ブログ「日々整体」

東京の人たち その1

品川、日暮里で整体させてもらっている人たちの様子をちょっと紹介してみます。


ただ、こういうのを紹介すると、


「その事例は私と同じだ!」


と言い出す人が必ずでてきます。
ところが、実際に体の様子をみてみると間違いなく見当違いだったりします。こういう事を言い出す人って、唐突な思いつきだったり、ひらめきにこだわって視野が狭くなっているのです。ちゃんと説明をしてもまったく聞き耳をもちませんから、ほぼどうしようもないからろくな説明をできないまま帰ってもらうことが多いですね。





1.40代 女性 耳鳴り
ひどい耳鳴りでまともに生活ができなくなっているとのことでした。
心の問題だなんて言われて薬をつかってごまかしていたようですが、ごまかしが効かなくなって相談にこられました。ショッキングな出来事があって、それをきっかけにひどい耳鳴りがなりはじめたようですが、私が見たところそれはただの引き金でしかありませんでした。ちょっとした問題があって腕の疲労が抜けない状態になっていましたね。で、


「こんなもんはただの腕の疲労だ。」


と説明しました。
こういう時、大半の人は、メンタルと自律神経の異常が原因だということに固執してしまいますね。初回の整体で、音が小さくなったので聞く耳をもったのかもしれません。


2.30代 女性 
数回通ってこられて体の様子がかわってきました。むくみがひどかったのですが、それがスッキリとし体が引き締まってきているのに本人の感覚では顔がむくんでまぶたが重いのだとか・・・。
私が何かを見落としている可能性がありますが、私には20代の頃の体に戻してくれといっているように聞こえています。確かに、体によくなる余地は残っているのですが、扁桃腺を切ってしまっていることがネックになってそうは簡単にいかないものでどうしたものかと思案中です。
扁桃腺は切ってしまってもいいというものではないということは知っておいてほしいですね。


3.30代 女性
頭痛、足のしびれ、逆流性食道炎があるとのことでした。
でも、胃が馬鹿になって食べ過ぎてしまっているだけでしたね。食事についての考え方を説明して、食生活を改善するよう指導しました。ストレスが原因だなんていう、見当違いのアドバイスを真に受けているせいで体をおかしくしてしまっているケースです。


4.50代 女性
ご主人が単身赴任のせいで気持ちが落ち着かず体を壊しているという非常に珍しいケースでした。
常に不安がつきまとっていて心が安定しない状態で3年ほど生活していたようです。なんでもかんでもストレスのせいにしてしまう傾向のある世の中ですが、本当に心の問題で体を駄目にしている人をみるのは今年は5人目ぐらいじゃないですかね。不安、ストレスで体がおかしくなっている人の体は、私には生きるのを辞めようとしているように見えますね。


5.40代 女性 耳鳴り
肩腰の痛み、生理不順、ホットフラッシュなどを訴えておられました。
こういうのは原因は1つで並列で考えてよい体の問題です。2回ほどみたのですが、華奢な体格で力のいる仕事をして疲労がうまく抜けなくなっているのが原因だったようです。不調はすぐに抜けたのですが、仕事での体の使い方、疲労の抜き方を考えていく必要があるケースですね。


6.30代 女性
左手の指の力が抜けないという相談でした。
最初、なんでかよくわからなかったんですが、脈の動きが変だと話を聞くと若い頃に気胸、肺に穴があいたことがあるということでしたのでピンときました。肺に穴があくようなことは年齢を重ねればなくなるのですが、その原因というのは年をとってもなくなるわけではありません。で、気胸の原因を解消するように整体したらすっと力が抜けました。気胸は心臓と肺のバランスが悪いときに起こるのですが心臓の動きを静めてあげるというような調整です。


7.40代 男性 耳鳴り
この人も扁桃腺を切っているということでした。私のところに相談に来る人で扁桃腺を切っている人が多いのは偶然ではないと思っておく方がいいんじゃないですかね。
単なる食べ過ぎだったのですが、何が悪いのかと聞かれたので、


「生き方が間違っているね。」


と答えたらピンときたようなので、たぶんもう大丈夫でしょう
体には人生観があらわれますからそれに反する生き方をしていたら体を壊すのは当たり前です。


8.40代 女性 耳鳴り
鎮痛剤を使いすぎて耳鳴りが止まなくなっていました。
私は鎮痛剤はつかうべきではないと考えていますね。最近は、すぐに効果がでるようですが、その副作用は異常と思えるほど大きなものになってきています。鎮痛剤をやめて、頭痛の解消をすれば解決でしょう。


9.40代 女性 めまい
ぜんそくなど呼吸器の問題を無理やり薬で解消するとめまいを起こしてしまうようになることが多いというのは知っておく方がいいんでしょう。不安、動悸、イライラ、胃痛、あれこれ不調をあげておられましたが、薬で体の問題をごまかしているとこうなるという典型的な例といえます。


10.10代 男性 ぜんそく
夜になると咳き込んで眠れない、薬をずっと続けていたがまったく効果がないとのことでした。
整体を終えて帰ろうとしたら、いきなり全力で走り出したそうです。子供は体の変化に対する反応がストレートで面白いですね。今は、もう薬なしで過ごせているようです。


11.40代 男性 耳鳴り 不安症 不眠
突発性難聴をきっかけにおかしくなったと最初いっていましたが、突発性難聴の時点でおかしくなっているのでそこをスタートにするのは間違いです。難聴の解消には副作用の強い治療が行なわれるので、そのあと不安や、耳鳴りなどが続くケースが多いですね。
この方もストレスが原因だとかんがえているようでしたが、それは違うということを理解するのにちょっと苦労しているようです。
結局、こういうのは体の様子がかわってこないと理解できないのが当たり前ではあるのですけどね。何回かこられてだいぶ楽になってきたようで、ちょっと話が通じるようになってきました。




ほかでは、耳鳴りに自己免疫疾患が絡んでいたり、ひどいめまいなのだけど生まれつきちょっと問題があったのだろうという人、めまいの原因が私の理解の外にあったので最近になってやっと糸口が見えてきた人という具合、現時点ではなかなかうまくいっていない人も何人かおられますね。


ひ臓の話

はたらく細胞の1話だったでしょうか?
赤血球がひ臓に迷い込んだ時に、そこにいたのはマクロファージでした。マクロファージというのは、細胞や異物を処理する役割というか食べてしまうという働きをする白血球です。免疫の役割といった方がイメージはつかみやすいかもしれませんけどね。

ひ臓は主に免疫機能の役割を果たしていると考えられているようです。
ですから、ひ臓をのぞいたらマクロファージがいたなんていうはたらく細胞の表現は、私なんかはニヤリとしたんですけどね。

さて、免疫の働きに異常があると診断をされた人はひ臓を摘出してしまうケースがあります。これまでそういう方を2名ほどみたことがあるのですが、どういう具合に整体してあげたらいいのかわかりませんでした。


私のひ臓の解釈は、オーケストラにおける指揮者の役割です。
楽器なんて指揮者がいなくても演奏できるといえばできるわけです。ところが、各楽器が好き勝手に演奏をしてしまうと、どんなに一流の演奏家が集まっても聞くに耐えない不協和音になります。だから、私にすると免疫の問題が起こっているからといってもひ臓はとってしまっていいものではないと思えます。その後の人生を思うと、そのまま死んでしまった方が幸せでないかとすら思えます。


人間は心臓さえ動いていればいいというものではないと考えています。
例えば、よく耳にするセリフに、


「気持ちを前向きにプラス思考で生活しましょう。」


なんてのがありますが、ひ臓がない人間にこういう事をいうのは拷問にみたいなものじゃないですかね。
なんでかというと、ひ臓がない人間はどの方向が前かわからなくなるからです。

どうも、そんな人は、


「自分がいけない、自分が駄目だ。」


と、方向音痴になった自分を責め始めるようです。
自分がどうありたいのか、どんな人生を歩みたいのか、それを見失ってしまうということがどういうことか?それを決める役割であるひ臓がなくなっているわけですから、誰に相談したって、どんなに素晴らしい人に教えを乞うても、答えが出せなくなるんじゃないですかね。

もうちょっとオーケストラで話を広げてみましょう。
ひ臓を指揮者に例えるならコンサートマスターは肺といえます。コンマスなんていうそうですけど、コンサートマスターとは演奏者のリーダのことで、バイオリンの主席奏者がこの役割を担うそうです。指揮者の指揮が及ばない部分を補うのがコンマスというわけで、ちょいと調べてみたら指揮者が不在のときにはコンマスが指揮者の役割を担うこともあるのだとか。

最初の方で、ひ臓がない時どうしたらいいかわからんなんて書いていましたが、どうすればいいかはもう解決してしまいましたね。このような駄文でも書きつづけていれば、何年も困っていたことについてのヒントが簡単に見つかることもあるわけで、これまたニヤリとしてしまう流れです。



最近、極端にひ臓の動きの悪い人が続いてやってきたのですが、ふと気がつくことがありました。
そこで、


「インフルエンザの予防摂取してないですか?」


と聞いてみたら、どうやらあたりだったようです。

ひ臓の動きが悪いというのは、それほど珍しいわけではありません。
現代人の大半は落第生だと思っていいだろうと考えています。だた、それにしたってなんぼなんでもこれはひどいと感じられた人が続いたので聞いてみたわけです。どうもここ2年ほどの予防接種はちょっとおかしなことになっているのじゃありませんかね?ひ臓の動きを止めて予防というのは、言葉の選び方を間違えているといえますね。

ちなみに、その人たちの相談内容は、耳鳴りだったり、不眠だったりです。内臓が不協和音を奏でている状態が耳鳴り、不眠というわけですね。
関連カテゴリー< ブログ不眠耳鳴り(耳なり)

新年は軽いジャブからはじめていこうと思います。

正月にインターネットをぼんやり眺めていると、


『一見さんお断りのカレー店』


という話題をみかけました。
で、興味がわいたのでのぞいてみると、そのカレー店では入り口に『一見さんお断り』という貼り紙がしてあるそうです。察するに、個人店でそれほど大きなお店というわけでもないのでしょうね。一風変わった美味しいカレーが話題になってしまって人がわんさかとおしかけてきてしまったようです。

飲食店ですから、人がたくさんきて繁盛するのはいいことのように思うかもしれません。
ただ、個人店では案外そんなことはなかったりします。なぜなら、個人店では、一見さんがたくさんくることによって、常連さんがいなくなってしまうからです。流行にのってやってくる人が常連になるようなことなどほとどないんですよ。

ブームになってわっと人がやってきたけど、流行がおわったらまったく人がよりつかなくなったなんていう話はいくらでもきいたことがあるのではないでしょうか。当院の近隣でも、メロンパンだったり、白いたい焼きなんかのお店ができて行列ができたりしていましたけどね、半年もしたらお店はなくなってしまっていました。

そういう事がわかっている店主は、一見さんが行列をつくって常連さんが何時間もまっているというのがダメだと『一見さんお断り』の貼り紙をしているようです。しかも、貼り紙だけでなく、実際に声かけて一見さんを追い返したりしているみたいですね。で、追い返されたりした人は、飲食店に評価をつけるサイトに、


「ひどい対応の店だ!」


とか悪口をかいているようです。


食べ◯グなんかをみたことがありますが、あれひどいですね。
長岡京市にちょっとおいしい回転寿司のお店があって私は気に入っているのですが、サイトのレビューには、


「回っているお寿司は新鮮でとてもおいしかったですが、持ち帰った寿司は新鮮さがなくておいしくありませんでした。 2点」


みたいな評価がついていました。
そんなのは当たり前だということすらわかってないのでしょう。その程度の人が食通ぶって、料理のことも味のことも何にもわかっていない人が、偉そうに点数つけてお店を評価しているわけです。



「○○というサイトを運営しているのですがそちらの整体をぜひ紹介させてくれ。」


当院でも、わりと頻繁に電話がかかってきるんですが全部断っています。
ただ、今日びのことですからどこでどんな風に書かれているかなんてわかりませんからね。私の悪口も探せばいくらでもでてくるのだろうなぁと。そう考えると、ネットで私がどのような評価をされているかなんていうのは恐ろしくて絶対にのぞいたりできませんね。


昨年末ごろですが、耳鳴りがひどいのだという相談で大阪の南の方からこられた人がいました。
そこそこ遠方といっていいところから来られたので、それなりに辛い思いをしているのだろうなぁと思いましたけどね。体の様子をみたら、ただの酒の飲み過ぎなんですよ。で、


「まずは酒をやめることですな。」


と指導をすると、


「仕事の付き合いがあるから辞められない。」


なんていう返事がかえってくるわけです。
しかもこの方、大きな問題がある人でした。なにかというと、うちでは最初来られた時に薬を飲んでいるかどうかを自己申告してもらうのですが、その申告がありませんでした。ところが、明らかになにか飲んでるので、


「薬を飲んでないのは本当ですか?この体の状態なら必ず薬を飲んでいるはずだ。」


と問い詰めると、薬の名前が2~3でてくるわけです。


結局この人の体に何が起こっているかというと、


「酒の飲み過ぎで体を壊してしまって、まともに睡眠がとれなくなったのを薬でごまかしていたら、耐え難い耳鳴りがなるようになった。」


というわけです。
ここまで見透かしても、まだ酒は辞められないといいはります。


「晩年は、ずっと耐え難い耳鳴りと不眠に苦しんでいました。ただ、仕事熱心で、同僚との関係をとても大切にし、酒をこよなく愛する人でもあり1日たりとも付き合いを欠かすことがありませんでした。」


そういう風に弔事を読んでもらうことになるなと思うわけです。
もちろんこのまま発言したりはしませんが、あんたアホですかぐらいの事はいったような気がしますね。


で、こういう人でもレビューサイトなんかに偉そうに投稿できたりするわけですよ。世の中狂っているなぁと、そんな事を正月に考えていたわけです。
関連カテゴリー< 不眠耳鳴り(耳なり)

眠りとはなんですかと休みのお知らせ

先日、眠りについての質問をいただいたで私なりに答えたらわかりやすいといっていただけたのでここでも紹介しておこうと思います。


「こういう風に眠るのがいいというのがあればそれは全部嘘だ。」


と答えました。
寝具メーカなんかには聞かれたら暗殺者でも送り込まれるかもしれませんね。
そんなはずはない、理想的な眠りというものがあるはずだという人には、


「眠りとは何ですか?」


と質問を投げてみたいですね。
この疑問に対する答えが現状では皆無といえます。当然ですが、なぜ眠る必要があるのかということもわかっていません。体を休めるだけならじっとしていればいいですし、寝ている間の方が脳が活発に活動していたりもします。記憶の整理なんかは睡眠中に行われているそうで、そう考えればテスト前に一夜漬けで覚えたことなどすぐ忘れてしまうのは納得のできることです。

一生懸命に研究している人もいるのでしょうけど、人間の眠りとういのは他の動物と比べればあまりにも特殊です。例えば、ハンマーヘッドシャークという非常にユニークな頭の形をしたサメがいますが、そんなサメを研究してサメとはこういう生き物だといわれてもちょっと困ると思いませんか?頭の形状が違うのだから、サメの性質はもっているだろうけどなにか特殊なサメなのではないかと考えるのが普通ではないでしょうか。


ふとんにはいって無防備に寝るなんていう生き物はほかに存在しません。
巣や寝床を作る生き物はいますが、歩きながら寝るキリン、泳ぎながら寝るマグロ、飛びながら寝る鳥だっています。そんな眠りがあるわけですから、眠りにというのはじっとしている必要もないようです。ふとんじゃよく眠れないけど、電車に乗っているとなんだかぐっすり眠れたなんていう経験は私にもありますから、よい眠りをするためにふとんは絶対に必要なものではないだろうと思えますね。


睡眠導入剤なんていう薬がありますが、改名したほうがいいと考えています。
私はこの薬を使った眠りは眠りではないと考えています。単に意識がなくなっているだけで、人が生きていく上で必要な眠りがとれているとは思えません。なぜなら、必要で十分な眠りがとれていれば、人はハツラツとして元気に生活できるからです。薬を飲んで寝ているつもりになっている人に、そんな人は一人もみたことがありません。


眠りの状態というのは頭骨の状態をみるとある程度わかります。
まぁ、眠りのことなんてなんもわかってないだろうといっている私がこんな事をいうと説得力はないでしょうけどね。少なくとも頭骨の様子を見ると、ハツラツと元気に暮らせるかどうかぐらいはある程度わかります。

なお、11月2日は休みです。
関連カテゴリー< 不眠

人と違った事をすると

体の調子が悪い人が、ちょっと他人と違う事をしていると、


「それが原因で体の調子が悪いに違いない!」


とかいわれたります。

たいていの場合、それを否定する根拠とか考えがなかったりするので、


「そうかもしれない。」


と思ってしまうようですね。
実際に、私が相談を受けた話をいくつか紹介してみましょう。


まず最初は、以前にも書いた話です。
プロの演奏家が耳鳴りで困っているということで医師に相談したところ、


「楽器をずっと演奏してきたことが原因だ。その楽器を演奏するときの姿勢が耳に悪いに違いない。」


と答えたそうです。
何十年も演奏することで生きてきたという人間に安易にいっていいことではないと思いますけどね。

この医師は相談するに値しないと思います。
耳鳴りの原因や原理がわからない、楽器の演奏について造形が深いわけでもない、姿勢とそれにまつわる運動がどのように耳に影響するかについて研究しているわけでもないのですよ。それなのに何を考えてこんな発言をしたのか理解ができません。

医者というのはその立場や背景のせいで、その発言に大きな影響力を持っているという自覚もないのですから、最悪の医師だとといっていいでしょう。

ちなみに、この人の場合、耳鳴りの原因はただの不摂生でした。
楽器の演奏はこの人の場合、体調の回復には非常に効果的でした。まったくの正反対の事をなんの根拠もなしで発言していたわけです。


次は寝る時の姿勢についての話です。


「寝る時に足をひし形に組んで寝るのですがこれでいいのでしょうか?」


と相談された事があります。
この方は食べるのが非常に好きな方でした。当然、胃腸も頑丈なのですが、頑丈さにまかせてずっと食べすぎていたせいで膝や腰が痛いとか、眠りが悪いとか、動悸がするとか、そういう事が起こっていました。

これもまた私のところへ相談に来る前に、医師に相談していたそうです。
すると、


「そんな格好で寝ているから眠りが悪くなって体を壊すのだ。だからまっすぐ足を伸ばして眠りなさい」


といっていたそうです。
まぁ、私も話を聞いただけでは意味がわからなかったので実際にどういう格好なのかとやってみたもらったわけです。するとひと目見てわかりました。

なんのことはありません。
食べ過ぎで胃が壊れている影響で腰椎2番の力が抜けなくなっているわけです。腰椎2番の力が抜けないとうことは、体の力が抜けてないわけですから当然眠りが悪くなります。ですから、そんな変な格好をすることで、体の力を抜いて眠っていたわけです。そう考えれば、足を伸ばす事を意識すると眠りが悪くなることもわかります。

寝相というというのはその人がもっとも眠りやすい形を勝手にします。
うつ伏せだろうか、手を組んでいようが、どんなに変な眠り方をしていてもたいていは気にするようなことはありません。当然ですが、この方も胃の調子を整えれば足を変な形に組んで眠るようなこともなくなります。


最後は、お風呂に1時間以上入るという学生の話です。
この学生は、朝、スムーズに目をさますことができないために不登校がちになっています。で、母親としては風呂にはいりすぎなのかもしれないとつい思ってしまうそうです。

しかし、そうでないのは体の状態、主に背骨と骨の状態をみればわかります。
体の調子がいまひとつなので、つい長湯をしてしまうようです。おそらく心臓の働きがちょっと物足りないのがお風呂にはいると高まって元気になってくるのだろうと推測されます。

変わったことをしていると、


「それが原因だ!」


と言われがちですが、そういう行動をとるのは普通、体の調子を整えるためやっているのであると考えておいてください。
<戻る 1234567
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036