ブログ「日々整体」

今日は骨盤が開く日

今日は、やたらとお腹がすくなぁと思っていたのですが、


「ずいぶん調子が悪い。」


という事で連絡をいただいた方がいました。


骨盤は閉めなければいけないと思いこんでいる人がいます。
しかし、人間の体は緊張と弛緩を繰り返しながら変化しています。緊張と弛緩というとわかりにくいかもしれませんが、心臓の動きとか、波の動きをイメージするとわかりやすいでしょうか。心臓が緊張したままでは駄目ですし、波が大きく引いてしまうとその後に津波がやってくることになります。だから骨盤は閉まったり開いたりするもので、閉まっているのがいいとか、開くと駄目とかいうような性質のものではありません。

骨盤が開くというのは、波が大きく引いている様子をイメージするといいでしょう。
海岸にいって波の様子をみていると同じ波など2度とやってきません。そして、たまに大きくなったり小さくなったりしますがそれを見て異常だとは思わないでしょう。たまーに地震が起きたりしたら、津波と呼ばれる大きな波がやってきますが、それを見て波がおかしいとか言う人はまずいないと思います。これをそのまま骨盤に当てはめてれば、考え違いをしにくいと思います。

また、大きな変化としては、気温が上がるにつれて骨盤は開く傾向がでますし、逆に気温が下がっていくと骨盤が閉まってきます。
これも海の様子で例えるなら満潮と干潮の差だと考えるといいでしょう。今のタイミングは潮目が変わるなんていいますが、干潮から満潮に切り替わって海に流れが生じるタイミングで、1年を通じてみても一番大きな変化がでる時期です。


「4月1週目は1年で一番心臓が止まりやすい。」


と私がいつもいうのはそれが理由です。
先日、倒れた私の母も循環器の問題です。その日には、救急車を4回もみたのですが、それは偶然ではないでしょう。


大きな不調がなければ私のようにお腹がやたら空くというぐらいですが、問題があったりすると様々な不調が表にでてきやすくなります。


「骨盤をしめろ。」


とよくいわれるのは、無理矢理でも閉めていると不調を感じにくい、表にでてきにくくなる傾向があるからですね。
ただ、閉めれば閉めたでそれはそれで問題を起こしたりします。それは波の運動を制限するようなものだと考えれば、どうして駄目なのかがわかりやすいのじゃないでしょうか。


まぁ、そんなわけで今日はずいぶん調子が悪かったという人は、春がきて潮目がかわったというだけのことですので心配はいりません。2~3日様子をみていれば、落ち着いてくるはずので、ちょっとの間だけ大人しくしていればいいでしょう。

あと、人によっては微熱が出たりすることもあるでしょう。

「もしかしたら?」

と思ってしまうかもしれませんが、たいていの場合、ちょっと疲れがでたという程度のはずですので、ここ3~4日ほどどう過ごしていたかを振り返ってみてください。
たぶんちょっと無理をしたはずですので、慌てずに落ち着いて体を休めればすぐに熱は下がってくるはずです。


在、休業中です。
再開は未定です。
関連カテゴリー< ブログ

電卓で予想をする未来

世の中は随分悠長な事をやっているように感じます。
理由は簡単で、新型コロナウイルスに対して大騒ぎしている割には、基本方針は放置という事になっています。もしかしたら、私自身も身内に持病持ちがいなかったらなんも気にせずに仕事をしていたかもしれないですね。

死亡率が0.2%な上に重症化するのはたいていの場合、高齢だとわかっています。


「リスクが少ないですから、それを踏まえて、経済活動を止めないでやり過ごしましょう。」


という事が政府の判断なのでしたらそれはそれでいいのですけど。


現時点で、アメリカの感染者30万人です。
日本はざくっと人口が半分として、15万人ぐらいは感染者がでるだろうと思われますから、このままいくと日本でも最低1500人ぐらい死者がでる事になります。

違う方向からも電卓を叩いてみます。
日本の10万人あたりのICUのベッド数は5だそうです。ドイツが29、イタリアが12でかなり脆弱です。日本はどんだけ医療費削っていたのかというのがよくわかりますね。ドイツの死亡率が1.1%だそうで、ICUの割合で比べると日本の死者はその6倍程度になるという事になります。すると9900人の死者が出ることになりますね。

インフルエンザが毎年1万人ぐらい亡くなられているいわけでそれとほぼ同じぐらいです。
今年はみんなが手洗いを必死にやったおかげでインフルエンザの死者数は激減しているそうですから、今年の風邪はたちが悪くて例年よりちょっと多いねという事になります。

これを日本という国において是とするならそれでいいのです。
何しろ日本という国における全体の死者数は例年とそれほど変わっていませんから。人間はいつかは死ぬわけで、それがインフルエンザなのか、新型コロナウイルスなのかなんてのはあまり重要ではありません。

「インフルだったらいいけどコロナでは死にたくない。」

なんて事を考える人はあまりいないでしょうし。


でも、活動自粛の要請がバンバンとんでくる訳です。
コロナによる死者を減らしたいのか、経済活動を優先するのか、明確な意思表示がないままなのでみんな無視するのでしょうね。

確かに、


「このままいくと1万人ぐらい死ぬけど国民の皆さんは普段通り生活してください。」


と、ストレートに言う訳にはいかないでしょうけど、やっている事はそういう事ですね。



日本より先に大流行した国があるわけで、もうかなり正確な数字がでてきていますから、このままいくとどれぐらいの人間が死ぬかなんてのは、かなり高い精度で推測できます。アメリカだと最悪20万人以上が亡くなってしまうという事が発表されていたのをご存じな方もいるでしょう。それに照らし合わせて考えると日本は10万人って事になります。


政府の様子を見ていると、


「何万人死んでも、それに応じて対応を考えますので大丈夫です、安心してください。」


という解釈しかできなくなってきます。
まぁ、場当たり的に対策しているふりをしているだけなのでしょうけど。もう完全に見透かされていますから、非常事態宣言なんてだしてもなんも変わらないのじゃないでしょうかね。

ちょっと不謹慎ですけど、この放置ぐあいでサイコロの目が悪い方にでたら、安倍、麻生、二階、岸田といった自民党の首脳がどういう顔をするのかちょっと見てみたいと思ってしまっています。
関連カテゴリー< ブログ

大切な人に気持ちを伝えておきましょう

母が入院していますが、一切の面会ができません。
新型コロナウイルスの院内感染をおこさないために医師、看護師以外は病室に入れないからです。また、医師からの話を聞くときも一人だけにしなくてはなりません。入院は1ヶ月程度とのことですが、その間、ずっと一人で過ごさせることになります。一応、ある程度回復すれば携帯電話で話す事は問題ないみたいですが。

海外の様子をみていると、新型コロナウイルスに感染した人が、十分な看護と手当を受けられず、気がついた時には亡くなっているなんていう状況は聞いていました。しかし、一般のベッドにおいてもそんな事になっていると聞いて、今、病院の負担がとんでもなく大きくなっているという事を理解しました。

日本は、財政健全化を目標に掲げる政策をしていました。
それで、無駄をなくせというスローガンを国民がおおいに支持したわけですが、それがやってはいけなかったことだったという事にも気がつきます。厚生労働省のサイトの病院のベッド数を見ると、平成5年をピークに、現在は30%も減少しています。この30%ものベッド数が無駄といって切り捨てられてきた訳です。しかも、今年はもっと減らす予定だったそうですから。

随分前に、病院の看護体制が見直されて看護師が基本的に何もしてくれなくなった。
そういう話は聞いていましたが、ベッド数だけではなく病院のあらゆる分野に対しても支出が減らされていたのでしょう。政府が掲げる無駄をなくす政策は、非常時における対応力をも無駄なものとみなしてしまっていたようです。

それで、感染症の対応をする保健所の様子をみたのですけど、こちらはもっとひどくて平成9年のピークの半数程度、500未満に減っています。この様子だと、専門家が激減して、育成もやっていなかったことでしょうね。

我々は有事の際に適切に対応する能力を無駄だと、なにかあったらどうするのだという声を自己責任だといって切り捨てていた訳です。


「グローバルスタンダードをやって外国人をどんどん招き入れたら悪しきものもやってきますよ。」


という注意喚起をしていた人は多数いたようですが、疫病が本当にやってくるとはね・・・。


先に述べたとおり、無駄の削減として病院の対応能力が激減しています。
そこへ来て新型コロナウイルスの対応で、病院の負担が大きく増加しています。もう無理だと、入院患者の面倒をみるのは家族でやってくれと、いってた事を、今、看護師が全部やっているわけですから、仕事の量がおそらく3倍以上、もしかしたらそんな程度では収まらないかもしれません。

医療のあり方には問題があるという意見はかわりませんが、


「おまえらなんか死んでしまえばいい。」


と、かなりまじめに思っていたのは謝らねばいけないですね。

この状態ですが、


「母が気がついたら亡くなっていました。」


という事が起こっても全然、不思議でないと思います。
病院に起こっていた変化、そして世の中の状況を見れば、もうそうなっても仕方がないでしょう。一応、今は順調に回復していると聞かされていますけど。


病院にいかないで死ぬにはどうしたらいいか?
と私自身は考えています。しかし、他のほぼすべての人はそうではないでしょう。母親と一緒に暮らしていた弟もそうでしたから救急車を呼んだわけです。ただ、新型コロナウイルスの患者がさらに増えて、病院の負担が増加することは間違いないと思われます。すると医療従事者が耐えきれなくなる時が必ず来るでしょう。疲労から判断力や行動力が低下したりすれば、もしかしたらそれはミスとして表にでてくるかもしれません。しかし、それを責められる状況ではないですね。これは医療の問題ではなく政治の問題です。


「病院の能力はそんなに高くなくていい。」


と、それを無駄だといって、我々はそれを切り捨てることを支持してきてしまったのですから・・・。


覚悟をしておいた方がいいでしょう。
今、病気や大きな怪我をしてしまうと十分な手当と看護をしてもらえない可能性が高いです。そしてそれは病院に問題があるわけではありません。彼らは私なんかよりまじめに一生懸命に仕事に取り組んでいる人が多い事は医者嫌いの私でも認める事ができます。


一番辛いのは、家族、友人、恋人に合うことができなくなる事でしょう。
現在の病院の状況では、新型コロナウイルスだけでなく普通の病気でも、状態が悪くなった事に気がついてもらえず、誰にも看取られることなく亡くなってしまう事があるかもしれません。

だから、そうなってもいいように今のうちに大切な人に気持ちを伝えておいてください。大切に思っている人、感謝している人に、そういう気持ちをぜひ今のうちに伝えておいてください。私は今、それができなくなっていますから。


現在、感染防止の考えから現在休業中です。
再開はいまのところ未定です。


関連カテゴリー< ブログ

怒りという感情をコントロールする方法

私は今の政府にとてつもない大きな怒りの感情を抱えています。
理由は、単純で仕事を停止せざるを得ない状況を作ったからです。前にも書きましたが、武漢の閉鎖が1月23日、それを2ヶ月放置して、今の状況を作り出しました。そして、それから早1ヶ月、まだだらだらとまともな対応をしないで放置しいてる状況です。

一般の人にちょっと伝わりづらいのは消費税の扱いでしょうか。
サラリーマンでもきついと思いますが、私のように小さい事業をやっているとこの状況ではもうありえない税金です。例えば、小さな飲食店で年間3000万円ほど売上げがあったとしましょう。それが今年半減して1500万円になったとしましょう。

事業は大赤字な上に、さらに150万円徴収されることになります。今の政府は、それを


「貸付しますから、それで払ってくださいね。一応、無利子だよ。」


といっています。
雑ではありますが、数字をまるめて考えると、これぐらいの飲食店の売上だと手取りがたぶん500万ぐらいになりますかね。もしかしたらもっと少ないかもしれません。そこから150万かっさらっていくのが消費税です。

私なんかだと家賃以外に固定費用なんてほぼありませんからまだなんとかなる訳ですが、飲食業はすでに営業の継続は無理になっているでしょう。借り入れして延命しても客はこない、廃業しても借金が残るだけという状況であろう事は想像するのが簡単です。間違いなく、自殺する人が飛躍的に増えてくるでしょう。3月のニュースでは、2週間で電車に飛び込んば人が30人もいたなんてやってましたから、これはもう始まっていると思われます。

その上で、先日の「夜間の接待飲食サービス」の営業自粛です。これはもう間違いなく全部潰れるでしょう。それにともなって失業者はいったいどれぐらいでるでしょうか?


「東京都と政府は、失業者であふれかえった街で、ホームレスを観客にしてオリンピックをやる気でいるのか?」


私は腹がたって仕方がありません。


あと、心配しているのは日本経済がそうやって壊滅したあとの再生です。
今の政府にいる連中は、中国資本をいれてどうにかしようと考え始めるかもしれません。そんな事になってしまったら、日本人の尊厳とか誇りとかすべて踏みにじられるでしょう。もう日本は終わりです。安倍晋三は日本という2000年以上つづいた国家を崩壊させた政治家となることでしょう。ちなみに、悲惨な事になっているイタリアは、在住している人間の20%が中国人だったそうで、イタリアは中国に経済的な侵略を受けていたわけですね。これは対岸の火事ではなくて、明日は我が身の話です。そんな報道を聞いているとふつふつと中国にも腹が立ってきます。


あと、もっとも腹がたつのが国民の怒り、不安、批判を民間企業だったり、個人だったりに向ける安倍首相のやり方です。
K1については前にも書きました。YouTubeでみたのですが、ホリエモンがぼやいていました。ホリエモンは、これからさらに収入が減っていくことになるから、その状況でどのように仕事をして、生活の糧を確保していくのか、そういう事をテーマに勉強会を開いていいたそうです。専門家にきちんとアドバイスをもらって、50人程度の規模に押さえてマスクを配布、参加者が密集しないように、換気もしながら開催していたそうです。不安を感じている若者たちに希望とか未来とかそういうものを渡そうとしてるわけで、私自身はホリエモンという人間はすかないですけど、それでも彼の感覚とセンスには一目をおいていて、応援したいと思えるような内容です。それが、あちこちからの苦情、クレームの嵐で潰されてしまったそうです。

さて、このやり方ちらりと前にも書いたかもしれません。
安倍晋三という人、このやり方を多用します。どういうことかと言うと、ホリエモンに電話をかけてイベントをやめさせた連中は安倍政権を支持するようになります。韓国との外交関係が悪化してるなんて話はもうずいぶん前だったような気もしますが、韓国への反感感情をつかって自身の支持率をあげるという事を彼はずっとやってきていました。安倍政権のよいところに外交姿勢をあげる人が多かったのを知っている人もいるでしょう。彼は、それに味をしめてしまっているのじゃないでしょうかね。

よい政治家というのは、様々な立場や思惑をもった人たちに、満足できる理想を掲げて協力関係を作ることができる人ではないでしょうか。意見の違う人を叩き潰すようなやり方する政治家を私は認めることができないですね。


こんな具合に私は日々腹を立てています。
もっともいいのは情報をいれるのを止めて穏やかに過ごす事なのですが、今後の立ち回りは、政治の動き方をみながら慎重に決めていかなくはいけないので情報を集めていかないわけにもいきません。こんな事になるのがわかっていたら整体師なんてやめて、政治家にでもなっておくのだったなぁと思ったりもします。今の日本で、もっとも不安を感じないでいられるのはおそらく政治家でしょうからね。



さて、多くの人が怒りという感情について間違った認識をしています。
だから、


「人間は、怒りという感情をコントロールしなくてはいけない。」


というような論調をよく見かけますが、コントロールすることは不可能です。理由は、怒りという感情はエネルギーであるからです。


「エネルギーをコントロールする。」


どういうことか考えてみてください。


怒りという感情は、次から次へと沸いてくるものです。
もちろん穏やかな環境、よい人間関係を築いている人にどんどん怒りの感情が生まれてくるという事はありません。しかし、今の社会でそんな生活をしている人など皆無といっていいでしょう。長年、連れ添った夫婦が、


「小さな不満が積み重なって。」


なんていう理由で離婚した人の話などいくらでも聞いた事があるのではないでしょうか。


怒りという感情がどういうものかとうと、川の流れをイメージするとわかりやすいと思います。
多くの人がやってしまうのは、ダムをつくってその流れを堰き止める事でコントロールしようとしてしまう事です。しかし、貯水できる以上の雨が降ってしまうと必ずダムは決壊します。我慢の限界とか、キレるとか、そういう言葉は貯めておける怒りという感情の限界を意味している訳です。


だから、怒りの感情は適度に放流する、怒りの場合は発散という言葉がいいでしょうか。


「怒りは適度に発散させてあげるという事が大切です。」



その具体的な方法ですが、もっともわかりやすいのは体を動かすことでしょう。
怒りという感情はエネルギーですから、そのエネルギーを体を動かすことで消費するわけです。だから腹がたったときには、ちょっと汗をかくとすぐに発散されます。ウォーキングだったり、山登りだったり、ジョギングだったりが流行るのは多くの人が、怒りの感情をうまくコントロールするためにやっているのかもしれません。

映画を見たり、コンサートにいったり、買い物したり、友達とおしゃべりするのも発散になります。

微妙に違うと思うのですけど、


「ストレスの正体は怒り。」


なんて考えてもいいかもしれません。


バブル崩壊時にカラオケが流行しましたが、カラオケで歌うのはエネルギーの発散としてもっとも効率的ではないかと私は思います。まぁ、今の状況でカラオケにいくわけにはいかないでしょうが、スイッチやPS4にはカラオケのアプリがありますのでそれで歌うのはいいやり方です。怒りの発散にはとにかく大きな声をだすのがとても効率がいいと思います。

外出禁止になっているヨーロッパやアメリカでは、朝目がさめたら一斉に玄関にでて手を叩くなんて活動をやっているそうですね。
そういう具合に音をだすなんていうのもよい方法です。

子供なんかはエネルギーの塊みたいな存在ですから、音がでるものをみつけるとそれに手を伸ばさずにはいられません。


「うるさいからやめて。」


なんてやっていると、子供はエネルギーをもてあまして落ちつかなくなったり、病気になったりしますから可能な限りやらせて上げることです。


また、何を隠そう、私にとって書くという事は発散になります。だから、書き始めはイライラしていましたが、だいたいぶちまけてしまったので落ちついていてニヤニヤしながら書いています。この記事はたんなる私の発散なのです。


怒りはエネルギーですから、そのエネルギーの発散方法などいくらでもあります。

もっとも理想的な発散方法は、そのエネルギーを創造につかう事です。
芸術でも、文学でも、化学でも、物理でも、家事でも、運動でも、仕事でも、なんでもいいのです。怒りというのはただのエネルギーで、そのエネルギーの使い方など無限に存在しています。だから、実は、怒りという感情の強いひとほど社会において大きな業績を残していたりします。

エジソンなんかは、好奇心でもってあらゆる発明をした人だと思いますが、アインシュタインなんかは怒りのエネルギーで相対性理論を導き出したんじゃないでしょうかね。何に対して怒っていたかなんて想像もつきませんが、非常に気むずかしいい人だったなんて聞きますから、たぶんそうじゃないかと思います。

まぁ、こんな天才たちの領域までいこうと思うと相当腹をたてていないと難しいです。
我々一般人はまず体を動かして声をだして、そういうところから怒りという感情をうまく発散してみましょう。慣れてきていろいろ怒れるようになってきたら、その怒りをうまく使って様々な事ができるようになるはずです。


関連カテゴリー< ブログ

不安、恐怖を解消する方法

昨日、Facebookで、

「息子が花崗岩をうって金儲けをしようとしている。」

という話を書きました。コチラ
ところが、もうちょっと話を聞いてみると全然考えている事が違ったようです。

息子は、メルカリで花崗岩がコロナに効くと売られていると聞いて、


「もしかしたら本当に効果があり、感染予防になるかもしれない。」


と考えているのでした。
振り返ってみると、もっと前からずっとそういう事をいっていたのですが、それをバカな冗談だと切り捨ててしまっていました。

石を探している時に、10kg以上もあるような大きな岩を見つけて、それを持ち帰ろうとしていたのです。


「それは墓石に使うのか?」


なんて言って笑っていた自分が恥ずかしくて仕方がありません。息子なりに、この世の中の状況でできることを探していたのですから。


私はこれを書き終わったらもう一度、コロナに効く石を探しにいこうと思います。



さて、多くの人が不安になっているかと思います。
私だって、不安で仕方がありません。私の場合、感染して死んでしまうというような不安ではありません。このまま社会が壊れていって、自分の家族や、私が関係をもった人たちがその崩壊に巻き込まれていくのではないか?そんな事をずっと考えてしまっています。それで、この状況を変えてくれるニュースがないかとずっとヤフーニュースなんかをチェックしてしまっています。
これ、

「不安になったときに多くの人がやって、さらに気持ちが落ち込んでいく行動。」

という事で、話には聞いていたヤツです。


「おいおい、俺も同じことやっちゃっているよ。」


と気がついて笑ってしまいます。
昨日の夜なんかは、ニュースがネガティブ一色になってしまって暗澹たる気持ちになりそうになっていましたからね。人間というのは同じ状況におかれると皆がほぼ同じ行動をとるようになるというのは知ってはいましたが、それを実際にやってしまう自分を発見すると可笑しくて仕方がありません。


さて、不安という気持ちですがどうやって感じるものか考えた事があるでしょうか?
大半の人は脳の情報処理で、未来の事に希望が持てない時に不安になるとかんがえるのかもしれません。でも、それは大きな間違いです。

不安症の人は、


「気持ちを前向きに明るい気分で生活しましょう。」


こういう事を言われませんか?
それで不安症が解決した人はいるでしょうか、おそらく一人もいないことでしょう。それはどうしてかというと、不安という気持ち、感情が脳の働きによるものではないからです。


不安という気持ちの正体はみぞおちの緊張です。
胃に穴があくなんていう表現がありますが、みぞおちの緊張と胃の緊張というのは同じものだと考えて差し支えがありません。そして、この緊張はたいていの場合、頚椎7番左側の緊張が起こすものです。

だから流れが逆ですね。
みぞおちが緊張している時に、脳は、

「今、自分は不安を感じている。」


と判断するのです。


さて、この不安を解消する方法ですが、たいていの場合、


「心を落ち着けてリラックスしましょう。」


なんて事をいわれることと思います。
しかし、みぞおちが緊張した状態でそんな事ができるのは、イエス・キリストか釈迦ぐらいのものでしょう。難しすぎて一般人にはあまりおすすめできない方法です。


ですから、私はもっと簡単な方法をおすすめしたいと思います。
それは、


「みぞおちの緊張を他に移す。」


というやり方です。
実は、筋トレで体をきたえようという人はたいてい気が弱いのです。みぞおちの緊張が強くなりがちなので、筋肉の量を増やしてその緊張を体中に分散させるのです。そうすることで、不安を感じにくい体に変化していきます。

私は、野球選手の清原を例によくあげますが、彼は残念ながら気が弱い人です。
金スマでしたっけ?自分が入団する球団を決めるのに母親の後押しが必要だったという話が紹介されていました。ドラマ仕立てで美談として放送されてましたが、私は見ていて

「女々しいやつ、自分のことは自分で決めんかい。」

と思いました。
日本シリーズの西武対巨人で、9回ツーアウトの場面でグラウンドで泣き出してしまったというエピソードも多くの人がご存知でしょう。こういう人はみぞおちに力が集まりやすいので過剰に筋トレをやってしまう傾向があるわけです。体がゴツくなるからそういう風には見えないかもしれませんが、麻薬に手を出してしまった事から考えても彼は死ぬまで筋トレをやり続ける事になるかもしれません。


体を動かす事です。
清原みたいにムキムキになる必要はありません。可能であれば、丹田から恥骨にかけて力が集まる事が意識できれば理想だと思います。ただ、丹田を意識してみたいな事は結構ハードルが高いのが現実です。運動の苦手な人はまずなんでもいいので体を動かす事です。継続していれば体の動きがかわってきますからその時に、いろいろ気がつくことがあるはずです。

体を動かす時に注意することはマニュアルに頼らないということですね。
理想的な手足の動かし方なんてできる人はやはり、イエス・キリストとか釈迦とかそういう人です。自分の体の動きが悪いところ、よく動くところ、そういうところを探しながら体を動かすといいですね。

種目はなんでもいいでしょうが、できれば全身を動かすものがいいですね。
ただ、ラジオ体操みたいに完全にテンプレート化されたものは面白くありません。だから例えば、ウォーキングをするのであれば平坦なところを淡々と歩くのではなく、上りあり下りありという具合に起伏のあるところで、毎日コースを変えながら歩くのがいいと思います。

注意点は2つあります。
1つ目は、やりすぎないという事です。清原みたいに筋トレ中毒になってしまうとその行き着く先は薬物というのはほぼ確定しているといっていでしょう。ほどほどに、雨が降ろうが雪が降ろうが毎日少しづつ続けるという事がポイントです。外出できない方には青竹踏みをすすめますのでお試しください。

2つ目は、一部、運動が向いていない人がいるという事です。
4種体癖というのですが、この体癖の人は運動をすればするほどみぞおちに力が集まってしまいます。細身で食の細い人は、こういう傾向がある事を考慮しておく事です。こういう人だと運動すればするほど不安が高まるという傾向があるはずです。(もしかしたら清原は4種体壁の成分がまじっているかもしれません。)

こういう方は、カンにすぐれ芸術的センスにすぐれている傾向があります。
音楽だったり、絵だったり、文学だったり、そういう事に取り組むとみぞおちの緊張がゆるんでいくはずです。運動が向かないと感じた場合は違うやり方を模索するといいでしょう。こういう方はすでに、そういう事を趣味だったり仕事にしているはずです。ただ、趣味だった場合、なんらかの理由(たいていはくだらない理由)でやめちゃっているケースがありますから、振り返って昔取り組んでいた事を思い出してみてください。



関連カテゴリー< ブログ不安症、パニック症
<戻る 23456789101112
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036