ブログ「日々整体」

まずは、生き残ろう!

政府からの経済対策のあらましが発表されましたが、残念ながら十分な内容だとは思えません。
先が見えない状況で、生活に困窮するであろう人の顔が何人も思い浮かびます。蓄えが十分にあるのでしたらいいのでしょうけど、そうではない人も多いことでしょう。


「生活に困窮したホステスに俺が収めた税金が使われるのはお嫌だ。」


なんていっている有名なお笑い芸人がいたようですが、彼はその発言で万単位の人間の生活を壊してしまうし、それで死者すらでる可能性があることを理解していないでしょう。税金の使われ方の1つは弱者救済です。その弱者を切り捨てよなんていう発言をするなんていうのは正気だとは私には思えません。


今、考えなきゃいけないのはみんなで生き残る事ですす。
生き残るというのは命があればそれでいいというのではなく、元どおりの平穏な生活に戻ることです。社会の様子はずいぶん変わってしまうと思いますが、まぁ、それはおいといてください。


「風俗、キャバクラで生計をたてている人は、この騒ぎで死んでも知りません。」


そういう対応をするから、営業を止められないのです。
このあたり、あと1ヶ月ぐらいで収まると思っている人と、もっと長引くと思っている人で大きく考えが変わっているのではないかと思います。

私の場合だと、


「もしかしたらあと1~2ヶ月で収まるかもしれないけど、1年ぐらいひっぱるかもしれない。」


という考えです。
だから、一部の人を切り捨てたり放置するような政策をとることは絶対に駄目だと考えます。イベント関連に従事している人など、今、どういう気持でいるかと考えるだけで心が痛みますね。


海外に比べてどうこういうのはあまり好きではありませんが、ドイツの首相は、


「国として皆を救うために必要なすべてのことをやる。我々は弱者を見捨てない。必ず助けるから信じてほしい」


という声明をだしました。
ドイツは2年ぐらい国境を封鎖するみたいなニュースも耳にはさみました。長引く可能性が頭の中にある場合は、考える事がかわってくるのではないでしょう。


今、矢面に立っているのはキャバクラやガールズバーでしょうか。
影響を受けて、普通のバーなんかも完全に客足が遠のいてしまっているでしょう。私はこの手の飲み屋は好まないので、なんの思い入れもありません。ガールズバーなんかだと風営法に照らし合わせて完全にアウトな営業をしている店も多いそうで、これはよい機会だから潰してしまえみたいな発想があるのかもしれません。選挙にこない、票の計算できない人間は平気で切り捨てるのは政治家としてというより、人として問題があると私は思います。平気で切り捨てを行い、収束後に票の計算できるお肉券と旅行券を配る段取りをして打ち出した経済対策がすごいだろうと胸をはるとか、羞恥心を欠片も持ち合わていないと私は思いますね。

今回、割を食った人たちは、意見と声を集めて次の選挙で、現政権を潰してしまうことです。少なくとも、署名を集めてめぼしい政治家に叩きつけるぐらいはやりましょう。そうでもしなければ完全に忘れられた存在になってしまいます。


ゴールドマンサックスが4-6月のGDP落ち込みを25%と推測しました。
これは先日発表された、経済対策の内容を盛り込んでの数字です。108兆なんて言ってましたが、風呂敷を広げただけで中身がスカスカだというのがもうバレてしまっています。昨年の消費増税の影響ですでに7.1%飛んでしまって、1-3月もひどい事になっています。経済対策は継続しておこなわれるでしょうが、ちょっと対応が遅いと感じるので下手するとかなりの人、下手すると30%ぐらいの人が失業してしまうかもしれません。そうなると元に戻すのに何年もかかってしまう、つまり所得が戻るのはまだまだ先になる可能性が高くなってしまいます。


「ホステスに金を配れ。」


といっている人たちは、そういう最悪の展開が頭の中にあるからだと思って様子をみておくといいと思います。


ゴールドマンサックスの記事はこちら



まず生き残らなくてはなりません。
先にも述べたとおり、生き残るというのは、仕事と所得がある元どおりの平穏な生活に戻ることです。そのためには先立つものが必要です。


そこで、もし、お金で困っている方がおられましたら、まずは社会福祉協議会が窓口の緊急告知貸付という奴を申し込みましょう。
そこで無利子、無担保、1年の返済猶予つきで20万円借りる事ができます。結構、早い段階でアナウンスされていましたから、だいたいの人が知っているだろうと思っていましたがそうでもないようです。

申し込んでから1週間程度でお金が振り込まれるようです。
所得が下がった事を面談で判断されるようですが、少し前から実施していますので担当も、もう手慣れたものではないかと思います。まずは最寄りの窓口に電話してみてください。

「わずか20万か。」

と思うかもしれませんが、まずはつなぐことです。長引くようなら枠の拡張の可能性も十分あると思います。


書きながらフリーランスの音楽家の方に直接聞いてみたのですが存在すら知らなかったようです。
今の政権の対応はあまりにひどいので、近いうちに政権がひっくり返る可能性が十分あると私は考えています。そして、新しい政権が適切な対応をしてくれた場合、返済の要不要という議論がでることは間違いないと思います。音楽家だけでなく、フリーランスの声をあつめて政治家に働きかけることも可能でしょう。

場合によっては、飲食店経営、フリーランス、音楽家の中から候補者を選んで国会に誰かを送り込みましょう。
NHKから国民を守る党なんていう、とんでもない政党でも国会議員になれるぐらいです。新型コロナウイルスの影響で生活を破壊された人たちの人数は万ではきかないことでしょうし、安倍政権に生活を壊された人を守る党でもそれほど難しくないと思います。ただ、こういうのだって、とりあえず生き残ってこその選択肢です。だから、まずは生き残りましょう。


もちろん政治に頼らなくても、他にやりようはいくらでもあります。
音楽で生きている人は、やはり音楽に活路を探す、見出すというのがもっともよいと思いますしね。融資のことを聞いたついでにそのあたりのことも聞いてみたので、また進展があったら紹介しょうと思います。



社会福祉協議会は各都道府県にあるみたいですから、まずはそちらに電話してみましょう。

https://www.shakyo.or.jp/network/kenshakyo/index.html


あと、実際に手続きした人の記事もありましたのでそちらも参考になるでしょう。
https://www.businessinsider.jp/post-210320


借り入れに抵抗のある人もいるかもしれませんが、まずは生き残る事、生活を守ることです。

あと、確か「なぜ竿竹屋は儲かるのか?」の作者だったと思うのですが、YouTubeに

コロナ不況でお金に困ったら絶対すべきこと【無利子で借りる・払わない・もらう方法】
https://youtu.be/ybvNwWLYreQ

という動画があがっています。
見通しが悪い方は、見ておくといいと思います。思っていた以上にいろいろやりようがあるのがわかると思います。
関連カテゴリー< >

人との繋がりを再確認しませんか

先日、10年ぐらい会っていなかった友人に電話しました。
途絶えていたのは私が勝手にそうしていただけで、たまに『飯でも食いにいこうと』連絡をくれていました。忙しかったというのもあるでしょうが、たぶん気持ちに余裕がなかったのでしょう。

電話をかけて、

「生きてるか?」

と聞いたら、それは俺のセリフだと言われました。

ペットショップの経営に参加しているのですが、経営状況はかなり悪いようです。
特に1~2月は全くお客さんがこなったということですから、コロナの影響というより消費税の影響の方が大きかったのではと私は思います。3月から少し持ちかえしてきたそうですが、話していて今は存続の危機に瀕しているのではないかと感じました。昨年、トップ判断で外国に出店するなんて事をやっていたそうですから、もしかしたらもうどうしようもないかもしれません。ちなみに、そいつは高校の時に同じ部活だったのですけど、その嫁さんは私の近所に住んでいた幼なじみという奴です。

私の方はもっと大変だろうと聞いてきましたが、


「いままで確保してきた鉱物資源の量で、俺はまだ10年は戦える。」


と返事をしました。
それで最後に、


「守るものの優先順位を間違えるなよ。」


とそんな事をいって電話を切りました。


どうしてるのだろうか?
そんな事を思って電話をしてみたのですけど話を終えた時に、


「ほんとうに困った事が起こった時に大切なのは人との繋がりなのかもしれない。」


と、そんな事を思いました。
こういう事って、なかなか理屈をつけて説明するのが難しいのですけど、こういう時に電話をしてみようと思った相手っていうのは、困っている時に助けてあげようと思える相手なのでしょう。
それで、そういう連中との繋がりがあれば、どんなにしんどい状況に陥っても、なんとかなるのではないかと、そんな風に思ったわけです。それで、ここ15年ほどで削除した携帯電話のデータの数々を思い出して、しくじったなぁとそんな事を考えています。


日本がこの先どんな風になるか、全然予想がつきません。
ただ、たぶん、事態が収まるまでには大変な事が起こるのではないかと私は考えいます。ですから、


「あの人は今どうしているのか?」


と思った人に連絡してみてはいかがでしょうか?
私は10年ぶりぐらいに連絡をとった友人と助け合えるような気がしました。もし、今、不安を感じているのでいるのでしたら、ぜひ電話をかけてみてください。こういう時に確かなものってきっと人と人とのつながりだけなんじゃないでしょうかね?

私みたいにデータ全部消しちゃったとか、かける相手が思いつかないなんて人がおられましたら、私のFacebookの方へメッセージ飛ばしてくれてもいいですよ。
関連カテゴリー< ブログ

今日は骨盤が開く日

今日は、やたらとお腹がすくなぁと思っていたのですが、


「ずいぶん調子が悪い。」


という事で連絡をいただいた方がいました。


骨盤は閉めなければいけないと思いこんでいる人がいます。
しかし、人間の体は緊張と弛緩を繰り返しながら変化しています。緊張と弛緩というとわかりにくいかもしれませんが、心臓の動きとか、波の動きをイメージするとわかりやすいでしょうか。心臓が緊張したままでは駄目ですし、波が大きく引いてしまうとその後に津波がやってくることになります。だから骨盤は閉まったり開いたりするもので、閉まっているのがいいとか、開くと駄目とかいうような性質のものではありません。

骨盤が開くというのは、波が大きく引いている様子をイメージするといいでしょう。
海岸にいって波の様子をみていると同じ波など2度とやってきません。そして、たまに大きくなったり小さくなったりしますがそれを見て異常だとは思わないでしょう。たまーに地震が起きたりしたら、津波と呼ばれる大きな波がやってきますが、それを見て波がおかしいとか言う人はまずいないと思います。これをそのまま骨盤に当てはめてれば、考え違いをしにくいと思います。

また、大きな変化としては、気温が上がるにつれて骨盤は開く傾向がでますし、逆に気温が下がっていくと骨盤が閉まってきます。
これも海の様子で例えるなら満潮と干潮の差だと考えるといいでしょう。今のタイミングは潮目が変わるなんていいますが、干潮から満潮に切り替わって海に流れが生じるタイミングで、1年を通じてみても一番大きな変化がでる時期です。


「4月1週目は1年で一番心臓が止まりやすい。」


と私がいつもいうのはそれが理由です。
先日、倒れた私の母も循環器の問題です。その日には、救急車を4回もみたのですが、それは偶然ではないでしょう。


大きな不調がなければ私のようにお腹がやたら空くというぐらいですが、問題があったりすると様々な不調が表にでてきやすくなります。


「骨盤をしめろ。」


とよくいわれるのは、無理矢理でも閉めていると不調を感じにくい、表にでてきにくくなる傾向があるからですね。
ただ、閉めれば閉めたでそれはそれで問題を起こしたりします。それは波の運動を制限するようなものだと考えれば、どうして駄目なのかがわかりやすいのじゃないでしょうか。


まぁ、そんなわけで今日はずいぶん調子が悪かったという人は、春がきて潮目がかわったというだけのことですので心配はいりません。2~3日様子をみていれば、落ち着いてくるはずので、ちょっとの間だけ大人しくしていればいいでしょう。

あと、人によっては微熱が出たりすることもあるでしょう。

「もしかしたら?」

と思ってしまうかもしれませんが、たいていの場合、ちょっと疲れがでたという程度のはずですので、ここ3~4日ほどどう過ごしていたかを振り返ってみてください。
たぶんちょっと無理をしたはずですので、慌てずに落ち着いて体を休めればすぐに熱は下がってくるはずです。


在、休業中です。
再開は未定です。
関連カテゴリー< ブログ

電卓で予想をする未来

世の中は随分悠長な事をやっているように感じます。
理由は簡単で、新型コロナウイルスに対して大騒ぎしている割には、基本方針は放置という事になっています。もしかしたら、私自身も身内に持病持ちがいなかったらなんも気にせずに仕事をしていたかもしれないですね。

死亡率が0.2%な上に重症化するのはたいていの場合、高齢だとわかっています。


「リスクが少ないですから、それを踏まえて、経済活動を止めないでやり過ごしましょう。」


という事が政府の判断なのでしたらそれはそれでいいのですけど。


現時点で、アメリカの感染者30万人です。
日本はざくっと人口が半分として、15万人ぐらいは感染者がでるだろうと思われますから、このままいくと日本でも最低1500人ぐらい死者がでる事になります。

違う方向からも電卓を叩いてみます。
日本の10万人あたりのICUのベッド数は5だそうです。ドイツが29、イタリアが12でかなり脆弱です。日本はどんだけ医療費削っていたのかというのがよくわかりますね。ドイツの死亡率が1.1%だそうで、ICUの割合で比べると日本の死者はその6倍程度になるという事になります。すると9900人の死者が出ることになりますね。

インフルエンザが毎年1万人ぐらい亡くなられているいわけでそれとほぼ同じぐらいです。
今年はみんなが手洗いを必死にやったおかげでインフルエンザの死者数は激減しているそうですから、今年の風邪はたちが悪くて例年よりちょっと多いねという事になります。

これを日本という国において是とするならそれでいいのです。
何しろ日本という国における全体の死者数は例年とそれほど変わっていませんから。人間はいつかは死ぬわけで、それがインフルエンザなのか、新型コロナウイルスなのかなんてのはあまり重要ではありません。

「インフルだったらいいけどコロナでは死にたくない。」

なんて事を考える人はあまりいないでしょうし。


でも、活動自粛の要請がバンバンとんでくる訳です。
コロナによる死者を減らしたいのか、経済活動を優先するのか、明確な意思表示がないままなのでみんな無視するのでしょうね。

確かに、


「このままいくと1万人ぐらい死ぬけど国民の皆さんは普段通り生活してください。」


と、ストレートに言う訳にはいかないでしょうけど、やっている事はそういう事ですね。



日本より先に大流行した国があるわけで、もうかなり正確な数字がでてきていますから、このままいくとどれぐらいの人間が死ぬかなんてのは、かなり高い精度で推測できます。アメリカだと最悪20万人以上が亡くなってしまうという事が発表されていたのをご存じな方もいるでしょう。それに照らし合わせて考えると日本は10万人って事になります。


政府の様子を見ていると、


「何万人死んでも、それに応じて対応を考えますので大丈夫です、安心してください。」


という解釈しかできなくなってきます。
まぁ、場当たり的に対策しているふりをしているだけなのでしょうけど。もう完全に見透かされていますから、非常事態宣言なんてだしてもなんも変わらないのじゃないでしょうかね。

ちょっと不謹慎ですけど、この放置ぐあいでサイコロの目が悪い方にでたら、安倍、麻生、二階、岸田といった自民党の首脳がどういう顔をするのかちょっと見てみたいと思ってしまっています。
関連カテゴリー< ブログ

感染の話、自衛するしかないのか

最後に整体してから16日程度が過ぎました。
厚生労働省によると潜伏期間、感染してから症状がでるまで通常5日程度、最長で14日程度との事です。その間、家族以外とは濃厚接触をしていません。家族も私もまったくなんの症状もでていませんので、私から感染している可能性はほぼありません。可能性としてありえるのは、私の家族全員が無症状無自覚のキャリアーになっている場合ですね。現状は、完全に引きこもっていますので私から広がる可能性はゼロです。

学者によっては1ヶ月も潜伏しているなんていう意見もありますが、これはもう学者が3人集まればなにも決まらないという典型的な例でしょう。
今は、そういうイレギュラーな事象を排除してどういう行動をとるのが適切か考えなければいけません。学者の意見がまとまるののはたぶん10年ぐらい先になりますからね。


今朝、SNSをチェックしていたらクラスター対策班から、


「現状では、感染のリスクはまだ低く、3密さえ避ければ通常に仕事をしてもらってもさしつかえがありません。」


という発信がありました。
もう、アホかと・・・・。結局、感染のリスクがどの程度あるのか、具体的な数字をまったく示さないままだらだらとなにをいうのか・・・・。一方では、危機感をもてとか、大阪、東京から、地方へ逃げる人が多くてそれらの人がウイルスを運んでしまうから移動するなとか・・・・。もう支離滅裂で収集がつかなくなってきてしまっています。

憲法にはこういう事態についての記述がなく、法整備もできていないというのがこういうところで致命的問題として浮き上がってきてしまいました。落ちつたらちゃんと憲法改正をやりましょう。


そちらのツイートはこちら

もう私は普通に仕事しててもいいんじゃないかと思えてきますね。


どうも政治家が専門家の意見と考えをうまく周知できておらず、利権と永田町の理論のせいで適切な対応もできていないとみるのが正解かもしれません。

さて、確かに東京の感染者数の数の伸び方をみると感染爆発は起こっていないと私も思います。
私は統計はそれほど得意ではありませんが、それぐらいは電卓を叩けばすぐに計算できます。でも、数字の伸び方をみるにもうこの感染者の数字の伸びをおさえるのは無理でしょう。大阪の方もあとを追いかけるような形で感染者数が伸びていくであろうと思われます。

実は、大阪に関しては私が休みはじめてすぐのタイミングで数字が収束しそうな気配があったのです。
だから、本当はそのタイミングで非常事態宣言でもだして一気に封じ込めをしておけば今頃はまったく違った状況になっていたと思うのですけどね。


さて、これらの状況を踏まえてどうするべきか?
もう話は簡単で、まず最初にやるのは安倍晋三と小池百合子の話は聞かないということですね。クラスター対策版が今回、ツイッターを作ってわかりやすく現在の状態、言葉の意味なんかを説明していますのでそちらをみて各自で行動を決めるのがいいと思います。もうすでに聞いてられなくなっている人が多数だとは思いますけど。

それで、大阪府知事の吉村洋文氏は、きちんとデータをみて適切な判断をしていると思われます。
ただ、厚労省かどっかから、データの公表を禁じられているケースがちらほらあるそうです。だから、ちょっと前にもあった兵庫にいくなみたいな要請は、その未公開情報からの判断だったようです。実は、あとの時、大阪より兵庫県の方が危険というデータがあったそうです。だから彼が変な事をいっていてもそれにはちゃんと裏付けがあるとみてよいと思います。ですから、判断がつかなければ大阪府知事の様子を見て、どうするか決めるのは結構いい手かもしれません。


一応、私の考えも述べておきましょう。
今は、大戦の開始で真珠湾攻撃がうまくいって勝てるかもしれない浮かれてしまった状態とでもいうのでしょうか。初動の対応が遅れた割に、大したことがない様子で、

「もしかしたら、このまま何事もなく終わるかもしれない。」

と思ってしまった訳です。
するとミッドウェーでの大敗を象徴するような事が起こるはずです。

さしあたって、東京の現在の数字をみるに、確かに感染のリスクはまだ低いといえます。ただ、このまま収まるとは思えないという状況で、これからはさらに発表される数字が増えていくはずです。その状況で、自身に持病がある、あるいは家族に持病がある方は高いという方は、最大の注意を払う必要があるでしょう。

私が都知事だったら、ニューヨークがやったように3000人分ぐらいの遺体置き場をどっかの広場に用意しますね。
それぐらいやって、はじめて危機感をもって3密を避けてもらえるようになるでしょう。都民を守る、東京を守るという気持ちがあればもうそれぐらいのことをやってもいいタイミングだと思います。


現在、休業中です。
再開は未定です。

関連カテゴリー< >
<戻る 345678910111213
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036