ブログ「日々整体」

辛いものは体によいのかという話

例によって何の気なしにネットを眺めていると、


「辛いものを食べた時の辛さは痛覚として認識され、脳はその刺激に耐えるために多幸感を感じる脳内麻薬のエンドルフィンを分泌する。辛いものが好きな人は辛さで自分の内臓を痛めて脳内麻薬でハイになっている。」


というような記述を見つけました。

これをみて確かにそれはそうだよなぁと思いました。
で、これについてちょっとだけ考えを掘り下げようと思って検索をかけてみると、


「辛いものを食べ過ぎると馬鹿になる。」
「味覚が鈍くなる。」


という具合に辛いものを食べていると体を壊すみたいな論調が予想以上に多いようです。

ただ、正直いって、見ている限りでは掘り下げが甘いなぁと。
まず、辛いものというものがどういうものかという話ですけど、私の味覚で考えると、マクドナルドやコンビニの食べ物は辛すぎてあまりおいしくありません。たまに疲れて味覚がボケているときに、こういう辛い味付けでないと味がわからなくなっているときがあるので、そういう時に選んで食べることがあるという具合です。

だから、


「ジャンクフードを好む人は、内臓を痛めるのと引き換えに脳内麻薬を分泌してい・・・。」


という論調であれば、たぶんそうだろうなぁと思うのだけど、辛いものをすべて駄目にしてしまうというのはおそらく間違いであろうなぁと思います。

ついでにいっておくと、辛さというのもいろいろあって旨味のある辛さと、単に辛いだけの食べ物とでは全然違うのですよ。キムチなんかがいい例でしょうけど、辛いだけのキムチと、辛いのだけど旨味があって箸が止まらないものと明らかに差があります。


スナック菓子でカラムーチョなんてのがありますがこれは辛いだけでちっとも美味しいと感じません。
本当に辛いものが好きな人は、カラムーチョなんて食ってもうまいなんて思わないはずですけどね。

気の向くままに書いていたら、いきなり結論がでてきてしまいました。
辛いものを食べて喜んでいる人は脳内麻薬が云々というのはおそらく間違いで、カラムーチョ食べて喜んでいるような人が駄目なのでしょう。そういう人は、内臓を痛めて脳内麻薬を分泌することで幸せを感じるようになって辞められなくなってしまった人という事がいえるかもしれませんね。まぁ、起こっている事は麻薬と同じなので、こうなってしまうと味覚の感覚を元に戻すのは結構苦労するかもしれませんね。


カラムーチョなどまずくて食えるかという真の辛党はどういう人か考えてみましょう。
著名人で真っ先に思い出すのは武豊だったりしますね。とんねるずの番組に出演しているときに異様なほどの辛党であるという事をいっていました。現在は、怪我のせいで全盛期ほどの成績は残せていませんが、間違いなく日本一の騎手であり、世界にでてもまったく遜色のない騎乗技術をもった人です。そういう身体能力をもった人は当然味覚も一流に近いものを持っていると考えてよいでしょう。

このあたりツッコミがはいりそうな気もするので、蛇足ながら念押ししておくと高い身体感覚を持つということは高い五感を持つということでもあります。体は動くけど味覚が馬鹿になっているなんていうことはありえません。例外でいうなら、プロレスラーなんかだと洗練された動きなんかまったく不要というか、洗練された動きをしていると迫力がなくなるわけで、最近でいうと相撲取りとか柔道家なんてのもちょっと怪しくなってきてるなぁと思ったりしますね。


で、辛いものを好む人は汗をかくのが苦手であると考えていいでしょう。
代謝をおこして老廃物を体の外に出しにくいという傾向があります。四川料理とか辛いといわれますが、そういう地域は多湿なせいでよい汗をかきにくいという傾向があるはずですね。香辛料を多量に使うインドあたりなんかも多分そんな感じなんじゃないかなぁと思いますけどね。韓国あたりじゃ湿度が低いらしいけど、そのせいで漬物を作りやすい風土があるとか聞いたことがありますね。それをどうして辛くしたのかは、ぱっと思いつきませんが、いずれにせよよい汗をかきにくい地域であるという事はいえると思いますけどね。なお、よい汗がどういうものかということについては書き出すときりがなくなってくるのでここでは省いておきますね。


で、本来、味覚とか好みというのは環境だったり体質に影響を受けて生まれるものなのです。
そういうものを無視して何人かの人に辛いものを食わせて内臓の状態と脳内ホルモンの分泌具合を調べて、



「こんなんでましたけど~。」



なんて言われても全く中身がないと思いますね。
関連カテゴリー< ブログ多汗症

貴乃花親方の喉の話

昨日になって知ったのだけど、貴乃花親方がマフラーをしていることは非礼であるという論調があったそうです。
私自身は、


「ずいぶん洒落ているなぁ。伊達男だね。」


と、ただ、頭の堅い人には目とか鼻につくことはあるかもなぁぐらいには思っっていました。
で、先日あったインタビューでの発言なのですが、


「自律神経がいかれてまして・・・・」


という発言がありました。

おそらく、喉とか呼吸器の専門家に相談したけどいまひとつ原因がわからなかったので


「自律神経がおかしいんでしょう。」


みたいな結論を出したんでしょうね。
当院に相談に来られる人にもこんな具合でやってこられる人が少なくありません。で、貴乃花親方とまったく同じことを言っているので、その経緯をつい推測してしまうのですけどね。


で、こういうのは本当に腹がたつわけです。
なぜならすごくいい加減な判断と結論なんですよ。この判断をした人は自律神経にどのような異常があるのかを判断も理解もできないまま、ただただ現在の検査技術ではどこがおかしいかわからないからという理由で、


「自律神経が原因です。」


なんていっているわけですよ。

これまで私が見てきたケースだとまさしくその通りだということはかなりまれで、当たらずとも遠からずという程度のものが半数ぐらいでしょうかね。残りはまったくの見当ハズレだったりで、酒の飲み過ぎとかただの不摂生が元だったりして、本当にいい加減な事をいわれていたりしまするんですよね。まぁ、言っている方も聞いている方も自律神経についての理解が浅いから仕方のないことなのかもしれませんけどね。


さて、貴乃花親方の喉ですが、本人の発言をそのまま真に受けるならどこがどうおかしいかほぼ検討がついてしまいます。ただ、長年相撲に取り組んだこと事が影響しているとみるのがいいでしょうから、そうであればけっこう根が深いもしれません。周囲の人がマフラーを気にしなくていいようになるのは結構骨が折れるかもしれません。
関連カテゴリー< ブログ

魔法使いの嫁の話

「自律神経の働きをたかめるにはどうしたらいいんですか?」


なんて聞かれると、



「死ぬときに『あぁ、いい人生だった。』と振り返ることができるように、1日1日を大切に生きなさい。」


と、ほぼ間違いなく答えるはずです。
その時にみているマンガだったり、アニメだったり、本だったりの影響を受けて違う表現をする時もあるかもしれませんけどね。

こんな言葉を付け加えなければいけないのがバカバカしいのですが、きちんと答えようとすると、この答えが一番適切だと本気で考えています。


ただ、ほとんどの人が求めているのは、


「毎朝、納豆を10個食べなさい。」
「毎朝、15kmマラソンしなさい。」
「毎晩寝る前に北の空に向かって、ご先祖様と神様に感謝の言葉を捧げなさい。」
「このツボを買って毎日磨きなさい。」


というようなただの横着する方法なんですよね。


「横着した生き方をしいてる人が元気になるはずがない。」


こういう当たり前の事がわからない人には何を言っても無駄ではありますね。

横着者は、


「納豆は1個じゃ駄目ですか?」
「1kmならなんとか走れると思うのですが?」
「やはりプラス思考になって、物事を前向きに考えるのがいいんですね。」
「そのツボはいくらですか?」


とかいう返事がかえってくるわけですが、そういう人は蹴飛ばして追い返したくなってしまいます。


さて、先日、インターネットで配信しているアニメに魔法使いの嫁というのを見かけました。
狙いすましたようなタイトルなんで、どうせメイド服をきたドジっ子が花嫁修行するような内容なんだろうと思いつつも、キャラクターと世界観の絵をみているとちょっと心惹かれてしまったので1話だけみてみたんです。

すると予測とは全く違う内容でした。
両親がなく、親戚じゅうから厄介者扱いされた10代の女性が、自らを競売にかけるんですよ。


「自分を必要としてくれる人のところへ行きたい。」


生きる価値とか目的を完全に見失ってしまって自らの命を絶とうとすらしたようです。
で、その競売である魔法使いに気に入られてしまうわけです。なんで気に入られたかは、多少は伏線がはってはありますが、まだそれがわかる所までは見てないですけどね。弟子として、そして嫁として落札さた彼女は、その魔法使いの家族して迎えられることになったわけです。

ある日、魔法使いに連れて行かれた先で年老いたドラゴンと出会います。
彼女はドラゴンの命がつきるその瞬間に立ち会うわけなんですが、そのドラゴンが私とまったく同じことをいっていたんですよ。

で、世の中を斜めにしか見れない私なんかの言葉より、映像と音楽、そして表現力の高い役者を通して見たほうがわかりやすいかもしれないなぁと。そんな事をおもったわけで、これからは、


「自律神経の働きをたかめるにはどうしたらいいんですか?」


と聞かれたら、


「魔法使いの嫁のアニメ、1から3話まででいいからそれを100回見ろ、そしてそれで何も感じることがなかったら諦めた方がいいね。」


と答えようと思ったわけです。

ちなみに、私はアマゾンプライムでみましたが、いまちょうど放送をやっているのですかね?DVDのレンタルなんかもあるかもしれませんで見てみるといいと思いますよ。とりあえず3話まではすごくいいお話です。
関連カテゴリー< ブログ

アナウンサーはガンになりやすい?

有名な女性のアナウンサーの方が亡くなられました。
ガンだったと聞いて、ふと気がついたのだけど私が注目しているアナウンサーの多くの方ガンで亡くなられています。

ガンは原因不明だと言われていますが、どういう体の状態になっている方がガンになるかを見分けるのは実はあまり難しい事でなかったりします。


実際に、そういう人もたまにやってくるわけですよ。
ちょっと怪しいなぁと思っていた人が健康診断にいったらガンが見つかったなんていうのも何回か経験していたりします。そして、実際にガンだと診断されている人の背骨がどうなっているかも見てきているわけです。それほど多く経験しているわけではありませんが、多少は慣れてきたもんで、怪しい人が来たときには、


「私では手におえませんので他へいってください。」


というような話をしたりしますね。
まだ今ならまだ大丈夫かなぁと思った人には、


「今からでもちゃんと体を整えていかないと大変なことなるよ。」


ということを伝えたりしますけどね。
ただ、こういう具合になっている人って体の事をちゃんと考えていないんですよね。たいていの場合、頭が痛い、肩がこる、腰が痛いなんていっているんですけど、


「今の体の状態は、そういう問題ではないよ。」


というような説明をしても真剣に考えるようなことはないようです。
こういう人というか、これは危ないかもしれないと思うような人が年に何人かはやってくるわけですが、皆同じようなセリフをいっているんですよね。そんなのを経験していると、ガンなんてものは、自分の体とちゃんと向き合って生活していない人がなるような病気だなぁと、そんな事を考えるようになってしまいました。


ガンになりやすい体というのを簡単に表現するなら風邪をひけない体ということです。
熱がだせない、くしゃみがだせない、せきもできない、そういう状態です。で、やっかいな事が今の世の中で予防として行われていることの大半が、体が熱を出せないようにするというようなものだということでしょうか。私が予防をするな、風邪はひいとけというのはこういう事が理由だったりします。


で、アナウンサーの仕事をしている人でガンでなくなった方が何人か頭に浮かぶわけなんですが、もしかしたら喉を守るという理由でガンになりやすい体になってしまっていたのかなぁとそんな事を思ったわけです。

関連カテゴリー< ブログ

気胸についてのかなりいい加減な話

何の気なしにYoutubeの動画をながめていると、気胸になったのでしばらく動画をおやすみしますなんていう話をみかけました。

そういえば肺気胸という名前は聞いたことがありましたが、どういうものかをちゃんと把握していなかったので調べてみました。歴史上の人物を肴にあれこれ想像の翼を広げるのが結構楽しいように、病気についてあれこれ思索するのも結構楽しかったりします。原因がわかっていないなんていわれると尚更ですね。


単純にいうなら肺に穴があく状態のようです。
面白いのは、10~20代の青年、しかも細身で長身の男性によくおこるということでイケメン病なんていう俗称もついているようです。これだけの情報でほぼ推測はついてしまいますね。

細身ですから、肺の動きは小さいわけですよ。
ネット上では、細身だから肺の動きが制限されてなんて書いてあるところもありましたが、肺の動きが小さいから細身になるのであって、このあたりは順番が反対であると考えた方がいいでしょうね。そういう傾向のある人は消化吸収する力が弱いのが普通ですから、細身であることが原因なのではなくて、肺の動きが小さい事が細身になる理由なのだと考えるほうが適切でしょう


長身であるというところもポイントでしょう。
単純に考えるなら、1種傾向があるということで、周りからみると理屈っぽくどうでもいいことをくどくどと考えいる性格の人という傾向があるかもしれません。ジャニーズグループの相葉雅紀さんが、この病気になったそうですが、私がテレビでみる限りではそんな風には感じませんでしたけどどうなんでしょうね。暇さえあれば頭の中で想定問答みたいなことをしている人がなりやすいのかもしれません。


こういうことから単純に考えるなら心臓の動きが強すぎて肺がそれについていけてないと考えるとわりとしっくりきます。ただ、肺が弱いということではないのでしょう。肺の動きが弱ければ、当然、心臓の動きもにぶるわけで、肺に穴をあけてしまうほど心臓がしっかり動くということはないと思われます。イケメン病なんていう俗称がからあることから考えても、活発で運動能力も高くてただ肺の容量が小さいというそういう人がなってしまいやすいんじゃないでしょうかね。そうであれば活発であることが原因でおこるわけでストレスなんかはほぼ関係ないといいきってしまってもいいかもしれません。ついでにいうとこの考えで青年男性に多いということも説明できちゃいますしね。


結局のところ、心臓と肺のアンバランスさが原因というわけで、別に運動なんかしてなくてもタバコを吸うような人だと起こしやすいということもいえそうです。蛇足ながら、インフルエンザの予防なんかしていても起こしやすくなるかもしれませんね。予防というのもやりすぎると肺の動きが悪くなってしまいますので、統計なんかチェックしてみたら増加傾向がでていたりしませんかね?


気胸についてはかなりいい加減に集めた情報を元にかなりいい加減に推測したものなので、現実にそういう人の体をみたらまったく違うことが起こっているかもしれませんけどね。まぁ、医学が把握できていない事でも、私から見ると案外簡単な事だってありますから、たまにはザマーみろと悦に浸ってみてもバチはあたらん事でしょう。
関連カテゴリー< ブログ気胸
<戻る 678910111213141516
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036