ブログ「日々整体」

不眠とうつの整体事例

うつと不眠はわけて考えてしまいがちですが、うつ傾向のある方は不眠もあわせもつ事がほとんどです。
今回、紹介させていただく事例も同様です。

うつと不眠で困っているとのことで、通院し、薬での治療を続けておられたのですが、なかなか体の調子がよくなってこないということで相談にこられました。

背骨の状態を確認すると、首、胸椎などに問題があったのですが、それほど悪い状態ではありませんでした。ただ、体が冷え切ってしまっていました。私は、冷えを解消するように整体と生活指導を行いました。

さて、実は不眠を解消する上で一番大事なことは、薬をやめることです。

「眠れないから薬を飲んでいるのに。」

と考えてしまうのですが、ここが不眠を解消する上でのもっとも大切なポイントです。どうしてかというと、不眠は薬をやめないと解消が難しいのです。

実は、睡眠というのは体の力です。
足を使わずに松葉杖や車いすで生活していれば、足の力が衰えていつかは歩けなくなってしまいます。眠りだって同様で、薬にたよった睡眠をしていると眠る力が衰えてきて眠れなくなってしまうのです。

整体をつづけながら、これならもう大丈夫というタイミングを見計らって、薬をやめるように指導します。もちろん、薬を急にやめるといけない薬があったり、悪影響がでることがあるので医師にも相談してもらいます。不安も感じるようですが、本人が

「薬をやめたい。」

そういう気持ちを持ちさえすればなんとかなるものです。2ヶ月程度できちんと眠れるようにかわってきました。こうなれば眠るということに不安を感じることはまずなくなってきます。同時にうつ傾向も解消してきました。

うつや不眠はわけて考える必要はないのです、自律神経の働きを整えてしまえば全部まとめて解決してしまうのです。



関連カテゴリー< 不眠

整体は万能だけど万能ではない

自律神経がしっかり働いた状態の体の回復力は半端なものではありません。ありとあらゆる体の不調は改善してしまう。そういってしまっていいでしょう。しかし、自律神経を整える課程において、生活習慣がそれを邪魔してしまうことがあります。

不眠とめまいで整体をうけにこられた方の例を紹介しましょう。
体の状態を確認すると、自律神経の働きに問題がありました。そこで整体をおこない、2ヶ月程度で不眠とめまいはほぼ解消しました。

ところが、体の問題はすべて解消しませんでした。
ずっと首から背中にかけてつっぱりを感じるのです。私はその原因は、体の冷えにあると判断しましたので、冷えをとるための整体をおこない、

・首まわりと足先を冷やさないようにすること
・毎日足湯をするようにすること

という2点を指導おこないました。

ところが、背中のはりはまったく解消しないのです。おかしいとおもった私は、どのような生活環境下を詳しくきいてみました。

すると、気温管理されている職場で働いており、その温度がとても低いという事がわかりました。私はそれが原因だと指摘して、職場での服装などに注意を払うように指導をするのですが、現実問題としてなかなか難しいところがあっことと、ご本人が寒い環境といっても常温の範囲内だったために、冷え対策が徹底されなかったようです。

そのため、整体で体の改善をおこなっても、2週間もすれば職場で体が冷えてまたすぐに悪くなってしまうのです。

そんな状態が1~2ヶ月もつづいたところで配置換えという転機がやってきました。
仕事の内容がかわったと同時に低温の部屋での仕事がなくなりました。それと同時に体の問題が解消しました。

いくら整体で自律神経の状態をととのえても、その自律神経を狂わせる原因があるとだめということです。また、こういった原因はご本人は悪いと思ってやっていなかったり、わかっても生活習慣を変える必要があるのですぐには難しい場合もあります。整体だけしていればすべて解決する。そういうわけではないのです。



関連カテゴリー< めまい不眠

不眠の整体

6年程度つづいている不眠にお悩みの方の事例をご紹介します。

ある程度年齢を重ねた女性の場合、すべての体の問題を更年期のせいにしています傾向があるようです。いくつかの対策はしてこられたようですが、更年期障害のためと安易に決めつけてしまって、適切な処置はなされないままで、ずっと困ってきておられたようです。その結果、眠るための薬を常用されておりました。

薬を飲んで寝るという行為にあまり違和感を感じない方が多いようです。


「寝ないと辛い。」


確かに、そのとおりでしょう。
ですが、実は睡眠をとるというのも体の力です。こういった力は使っていかないとどんどん衰えてくるものです。全く歩かないという方の足がどんどん衰えてくるように、寝るという行為も体の自然な働きで行っていなければ、眠る力はどんどん衰えてきてしまいます。

そのため、薬にたよった睡眠を続けている方はますます眠れなります。私は睡眠でお困りの方にはかならず最初にこの説明をおこないます。その上で、


「すぐに辞める必要はありませんが、どこかのタイミングで薬を辞める必要がでてきます。」


このことをお話させていただきます。
眠れるようになったら辞めるではだめです。眠れるようになるために薬を辞める必要があります。ここを乗り越えられるかが大きな分かれ道といえるでしょう。

さて、この方の場合は私のこの話に納得頂けたようでした。他にいろいろ試したけど全部だめだった。そういう経験があった事もあるでしょう。

この方の場合の不眠の原因は、交感神経側の緊張でした。不眠の原因としてはもっともシンプルなものです。ですから、過剰に交感神経が緊張している状態をやわらげて、バランスのよい状態にもっていくだけです。

経過としては1ヶ月ほどで、薬なしで眠れるように改善しました。
その後も整体をつづけて2ヶ月程度で眠りに対する不安がほぼ解消しました。

ご本人が薬をやめたい。

そういう強い気持ちを持っておられた事がよかったのだと思います。
最初みたときに体の状態を考えればとても早いペースで体がかわってきました。当初は年齢的なこともあり、もう少し時間がかかるかもしれない、そう考えいましたが、自律神経が整ったときの人間の回復能力の高さに年齢はあまり関係ないと思えます。



関連カテゴリー< 不眠
<戻る 1234567
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036