ブログ「日々整体」

骨と内臓の関係

「骨は体を支えるだけのもの。」

そのように考えている人がこの記述をみたら、きっと私の事をアホだと思う事でしょう。
前回説明した通り骨は体を支えるという補助的な働きをすることはありますが、基本的にはまったく違う働きをしていると考えた方が正解に近いです。特に、医者に行ってもよくならないような体の問題を抱えている人は捨て去った方がよい考え方といえます。だいたい古生物学の研究でも骨ができた理由とか成り立ちは様々な説が生まれては消えるというのを繰り返しているのです。それなのに研究をしている訳でもない医学が骨のなんたるかを理解していると考える方が無理があるとはおもわないでしょうか。

さて、我々、人間が内蔵の機能をどうやってコントロールしているかご存じでしょうか?脳がコントロールしていると思うでしょうか?それとも自律神経がコントロールしていると考えるでしょうか。

前者だと思う人は病気になった時には、

「考え方が悪い。」

と言うのです。

そして、後者の自律神経が悪いという考えを支持する人は、専門家と呼ばれる人に多いようです。
そして残念ながらタチの悪い専門家である事の方が多いようです。目の前の人の体に起こっている問題について理解が及ばない時にこの考えに陥るようで、

『わかりません。』

というのが嫌だから、

「自律神経が悪い。」

という人が圧倒的に多い印象です。

もちろん、どちらの意見に対してもそれなりに根拠がない訳ではありません。
しかし、人間という生き物が内臓の働きをどうやって制御しているか理解していればこのように考える事はまずなくなるはずです。

続きは四面楚歌に掲載しています。
登録のみで無料で閲覧可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌

骨の役割は地動説で考えなさい

「体は骨で支えていて筋肉で体を動かしている。」

と多くの人が考えています。
しかし、実はこの認識は誤ったものです。実際に人が立って動いているのを見たままに感じると確かにその通りです。しかし、我々は地球の自転に引かれて円運動をしているという事は皆が知っている事のはずです。我々は常に円運動をしていて、その運動は無視できるほど小さな物ではありません。この事については、あとでいくつか事例をあげてます。

ところが、人間の脳は視覚に影響される事が多いのか、自分たちが皿状になった地面の上に立っていると勘違いをしてしまいます。このように、人間の脳は、現実と認識にずれを生じさせます。

私はこの事をよく、

「天動説でものを考えてはいけない。」

と説明しています。
そして、このような説明をしても理解できる人はごく少数です。だから、今回のテーマである骨の役割について理解できる人はほとんどいないという事になります。

ただ、改めて考えてみると難しいことではないですし、感覚的にはわかっている事ではあります。


「オリンピックで金メダルをとりたい。」


プロのスポーツ選手でもいいのですが、そんな事を思った時に、医者に相談にいく人は一人もいないでしょう。医者に相談したって運動能力があがらない事を感覚的にはわかっているからです。もっとわかりやすく表現すれば、医者は運動については無知で、ほとんど何にも知らないという事です。そういう無理解で無知な人に、


「運動しなさい。」
「筋肉をつけなさい。」


とか言われて何にも疑問を感じない人が大勢いるのが不思議でなりません。

では具体例をあげてみましょう。
陸上競技は必ず半時計回りに走るのは、反時計回りに走った方が速く走れるからです。これは半時計に走った方が自転のエネルギーをうまく活用できるという事です。人間に右利きが多いのも同様で、地球上で暮らしていると右腕を使った方が効率よく体を使う事ができる、自転のエネルギーを活用しやすいという事です。

でも、医者は

「右肩ばかりで鞄をもってはいけない。」

と言うことがよくあります。
これは医者の頭の中が天動説で止まっているという事になります。なお、天動説が正しいといわれていたのは今から500年ほど前の事です。

医者は、我々人間は平坦なお皿のような地面の上に暮らしていると考えているようです。
だから、人間の体は左右が対称でなければいけないと考えています。そもそも人間の体は左右対称ではありません。外からの見た目は一見、左右対称のようですが、内臓は左右対称ではありません。心臓は少し左側に寄っているので左側の肺の方が少し小さい傾向があります。当然ですが、すべての臓器が左右にバランスよく配置されている訳でもありません。医者はこういう事は知っているはずなのですけど、完全に無視して、

「左右対称に均等に疲れなければならない。」

といいます。
500年前の聖職者や神学者はきっとこういう人たちだったのだろうなぁと思いますね。

次に、運動について考えてみましょう。
筋肉で体を動かしているのであれば、かつてハンマー投げで世界一になった選手に室伏広治という人がいますが、彼が世界一になれるはずがありません。室伏が参加する競技会を見たことがありますが、室伏より背の高い筋肉の多い選手がたくさん出場しているのです。それなのに他の選手に比べて小柄な室伏浩司が世界一になれたのは彼が自転のエネルギーをうまく活用できたからです。

こういう事を踏まえて、イチローやダルビッシュなんかの話を聞いてみると面白いことに気がつくかも知れません。ダルビッシュなんかはYoutubeに動画をあげていますので興味があれば見てみると良いでしょう。

話を戻します。

こういう事がわかってくると、最初に述べた、

「体は骨で支えていて筋肉で体を動かしている。」

という事がおかしな考えである事が理解できるようになってきます。
ただ、残念ながら多くの人は目で見た感覚でしか理解できないものです。だから、このような説明をしても多くの人はピンとこないのです。それにこういう事がわかっていなくても全然問題ないというか、体の事は逆に知らない方が案外うまくいったりするものだったりします。

これもよく私がする話です。

「松岡修造と私と体についてどっちの方が詳しいと思いますか?」

という問題です。
答えははっきりとしていて間違いなく私の方が詳しいです。でも、松岡修造と私ではどっちの方が元気ですか?というと、これは間違いなく松岡修造の方が元気です。変な話に聞こえるかもしれませんが、元気や健康というのは、知っているから手に入るというものではないのです。

「ダルビッシュ有のボールの投げ方の説明をされても同じボールを投げれる訳ではない。」

という事で、このあたりの勘違いをしない事が、健康に元気になるためのコツみたいなものなのです。そして、知らない方が元気でいる事が簡単だという事実も付け加えておきましょう。

ただ、

「骨がどういう役割をしているか?」

という事についての答えは書いておこうと思います。

『骨は、その重さによって体をコントロールしている。』

これが正解です。
歩く、走る、物を持ち上げるという動作から、内臓の働きまで体の運動の総てをその重さでコントロールしています。先程述べたとおり、ほとんどの人は納得できないかもしれません。ただ、イチローやダルビッシュといった運動能力の高い人は、骨の操作が上手なのだと理解する事ができれば、彼らに近づく事ができる人もでてくるかもしれません。
関連カテゴリー< 整体について

健康な体を作る上での基本的な考え方

友達を作る方法を言葉にするなら、 

1.声をかける 
2.趣味や興味をもっているものについてきく 
3.メールやラインなど、連絡先を聞く 
4.1日一件以上、メッセージをおくる 
5.既読無視、メッセージの返信を滞らせてはをしてはいけない 

といった具合でしょうか。 
ただ、このように友達を作るポイントを箇条書きにしていけば、誠実である、嘘をつかない等々、必要な項目などいくらでも挙げることができる事でしょう。それで、それらのポイントを総て守れば友達100人できるかというと案外そんな事はなかったりするものです。 

例えば、相手になんら問題がなくても、過去、嫌な目に合わされた人に面影が似ていてダメだ。たまたま、こっそり鼻くそをほじっているのを見かけてしまって、それ以後、その人の事を汚く感じるようになってしまった。あの人はアニメというかオタク趣味で嫌悪感を持つようになってしまう等があったりする訳です。こんな、当人には問題ないのに、どうしようもない理由でよい人間関係を築くことができないなんて事が実際にあったりします。 

多くの人は友達というか、人間関係というのはそういうものではない、つまり要点を抑えておけばすべてうまくいくというようなものではないと理解している事でしょう。人間という生き物は感情をもっているからすべてが合理的に考えられ判断されている訳ではないと理解しているはずです。 

この事がわかっていれば、 

「体によい。」 
「腰痛によい体操。」 
「肩こりが治るストレッチ。」 

なんていうものが意味がないという事も理解できると思うのです。しかし、体の事になると多くの人が勘違いをしてしまいます。

私に相談にこられた方によくある質問に、 

「どのような体操をすればいいのですか?」 

という物があります。 
この質問は、 

「どうしたら友達100人できますか?」 

というのと全く同じ性質ものです。 

例えば、私がダルビッシュ有のボールの投げ方を説明したとします。 

1.ボールの握り方 
2.足の挙げ方 
3.手の振り方 

といった具合にポイントを箇条書きにして説明していく訳です。 
それで、それを理解したあなたはダルビッシュと同じボールを投げられるのか?と問われれば、無理だという事はわかるのではないでしょうか。これはイチローのバッティング、羽生結弦のスケーティング、大坂なおみのストロークでもまったく同じなのも説明は不要だと思います。 

それなのに、 

「腰痛によい体操」 
「肩こりが楽になるストレッチ」 
「自律神経が整う呼吸法」 

は箇条書きにして教えてもらったらすぐにでもできると勘違いをするようです。 
ダルビッシュと同じボールが投げることが不可能なように、こういう動作、運動だって同じように不可能です。これはプロ野球でもみていればすぐにわかることでしょう。何しろ同じ球を投げられる選手などの一人もいないのですから。 

さて、ではどのように考える必要があるかという事についてです。 

「体の運動、動きを極めた人と一般人は、身体感覚が全く異なる。」 

という事を理解しなくてはいけません。 

イチローは体を伸ばす時には不要な力を抜くことができます。 
ところが、運動が苦手な人が体を伸ばそうとすると体中に力みが生じます。抜いていると思うかもしれませんが、抜けていれば運動が苦手なはずがありません。つまり、ほとんどの総ての人は力を抜いているつもりでまったく抜けておらず、逆に力がはいっていまう事になります。体の力を上手に抜くことができる人は運動が得意ですからイチロー並みに運動ができる人以外は基本的にダメだと思った方が正解でしょう。 

毎日、ヨガやストレッチをして元気そうな人は、その動作をどれぐらいの時間と年月を使って身につけたかと考えてみてください。テレビ、雑誌、Youtubeで見かけるような人たちは、おそらくプロ野球選手並の鍛錬を繰り返してきているはずです。 

その成果についての説明を5分程度聞いて、全く同じ事ができると思い込むのはちょっと問題があるのです。
 
私はいつもこの事を説明するのに、お金儲けに置き換えて考えるといいですよと説明しています。 

「1日15分で一億円稼げる。」 

とか言われたら、胡散臭い、詐欺ではないのかと感じるのが正常な感覚です。 
それで、こういうのにひっかかる人ってたいていお金を失う訳ですけど、それって体に置き換えたら体を壊してしまうという事です。だから運動が苦手な人が考えなしで、ストレッチや体操を熱心にしてもかえって体を痛めてしまうのです。 

ただ、こういう事を説明すると、 

「それじゃ、どうすればいいのですか?」 

とたいていの人が困ってしまうようです。
この疑問はもお金儲けに置き換えればよいのです。 

お金持ちになりたければ、 

「熱心に働いてお金をためていく。」 

しかありません。 
それが嫌な人はどうするかというと、宝くじを買って一攫千金を夢見たりするようです。 

「腰痛がよくなる体操。」 

なんていうのは宝くじを買ってお金持ちになろうというような発想だという事です。 あなたがもし本当に健康になりたいのであれば、まずはこのことを理解しなくてはいけません。
関連カテゴリー< 整体について

自律神経の高め方、整えたか

「おいしいものをバランスよく食べて、ぐっすり眠り、くよくよしないで前向きに物事を考えれば自律神経の働きは高まる。」 

なんていう話が日常的にまことしやかに語られています。 
しかし、自律神経のというのはそういうものではありません。例えば、台風がやってきていて、大雨に風が吹き荒れているような日に、 

「買い物にいってきて欲しい。」 

と頼み事をするとたいてい嫌な顔をされて断られる事でしょう。 
でも、 

「お駄賃として3万円あげるから、買い物を頼まれて欲しい。」 

と言われれば、さっきまで不満だったはずなのが、急に元気になって買い物に意欲的になるかもしれません。 

同じ買い物にいくという行動なのに駄賃のあるなしで元気の出方が変わってくるのです。 
そして、当然ですが3万円程度の報酬や、そもそもお金では元気がでない人もいることでしょう。でも、そんな人でも好意感じている異性に頼まれたのなら、あるいは目の中にいれても痛くないとまで思える子供ためのものを買い物にいくことなら苦にも思わないかもしれません。 

記事は、四面楚歌で公開しています。
この記事は無料で閲覧することが可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌

5月病の話

5月病というと、新入社員や新入生がかかるものと考えていないでしょうか。
4月に新しい環境になっていたのが慣れてくる時期で、緊張感がなくなり意欲がなくなるというような認識でしょう。しかし、私に言わせるとこれは大きな勘違いで、ゴールデンウィークの前後には毎年体には特有の変化がみられます。

一言で言うなら、軽い風邪のような状態になります。
リンパの活動が活発になるのですけど、風邪を引いているだから体が重くなるのは当然の事です。ゴールデンウィークを利用して旅行にいってしまうと吹き飛ぶ程度のようだというのが実際のようです。もしかしたら気持ちが高ぶっているから熱まででるような人がすくないだけかもしれませんね。

ただ、リンパが活発になるという事は頸椎6番に力が集まるという事で、その結果、めまい、動悸、頭痛などの症状を訴える人が増える時期でもあります。今年は4月末あたりから、『急に辛くなった』と駆け込んでこられる方が何人もいましたね。もちろん頸椎6番に十分な弾力があるような人だと、ちょっと温かくなってきて頭がぼーっとしやすいという程度でとどまるはずです。

さらに、補足をしておきます。

今年はゴールデンウィークが明けてから妙に肌寒いと感じる日がつづいています。
これが今後どう影響してくるのか?なかなか判断に迷うところです。五月病は気温が上がってくる事に対する体の準備ではないかと考えています。リンパの流れを掃除して汗をかきやすい体に変化するためですね。だから、このタイミングでは気温があがってきてくれた方がその掃除がスムーズにすむであろうと思われます。ところが、気温が上がらず掃除が不十分なままで梅雨に突入したりすると発汗がうまくいかずに調子を落としてしまう人がでてくるかもしれません。そうなると秋になって涼しくなるまで、ずっと、

「調子が悪い。」

なんて言い続ける事になるかも知れません。
そして、そのまま冬突入となると来年のゴールデンウィークで気温が上がるまですっきりしないなんて事になるかもしれません。だから、もし今月調子が悪いと感じるようでしたら積極的に汗をかくように工夫をしておくとよいでしょう。私がすすめるのは銭湯だったり足湯だったりでしょうか、運動しても汗ををかきにくいから手っ取り早いと思います。

頸椎6番ですが内臓でいうと腎臓に、体の働きでいうと代謝に深く関わっていると考えるとよいでしょう。
代謝というのは生きるという事と同意なので頸椎6番に不調があると何が起こっても不思議はないと思ってもらって問題はありません。多くの人が勘違いしているのは、頸椎6番の働きが鈍ると寿命が延びるという点でしょう。寿命が延びるのは良いことだと思うかも知れませんが、毎日走り回って活動している人と、寝たきりで暮らしている人とどちらの方が寿命が延びるかというと後者になります。理由は、必要な栄養を摂取してずっと安静していたら心臓が止まるタイミングなんてなくなってしまいますからね。だから、元気な暮らしを望むか、寿命が長い事を望むかはよく考えた方がいいでしょう。

余談ですが、医療で不治だと言われる難病の大半は頸椎6番の深刻な問題であることが多いです。
つまり難病っていうのはうまく生きる事ができない、うまく代謝が行えていないと考えるとわかりやすいのじゃないでしょうか。心臓を長く動かす事と元気に活動する事は、実は相反するのです。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る 1234567891011
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036