ブログ「日々整体」

自律神経の働きについて基本からもう一度

「自律神経ってなんですか?」

この質問については、いろんな答えがあります。
しかし、多くの人は解剖学的に解釈をしているのではないでしょうか。体を切り刻んで、血管だとか、筋肉だとか、内蔵だとか、神経だとか、体を構成する要素を分解していき、それぞれがどのような働きをしているか?そういう事を分析していくことは確かに大切でしょうけど、それだけではうまく説明できない事の方が多いといえます。

わかりやすい例で考えると、


「解剖学でわからないことは心の問題である。」


と切り分けて考えてしまう事でしょう。
この手の話で、まっさきに問題になるのは、


「心とは何か?」


という定義がまったくなされていないという事です。
だから、有名、著名なお医者さんだったり、先生だったりしても、


「気持ちを前向きに、プラス思考に物事をかんがえましょう。」
「悪いことを考えないように。」


なんて事をいいます。
心療内科でも、こんな事をやっているようです。私のところへ相談にこられる方はたいていこんな事をいうので間違いないでしょう。


でも、このコロナ禍において、それが現実的ではないという事に多くの人が気がついたのではないでしょうか?
恐怖に押しつぶされた人たちの行動を振り返ってみるとわかりやすいでしょう。報道で見かけて、一番ひどいとおもったのは、


「感染して自宅療養している人の家の壁に落書き、窓に石を投げて割る。」


という奴です。

私だったら、近所に自宅療養している人がいれば、


「安心して療養できるようにするにはどうしてあげればいいか?」


こう考えますけど、石を投げた人の心と、私の心の違いってなんですかね?
石を投げた人に、


「気持ちを前向きに、プラス思考に物事をかんがえましょう。」


と教えてあげたら、私と同じような思考ができたでしょうか?
たぶん、 無理でしょう。それでは、前向きになれないのは考え方だけの問題なのか?不安や恐怖を感じるのはなぜなのか?何に対してそれを感じるのか?そもそも、不安や恐怖ってなんなのか?


私からするとこういう感情の動きは割と簡単に説明できるわけです。
不安ってなんですか?っていうと、胃が収縮を起こす時に人間は不安を感じます。胃が収縮するというのがわかりにくければ、不安というのは胃が硬くなってしまってしまっている状態だとかんがえてもらうとよいでしょう。この状態では、消化吸収の力が弱まります。そんな状態では、食事をしても美味しくないですし、量を食べる事ができませんから太る事ができません。痩せ型の人は、胃が固く吸収が弱いから太れないのです。

そういう人は、胃の頑丈な人と比べて不安を強く感じます。
そういう人に


「プラス思考になれ。」


なんて具合に脳に働きかけて胃を柔らかくすることは非常に難しいのです。
言葉で、こういう胃の緊張を和らげるようなセラピストや占い師はいるとは思いますけどね。ただ、私に言わせればそんな遠回りな事をしないで、胃がそれなりに働くようにすればいいだけの話です。もちろん、生まれついての強い弱いという体質はありますから、


「松岡修造になろうとしてはいけない。」


という考えは忘れないようにして欲しいですけどね。


胃に関しては、逆で考えてもわかりやすいでしょうか。
胃が丈夫な人は食べることによって無理矢理、胃袋を広げて柔らかくすることができます。そうやって胃袋を広げることで不安も和らぎますから、胃が丈夫な人は自粛期間中に間違いなく太ったはずです。理由は簡単で、空腹で食べていたのではなく、不安で胃が収縮するので、それを広げるために食べていたからです。


不安と恐怖というのは別の感情です。


恐怖というのは、心臓が固くなっている状態です。
心臓はどくどくと収縮と弛緩を繰り返し全身に血液を送るポンプの役割です。そして弛緩がうまくできないときに、人間は恐怖を感じます。


「プラス思考になって心臓が柔らかくなるか?」


というと、なる人もいるでしょうし、なるケースもあるでしょう。

でも、ライオンに追われている時を想像してみてください。
逃げ切れる自信があれば心臓は収縮と弛緩をしっかりと繰り返して力強く動くでしょうから逃げ切れる確率があがります。でも、その自信がない人は、心臓の弛緩が十分にできませんから心臓の能力が落ちてゆきます。そうやって、息切れして足が止まって、今まさに追いつかれそうになっているときに、


「プラス思考になれ、前向きに物事を考えるのだ。」


というアドバイスに意味はありません。
そして、ライオンに追いつかれて倒されて、噛みつかれそうになった時にどうするか?


たぶん、


「石を投げる」


そうするんじゃないでしょうかね。もしかしたら、石じゃないかもしれませんが・・・。
石を投げて窓を割った人の体に起こったことは、ほぼ間違いなくこういう事です。これは心の問題か、というと違うといえるでしょう。もし心の問題であれば、日本中のあらゆるところで同じ事が起こったはずです。元々、心臓の動きが硬かった人が、それに耐えられなくなってやてしまったためにやった行動でしょう。


食べ物を食べた時の胃袋の働きとか、心臓を動かして血を全身に送るなんていうことを意識してやっている人はいません。
こういうのは自律神経の働きなわけですが、心の問題とか、体の問題とか、そういう具合に分けて考えてしまう事がそもそも間違えている訳です。




関連カテゴリー< ブログ

青竹踏みについて動画で補足しました

青竹踏みについて骨の模型で補足をしてみました。
四面楚歌の方にあげてありますので、のぞいてみてください。




関連カテゴリー< ブログ

ウイルスとはなんだろうか?

神戸や大阪で行われた抗体検査によるともう数万人単位の人がすでに感染して抗体を確保していると推測されるという結果がでました。




私にとっては、たぶん、そうだろうなぁと思っていたのが、どうも様子が変だなぁと思い始めたところで、やっぱりそうでしたかという感じです。


世間の様子を見ていると、多くの人はウイルスを敵だと認識してるようです。
世界各国のリーダは、これは戦争だと発言しています。日本でもウイルスとの戦いに勝たねばいけないと発言しているのをよく見かけます。以前にどっかで書いたのですけど、戦争という捉え方には大きな違和感を感じるので、


「ウイルスって大気成分みたいなもので、その成分がちょっと変わっただけだから環境に適応するという発想の方がいいのではないか?」


なんて事をいっていたように思います。
まぁ、過去にはペストみたいなとんでもない事になったウイルスもいますけど、この考えだと都市封鎖なんてやってしまうと人間の体を弱めて返って亡くなられてしまう方が増えてしまうはずです。


こう考えるのは、私が整体師だからでしょう。
病気と呼ばれる様々な症状は、体を安定化せるために起こるもので、体を壊すためのものではないという前提があり、そこが医療の考えとは全く違います。よくやる例え話ですが、地球が1つの生命だと考えた場合、


「地震というのは病気だと思いますか?」
「もしそうだと思うのでしたら台風は?」


ということです。
大地は歪がでたときに振動することで安定して、大気は気圧に偏りがでたときに風を吹かせることで安定するのです。だから、地球を地震が起こらないようにしようとすると割れてしまうと思いますし、台風が起こらないように大気を改造するにはたぶん海の温度を調整したりする必要があって、そんな事をすれば海の生物のほとんどが死んでしまうはずです。

人間の体に置き換えて考えるなら、頭が痛くなったり、腰が痛くなったり、めまいがしたり、耳鳴りがなるのは、体の安定を取り戻そうという働きがあるからです。
でも、これらの症状は敵だから倒さなくてはならないみたいな事を考えると、免疫力をなくしたり、骨をいじって機能を失わせたり、耳を聞こえなくしてしまえ、みたいに体の機能を破壊するという発想になってしまいます。それで症状は確かにでなくなったりするかもしれませんけど、元気に生活できる体ではなくなってしまうことがあります。そして、その状態の人に、


「あとはあなたの心の問題だ。」


なんて言って、突き放していると私は指摘をしているわけです。


話がちょっとそれました。


それで、ウイルスというのが生命だと考える共存という選択肢があるのではないかと思うわけです。
ウイルスが生命かどうかなんてのは、生命の定義から考えなおさなければいけないのですけど、ここではそれはおいておいてください。ただ、単独で生きる事ができないので他の生物に寄生することで生きているのです。ですから、寄生した相手(ウイルスの場合感染というのかな?)が死んでしまうと、寄生している自分も死んでしまうわけですから、無闇やたらと殺そうとしているという事はありえないと思うわけです。

じゃあ、なんで死んじゃう人がいるかというと、寄生に適さない個体に寄生してしまった時に、他の個体に乗り移るために過剰に増殖するのであろうと思うわけです。そう考えれば、感染しても元気な人がいる理由も理解しやすくなってきませんかね。その答えは簡単で、


「共存できる人は感染しても平気。」


という訳です。

人間は理性をもってしまったんで、ちょっとおかしな事を言うわけですが、


「人間が生き残るために他の種の動物のすべてを殺し尽くしてもかまわない。」


というと、それはちょっとまずいというのは、感覚的にわかるのではないでしょうか?
でも、ウイルスを収束させるっていうのは、人間の命がもっとも至上の価値をもつから、そのためには他の生物を滅ぼしてしまってもかまわないという発想になるんじゃないでしょうかね。

理性をもたない他の生物って必ず共存しようとするはずなんです。
そう考えれば、ウイルスは必ず人間と共存しようとしているはずで、そのために一生懸命になってんじゃないかと、その結果が大阪や神戸で数万人が感染、寄生している見込みなんていう検査結果がでたんじゃないかなぁと。

まぁ、日本はイタリアやアメリカなんかと比較して亡くなられる方が少ないからそう考える事ができるというのもあるでしょうし、身内で誰かが亡くなったなんてことになったら、


「ウイルス憎し!許さん!」


という気持ちになってしまうかもしれませんけど、そうではないから客観的に物事を考えることができるという面もあるように思えます。


そう考えると、私達が目指すのはウイルスと共存できる体になるわけです。
簡単にいうなら、『元気で丈夫な体』、というだけの話で、実は、ウイルスと共存する事はとっても簡単な事なんじゃないでしょうかね?
関連カテゴリー< ブログ

体の変化は波で捉える

「感染したのではないか?」


ここ2~3日、多くの人がそんな事を考えていたのではないかと思います。
ただ、これは私が口を酸っぱくしている5月病という奴ですので心配はいりません。4月終わって、一気に気温があがってくるわけですが、それに応じてリンパの活動が活発になるようで、体がぼーっとして、人によっては熱がでたりするだけです。

体がぼーっとしているので、行楽いったりして発奮することで元気をだすという事が定着したのでしょう。
それがゴールデンウィークとという言葉になったのであろうと思われます。ただ、今年は、外出ができていませんので、ただただ、


「なんかしんどいわ。」


みたいな事になってしまう人が多いかもしれません。
それで私が考えた手っ取り早く解決するには、


「高級食材を買って食べましょう!」


という方法です。

だいぶ息もつまっているのではないでしょうか?
これは文字通り、呼吸が浅くなっている状態です。不安を抱えながら1ヶ月も引きこもっていたら病気しやすくなるのが当然です。ちょうど10万円もでることですし、それを使って普段口にすることができないようなものを買ってみるといいでしょう。今、肉、果物なんかが全然売れなくてとんでもなく値段が下がっているそうです。先が見えないので、貯蓄したいという気持ちになる人が大半でしょうけど、先が見えないからこそ体調には気を配っておくのがいいと思います。ここで体をへたらせて、元気をなくしてしまうとあとあと困った事になることでしょう。全部を気前よく使う必要はないですから、普段だとちょっと手がでない、出せないと思えるようなものを買ってみるといいかと思います。

私が以前に試した特Aのお肉なんていかがです?Facebookで紹介している記事はこちら


季節感ですが、体が緩むタイミングと引き締まるタイミングがあると考えるといいですね。
バイオリズムなんていう言葉を聞いた事がある人もいると思いますが、緩んだり締まったりが波のように交互にやってきます。この波には12年周期の大きな波、1年の四季に合わせた中期の波、1ヶ月単位の小さな波の3つがあると考えるといいでしょう。女性だと、海の干満を知ることができる潮見表と自分の体調を照らし合わせると体調管理がやりやすいかもしれません。

12年周期については干支が12であるという事と符号しているのは偶然じゃないでしょう。
13番目の干支のねこが仲間はずれにされたなんて話があって、13を不吉として考えるのは西洋だけじゃなくて、日本にもあったりします。そういや、今、ちょうどフルーツバスケットというアニメをやっていて、それが干支をテーマに盛り込んだストーリの展開をしているので見てみるといいかもしれません。女性には人気のある漫画ですので知っている方も多いことでしょう。

心理学を勉強している人だとペルソナに置き換えるとわかりやすいのじゃないでしょうかね?
あまり詳しくないですが、人間の内面には12の仮面があるというようなものです。タナトスなんていう仮面は死を意味するわけですが、タナトスの面が強くでる周期に来ていると人間は死にたくなったりするわけです。

タロットカードはこれをさらに細かく分けて22に分類したものです。
デスという死を意味するカードは13番目で、その前後にはあまりいい意味をもたないカードが並んでいますね。

ほかではアーサー王の円卓の騎士は12人で、13人目がはいった時に国がおかしくなりはじめて、聖杯を手に入れることでそれを治めたというような話だったと思います。
まぁ、そんな訳で12という周期は人間の生活とか生き方に大きく関わってくる数字だなんていう事を意味するというのを知っておくと波の事をちょっと理解しやすいかもしれません。


波というのは、個人だけのものではなくチーム、集団や国にも存在します。そこに、集まった人たちの波がさらにおおきな波を作っている訳です。


それで、今起こっている事を、この波、周期で説明するのであれば、タロットカードがわかりやすいでしょうか。
今年からの変化は、タロットカードで表現するなら、

「ワールド」

で間違いないですね。
ワールドの意味するところは、世界の統合です。いままで無秩序だったもので1つに統合されるというような意味あいですが、たぶん、国というものの存在感が強くなって、個の繋がりが強くなるという事になるんじゃないでしょうかね?
下世話な表現をするなら、大きくなりすぎてしまった格差が一気に縮まるであろうと推測しています。昨日、首相が演説を見た人は、


「こいつは何をいっているんだ?」


と思いませんでしたか?
いわゆる上級国民の人達は我々の気持ちを理解できなくなっているわけです。大きな溝があるわけですが、その溝が一気に埋まるんじゃないかと考えています。たぶん、結果としては悪くないどころか、かなりいい感じのところに落ち着くはずです。妙な混乱に巻き込まれたりしないようにだけ注意しておくのがいいと思います。

関連カテゴリー< ブログ

足の踏み方

過去2回、青竹をつかった立ち方の練習をまとめてみました。



これを続けていると、肩やら腰やらに痛みがでたりする事があります。
人によっては胸が苦しくなったり、動悸がおこったりみたいな事が起こる人もいるということで相談してこられる人もいました。でも、経過としてこれはオッケーです。もっと時間がかかると思って触れずにいたのですが、上手にやれているということですので安心してください。この変化は、体の問題のあぶりだしでしかありません。

次のステップは問題の解消をやっていきます。
具体的には足の骨の調整です。肩、腰、やら胸の具合が悪いのに、足の骨の調整をして意味があるのかと思うかもしれませんが、体なんてそんなものですので今は深く突っ込まないでください。このあたりは私がいつもいっている、


「知識として知らないほうがうまくできる。」


という領域の話だからです。

いつも例にあげる野球のピッチャーで考えてみましょう。
速い球を投げれるピッチャーは、速い球を投げる理屈をしっているから投げられる訳ではありません。速い球を投げようと練習したから、速い球を投げれるようになったのです。理屈がわかればできるというのであれば、イチローに野球を教わったらみんなイチローになるし、野茂に教わったらみんなトルネード投法で投げれるという事になります。イチローも野茂も自分の骨格に合わせて練習したら、イチローと野茂になったのです。その結果、彼らなりの野球理論があるとは思いますが、その理論を知ったからといってイチローや野茂になれる訳ではありません。そもそも大奥の人は、自分が野手向きかピッチャー向きかすらも自覚していないので、ここの順番を逆にしてしまうと何をやってもうまくいかなくなってしまいます。だから、うまくやるには先に体の状態を変えてそれから、必要であれば理屈について考えるという事がポイントですね。


ただ、やる事は簡単です。


「青竹を踏むだけ」


です。
ただ、踏む時に足の骨を意識してみてください。


足の骨


で検索してみてください。
足の骨の絵がでてきますので、その絵を見ながら1本づつ、1個づつ骨の状態を確認しながら竹を踏んでみてください。すると、やたらと痛いと感じたり、うまく踏めない骨がみつかるはずです。種子骨、中足骨あたりだと思いますが、見つけたらその骨が力を取り戻すように踏んでみましょう。

難しいのはこの力が取り戻すという感覚でしょうか。
基本的な考えは、


「強い力は機能の停止、ゆるい刺激は活性化」


ということです。
多くの人が、強い刺激を与えて鈍らせてしまっています。足を踏む時に、ツボを刺激するような突起があるのを避けるようにいっているのもこの点の事を踏まえての事です。


関連カテゴリー< ブログ
<戻る 345678910111213
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036