ブログ「日々整体」

気胸についてのかなりいい加減な話

何の気なしにYoutubeの動画をながめていると、気胸になったのでしばらく動画をおやすみしますなんていう話をみかけました。

そういえば肺気胸という名前は聞いたことがありましたが、どういうものかをちゃんと把握していなかったので調べてみました。歴史上の人物を肴にあれこれ想像の翼を広げるのが結構楽しいように、病気についてあれこれ思索するのも結構楽しかったりします。原因がわかっていないなんていわれると尚更ですね。


単純にいうなら肺に穴があく状態のようです。
面白いのは、10~20代の青年、しかも細身で長身の男性によくおこるということでイケメン病なんていう俗称もついているようです。これだけの情報でほぼ推測はついてしまいますね。

細身ですから、肺の動きは小さいわけですよ。
ネット上では、細身だから肺の動きが制限されてなんて書いてあるところもありましたが、肺の動きが小さいから細身になるのであって、このあたりは順番が反対であると考えた方がいいでしょうね。そういう傾向のある人は消化吸収する力が弱いのが普通ですから、細身であることが原因なのではなくて、肺の動きが小さい事が細身になる理由なのだと考えるほうが適切でしょう


長身であるというところもポイントでしょう。
単純に考えるなら、1種傾向があるということで、周りからみると理屈っぽくどうでもいいことをくどくどと考えいる性格の人という傾向があるかもしれません。ジャニーズグループの相葉雅紀さんが、この病気になったそうですが、私がテレビでみる限りではそんな風には感じませんでしたけどどうなんでしょうね。暇さえあれば頭の中で想定問答みたいなことをしている人がなりやすいのかもしれません。


こういうことから単純に考えるなら心臓の動きが強すぎて肺がそれについていけてないと考えるとわりとしっくりきます。ただ、肺が弱いということではないのでしょう。肺の動きが弱ければ、当然、心臓の動きもにぶるわけで、肺に穴をあけてしまうほど心臓がしっかり動くということはないと思われます。イケメン病なんていう俗称がからあることから考えても、活発で運動能力も高くてただ肺の容量が小さいというそういう人がなってしまいやすいんじゃないでしょうかね。そうであれば活発であることが原因でおこるわけでストレスなんかはほぼ関係ないといいきってしまってもいいかもしれません。ついでにいうとこの考えで青年男性に多いということも説明できちゃいますしね。


結局のところ、心臓と肺のアンバランスさが原因というわけで、別に運動なんかしてなくてもタバコを吸うような人だと起こしやすいということもいえそうです。蛇足ながら、インフルエンザの予防なんかしていても起こしやすくなるかもしれませんね。予防というのもやりすぎると肺の動きが悪くなってしまいますので、統計なんかチェックしてみたら増加傾向がでていたりしませんかね?


気胸についてはかなりいい加減に集めた情報を元にかなりいい加減に推測したものなので、現実にそういう人の体をみたらまったく違うことが起こっているかもしれませんけどね。まぁ、医学が把握できていない事でも、私から見ると案外簡単な事だってありますから、たまにはザマーみろと悦に浸ってみてもバチはあたらん事でしょう。
関連カテゴリー< ブログ気胸

2月1日は休んでいます。

2月1日は自分探しのために休みにすることにしました。
ご注意ください。
関連カテゴリー< ブログ

生まれて始めてしもやけになる

先日、趣味の釣りにいった日のことです。
夜明けが7時前ぐらいの時期で、5時ぐらいに現地について釣りをはじめていたのです。


「きょうはえらい寒いなぁ。」


と思っていました。
天気予報は確認していて空模様は晴れていたんですが、うっかり風の事を失念していました。あとでみたら6~8mの風が吹いていたそうで、とんでもなく寒さを感じる日でした。で、そんな状況で魚釣りしているわけですから、たぶん手が塗れてそれに風があたってという事が起こっていたのでしょう。

釣りを終わる頃というか、風が強くなってきて強制終了になったんですが、片付けをしていたらなぜか手が痛いわけです。


「寒さで手が痛くなるとか珍しいなぁ。」


と思っていたんです。


で、帰りに温泉に入ってきたんです。
体を温めていると気がついたんですが、手の平が赤く腫れ上がっているのです。なんじゃこりゃと思っていたんですが、


「これが噂に聞いていたしもやけというやつかっ!」


と、数時間後に気がついたわけです。

実際になってみないとわからないことは多々あるというわけで、いまでも暖房の風を手にあてたりすると痛かったりします。


ただ、

「これがしもやけで手が痛いという感覚か!」


と非常に新鮮な気持ちで週明けを迎えていたりします。痒いとか痛いとか聞いてはいましたが私にとってはなかなか興味深い感覚なわけです。

で、ふと、


「整体師、しもやけなる。」


みたいなタイトルが浮かんだんでちょっと書いてみようと思ったんですが、書き始めてすぐ、誰にも一切興味をもってもらえないだろうと気が付きました。私にとっては衝撃的で鮮烈な出来事ではあったんですけどね。
関連カテゴリー< ブログ

ポキポキする整体ですか?

「オタクはポキポキする整体ですか?それともソフトな整体ですか?」


なんていう電話が先日ありました。
こういう質問してくる人とは話をするのも嫌です。正確に答えるのであれば、必要があれば音が鳴るようなことをするし、必要がなければやりませんとうことになりますけどね。ただ、こんな質問してくる人にまじめに答えて、コミュニケーションが成立したことが1回もありません。ポキポキするかが一番の気がかかりで体がよくなるかどうかが後回しになっている人にこんな話をしても意味が通じないんですよね。


そんなことは後回しでいいはずなんですよ。
東京へ旅行へいくのに、電車でいくか、新幹線でいくか、飛行機でいくかみたいな事を考えているわけです。レジャー感覚で体をどうにかしようなんて事を考えてうまくいくはずがないんですけどね。

うちに電話をしてくるとうことは、なにか体の悩みがあってそれを解決したいと考えているはずなのです。それを解決するのに、手段を選んでいる余裕があるわけですから、


「うちにくるのはその余裕がなくなってからにしてください。」


ということになってしまいます。


そういえば去年の暮れに、


「ほかの整体院では『辛いでしょうけど元気になるために一緒に頑張りましょう!』とか言われたけど、ここではこんなに糞味噌にいわれるんですね。」


なんていう人が2~3人続きました。
他所の整体院ではそんな事をいうのか驚きました。こんな気休めどころか中身がなんにもないセリフを口にして相手の体が元気になるんでしたらいくらでもいいますけどね。


まぁ、もしかしたら、強い力を体に加えて事故というのを心配しているのかもしれません。そんな話はいくらでも転がっていますからね。

ただ、私にすれば整体にポキポキとかソフトとかそういう分類があるのがおかしいし、気に食わないわけです。そんなカテゴライズをして、お客様は神様ですみたいな事をいっている技術屋がいるせいで、整体という技術が軽薄なものになってしまっているわけです。だから、こんなくだらない事を聞いてくる人がでてきてしまうのだろうと思えます。


さて、書いているうちにだんだん腹がたってきてしまいました。
その時は、


「しょーもない電話で仕事の手がとまてしまった。」


ぐらいにしか考えていませんでしたが、落ち着いて考えると電話を叩き切るぐらいの対応でちょうどよかったのかもしれません。まぁ、いまさら、電話をかけ直して、怒鳴りつけるわけにもいきませんし、書き続けているとどんどん過激になっていきそうなきがしますから、今日はこのぐらいにしとこうと思います。
関連カテゴリー< ブログ

口の形とその使い方

機会があったら試してみたいなぁというものにマウスピースがあります。
もともとボクシングで歯を折らないための保護具だといういう認識です。ただ、かみ合わせが良くなると運動能力があがるなんていわれて、ほかのスポーツでも見かけることがあります。

衛星放送がはじまったころにみていてたフットボールや、バスケットボールでは、マウスピースを使っている選手が珍しくありませんでした。激しくぶつかるスポーツなので保護具という意味合いもあるのかもしれませんが、フットボールなんかはヘルメットをかぶってさらにマウスピースという具合でしたらから、保護より能力の向上を狙っていたのではないかと思います。

噛み合わせがよくなると運動能力があがるというのはおそらく本当だろうと思います。
日本でもマラソンの選手に歯の矯正をしてオリンピックを目指している人がいました。それで実際に走るスピードがあがったかまではしりませんけどね。歯並びというのは呼吸器の影響を強く受けていると考えています。逆にいうと、歯並びが悪くなるというのは呼吸器の働きに何かあると考えてよいとうことでもあります。まぁ、歯並びが悪いからといって肺の動きに問題があるというほど単純ではなく癖があるという程度の人が大半でしょうけどね。

マラソン選手なんかだと肺の働きはスピードに直接影響するでしょう。
だから、歯の矯正をすることで運動能力があがるという考えはまっとうなものだと思います。ただ、癖のある肺の働きで優勝していた人が、歯の矯正をしたらさらに早くなるかというとそれほど単純でもないでしょう。もともと癖のある肺の動きで優勝していたのですから、癖がなくなったら走り方も変えないといけないわけですよ。癖のある肺で優勝するぐらいですから、2時間以上フォームが崩れることなく走り続ける事ができるように鍛錬を重ねてきたわけです。それを癖のなくなった肺の動きに合わせて変えるということは容易であるはずがありません。場合によっては、逆に遅くなったりするこもあるかもしれません。単純にまとめるなら、歯並びを矯正することで潜在能力は高まるけどそれを発揮できるようになるかというのはまた別問題だということですね。

まぁ、癖がある肺でも日本一ぐらいにであればなれるということでもありますが、世界一を目指すのであれば癖をなくして最高パフォーマンスを出せるようになるのいいのかななんて私は考えています。

さて、マウスピースの話です。
私が気になっているのは、


「マウスピースを利用して体を動かす時に、マウスピースをしっかり噛み締めているか?」


ということだったりします。
理屈から考えるとマウスピースを強く噛んでいると体はうまく動かないと思えるのです。どうやっているかというと、歯に力をかけないでなおかつマウスピースを落とさないような口の形で運動するといいのじゃないか。イメージとしては、ゆで卵を口の中にほりこんで運動するつもりでやるといいのかなぁと。最近になって、こんな疑問が湧いたのですが、マウスピースを入手する機会も必要もなかったりするし、こんな疑問を解決するためにまにマウスピースを作るつもりにもなれないしということで思考が止まっていまっています。

関連カテゴリー< ブログ
<戻る 345678910111213
品川での整体指導予約受付中

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036