ブログ「日々整体」

安全運転と出張をはじめました。

先日、出張をやりますという告知をしてからはじめての出張にいってきました。2輪で行くわけですけど、2輪での高速道路は慣れていないのでまだちょっと怖いと感じてしまいます。ちなみに乗っているのは150ccのバイクなんですが、ちょいとアクセルをひねれば100kmぐらいは簡単にでます。 


高速で走るとなると車体が軽いと風の影響だったり、近くに大型車が寄るだけで振られるといったデメリットが大きいので大きな車体のバイクを買った方がいいかもしれないなんて考え始めています。まぁ、大きいとそれはまた駐車や取り回しでデメリットがでるのでちょうどいいサイズを考えた方がいいのでしょうけどね。

2輪での高速道路の運転は生身だから怖いと思う人が多いかもしれません。 
ただ、実際に走っているみると危険だと感じるからこそ安全運転に対する意識が高まるというメリットもあると感じます。結果、安全に運転するノウハウがここ数ヶ月でみるみる身についたように感じています。そのため、案外、こちらの方が安全に走れるのかもしれないと感じる事がしばしばあります。 

結局、一番怖いのは安全意識がないドライバーですね。 
普段でも様子をみていると、

「そんな運転をしていたら猫が飛び出してくるだけで死ぬこともありえるだろうに。」

なんていう運転をみかける事は少なくありません。
予測力とか、想像力とかそういう能力に欠けた人は運転適正がない、つまり運転しない方がいい人間なんてののもいるのだろうなぁと思ったりもします。アオリ運転や飲酒運転をしてしまうような人はそういう人たち代表的な例なのでしょう。

ところで、運転適性の低いドライバーって、車体の大きさで判断していることが多いようで、 

「小さな奴は大きな車体に進路を譲るべきだ。」 

みたいな感じで幅寄せだったり、無茶な追い越しをしてきます。2輪の運転では、そういうドライバーをいかに早く察知して距離をとるかというのがキモになってくるように思います。 

不思議と、こういう人って車種が偏っています。 
軽バン、バン、外車、高級車といった感じですね。これにタクシーを加えて、そんな車種が近くに寄ってきたら警戒をするようになってきました。

他で怖いのは周囲が見えていないドライバーです。 
これは残念ながら女性に多いというか大半は女性です。これは女性特有の視野や思考のせいだと思いますが、オバタリアン走行とでもいうと伝わるかもしれません。3次元的に状況判断をするのが苦手だったり、自分を客観的に見る事が苦手な人は、自身の走行にしか関心がなく、こちらが優先の状況であっても、 

「危ないから私の走行の邪魔をするな。」 

という運転行動をとる傾向があります。
ただ、こういうのも30年ほどの運転経験があると、挙動をみてだいたいすぐに察知できるようになってきましたね。経験の積み重ねがいかに大切なのかという事を今更ながらに感じています。 

さて、50歳目前で二輪の免許を取得したわけです。
これからますます運動能力が低下していくなかで免許取得というのは安全運転を見直すいいタイミングになったように思います。運転なんて慣れでやってしまっていると、能力の低下や、危険に対しての感覚がどんどん鈍くなってゆきますからね。ちょっと前に裁判のあった、暴走事件を起こした高齢者は自分の衰えを認めることができなくて、車の故障が原因だなんて主張してしまっていました。この事件は、他人事ではなく我が身に起こるというか起こしても不思議のないものだと捉えて自動車や二輪の運転をやっていこうと考えています。

まぁ、そんな訳で関西圏でしたら安全運転でどこでもいきます。 
どういう形でやっていくのがいいかはまだこれから試行錯誤していく段階ですので、体の調子でお困りの方はまずはご相談を頂ければと思います。 
関連カテゴリー< ブログ

台風で代謝が落ちたのでのでアカスリ

ここ2日ほど夜中に目が覚めています。 
朝のジョギングは途絶えてしまったし、深く眠れていないようで昼間は眠いのでどうしてだろうか?なんて考えていたのです。ただ、体にかゆみを感じるし体重はやたらと重くなっているしでおそらく、代謝が落ちているのだろうと。それなら、今、近づいてきている台風の影響だろうと判断しました。 

ここ数日、やたらと体調が悪いとか、腰が痛くて仕方ないとかいう人がつづいていました。どうも今回の台風はかなり気圧の低下が激しいみたいですね。 

それで、銭湯にきてアカスリをやってもらう事にしました。 
アカスリは、皮膚を刺激して代謝を向上させるものだと思うといいでしょう。だから、今の私のように代謝が落ちて体が重くなっている人には最適だったりします。 

ちなみに、関西だとたいていの銭湯、スーパー銭湯にはあるサービスです。 
ところが、関東だといわゆる下町の銭湯がまだまだ賑わっています。そのせいかある程度のスペースを確保しないといけないアカスリは受けられる所はみた事がありません。もしかしたら、郊外の大きな施設なんかにいけばあるかもしれまません。そんな感じで関西だとどこにいってもたいていある珍しくもないサービスなのですけど、関東の方だと韓国にいった時にやってみたとかたいていはそんな話になりますね。 

さらに余談ですけど、韓国だとやたらと強い力で体をこするそうです。 
慣れていない日本人にはかなり痛いらしいですね。韓国の方は肌が鈍感だとかストレスが多いから半端な刺激では代謝があがらないのかもしれません。おそらくキムチのような刺激が強い食べ物を好む風土とか風習が影響してかなり強くこすられる事を好むみたいですね。 

代謝が落ちているというのはわかりにくいかもしれません。 
代謝が落ちたときに体にどのような事がおこるかは個人差が大きいのでわかりやすく説明するのは難しいです。単純に体が重くなってやる気や意欲がなくなって、いろいろ辛くなるというぐらいに考えておくといいかもしれません。

先ほども述べましたが、今回の台風の影響では、 

・肩や首が痛い 
・ぎっくり腰になった 
・眠れなくなった 
・動悸が辛かった 

なんていう人が多かったですね。 

わかりやすいのは視力に大きく変化する点でしょうか。私自身もここ何日か目がぼやけていると感じる事が頻繁にありました。 

視力というのは肺の活動に大きく影響を受けます。 
代謝があがると肺が活発になるので世の中が明るくみえるようになります。だから、視力が低いなんていうのは目が悪いのではなく肺の働きが弱いのだと考える方がいいですね。だから、肺が小さくしか活動していない状態で目が見えにくくなるのは当然で、その状態で目が見えないとかいって、目の状態の確認しかしない眼科にいって相談するなんていうのはナンセンスだったりします。 

アカスリをしたらはっきりと感じ取れるぐらい世界があかるくなります。
これはどういう事かというと、代謝がしっかりしている人は世の中があかるく見えて希望をもてるという事になります。逆に代謝が悪いと未来に絶望しか感じないという事になります。 

「そんなものは気持ちのもちようだ。」 

なんて、飛躍した理屈に思う人も多いかもしれませんが、気持ちの持ち方というのは考え方の問題ではなく適度に代謝が起こっているかどうかというところがポイントで、代謝の悪い人が頭の中だけでプラス思考になっても、 

「宝くじさえ的中すれば私の人生は薔薇色だ!」 

なんていう現実味のない思考しかできません。
もし女性の方でで付き合っている男性がこういう馬鹿な事をいっていたらアカスリをおすすめするといいでしょうね。 

そんな訳で、アカスリなのですけど台風がやってきて代謝が落ちたときに、 

・肌が荒れてくる 
・目がぼやけてくる 

という方には向いている可能性が高いと思われます。 
今回のように台風の影響で体調が悪くなっているというのは気がついていない人がほとんどです。そういう時には積極的に行動しようという気持ちにはなかなかなれませんから、動けない、動く気になれないときにためしみる事をおすすめしておきます。 
関連カテゴリー< ブログ

整体の出張をはじめます

出張で整体を行います。
希望される方おられましたら電話にて申し込むください。
日程は、基本的には休みの日の受付になります。ただ、場所によっては空いている時間にでかけていきます。出張エリアはひとまず近畿圏ならどこでもOKです。

費用は1万円です。
距離が遠い場合、この費用では辛いケースもあるかもしれませんが、ひとまず1万円ではじめて、その後、かかる費用を見ながら調整してゆくことにします。

あまり細かい事は決めずにはじめてベターな方法を模索しながらやろうと思っていますのでまずは電話にてご相談ください。

TEL 075-954-0036


さて、二輪の免許を取得できました。
夏休み中は教習所に通えなかったので時間はかかりましたが、なんとか一発です。免許取得にあわせてバイクは注文してあったので免許をとったその日から乗ることができるようになっています。

それでさっそくバイクにのって和歌山まで出張してきました。
高速道路を二輪で走るのはどうなのだろうかと思ってました。あまり見かけないし、バイクで高速なんてという人が結構いたのでどんなものかと思っていましたが、案外、スイスイ走れるものですね。

実際に走ってみたのですが、バイクがどうこうというより、車の無茶苦茶な運転が多いのでバイクが危険になるケースが多いようです。そのあたりを踏まえていれば問題はなさそうです。

nirin01.jpg
岸和田SAにて休憩中


出張は基本バイクではしってゆくことになります。
二輪で走ると車では見えない景色が目に飛び込んできます。先日の出張の帰りには山道を走ったのですが、イノシシ肉を売っているところを見つけましたので少し買って帰りました。

nirin02.jpg
山道の農家の方が露店をだしていました。

場所は大阪と和歌山の合間の山なのですが、イノシシがよく捕れるのだとか。

inosisi.jpg
味噌でお鍋にするといいそうです

野生のせいだと思いますが、牛や豚なんかに比べればちょっと硬いですが臭みもなくとてもおいしく食べる事ができました。
あちこちにでかけて様々な美味しいものと出会えるといいななんて考えています。

関連カテゴリー< ブログ

交通事故を起こす本当の理由とは?

嫁が50ccの原付を運転中に電柱に突っ込み頭と体を強打しました。

ほぼすべての人が、こういう事が起こった時に、


「不注意だ。」

「運転に対しての自覚が足りない。」


なんていう具合に考えてしまう事でしょう。

しかし、私は少し前から、


「ちょっとまずいからほっておいたら変な病気になってしまう。」


と考えていました。

それで、幸いといっていいのかわかりませんが、病気ではなく電柱に頭をぶつけてきたので、


「まぁ、これならまだケアができるからいいか。」


という風に考える事にしました。


私は今回の事故を、変な病気になるのを避けて事故を起こしてきたと考える訳ですけど、なぜそういう風に考えるのかを説明してみたいと思います。


病気や怪我をするというのはどういう事か?

実は、病気や怪我は


『気の解放』


という意味をもっています。

体の中をめぐる気の流れというのは目では見えませんし、目ん玉が飛び出るぐらいの高価な機械でも観測する事ができません。まぁ、もしかしたらできるのかもしれませんが観測してみようという学者がいませんし、今後も長く現れないと思いますから発見される事はないでしょうね。


でも、気の流れを観察するのは慣れている人だと割合と簡単だったりします。

なぜかというと、気の流れというのは運動するときにその影響がみてとれるからです。運動といったってオリンピックの競技になるようなスポーツである必要はありません。立つ、座る、歩くなんていう動作にも気の流れは影響しています。なくて七癖なんていって、人には必ず癖があるといいますけど、その癖はこの気の流れが起こしている動作です。


例えば、コップでお茶を飲むときに小指をたてるなんて人がいたとします。

これは小指に気を流す事で飲み物を飲むという動作をスムーズに行うためのものだと言えます。そんな具合に、歩くときの足の運び方だったり、睡眠の時の寝相だったり、座るときにあぐらをかくとか足を組むとか、人間の全ての動作に気の流れというものが存在しており、それを無視して考える事はできません。


こういうのを知っていると、スポーツのトレーナやコーチで優秀な人がどういう見方をしている人が優秀かわかりますね。優秀な人はその人の気の流れを雰囲気で感じとってより上達するためにはどうするのがいいかと考えます。


私はよく野球で星野監督と野村監督の差を例にあげています。

星野監督が気をみてチームを作っているのに対して、野村監督が理論でチーム作りをしているからです。野村監督の野球をID野球、星野監督は闘将なんていわれていたのをご存じの人も多いことでしょう。彼らには優劣の差はなかったと思いますが、その野球スタイルには大きな差がありました。他に気で人を見ている人は、巨人の長嶋監督、マラソンの小出監督なんかが分かりやすいでしょうか。


さて、気の流れなんていうと多くの人が胡散臭く感じると思います。

だから、私はなるべく違った言葉を使って表現してきました。でも、最近になって、目にはみえないけど確かにあるこういうものにどういう言葉をあてるのがいいかというと、結局、


『気の流れ』


というのがぴったりだな思うようになってきました。


話がそれたので戻します。


この気の流れがうまくいっていないと、体のどこかに気が集まりすぎてしまう事があります。

すると気を解放するための運動として、他人から見たら意図のわからない行動をとります。例えば、俳優の窪塚洋介は自宅のマンションから飛び降りたそうですけど、こういうのは非常にわかりやすいですね。


私がこれまで見てきたものだと、スキーで木に突っ込んで足を折るなんのはとても多いケースです。

道路に飛び出して車にはねられるのなんていうのも同じで、私の嫁がやった原付で電柱に突っ込むなんてのはとてもわかりやすい典型的な気の解放といえます。


交通事故の大半も不注意というよりは、気のめぐりが悪くて起こしていると私には思われます。

つまり注意力が散漫になる体の状態というのが問題なのです。そして、気の流れを意識でコントロールできるものではありません。それを常識とかいう言葉や認識でそれを押さえ込んでしまうと抑え込まれた気はますます高まってしまってますます激しい行動を起こすようになります。例をあげるなら、秋葉原の連続殺傷事件はそういう流れで起こったものじゃないでしょうかね。


昨年あたりから話題になっているあおり運転なんてのも気の解放です。

自動車の運転席に座ると性格が変わってしまうのは、自動車という重量のあるエネルギーの大きなものを操作していると気が大きく膨れ上がっておかしな行動をとるようになるわけです。


自傷や自殺なども典型的でしょう。

リストカット、電車への飛び込みなども高まりすぎた気の解放でしかありえないでしょう。どのような気の偏りがそういう行動を起こすのかまではまだ把握はできておらずまだ推測ですが、頸椎2番に狂いがあるとそういう行動をとることがあるようです。


最近だと大半の人は、ガンみたいな病気になって偏った気を解放しようとしているといえます。

だから、ガンなんて減らしたり切ったりしてもまたすぐに再発してしまいます。ガンが生まれる必要がないように気の流れを整えなければなりません。


ちなみに、気功で気の流れを整えて自然免疫力を高めましょうなんていう謳い文句をたまにみかけます。

悪くはないのですが、ちょっとポイントがずれていると私には感じられます。気の乱れを知覚できるようになるにはある程度の経験が必要で、やれば必ず身につくというものでもありませんからね。


そんな訳で、


「頭に気が集まりすぎてたんだろ?」


と、事故から1週間ほどすぎてから聞いてみました。

すると、


「考え事をしていたらその事で頭が一杯になってしまって意識がなくなって、気がついたら電柱ぶつかっていた。」


との事でした。

一応、多少の怪我はしていますが問題なく回復できそうです。

関連カテゴリー< ブログ

東京ホンマもん教室がかなりいい内容です

「医師のすべてが良心を持って仕事をしている。」


多くの人がそう信じて疑っていませんが、そんなものはまやかしであることは私にはわかります。理由は簡単で、医療に人生を狂わされた人たちが次から次へと私のところへ相談にやってくるからです。


「毎日どれだけの実例をみせつけられているのか?」


ほとんどの人には想像もつかないでしょう。

宮台真司と藤井聡、今の日本において数少ない本物の言論人だと私は感じています。その二人の対談は使っている言葉がちょっとむずかしいのですけど、一度見てみるとよいと思います。

内容ですけど、


宮台真司氏がいう『ヒラ目ギョロ目』のまま今後も生きていくのか?

自分をもっていないというのはどういうことか?


藤井聡氏は医療の問題点、病院にいっても健康な生活は手にはらない理由についてわかりやすく解説してくれています。


ぜひ、一度ご覧になってみてください。



関連カテゴリー< ブログ
<戻る 1234567891011
出張整体
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036