ブログ「日々整体」

辛い出来事に耐える方法

どこで読んだのか全く記憶にないのですけど、拷問に耐えるための訓練なんてものがあるそうです。
重大な機密を知っているCIAの諜報員や政治家なんかがその訓練を受けているとかなんとか。訓練を受けていないと拷問で苦しめられた上に極秘事項を暴露させられるなんていう事になります。そのため拷問が無意味にするため、そしてその効果が得られないようにするなんていう発想がでてくるのでしょう。

それで拷問に耐える訓練についてです。
実際に拷問を受けてそれに耐える訓練ではないそうです。本当なのかどうかは確認ができないのですが、自分をある特殊な状態にするという手法なのだとか。どういう事かというと、拷問を受けている間は、

「自分が拷問を受けている。」

という状態ではなく、

「拷問を受けている自分を眺めている。」

という精神状態にするのだそうです。
具体的には、拷問を受けている自分を部屋の天上だったり空中から眺めるという視点をもつのだとか。すると拷問を受けているのが他人事になるのでどんなに辛いとか苦しくても耐えられるそうです。

まぁ、こんな事を知ったからといっても、実際に試す機会などありませんから

「そんなので肉体の痛みを耐えられるようになるのだろうか?」

と思っていたのですが、この事はまったく違う方面からの知識から正解のようだと思われました。
インドだったかチベットあたりだったと思うのですけど、針を体に刺したり、剣山の上に座ったりしながらヨガのポーズをとっているの見たことがあります。それで、

「こういう修行って意味があるのだろうか?」

と、ずっとうっすら考えていたのです。
実際、釈迦はこういう修行をやっても真理には到達できないから意味がないといったそうですしね。それで、お坊さんがやっている修行の意味って何かというと、あらゆる物事に主観を挟まないで客観的に見るためのものだという事がいえます。それで、

「どうも自分を客観的にみる事ができるようになると、肉体のあらゆる苦痛に耐える事ができるようになるらしい。」

という事に気がついたのです。

この繋がりはちょっと唐突に感じるかもしれません。
ただ、書き始めるとかなり長大な文になってしまいます。また、ここらあたりの問題というかテーマは言語化してしまうと悟りの境地からはどんどん離れてしまうだろうと思われます。まぁ、私は悟りなんかには恐ろしくこれ以上は近づきたくないですし、ここを読む人に悟りを目指して修行をしていますなんていう人はいないと思います。だから、多少ぶっ飛んでいると感じられても私はそう考えているという具合に無理矢理に納得してもらう事にして述べてゆきます。

結局、苦行というのは自分を客観的に見るための訓練だという事です。

重要人物は秘密を守るために自分を客観視するためのノウハウを身につけ、修行僧は自身を悟りあるいは真理
に近づけるために体を痛めつけてそれに耐えるために自分を客観視する方法を修行する訳です。自分を客観的に見る視点を持つという点で苦行と拷問に耐えるためのノウハウがリンクした訳です。

ある日、突然に、

「なるほど。」

全く異なるいくつもの情報が私の中で1つに繋がりました。
こういう瞬間ってある種の独特の快感があったりします。もしかしたら、それが楽しみで私は変な知識を吸収しようとするのかもしれません。

さて、近年は、精神で体の反応を制御しなくてはいけないという考えが強いのです。
そのため、

「何事もプラス思考でなくてはいけない。」

みたいな馬鹿な事を考えている人があまりにも多いです。
辛いと思うことを、無理矢理に良いことだと、プラスにねじ曲げる事はとてもいびつな事です。ほとんどの場合において、健全な事ではないと理解した方がよいですね。こんな思考では自分を客観的に見ることなど不可能です。

辛いと感じる事があれば自分を俯瞰して眺めてみる事ですね。
自分を客観的に見る視点をもっていればプラスになるのでなく、プラスもマイナスもない冷静、平常な状態になるはずです。もしそれが可能になるようであれば、国家の安全保障を揺るがすほどの秘密を知ってもそれに心が揺れ動くような事はなくなります。

さぁ、

『辛い出来事に耐える方法』

がどのようなものか理解できたのでしょうか。
本当にそれができるようになろうと思うなら、普通の人間ではなくなる必要がありますね。それだったら、泣いたり叫んだりして苦しんでおく方が楽だし、人間らしいと私は思います。まぁ、どうしてもいうのであれば、体中に針でも刺して訓練してみたらできる人もいるかもしれません。
関連カテゴリー< ブログ

3月から名古屋の整体の場所が変わります。

名古屋で行っている整体の場所が変わります。
これまで利用シていた場所が使えなくなりました。場所は、以前に使っていた名駅前のビルになります。今月の2月27日は、はこれまで通り、東別院のスタジオです。

3月からの場所はこちら


関連カテゴリー< >

病気は体の回復作用のために起こる

(本文)

 疾病は老廃物或は病菌等の刺激作用に反応して起こるところの人体の排泄作用である。老廃物を排泄せんとする生理現象である。換言すれば、疾病は肉体の大掃除、洗濯であり、健康状態を保たんとする自然的現象ー自然良能の作用である。何等恐るべきではない。蛇の皮を脱ぐが如く、蠅の殻を脱すると同様で、人体の更新作用である、古びた組織を改造し、鈍れる機能を旺盛ならしめる作用なのである。疾病こそ最善の健康恢復法であり、最良の治療法である。

 脳髄はその常態に於ては、アルカリ性の反応を呈してゐるが、知覚神経及び神経中枢より過度の刺激を受け、全く酸性化した場合には一種の不快を感じ、欠伸及び眠気を催し、如何なる刺激を受くるも、その印象を留むること能わざるに至る。この際、脳髄に休憩又は睡眠を与へると、再びアルカリ性に復して快く刺激を受け得るに至る。要するに、脳が疲れるから欠伸がでるので、出た欠伸が悪いのではない。欠伸は脳の疲労の進行を予防し、恢復する為の手段である。


(現代語訳)

 病気は、老廃物や病原菌などによって刺激されて起こる人体の排泄作用です。つまり、老廃物を排泄しようとする生理現象です。言い換えれば、病気は体の大掃除、あるいは洗濯であり、健康状態を保とうとする自然の働きであり、健康を保とうとする体の自然な働きです。ですから、恐れる事はなにもありません。蛇が皮を脱ぐように、蠅がうじから成長するのと同様で、体の新陳代謝であり、古い細胞組織を入れ替えて、働きの鈍くなった機能を健全な状態に戻すための作用です、病気こそ最善の健康回復法であり、最良の治療だといえます。


 脳髄は平静時は、アルカリ性の状態です。知覚神経と神経中枢より過度の刺激を受けて酸性化した場合、不快を感じ始め、欠伸や眠気を起こします。また酸性化の状態で脳髄が様々な刺激を受けても、その印象が残りにくくなります。このような状態の時に、脳髄に休憩や睡眠を与えると再びアルカリ性に戻って快く刺激を受ける事ができるようになります。つまり、脳が疲れるから欠伸がでるので、出た欠伸が体を壊したりとなにか悪さをするのではありません。欠伸は脳の疲労の進行を予防し、回復する為の手段であるという事です。


続きの注釈は、四面楚歌に掲載しています。

関連カテゴリー< 野口晴哉研究

ギックリ腰になる間抜け人間

「熱中症で死ぬ人間はただのマヌケだ。」

ひどい事をいうと思うかもしれませんけど、私の本心です。
もしかしたら私も寿命がつきたときがたまたま熱い日で、熱中症で死んだとか診断されるかもしれません。そうなると私は、

「他人の事をマヌケだといったひどい人間がその報いを受けるような死に方をした。」

と貶されるかもしれません。
しかし、

「死んだあとの評判なんぞを気にして生きてられるかっ!」

と思います。
言いたいことを躊躇うなんてのは愚かな人間の生き方だと思うのでそれでよいのです。

熱中症で亡くなるというのはどういう事かというと、


『暑いのに気がつかなくて、気がついたら死んでました。』


という事です。
正常な感覚があれば、暑いと感じれば、日陰に移動する、窓を開ける、エアコンや扇風機のスイッチを入れる、冷たいものを飲む、逆に温かい物を飲むなどなど、様々な行動の中で、その時の体の状態にあわせたもっとも適切な行動をとることができるのが人間という生物です。

ここまでいってまだわからない人には、

「犬や猫が、日差しの強い暑い日にはどうしているか?」

と質問をしてみると、そこで理解できる人が多いですね。

そういう人たちに、

「元気である、健康であるという事はどういう状態か?」

と、続けて質問をぶつけます。
答えは、

『元気であるというのは暑さ寒さを適切に感じ取れる状態』

です。
これが理解できると熱中症でなくなるのはマヌケだといった理由がちょっとはわかるのではないでしょうか。

それで、先日、整体にこられ人に、

「仕事を頑張っているのでぎっくり腰で動け泣くのは困るのだ。」

と言われました。

私は、ぎっくり腰がどういうものか理解している人には会った事がありません。
ぎっくり腰ってのは、ある日、突然に腰が痛くなって動けなくなるものとほとんどの人が考えています。しかし、突然に理由もなく腰が痛くて動けなくなる事などありません。

簡単に説明すると、ぎっくり腰というのは心臓の動きが悪くなった状態です。
逆説的な言い方をすると、心臓を動かすために腰に大きな負担がかかっている状態だという事がいえます。だから、大抵のケースで根本的な問題として、不摂生というのがありますね。

それで、先にでたセリフ、

「仕事を頑張っているのでぎっくり腰で動け泣くのは困るのだ。」

というような事を言う人って、努力しているのだから暴飲暴食していい、努力しているから不眠不休でいい、努力しているから家族をないがしろにしていい、というような思考にはまっている事が多いのです。

私に言わせると、これは

『努力に逃げているだけ。』

という事になります。
努力しているから、頑張っているから、他は何をしても許されるとでもいうつもりでしょうか。それは、ちゃんと見なくてはいけない現実から目をそらしているだけの事にしかなりません。

生活をしていれば必ず直面する面倒くさい事から目をそむけているのがマヌケな状態です。つまり、ぎっくり腰になるなんていうのはただのマヌケなのです。
関連カテゴリー< ブログ腰痛、膝痛

気の上昇下降と季節習慣(無料記事)

「鬼は外、福はうち。」

節分に豆まきをする人はかなり減っているかもしれません。
日本の昔からの習慣はかなり廃れてきていますが、その中で特にやっておいた方がいいと私が考えているのが豆まきです。

食べて寝るだけの正月から節分までの期間、ほとんどの人はかなり弱ります。
これは寒さが厳しくなるから当然の事です。逆にいうとこの時期を無難に過ごせるという人は自分の健康についてはちょっとは自信をもってもいいかもしれません。

赤鬼の角が生えている場所は、頭部第二という頭骨の調整点です。整体の初歩としてここに指をあてて気を通してあげると眠りがよくなると教わります。

この理屈を簡単に説明しましょう。
人間の体には気の流れがいくつかあるのですけど、代表的な流れとして上に昇るか、下に降るかの2方向のものがあると考えてくだもらうとよいでしょう。怒っている様子を頭に血が昇るといいますし、落ちついた状態になる事を気を静める(沈める)といったりします。このように気の流れというのはそのまま心境にストレートに反映されるのです。

気というと、あいまいなものと思うかも知れません。
しかし、気の流れは、そのまま重心の変化だと考えていただくと認識しやすいかもしれません。頭に重心が偏ると不眠、頭痛、めまいなどを起こします。そして、怒りっぽくなったり、落ち着かない心境になったりします。

躁鬱なんて言われる状態は頭に重心がかなり偏った状態です。
テンションがあがってしまってじっとしていられなくなり行動的になります。子供なんかだと、多動なんていわれているのをよくみかけますね。そういう子供を元気があまっているとみて走り回らせるか、それとも病人扱いして薬で無理矢理に落ちつかせようとするか、この選択でその子供の人生は大きくかわってしまう事でしょう。

下がりすぎると体が起こせなかったり、意欲や向上心がわかないようになります。
ニートなんていう人は重心が下がりすぎているだけですし、医者に胃下垂だとか言われる人は気が下がって重心が下がっているだけの人も多いです。

いわゆる鬱という状態は、重心が下がっているだけの状態です。
そういう人に、物事をプラスに捉えればテンションがあがるかというとそんな事はありません。体にオモリをつけて生活しているような状態ですから、すぐにバテますし、たいてい活動する気力がわいてこないのです。

ちなみに、肥満状態の人は重心が上がりすぎている人が陥っている事が多いです。
食べることで・・・・ 

続きは四面楚歌で掲載しています。この記事は会員登録のみで閲覧可能です。
関連カテゴリー< 四面楚歌
<戻る 56789101112131415
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036