ブログ「日々整体」

夏負けの兆候

ここ2~3日、夏負けしている人がちらほら見かけるようになりました。
本格的に気温が上がり始めたのは7月末ぐらいですが、本格的に夏バテしはじめたのはここ2~3日というわけです。

暑くなったからといって急にバテるわけではないということが一つ。
もう1つは、暑いから夏バテするというわけではないということがありますね。実際、昨日こられた人で、

「今年にはいって今日が一番元気ですね。」

という人がいました。
実際、体の調子もよく暑い中でもせっせとゴルフにでかけているそうです。また、夏風邪を引いている人も私の周りでちらほらみかけます。このタイミングで風邪をひくというのは、体が元気であるといえるかもしれません。みなが夏ばてするようなタイミングで風邪をひくというのは体が元気でなければできないといえます。

暑いので熱中症対策をなんていう声をよく耳にしますが、夏が暑いのは当たり前です。
特に日本人は生まれた時からずっと四季を経て暮らしてきているのですから、暑さ寒さにきちんと対応できる体になっていなければおかしいのです。

ですから、7月ごろから、

「暑くて辛い。」

とかいっていたような人は、自律神経とか体の歪みとかいう以前の問題と思っておくぐらいでよいでしょう。

環境に適応する能力が著しく弱っているのです。
夏になって気温があがって、


「暑くて辛い。」


冬になって寒くなたら、


「凍える、寒い、辛い。」


といっているようでは駄目です。
関連カテゴリー< 整体について自律神経失調症風邪

自律神経の基本的な話

「10代の子供が杖をつかないと歩けないようになった。自律神経が原因ですか?」


と、電話で質問がありました。
体についての根本的な理解がないのでこのような質問になってしまうのは仕方のない事なのもしれません。しかし、この理解のままでは体はおそらくよくなるという事はないでしょう。

体というのは部品の寄せ集めではありません。
病院で亡くなった人をあつめて、問題のない部分を集めたとします。Aさんからは手足、Bさんからは胃腸、Cさんからは脳、Dさんからは目や鼻、Eさんからは自律神経といった具合に問題のない部分を切り貼りしてつなぎあわせても新しい人が生まれたりはしません。人は部品の寄せ集めではないのです。

「生きているという事はちょっと特別な存在だ。」

という事がいえます。
人間はロボットのような部品の寄せ集めで、自律神経はその部品の一つという認識をしていては絶対に駄目です。


さて、この方ですが、まっすぐに歩けなくなったということで脳に問題があるのではないかと検査したそうですが、異常は見つからなかったそうです。

電話でいくつかの情報を伺って、おそらくではありますが、私は何が原因かということについて推測することできました。しかし、この方の理解に問題がありました。


「この問題は自律神経からくるものですか?」


という質問を何回も繰り返すのです。


どうしてこれが問題なのかということについて説明しましょう。
起こっている事はおそらくこのようなことです。まず、ちょっとした怪我が原因で体の一部の運動がうまくできなくなったのです。その問題はすぐさま日常の生活に支障がでるようなものではありませんでした。人間の体はかなり頑丈にできていますので、かなり悪化しなければ痛みや不快感があってもそれなりに生活でてきてしまうのです。しかし、そんな生活を永く続けた結果、自律神経の働きに致命的な問題が起こってしまいました。

その問題は、


「体の異常を治癒したり解消したりすることができなくなる。」


というものです。
その結果、スムーズに体のバランスをとって動かす事ができずにまっすぐ歩けなくなったというわけです。
そして、


「おそらくある部位(※電話では明確に伝えました)に問題があると思われます。ただし、体をみての判断ではありませんので慎重に判断をしなくてはいけません。」


このような説明をしました。
しかし、


「それは自律神経の問題なのですか?」


と繰り返し質問してくるのです。
私は自律神経のことしか知らないと、判断されているのかもしれないなぁと思ったりもします。


電話でこのような話をいきなり理解しろというのも無理があるかもしれません。
ただ、先に述べたように、生きている人間の体を、車やテレビで修理するような感覚で考えているとたいていさらに悪化させてしまいます。

結局、私が伝えようとしたことはうまく理解されないまま電話を切られました。
普段ならこのような電話は放置してしまうのですが、10代でこのような状態、そしていま適切な対処ができなければ10年単位で、下手をすると一生を狂わせてしまうかもしれないと感じました。それはあまりに気の毒だと思いブログの記事として書いてみる事にしました。もともと、ホームページをみたと電話してこられたのでもしかしたらもう一度サイトの記事に目を通してくれるかもしれないと考えたからです。

私の推測が大きく間違っていなければ、若いということもあります、このような異常など3ヶ月程度で解消するのではないかと思います。
関連カテゴリー< 整体について自律神経失調症

体をちゃんと使えていないだけの話

「正座は体に悪い姿勢である。良い姿勢であれば正座して足が痺れるはずがない。」

と、テレビでいっている人がいました。
で、その人の結論は骨盤を閉めれば健康になるからこのベルトを使って骨盤をしめろということでした。こんな人がテレビにでて偉そうな事をいっているのとはひどい話です。この程度の人を取り上げるメデイアにも文句を言いたくなってしまいますね。

見ている側も、この話をきいて、

「あぁ!そうだったのか!」

と正座を辞めてベルトを買うというような人がそうたくさんいるとも思えませんが、実際のところはどうなのでしょうね?

正座をすると足が痺れるのは上手く正座ができていないだけです。
足を曲げて背中をすっと伸ばせばそれで正座ができているというわけではありません。正座というのは全身をうまく使ってこそはじめてできるものです。例えば、足が痺れている人は、足より手に意識を持っていくほうがよいでしょう。全身をうまく使えれば痺れたりするような事はなくなります。日常的に畳の上で生活してお箸で食事をしていた日本人はそういう事が当たり前のようにできたのでしょう。

最近では、

「こういう事ができなくなったのは栄養不足である。」

という風潮です。
正座ができないのは栄養価の少ない野菜を食べているからだとかいってサプリメントをせっせと食べたりしている事になります。ずいぶんおかしな事をやっているとは思わないでしょうか。

実は、腰が痛くなるも、肩や首が痛くなるのも、耳が遠くなるのも、目が見えなくなるのも、眠れないのも、全部体をうまく使えていないことが本当の理由です。

でも、こんな事を言うと、


「そうか!運動不足が原因なのか!」


なんてほとんどの人がいいだします。
本当の原因は、こういう安直な思考といえるかもしれません。

もう寒くなってきてしまいました

今日、少々蒸す感じの陽気ですのでちょっと薄着で買い物へでかけてみました。
100円ショップで雑貨を買おうとしたのですが、もうエアコンで部屋を冷やしています。私は心地よさを通り越して寒いと感じ、薄着で来たことを後悔しました。薄着といってもいつも来ている上着を脱いだ程度です。

ただ、この程度のことでも体の調子を崩してしまう人がいます。
長く調子が悪かった人など体を冷やして一発でおかしくなる事もあるでしょう。実際に、


「あれ、この体いったいどうしたんですか?」


なんていう人がいて、どうしてかと探っていくと職場でエアコンがはいったとかいうケースが非常に多いのですね。

熱中症などという大義名分ができて容赦なくエアコンで体を冷やすようになってしまって、どんどん自律神経の働きが悪くなっています。

夏になればなるほど寒くなるというのがおかしいということに世間が早く気がついてくれればいいのですけどね。
関連カテゴリー< 冷え整体について

ラジオ体操が気に入らない

「健康のためにラジオ体操をやっている。」

という人がいますが、そんな人には、

「意味がないから辞めてしまえ。」

といってしまいます。
ラジオ体操で、体を動かす事に意味があるかというと、あるといえばあるし、ないといえばありません。その大きな理由の一つには、体を動かせばそれでよいというような点です。

私は今年から居合い斬りをはじめました。
毎日、公園で素振りをしていますが、

「いまのは首が綺麗に落ちたね。」
「いまの切り方だと骨に跳ね返されて反撃されるかもしれない。」

なんていうことを考えながらやっています。
ちょっと物騒に聞こえるかもしれませんが、体を動かす時には何を考えながら動かすかということが非常に重要です。無闇に体を動かしても上達には必ず限界がでてきます。

ミスタータイガースの掛布雅之はこんな事をいっていました。

「プロ野球の選手の実力や結果には大きな差がでるのは、練習量じゃありません。プロなんだからみなとんでもない練習量をこなしているのです。素振りのときにピッチャーが投げた球を頭にイメージしてバットを振れているとバッテイングが上達する。」

というような事をいっていました。

さて、ラジオ体操はなんのためにやっているでしょうか?
ほとんどの人は体の健康のためでしょう。しかし、何も考えずに闇雲に体を動かしてもたいした成果はあがりません。人によっては全く意味がないということもあるでしょう。

大事なのは、


「健康になって何をしたいか?どうありたいか?」


というのをイメージして体を動かす事です。
このイメージがなければ体を動かし事にならないと思ってもらってもいいでしょう。




関連カテゴリー< 整体について
<戻る 23456789101112

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036