ブログ「日々整体」

お酒を飲んだときの体の変化について

お酒を飲むと必ず肝臓が少し腫れます。
肋骨の下あたりにふれるとその腫れているのはわかりますから、飲んだかどうかはすぐにわかります。でも、こんな言い方をすると必ず勘違いするのは、

「腫れているというこは体に問題があるのか。」

と思うということでしょうか。
擦り傷ができれば、そこから血がでて痛みを感じるのがあたりまえです。同じように肝臓が少し腫れてくるだけです。平たくいうと、肝臓がせっせとアルコールを分解している時に腫れてくるということです。ですから、酒を飲めば肝臓が腫れるという事自体は当たり前でとくにどうということはありません。

逆にお酒を飲んでいるのに肝臓が腫れていないというのは問題です。
傷があってもそこに痛みもなければ血もでてこないということなのですから。ちなみに、飲み過ぎている場合は、違う場所に飲み過ぎていますよという変化が現れます。

ところが、人間に不可能はないと思えることがありました。
お酒を飲んでいるのに、肝臓が腫れてこないという人がいました。酒を飲んだら駄目だと話してあったのに、どうしても飲みたいものだから、私にばれないように、肝臓が腫れないごまかした飲み方を覚えてしまったのです。普通の人には無理で、体に対する天才的なセンスが必要だと思います。お酒を飲んだ時の体の変化というのはそれぐらいわかりやすいのです。

そんなごまかしを半年ほど続けていたようです。
ついには、いくら飲んでも肝臓が腫れないようになりました。その結果、生きる元気がなくなり、家に引きこもってずっとお酒を飲んで過ごすようになってしまいました。

「ずっと酒やめろといってたのに誤魔化して飲んでたからですね。」

というと、怒り心頭、

「飲んでもいいといったではないか。」

と私に吐き捨てて帰っていきました。

私は飲んでもいいなど一言もいっていませんでした。
しかし、私は完全に騙されてしまったといえます。体の調子はどんどん悪くなっているのに、私はその飲酒が原因であるという事を見抜けませんでした。体から元気と気力が抜けていっていることはわかっていましたが、教科書通りに考えていると気づけないことがあるという苦い経験です。



関連カテゴリー< ブログ自律神経失調症

不調や病気の経過の話

風邪をひいたときに体がどのような変化するか?
ということを考えたことのある人はすくないようです。風邪の変化を観察していると、風邪をひくまえには体の緊張がたかまってっくるのですが、風邪をひくと逆に弛緩します。この弛緩したときに、しっかり熱、せき、くしゃみ、鼻水なんかを出しておくと、風邪を治ったあとには体はきれいに引き締まって体調が整います。

「病み上がりは体の調子がとてもいい。」
という人がいますが、風邪を上手に経過させているからです。
風邪をうまく経過させられない人は風邪がなおった後も、まだ体の調子がいまいち悪いとかいっています。


胃の働きはちょっと独特の経過をします。
本当は独特なのじゃなくて、とても自覚しやすいということなのだろうと思いますけどね。胃という臓器は、調子が狂ってくると一度壊してしまうという変化が起こります。ですから、胃の調子が悪いと食欲が止まらなくなるというタイプの人がいます。

胃がうまく働いていないのに、たくさん食べるのですから、胃が壊れるという変化が加速します。
でも、胃という臓器は壊れると元の元気な状態に戻るという経過をします。ですから、早く治すために食欲を加速させて胃を壊すのを早めるのです。

ただ、この時には1回は胃が壊れるわけですから、食欲がなくなります。こんな時は、たいてい2~3日程度、食事を控えめにしていればよいのです。胃というのは壊れてしまえばもう治ってしまっているのです。
この時に、

「食欲がなくなった。自分は病気である」

とかいいだして薬を飲んでまで食べようとする人がいます。すると、壊れた胃が元に戻るという経過がとまってしまいます。

「食べられなくて、どんどん痩せてくる。」

なんて言っている人の体にはたいていこんなことが起こっています。


「病気や不調を感じたときに、それがどのような経過をたどって元にもどるか?」


知っていると知らないとでは、人生が変わるくらいの差が生まれてきてしまいます。



関連カテゴリー< 自律神経失調症

思い込みで病気になる人たち

雪山で遭難した人がいました。
大騒ぎになったそうですが、ほどなく無事に見つかりました。なぜなら、自分の足で山を降りてきたそうです。でも、実は、遭難した際に足を踏み外していて足の骨が折れていたそうです。

足を複雑骨折で体を動かすことができない人がいました。
寝たきりになっていたのですが、家が火事になったら、自分の足で走って逃げ出したそうです。当人にそのときの事をきくと、やはり無我夢中だったそうです。

どちらも整体の技術書に書かれている話です。
いずれも整体をうけていた人なので、後日談も記されていました。

「足が折れているとかそういう事を考える余裕がなかった。」

ということです。

よく考えてみてください。
ふたりとも骨が折れた足で歩けたのです。多くの人は、足の骨が折れたら歩けないと思っているのではないでしょうか?それは勘違いだということですね。


「○○という病気だから辛いのです。」


なんていう人がいます。
こういう人は、病気になったら塞ぎこんで家に閉じこもって安静にしていなければならないと思い込んでいるのでしょう。


逆に、ある病気で手足が麻痺してうまく体を動かせない人がいます。
ところが、その人はちゃんと仕事についています。もちろん体の調子がよいはずがありませんが元気にしています。

先日も、

「体の調子が悪いので外出できません。」

とかいっている人がいました。


「じゃあ、いまからおタクの家に火をつけますね。」


なんて事をついいそうになりました。



関連カテゴリー< 自律神経失調症

風邪の話

ここのところ風邪を引けた人が続いています。
風邪というと、体の調子を崩したように考えてしまう人が多いのですが、本来、風邪というのは狂った自律神経の調子が整うときに体に現れる症状です。

例えば、咳を例にあげてみましょう。
腰椎、腰の骨の調整をすると咳をしはじめる人がいます。どうしてかというと、腰に緊張、つまり異常があるからです。その異常のある場所に手をふれると、こんこんと咳をしはじます。

咳をする理由は簡単で、咳をすると腰の緊張が緩むからです。
咳をすることで、腰の骨をブルブルっとゆすって貴重をゆるめているのです。自分で自分の体を整体しているようなものです。くしゃみだって、熱だって同じ理屈で、体の異常を解消するためにでてくるのです。

薬で咳、くしゃみ、熱をとめてしまったらどうなるか?

周囲を見渡して、ずっと風邪をひいているという人は見たことがないでしょうか。体は、せっせと働いて異常を解消しようとしているのに、薬でそれを邪魔しているのです。そんな人はたいてい、

「風邪は治ったけど、花粉症が。」
「風邪は治ったけど、喉がすっきりしない。」

とか言っていることが多いですね。
風邪はしっかりひききってしまうことです。うすれば、体はリフレッシュしてしまうのですから。



関連カテゴリー< 自律神経失調症

重心と自律神経の話

体の悪い人はみな重心が外よりです。
戦中、戦後ぐらいまでは様子が違ったそうです。体の悪い人の大半は重心がうちによっていたそうです。特に男性で重心が外よりになって体を悪くするような人などまずいなかったのだとか。まぁ、その頃でも王侯貴族のような暮らしをしていた人はいたわけで皆無というわけではなかったようですが。

さて、こんな話をすると、

「じゃあ重心をうちに寄せるように意識して生活してみる。」

と勘違いをする人がいます。
気持ちはわかりますが意識して重心をうちに寄せるという事ができるのは一部の天才的な体の感覚をもった人たちだけです。普通の人にはまず無理ですね。

重心というのは、体の状態を反映して無意識にとるものです。
骨盤がひらいた状態だと無意識に重心が外によります。そうしなければ体のバランスがうまくとれなくなるからです。それを無理矢理意識して重心をうちによせてもバランスはうまくとれないのです。

違った言い方をするなら、重心が外によっているということは体がくたびれているということで、重心がうちによっているということはテンションが上がっているということです。体がくたびれてテンションが下がっているのに、頑張ってテンションをあげようとしたってあがらないのです。

ちなみに、重心が外によるということは骨盤が開いているということで、うちによるということは骨盤が縮んでいるということがいえます。骨盤が開いているということは自律神経の働きは悪くなっていますし、縮んでいるということであれば過剰に働きすぎているということです。

いつもいっていることですが、

「交感神経がたかまりすぎてリラックスできません。」

と言ってきた人で本当に、骨盤が縮んでいたという人は一人もいません。
過去3年ぐらい思い返しても、

「インドで修行してきたら、帰国してもまったく眠れなくなりました。でも、まったく眠くないんです。」

という人を一人思い出すぐらいです。
いまの日本で暮らしていて骨盤が縮む、重心がうちによるひとなどまずいないのではないでしょうか。



関連カテゴリー< 自律神経失調症
<戻る 56789101112131415
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036