ブログ「日々整体」

日本における新型コロナウイルスの現状把握について その2

前回でどうするべきかを判断するための現在の社会の状態をまとめました。 
今回はそれを踏まえて我々はどうしたらいいかについて考えてみます。 

8月20日時点での数字から察せられるのは毎日3万人程度感染者が増えているという事です。 
数字の捉え方ではもっと多いと考える事も可能です。緊急事態宣言にはなんの効果もなく、パラリンピックは開催、130万人の小学生が感染の危険を顧みずに観戦をさせられるみたいですね。多くの人はオリンピックで警戒心がなくなってしまったようで、このことに違和感すら感じなくなってしまっているようです。

「国としてそういう方向へいきますよ。」 

という事なのであればそれでいいのです。 
でも、その割を食うのは、持病をもっていたり、高齢者だったり、子供だったりという弱い人たちなんですよね。そういう社会的弱者を切り捨てていく方針について多くの人はほとんど理解をしていないと思われるのはちょっと心が痛いです。 


では、本題にはいってゆきます。 

まず最初に考えなければいけないのは、 

『この状況で感染を防ぐのは不可能』 

だという事です。 

続きは、四面楚歌の方で閲覧可能です。
記事単独で購入したい場合、note で読むことも可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌

日本における新型コロナウイルスの現状把握について その1

こういう事に振り回されるのは私自身は馬鹿馬鹿しいと考えています。
なぜならこんな事を考えるのは政治家と役人の仕事だからです。ところが、彼らは自分の利益についてしか考えられなくなっているので、そのしわ寄せが我々のところに押し付けられています。

現状については、ある程度、情報を集めていれば何が起こっているかはわかるのですけど、多くの人は情報を集めたりはしないし、集めてもその情報に踊らされて適切な判断ができないようです。最低限度、必要な情報は発信はしていたつもりです。しかし、実際に話してみると、私が思っていた以上に戸惑ってどうしていいかわからなくなっている人の方が多かったです。そこで、まず日本における新型コロナウイルスの現状について簡単にまとめておくことにしました。


続きは、四面楚歌にて公開しています。
興味を持たれたら会員登録(有料)で閲覧可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌

整体師、災害避難をしてみる

大雨が降り続いたある日の夜、飯を食っていたら 

「レベル4の避難指示。」 

というのが発令されました。 
すぐさまどういう内容かと確認をしたら、災害危険地域の方は避難しろという事のようです。 

「これはいかんな。」 

という事で、避難の段取りをはじめました。 


ちなみに、私の住む場所は7年前のハザードマップでは危険地域からははずれていました。 
ところが、去年だったかに配られたハザードマップでは土砂災害の危険地域に指定されていました。気がつかないうちに、私の安全と安心は削られていたようです。こうなった経緯は不明ですけど、問題があるのであれば土木工事なりをして災害が起きないようにするというのが行政の役割だと思います。でも、そういう工事が無駄だ、不要だ、災害で住処を失ったら自己責任だという意見が大きくなってきているのでしょうかね。 

ちょっと前の熱海の土砂災害も掘り下げると行政の怠慢という側面が少なからずあるようです。 
この方面の話、ちゃんとやってくれているのだろうという事で、あまり関心をもってきませんでしたが、どうも深刻な事態に陥っているようです。そして、そういうところから察するに、福島やら震災やらで被災した人たちって私が想像しているよりかなり悲惨な事になっているのじゃないかなんて事にも思いが至りました。 


話を戻します。 


すぐさま避難しろという事ですからそれほど多くの荷物を持ち出すことはできません。 
そこで現金をまとめて持ち出す事にしました。我が家の場合は、それなりにまとめてありますからさっと取り出して鞄にほりこめば全財産を持ち出す事が可能です。整理整頓して、家計の管理をそれなりにやっておくのは生活費の管理だけでなく緊急時にすぐさま持ち出せるというメリットがあった訳で、ちょっと面白いと感じました。 


避難所にいくのは検討からはずしていました。 
翌日が仕事でちゃんと眠っておかないといけませんでしたからね。また、どういう生活をしている人たちが避難しているのかわからないところへ避難するのは、新型コロナウイルスの感染を防ぐという意味においてもリスクが高いと感じました。高齢の人たちが避難しているだろうという事も察せられましたしね。 


それで近くのホテルを探してみました。 
観光地は近くにあるのでいくつか見つかりますが、ビジネス街ではありませんのでかなり割高に感じる価格です。出発したときには20時ごろでもう寝るだけになりますからなおさらそう感じます。それでちょっと離れた場所でもいいかという事で、普段の出張でも利用しているチェーンのビジネスホテルに宿泊することにしました。ささっと調べて土砂が水害の恐れのない地域のホテルを選択します。 

こういう事態に備えて、突発的に宿泊できるホテルを3~4箇所はピックアップしておいた方がいいですね。
また、今回は1泊だけのつもりでしたが、長引く事も想定しておいた方がいいでしょう。状況によっては、ホテルを渡り歩く必要もあるかもしれませんからなるべく分散させて選んだ方がいいかもしれません。

あと、土砂が流れ込んできても大丈夫なように原付を安全な場所に移動しておきました。 
自動車を所有している方は、車の避難場所も考えておいた方がいいでしょうね。ハザードマップを見ながら災害の影響をうけにくいタイムズなどをチェックしておけばよいかと思います。地震なんかだと車での避難は危険が伴う可能性がありますから利用は避けた方がいいでしょうしね。 

ホテルへ向かう道中で水とちょっとした食料を買い込みました。 
ただ、緊急時にさっと持ち出せるようにナップサックなどにパッケージしておく方がいいというのは感じました。コンビニはあいていましたけど、コンビニ店員だって避難している可能性もありますから購入できないかもしれません。 

あと今回、避難指示がでたのは土曜日の夜でした。 
おそらく役所の所員であろう人がサイレンと放送で呼びかけてくれていました。関西では維新の会が幅をきかせていて、役所の仕事を派遣社員で賄おうという方針を頻繁に耳にします。それは確かに目先の経費は下がるのだけど、今回のような緊急時に派遣社員が時間外で責任をもって仕事をしてくれるかという点に大いに疑問を感じます。地元の議員の活動や議員の選出に関してもちゃんと注意しておかないと気がついたら時には家を失うなんて事になりかねないですね。 


さて、これを書いているのは避難した翌々日で、ひとまずは大丈夫なようです。 
家族がいるのでしたらいろいろ気をつけておかないといけないけないと再確認しました。それを思うと、今回はよい避難訓練になったのかもしれません。
関連カテゴリー< ブログ

明日、日暮里で15時から勉強会をやります。

明日、日暮里で勉強会を行います。
もし参加を希望される方がいらしたらお電話にて申し込みください。

不調に対して自分で対応できるようになる事が大切になってきました。
自身のケアができるように、あるいは家族の方が発熱してもその方のケアができるように、整体についての基礎的な知識と技術を身に着けていただきます。ウイルスがどういうものか、どういう人が重症するのか、そうであれば日々どのように生活していくことで新型コロナウイルスが怖いものでなくなるのか?そんな事を学んでいただければと考えています。

電話は今日でしたら昼ごろまで、明日でしたら1日対応可能です。
TEL075-954-0035


関連カテゴリー< >

元気になったら入院しようと思います(四面楚歌)

「元気になったら入院しようと思います。」

そういうメールをもらって思わず笑ってしまいました。でも、冗談半分の言い方ではありましたが、半分は本気でしょう。

世の中が狂っているという事を実感させられるのはこういう時でしょう。
ただ、大半の方はおかしくなっている事、狂っている事に気がつけず、それが正常な状態であると考えてしまうようです。

仕事柄、私が関わるケースは大半が医療にまつわる話です。
何十年前はそれなりにというか、ちゃんと仕事をしていたのだろうと思うのです。それで至らないところを、ちょっとづつ工夫し、その工夫を積み重ねてきた結果、現在はおかしくなってしまいました。そして、先に述べたとおりおかしくなっている事に気がつけないのでいます。一体、彼らは何を目指して努力を重ねてきたのでしょうかね。


続きは、四面楚歌に掲載しています。この記事は無料会員で読む事が可能です。


関連カテゴリー< 四面楚歌
<戻る 1112131415161718192021
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036