ブログ「日々整体」

健康だった人が病気になる瞬間

つい3日前のことです。

「あぁ、こういうことか。」

という気付きがありました。
私の整体がレベルアップしたといえるでしょう。整体技術というのは道具みたいなものです。使い込めばどんどん使い勝手のよくなる道具ですが、その使い手が進歩しなくては道具の真価は発揮されません。

レベルアップしたのだからいいことばかりだと思うかもしれませんが、妙な事が1つ起こりました。それは、

「いままで健康だった人が病人になった。」

ということです。

一人は耳鳴りの方でした。
最初、相談にこられた頃と比べればずいぶん音が小さくなっていたいのですが、たまに耳鳴りが大きくなる事があると整体にこらてました。そして、今回いままで気づけなかった異常を見つけてしましました。これまで、

「体には問題がありません。」

と私は言い続けていた方だったのに急に問題がみつかったというわけです。


もう一人はずっと元気だったのに昨年末から体の調子がくるってしまい、肩がこったり、胸がむかむかしたりというのがいまひとつすっきりしないでいた方です。

「体を冷やしたようだけど、おおむね問題ないと思ってもらっていい。」

という説明をしていました。
ところが、やはりこの方の体にも異常をみつけることができました。
私自身の技術の向上のせいで、健康だと思って生活していた人が急に病人になってしまったわけです。

私が進歩することで病人になるというずいぶん皮肉なことが起こったというわけです。
まぁ、これらの方にはその異常を解消して健康になってかえってもらいましたけどね。耳鳴りの音は整体中に小さくなりましたし、後者の人は整体をおわったときの顔色がこれまでとまるっきり変わっていたので問題は残っていないでしょう。

このような事はこれまで何回も経験しています。
私との付き合いが長い方は、

「またか、また言うことがかわったのか。」

と慣れたものですが、日が浅い方は逆の事を言い出すので、

「これまでと言ってたことが違うではないか。」

今回は何人の人がこのセリフを口にするか?私の中でちょっとした賭け事がはじまっています。
関連カテゴリー< めまい耳鳴り(耳なり)自律神経失調症

腕の運動について

最近、腕の運動に特に注目して体をみています。
昨年は、ずっと足首に注目していたのです。足首のさえ整ってしまえば体は全部よくなってしまうと感じていたのです。足首というんは全身の運動に関わる関節ですのでそういう事ができてしまいます。しかし、どうもうまくいかないという事でつきつめていくと手首にたどり着きました。


体はかなり整っていても手首が狂っているのです。
本当に些細な問題と感じるので、いままで見過ごしてしまっていたのです。一見、問題ないように感じるのでいままで気づけずにいました。

たいていは足首の狂いをただせば、手首の狂いも治ってしまいます。
しかし、どうしても残ってしまう人がいます。

「腕の使い方が悪い。」

いうことはわかっていたのですが、足首の狂いがそうさせるのだと考えてしまっていたというわけです。


「かなりよくなったのだけど、最後の最後で何かが邪魔をしてすっきりしてくれない。」


そういう方の手首を正すと、体ががらっと変わますね。
さしあたって、興味深い例というと、1年以上続いていためまいがほとんどなくなったという方がいます。


「腕の使い方が悪い。」


という事が原因でめまいが止まらないとう方がいるです。
腕の使い方などあまり他人と比較することがないのでまず気がつくことがないのではないでしょうか?腕の使い方が悪いと、体の負担がおおきいので自律神経のバランスが狂ってくるのです。


意外なめまいの止め方

整体という技をまとめた野口晴哉氏が、


「神経痛のごときは、びっくりさせれば治ってしまう。」


という事を書いています。
実際に、整体指導を受けに来た人を蛇やカエルのおもちゃをおいて驚かせらたら本当に神経痛の痛みはそれきりで消えてしまったそうです。一人や二人じゃなく、何人もそれで治してしまったのだとか。


言われてみれば、

「確かにそういうことはあるだろう。」

と思えます。
それをこのような形で実践するというところが、野口晴哉氏というところの凄さというか偉大さかと思えます。まぁ、ほとんどの人は、

「びっくりして治るはずがない。」

と、考えるでしょう。
お医者さんなんかに、こんな話をしたら馬鹿にされるだけではすまないかもしれません。


ただ、この方法にはポイントが1つあります。
それは、


「心の底からびっくりする。」


ということです。
ですから、蛇やカエルのおもちゃっで神経痛が治ったのは男性だけだったそうです。女性は、

「きゃー」

と悲鳴はあげるけど治りません。驚いたふりをしているだけで、心底驚いていないからです。


ところが、ある時のこと、たまたまタバコの火が着物のすそに落ちたそうです。


「あっ」


と小さな声を出しただけだそうですが、それで神経痛が治ったそうです。
女性は蛇やカエルには驚かないですが、着物の裾に穴があきそうになったら驚いたわけです。男性の方が繊細で、女性が図太い生き物なんていう人がいますが、的外れとはいえなさそうですね。


また、ちゃんとびっくりしさえすれば、神経痛、腰痛、膝痛、めまい、などなどなんにでも応用が効くだろうと思っています。

実際、ある方が、踏み台にのって高いところにある荷物をとろうとしたのです。
するとうっかり足をふみはずしてしまいました。この方にはめまいがあって、ずっとふらふらしていたのですが、それでびっくりしてめまいがぴたっと止まりました。幸い高い踏み台ではなかたし、足をくじいて怪我をするようなこともありませんでした。

一応、補足すると高齢の女性でした。女性は高いところから落ちてもびっくりするようです。

このやり方をいつか使ってやろうと思ってますが、心底驚かすだけの演技力が私にあるか?というとなかなか自信をもてないでいます。驚こうとおもって驚いても効果はでないですから、お化け屋敷などにいってもあまり意味はありません。

ただ、バンジージャンプぐらいのインパクトがあれば効果があるかもしれません。
めまいでお悩みの女性は、バンジージャンプを飛んでみるというのもひとつの方法かもしれません。
関連カテゴリー< めまい腰痛、膝痛

もうこのまま死んでいくかもしれない

「めまいがひどくもうこのまま死んでいくのかもしれない。」 

そういって相談にこられた方がいました。
冊子をみて、

「ここならばもしかしたら?そんな悲壮な思いできた。」

そういっていたのが印象的でした。
5年前から耳鳴りがしていたそうですが、最近になってめまいがひどく仕事はできないどころか外出することもままならないということでした。

体は世辞にも良いといえるような状態ではありませんでした。
特にこの方の場合、背骨が大きくねじれていました。素人の方がみてもわかるぐらいです。最近になってねじれてでてきたのであればかなり危ないともいえました。


「背骨は適切なカーブを描いて、そしてまっすぐがよい。」


そう考えている人がほとんどでしょう。
しかし、それは間違いです。背骨の形というのは、様々な都合で変化するものです。理想的な形があって、それと違うから病気や痛みがでてくるというのは大きな間違いなのです。ねじれていたり曲がっていることが正常ということもあります。背骨というのは見た目の形で判断するものはないのです。


幸いこの方の場合は、古くからあるものだということがすぐにわかりました。
ですから、体がねじれを解消する必要はないし、解消などしたらかえって病気になるということです。そして、本当の問題は、逆流性食道炎だということもすぐにわかりました。


医者に、


「このまま放置したら、いずれ食べれなくなって死んでしまう。」


と言われていたそうです。
そして、吐き気を止める薬や、食欲を増す薬を飲んで、一生懸命に食べていたそうです。ですから、


「無理に食べるのやめてください。」


と指導をしました。
なぜかほとんどの人が食べなければいけないと思い込んでいます。しかし、お腹が空いてもいないのに無理をして食べれば体は壊れるものです。まして、食べてもすぐに吐き気がして戻してしまうことであれば、


「これ以上の栄養ははいらないよ。」


と体が教えてくれていると考えてください。
多くの人は、適切な食事量をその食べ物の重さやカロリーで測りますが、それではだめです。食事の基本は、


「お腹が減ったら食べて、腹八分目で食べるのを辞める。」


ということです。
お腹の減り具合や、腹八分目の量など人によって違います。生活、仕事、気候が変われば同じ人でもまったく違うものになります。


「朝食は食べなければいけない。」
「1日3食は食べなければいけない。」


そんな風に思い込んでいる人はいつか体を壊すかもしれません。


整体しつつ、無理して食べる食事をやめてもらえば1ヶ月程度でめまいはおさまってきました。
2ヶ月目には耳鳴りもやわらぎ、3ヶ月目には耳が遠くなっていたのも解消してきました。通常の会話にも困るぐらい聴力が衰えてしまっていたのです。また、睡眠中、何回もトイレで目が覚めていたのが、朝までぐっすりねむれるようになりました。


「日に日によくなるというのはこういうことか。」


と喜んでいました。
整体で調整したのは胃腸の働きを整えるということです。毎日吐いてしまうぐらい必死に食べていれば、胃が壊れて三半規管がおかしくなってしまうことがあるのです。

さて、この方ですが一番困ったのは、食欲を増す薬を辞めるということです。


「薬をちゃんと飲んでいないと食べられなくなる。」


とおどかされていました。
細身の方はこのような物言いをされると極端に怖いようです。しかし、無理をいってやめてもらいました。


「食べられなくなってそのまま餓死しました。」


寿命が尽きた時以外で、こんな事が起こるのはたいてい余計なことをして体の邪魔をしている時だけです。



関連カテゴリー< めまい

風邪をひかない人の体はボロボロ?

風邪をひかない人の体はボロボロです。

がおかいしと相談にこられる方の大半は風邪なんかここ何年もひいていないということがほとんどです。


「風邪を一切ひかないから丈夫だ。」

「風邪をひくなんて自己管理がなっていない。」


んな事をいう人がいますが、ほんとうはまったく逆です。なぜなら、風邪というのは、究極の自然治癒だからです。どういうことかというと、


に問題が発生したとき、体内にウイルスや菌がはいった時に、体は痛みや熱をだします。


とえば、刃物の扱いにミスがあって、手を切ったとします。すると、血が出てきて痛みを感じます。もし、そんな状態で、痛みがない、血がでない、ということであれば、生物として重大な問題があるということがいえるでしょう。


くの人は、痛みや発熱を早くなくそうと、痛み止めの薬を使ったり、熱を下げる薬を飲んだりします。しかし、これは大きな間違いです。なぜなら、痛みや発熱は治癒力を高めるためにでるものだからです。


痛みや発熱は治癒力を高めるためにでるものです。

間の体は怪我や故障をしたときには、


①血管を開く

②痛みを出す

③発熱する


という3つのプロセスで体を治します。こうやって傷んだ体の部分の血流をふやして壊れた組織を修復してゆくのです。


風邪による発熱についても同様です。

内に菌やウイルスがはいったときには、免疫によってこれらを退治するのですが、この免疫は体温があがったときにもっとも強力になります。つまり、体温をあげて、免疫力をあげることによって菌やウイルスを退治するのです。これは多くの人が恐れるインフルエンザでも同じ事がいえます。高熱がでるということは、それだけ免疫が強力に働いているということなのです。


みや発熱は体の調子を整えるために必要であるということです。


に痛みがでたということは、治癒力が働いて壊れた腰の組織を修復しようとしているということです。


邪で熱がでたということは、免疫が働いて菌やウイルスを退治しているということです。


れなのに、痛みや熱を薬でおさえてしまったら、治癒力がうまく働かなくなってしまいます。いつまでたっても、風邪や痛みがおさまらない。それは薬を飲んで治癒力が働かなくなっているせいです。




<戻る 1234567
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036