つ対処が必要かというとそんな事はありません。原因は、頸椎の狂いなわけですから、頸椎がしっかりすればすべて解決してしまうでしょう。 

私ならこのように考えて整体をするわけです。 
でも、お医者さんって縄張りを決めて、その縄張りをお互いに荒らさないように医療行為を行っています。難聴でいえば頸椎の狂いを正せば解消するはずですけど、頸椎が狂ったまま難聴を解消しようとするから無理がでてきます。結果、一時的に聞こえるようになったけどまた聞こえなくなるとか、耳は聞こえるようになったけど膝や腰が痛むとか、結局、音さえ聞こえればいいという考え方でしか治療がおこなわれませんから体の問題はなにも解消していないという事になります。 

よくあるのは、 

「耳は聞こえるようにしたから、膝が痛むのは他の科へ行け。」 

なんて言われるわけですけど、これはおかしいのだという事です。 

私はいつも、 

「まずは元気になりましょう。元気になれば今抱えている体の問題はすべて解消するはずだから。」 

とお話ししています。 
体の異常がいくつもあるというのは普通というか99%ありません。おかしいのは1箇所だけで、それさえ正されれば全ての問題が解消されるのです。
関連カテゴリー< 難聴

体はとても優秀だという話

最近、体はずいぶんと優秀だと再確認しています。 
私はだいたい1年に1~2回は発熱していました。ところが、コロナが流行しはじめてから発熱いわゆる37度を超えるような熱が全くでなくなっています。疲れがでて体がだるくなくことは何回かあったのですけど、うまい具合に36度台でとまっています。 

本当は熱なんて高くでたほうがいいのです。 
熱をあげてさっと熱を発散した方がすぐに下がって短期間でおわります。そして、そういう風に経過をさせた方が体が大きくリフレッシュされます。まぁ、このあたりは病気は薬でないと治らない思い込んでいる人、そう信じて疑わない人にはまったく理解されないのですけどね。 

さて、このところ医師会のぼろがぽろぽろでてきています。 
例えば、コロナに関して公開されている情報をちゃんとチェックすると矛盾だらけなのです。でも、多くの人はそういう情報には無頓着なようです。矛盾に気が付くと自分の体の健康に向き合って自分でいろいろ考えなくてはなりません。たぶん、そういう風に確認したりという作業のが面倒くさくて丸投げしたいのでしょう。 

例えば、健康に関する情報なんかだと、 

「毎朝30分歩いて、バランスよく食事を摂る。」 

みたいな具体的で頭を使わないですむような情報を求めるようになります。 
こんなのは算数で考えれば『1+1=2』みたいな話なんですよね。実際の人生はもうちょっと複雑で足し算だけではうまくやることが難しいことの方が多いのです。

例えば、 

「仕事が押して家に帰り着くのが夜中を過ぎた。」 

なんてことが起こったりするわけですけど、こんなぐらいでいちいち体を壊していたら具合が悪いのです。だから本当によりよい人生をおくりたいと思うのであれば、答えは他人に教わるのではなく自分でみつけなくてはいけないのですけどね。 

続きは、四面楚歌の方に掲載しています。
単独記事は、note で購入していただけます。 note

関連カテゴリー< ブログ

整体師、コーヒー豆を買う

私の行動には常に遊びや趣味の要素が混じっています。
あらゆる行動にトキメキの要素を含んでいると思ってもらってよいでしょう。たまに私の事を頭の固い人間だと思う人がいるようですけど、そんなことはまったくないと思いますね。たぶん、世間一般で私より融通がきく人間はいないのではないでしょうか。

なぜか私の趣味みたいな話の評判がよいようです。
この1週間で何人かから二輪についての話があがりました。先週書いた記事についての話です。それで今回もその流れを汲んでみようと思います。

今回は、コーヒー豆を買ってみました。
先々週だったと思うのですけど、高槻駅にできたKALDIというお店でキャニスターというのをみつけました。ただの缶なんですけど、それなりの値段がします。どうもコーヒー豆を保存するのに使うようで、

「なんか、これいいな!」

とトキメキを感じた訳です。

それで、

「確か、ドトールのオンランショップでキャニスターをプレゼントする。」

というのをやっていたのを思い出しました。
ドトールの豆だったら毎月購入していたので、それをまとめて注文するといいようです。それで豆を5000円分注文しました。

ただ、私が所有しているコーヒーメーカにはミルがついているのですが壊れています。
それでアマゾンでチェックしてみるとこれまた良さげな自動のコーヒーミルを見つけましたので早速注文しました。

これで毎回、飲む直前に豆を引いてコーヒーが飲めるようになりました。
この今の私のトキメキ感はきっとうまくは伝わっていない事でしょう。なんとなくキャニスターが欲しいからはじまったトキメキが、こういう具合に広がってさらにトキメキが大きくなった訳です。

豆1kg.jpeg
キャニスターをもらうのに5000円分注文したらコーヒー豆1kg到着しました。

コーヒーミル.jpeg
コーヒー豆専用のミル、シンプルなデザインなのがいい!
挽きは割と荒目の仕上がりな印象でした

キャニスター.jpeg
キャニスターに豆をいれてみました。とてもいい香りがしますね!

ちょっと誤算だったのは、キャニスターで保存できる豆は200gぐらいだった事でしょうか。
1袋500gの豆だったので半分も入れることができませんでした。まぁ、得られたトキメキと比べたら微々たる事ですけどね。
関連カテゴリー< ブログ

めまいについての現時点の考え

「まめいの原因は頸椎6番にあり。」 

という考えをかなり前から持っています。 
そして、この考えは今でも変わっていません。だから、問題は、 

「どうすれば頸椎6番が整うのか?」 

という点にあります。 
それで今年になって、頸椎6番の機能を健全にしようとすると頸椎7,胸椎1,胸椎2番あたりを整えてあげるのがいいらしいということに気が付きました。 

こう書くと簡単にたどり着いたように感じるかもしれません。 
結果だとか結論だけ聞くとそうなってしまうでしょうけど。あーでもない、こーでもないと延々と試行錯誤を繰り返してきた結果ですので、私にとってはそれほど簡単な話ではないのは一応、強調はしておきたいことだったりはします。 

結論として、頸椎6番をちゃんと機能させようと思うと、 

頸椎3,7番、胸椎1,2番、腰椎1、2番、仙椎2番、尾骨 

の働きがポイントになってきます。 
ただ、こう書くと一般の人には意味がまったくわからないのではないでしょうか。 

続きは、四面楚歌の方で

ノートでは記事単独で販売しています。 note

関連カテゴリー< 四面楚歌
<戻る 1234567891011
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036