ブログ「日々整体」

最近の予約状況とそのほか

予約がとりにくくなっています。
今だと電話をもらっても一番早くて2週間先になります。


「気がついたらこうなっていたんですがどうしたらいい?」


っていうのが正直な気持ちでしょうか。


最近は、自律神経という言葉を安易に使うようになってきているのかもしれません。
私のところへ気安く電話をしてくる人が増えてきたように感じています。とりあえず電話をかけてみて、それからどうするか決めようとか、今の状況ではそういうのはかなり迷惑に感じます。少なくとも電話を掛ける前に、私に親切にして欲しいのか、体を観てほしいのかそれだけでも考えてから電話をかけてもらいたいものです。前者だった場合は、こられた時に必ずばれますので、私にクソミソにけなされるのは間違いないと思われます。傷つくのが嫌でしたらかけてこない方がいいんじゃないでしょうかね。


あと、ここでもう1回述べておきましょう。
自身で調べてこうだと思うとか、医者に行ったらこう言われたみたいな話は参考にすることはありますが、話半分にしか聞きません。


「自律神経の働きの状態や、その影響で体に何が起こっているかを説明できない人の判断を真に受けて一体どうすんですか?」



そんなセリフを口にすることが増えてきました。
インターネットの半端な情報を自慢げに話されたってそんなのは時間の無駄ですし、よくわからないから、


「自律神経の問題です。」


なんていって思考と責任を放棄するような人間の話をなんてまじめに考える必要はないと思えますけどね。少なくとも信頼できる専門家というのは、わからないことはわからないと言える人だという事ぐらいは踏まえておいてもいいのじゃないでしょうかね。


ここ10年ほど、なんでもかんでもストレスのせいにしてしまう風潮がありましたが、最近じゃ風向きがちょっと変わってなんでもかんでも、


「自律神経の問題です。」


といって誤魔化す世の中になってきているのかもしれません。



そういえばこないだ整体にこられた人と話していたら、



「うちにきたら自律神経の話なんて一切しないでしょ?」



という言葉がでてきました。
それを聞いた方は、


「確かにそうですね。」


と笑っておられました。
実は自律神経なんてのはそういうもので、自律神経について偉そうに喋っている人を見かけたらその人は嘘つきだと思うぐらいでちょうどいいのかもしれません。

関連カテゴリー< ブログ

体の反応という話

先日、息子が体の具合が悪いということで朝に整体をしました。
すぐに私は買い物にでかけてしまったのですが、息子はそのあと外出先で立っていられなくなるぐらい眠くなっていたようで、昼頃には熱もでてきたようです。で、その話を聞いて夜になって息子の体の状態を確認したら熱も下がって体の様子はすっかりかわっていました。


「こりゃ、もう大丈夫だ。」


と、その日はそのまま寝て翌日体の様子を確認したらすっかり元気になっていました。



まぁ、整体するということのサイクルとしては理想的な流れといえるかもしれません。
体が大きく変わるときには、眠くなる、熱がでるというのは非常に多い経過です。外出先で眠くなるのは駄目だとか、熱がでたら大変だなんていっていると体が元気になるのを邪魔してしてしまいます。


回復反応なんていい方をすることもあります。
ただ、私自身はこの単語は好きではありません。なんでかというと、体に起こっていることがわかっていないから、回復反応なんていってごまかしてしまうわけです。なんで眠くなっているのか?なんで熱がでてきているのか?回復反応なんていう言葉を使っていると、そういう大事なことを考えなくなってしまうような気がしますね。


まぁ、そうはいっても私もうまく説明できないときには、面倒くさくなって、


「それは回復反応だからほっておいて。」


なんて言ってしまっていますけどね。
ただ、一応、こういう事をいってしまっている事について忸怩たる思いは抱いていたりするわけです。


話を戻します。


今回の流れで私が一番気にかかったのはこういう変化が1日で終わったということでしょうか。
日常的に整体をしていて、こんなに素早く済んでしまう人はまずいません。下手をすると、こんな具合に1日で終わるようなことに半年だったり1年だったり必要になってしまう人もいるわけです。


「よい体の状態というのは、このように反応が早い体である。」


ということがいるかもしれないなぁとそんな事を思ったわけです。
関連カテゴリー< ブログ

来年から整体指導料を変更します

来年から、整体指導料を変更します。
どうも、このところ気がたるんでるとういか、慣れで仕事をしてしまっているような気がしてきていたのでこのあたりでテコ入れをしなければいけないと考え始めていました。ほかにも理由がないわけではありませんが、技術を向上させ、知識を深めていくために自分を追い詰めなければならないタイミングにやってきたと考えています。


変更内容は以下のとおりです。


初回整体指導料 8000円
2回目以降   7000円


回数券もこの変更合わせて変更しますが、すでに購入された分についてはそのまま利用してもらえますので、ご利用は計画的に。






関連カテゴリー< ブログ

11月の休み

 4日(日) 休み
 5日(月) 和歌山

 8日(木) 休み

11日(日) 品川
12日(月) 日暮里
13日(火) 和歌山
14日(水) 休み

18日(日) 品川
19日(月) 休み

22日(木) 休み

25日(日) 品川
26日(月) 日暮里
27日(火) 休み
28日(水) 休み


予約の受付や変更については京都にいるときにしかできませんのでご注意ください。
関連カテゴリー< >

緑内障と眼圧の話

「眼圧が下がってすごく嬉しいです。」


ついさっき整体した人がそんなことをいっていました。
もしかしたら聞いていたかもしれないですが、眼圧のことなど頭にさっぱりなかったので、


「緑内障予備軍とかいわれてたんですか?」


と聞くと、その通りということで眼科ではかなり脅されていたようです。
整体で眼圧が下がるのかと思うかもしれませんが、眼圧が上がっている人にははっきりとした兆候がありますね。はっきりと書いてしまうと胸椎7番が悪くなって重心が狂ってしまっています。で、その兆候は足首に顕著にでたりします。これ、どういうことかと言うと、


「緑内障は眼科では対応できない。」


ということを示唆しています。
目薬で眼圧を下げて進行をおくらせるなんていう対応はしているようですけどね。私がみている限りだと、重心の狂いが解消されてくるとほぼ間違いなく眼圧は下がってきますね。ただ、下がったからといっても眼科からやはり散々脅かされるのでおかしなことになっているケースがちらほらら・・・。まぁ、私もなんでそうなるのかはあまり深く考えていませんけど、おそらく腎臓の動きが深く関わっているのだろうなぁというところまでは考えてはいます。

最近、秋めいて気温がさがってきていますが、目がしょぼつくとかはっきり見えないということを感じている人が多いのじゃないでしょうかね?これは気温が下がって腎臓の働きに変化がでているからで、これが強烈にになると眼圧が上がってくるという感じじゃないでしょうかね。

もともと眼圧を下げようと思ってこんなことを考えたわけでなく、体がおかしいからそれを整えていたら結果として眼圧も下がったんでもしかしたら?と、そんなこんなことを考え始めたのですけどね。


割と簡単な問題だったりはしますが、体を部分で捉えていると全体が見えなくなってしまうという非常にわかりやすい例と言えるでしょう。


関連カテゴリー< 緑内障
<戻る 1234567891011
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036