ブログ「日々整体」

それは前世の因縁が原因です

どの本だったか忘れましたが、整体という技術の創始者である野口晴哉氏の著書に息子さんが大腿骨を折ってしまった時の逸話があります。ぶらんこに乗って遊んでいたら転落してその際にへし折れてしまったそうです。

いわゆる完全骨折という奴だったと思われます。
大腿骨は人間の骨で一番堅いと言われている骨でそれが完全にへし折れてしまうなんてのは他で聞いたことがありません。しいてあげるならいうならゴミ収集車のプレスに挟まれたとか、そういう事故の話を聞いたことはありますがそれぐらいの出来事がなければ起こることはまずない怪我といえるでしょう。

私の感覚からすると大腿骨が折れてしまうと、生きる力を失ってそのまま亡くなってしまう事もありそうな気がします。そして、もし安静な体勢を保って骨が繋がっても、元通りに歩けるようになることもほぼないのじゃないでしょうか。骨は折れてもまた繋がってさえいればいいというほど単純ではありません。

そういえば以前に、スキーで足の骨を折った後、食品アレルギーで頻繁に寝込むようになったなんていう人が整体にこられていました。
骨の故障が元になってアレルギーを起こすなんてのは理解できない人の方がおおいのじゃないでしょうかね。よく勉強して頭のいい人ほど、関係なんかあるはずがないというかもしれません。でも、骨というのが体を支えるためのものではなく、もっと他の役割の方が大きいはずなんですけどね。そういうことがわかっていれば、生まれついてのアレルギーなんてのは発育にちょっと問題があるだけというケースがほとんどだと思われます。


さらに余談が続きます。
当時だとこのあたりの関連についての理解が浅かったです。しかし、この方のアレルギーの事も今ならわかるかもしれないと、ここのところずっと考えていました。実は、この記事のテーマもそうなのですが、わからなかった事がわかるようになるというのは、たいていある日突然です。皆目見当がつかない、手の施しようのなかったものが、ある日突然にどうにかできるようになったりします。日頃の行いのよい人なんかだとそういうタイミングで私のところへやってきて、ささっと解決して、ささっといなくなったりしますね。


話を戻します。

野口晴哉氏の骨折の手当は独特でした。
骨がおれた場合、曲がってくっつくといけないからギブスで固定するというのが常識的な感覚でしょう。しかし、野口氏はガチガチに固定せず太ももに新聞紙を巻いたそうです。当然ですが、新聞紙には固定する力はありませんから、ぷらんぷらんの足の状態です。

「人間の体には、骨をまっすぐにつなげようとする力がある。」

という考えだそうです。
骨自身、骨の周囲の筋肉やその他の細胞などすべてが足をまっすぐに伸ばそうという働きをするからギブスがあるとそれを邪魔してしまうということのようです。他の部位の骨でしたら多少は曲がってくっついても誤魔化しはきくのでしょうけど、大腿骨ですとそういう訳にはいきません。大腿骨がうまく機能しなければ走るどころか、歩くことすらままなりません。もし、多少は歩けてもすぐに足が痛くなって動けなくなるというような状態では、骨がきっちりくっついて治ったとは言えません。

そういえばちょうど私がいま見ている人に、腕の骨折が原因でパニックを起こしている人と、同じく腕の骨折が原因で耳なりで困っている人がいますね。一人は10年以上前、もうひとりは30年以上前の怪我です。こういうのは骨の状態がきちんとみれる人でなければどうしたらいいのか検討もつかないでしょう。

さらに付け加えて、


「どうしても辛くてどうしたらいいのかわからなくて前世を見てもらったことがあります。」


なんて人が最近来られました。
別に、そういう事を吹聴しているわけでなく、あまりに辛かったからでしょう。かなりがっついて原因を教えてくれといってくるので、


「前世でなんか悪いことしたみたいですね。」


と冗談で言ったら、冗談になっていなかったという話です。
まぁ、この方はまた全然違うことが原因だったみたいで、まだはっきりとは言えないけど多分体のここにこういう問題があるからですよと伝えたところちょっと安心したようです。


話を戻します。


他の本で見たと思うのですが、雪山で遭難して骨折したけど、その骨折した足で自力で山を下りてきたなんていう人の体の状態を観察した事があるようです。

「折れていても歩けるじゃないか。」

と、そういうことが事実として起こったわけです。
私自身でもそんな話は2~3聞いたことがありますから、雪山を歩いておりるぐらいであれば骨は折れていても大丈夫らしいというのは間違いないわけです。そこから端を発して骨、骨折というものについて考えを深めていくと、こういう結論というか発想にたどり着くのではないでしょうかね。

もちろん、折れた足を新聞紙でくるんでおわりではありません。


「もし、うまく繋がらなかったらは僕は整体を辞めるよ。」


そういって目に手当てをしはじめたそうです。
先ほど述べた骨をまっすぐにくっつけようという働きを高めるために、目に意識と力を集めたわけです。


「どうして目なんだ?」


この記述をみたのは5年前だったか、10年前だったか忘れました。ただ、目に意識と力を集めることで折れた大腿骨がまっすぐにくっつくなんていう理屈が私の想像や理解の完全な外にあります。それで、


「いつかわかる時が来るのだろうか・・・?」


死ぬまでたぶん無理だろうなぁなんて思っていたのですけどね。


それがつい先週のことですけど、


「なるほど、そういうことか・・・。」


と突然、気がつくことができました。
確かに、目がしっかりしていると太ももの力というか働きがたかまりますね。それは逆もいえて太ももが力を失っていると目がうまく見えなくなってくるはずです。

なんで気がついたかというと、大腿骨の力が抜けている人の体を見ていたからなんですけどね。で、その人が訴えているのは、


「膝が痛くてまともに歩けない。」


という事だったりします。
おそらく読んでいる人は、私がいったい何を伝えようとしているのか全くわからないと思いますけどね。こんなものは現時点での私にはうまく説明なんてできませんから、詳しい説明をするなんて事はもう諦めてしまおうと思います。そのうち、気が向いたらというか、言葉になりそうになってきたらこっそり開始している闇ブログの方へまとめてみようと思います。

それまでは、こういう事は、


「前世の因縁が原因です。」


ということにしておこうと思います。


いい忘れていましたが折れた大腿骨はちゃんとくっついて、数年たった時には、


「どっちの骨を折ったんだっけ?」


と本人でもわかららないぐらいなんの後遺症もなくきれいに繋がったそうです。

四面楚歌トラブル中・・・

ちょっと前にテスト運営を開始した四面楚歌ですが絶賛トラブル中です。
解消のためにあれこれやってもらっていますが、安定するまでにもうちょっと時間がかかりそうです。このあたりに関しては完全に人任せにするしかありませんから果報は寝て待てという心境でいるしかないようです。

それで、もしかしたらこのタイミングに申し込みをする方いるかもしれないということでお知らせです。
登録と決済がうまくいかなくて閲覧がうまくできない可能性があります。その場合は、慌てずに電話にてその旨連絡をしてください。手動での対応になりますので、すぐさま対応できないタイミングがありますがちゃんと対処しますので安心してください。



さしあたって、無料で読める記事もありますので、そちらもを覗いてみてもらうといいと思います。




さて、本題です。

先月ぐらいに電話で質問があったのですが、トンチンカンな質問だったので取り合いませんでした。
こういうのってテレビの影響なのかなぁと、何か事件や事故が起こると、


「原因を究明して再発防止に努めます。」


というコメントが必ずついてきます。
原因というのがわかれば事故が起こらないと本気で思い込んでいる人が結構な割合で存在しているようです。これってかなり変な事なのですよ。


「家の中でつまずいて膝をぶつけた。」


という小さな事故で考えてみましょう。
足元につまずくような何かが転がっているからつまずいたのだと原因を発見したとします。それじゃあということで、毎日掃除をする取り決めをして、整理整頓に努める事にしました。それでつまずくという事故は完全に防げるでしょうかね?忘年会で酒飲んで帰ってきてそのまま寝てしまった翌朝につまずくという事故が起こる可能性は否定できません。それじゃあ、その事故を防ぐために忘年会への参加をやめるとか、お酒を飲むのを辞めるとかそういう対策が必要になってくるわけです。

こうやって禁止事項を増やしていったらつまずき事故の起こる確率はかなり小さくなってゆくかもしれません。でも、我が家でつまずくことはもうないとか安心していると、タンスの角に小指をぶつけたりするわけです。


それで、多分なのですけど、こういう事が肌感覚でわかっている人だと、


「家の中でのつまずき事故を防ぐために、整理整頓を心がけているのですがうまくいきません。そこで、自律神経の働きを整えて注意力を高めたらいいと思うのですがそちらの整体でこのような要望には対応が可能でしょうか?」


こういう馬鹿な事は聞いてこないと思うのです。
こういう人は、家の中で集中しすぎて、外出した瞬間に気が抜けて車にひかれたりするんじゃないでしょうかね。


人間なんて普通に生活してりゃ、たまにはぶつかったり転んだりするわけです。
それで怪我したからといったって、3日とか、ちょっと重くても1~2週間ほど痛がっておけばちゃんと治るのです。その期間は、特別な何かをする必要などまったくなく、テレビやマンガでも見て、


「あはは!」


と、笑っておけばいいだけです。


病気なんかも同じでしてね。
人間は元気に生活してりゃたまには風邪引いたり病気をしたりするのです。それで病気なんかだといいことがあって、ちゃんと、笑って過ごしていれば病気する前より体は元気になります。骨を折ったりすると、折れた部分が折れる前より強くなるなんて話がありますが、それと同じで風邪を引いたら、肺とか腎臓とかが風邪引く前より丈夫になっているのですけどね。

ところが、


「つまずく事はいけない事だ!」
「痛みで動けない期間があることは社会人として許されないことだ。」
「痛いのは嫌だ。」


なんて考えている人は、病気に対しても同じ発想をしています。
予防をやりすぎて、禁止事項も増やしすぎて、笑えなくなってしまっているのを、


「自律神経の問題だ。」


なんていっているわけです。
実際に、風邪をひきたくないと気が狂ったように手洗いうがいをしているせいで、耳鳴りやめまいが止まりませんなんていう人はいますけどね。その場合は、いったい何が原因なのかなんてのは考えてみる必要があるんじゃないでしょうかね。


関連カテゴリー< ブログ

体とは恋愛するつもりで付き合う

ほとんどの人が、私のところへやってきてまず最初に、


「元気になるにはどうしたらいいのですか?」


と聞いてきます。
でも、私に言わせれば、


「こんなことを真顔で聞いてくるからダメなのだ。」


という事になります。


体の調子を整えるというのはどういうことかというと、


「どうしたら元気になれるか自分でわかるようになる事。」


だからです。

私はいつも体と恋愛は同じもんだと説明しています。
あなたが、友人に、


「あの子の事が好きになったので、彼女に好かれるためにはどうしたらいい?」


と聞かれたどう答えますかね?
プレゼントしてデートに誘えとか、気持ちを手紙に書いて伝えろとかアドバイスしたとしましょう。まぁ、最近はそういうストレートな事はやらないみたいですけど。別に的はずれなアドバイスではないと思いますが、プレゼントしてデートに誘えば必ず気持ちが伝わるとか、好きだという気持ちを丁寧に手紙に書いて伝えれば絶対に相思相愛の仲になれるといってしまえば嘘になります。

プレゼントしたり、手紙を書いたりするのはきっかけを作るためのものといえます。
たいてい自分のことを理解して好意を持ってもらうためには時間をかけて少しづつ自分を伝えていかなくてはなりません。まぁ、何かしらのアクシデントや出来事で急に伝わったり、わかってもらえたりとかいうこともあったりするかもしれませんけどね。


ラブコメといわれる映画やマンガなんかは、お互いを気にし合う男女の距離が近づいたり離れたりする様子を見ながらやきもきするから面白いのでしょう。夜景のきれいなホテルに連れていっておいし食事と高級なお酒を差し出せば100年の恋が始まるみたいな展開を見たらあなたはどう思うでしょうか?ところが、女性によってはそういうシチュエーションだったり、そういう具合に丁重に接してもらうことで大切にされていると感じることもあるかもしれません。

私だったら、相手の様子を見ながらどんなことを考えて、どんなことを望んでいるのか、そういう事を理解できるようになる事が恋愛において大切だと思いますが、


「俺についてこい!」


みたいな男性を望む女性だっているわけで、


「こうすれば必ず恋は実る!」


なんていう100%間違いないやり方なんてないわけです。


さて、恋愛している相手に、


「あたなのこういうところがダメだ。」
「あなたのこういうところが気に食わない。」
「もっとこういう風であってほしい。」


なんて、毎日毎日、小言を言っていたら考えるまでもなく、すぐにさよならすることになるはずです。体でも同じことが言えるわけで、


「体のここが痛みを出すからダメだ。」
「体のここに違和感があるから気に食わない。」
「体のせいで私は元気に、幸せになれない。」


なんて事を毎日のように言っていれば体はうんざりして何もきいてくれなくなります。

体の調子が悪いというのであれば、まず、


「体はいったいどんな事を望んでいるのか?」


という事について考えてみるといいのじゃないでしょうかね。
サプリメントや薬を使って、


「私の言うとりにしていろ!」


なんてやっていたら、体はすぐにそっぽを向いてしまうはずです。
関連カテゴリー< ブログ

くだらないテレビ番組

先日、テレビ番組の制作会社から電話がかかってきました。
それで、


「どこどこの○○先生がこんな事をいっているのですが間違いがないでしょうか?」


聞いてきました。
制作会社って割と気安く電話をかけてくるようでこれまでも何回かあります。


TV番組を作る人たちが最も重視するのは視聴率です。
女子アナをやっている人と話をしたことがあってその時にそれを強く感じましたね。テレビ関係者の視聴率に対する価値観というのはもう異常といっていいレベルです。彼らにとっては価値ある番組内容にするより視聴率の方が重要です。


そんな事がわかっていると、番組制作が考える事はほぼ同じだとわかります。


「バナナを食ったら痩せる。」


こういう内容にすることしか考えていません。
見た人の役立つ情報を伝えようなんて考えは一切ないと思ってもらっていいです。実際、今回質問された内容もそういうものでした。堺正章がやっていた番組が大きくやらかしてしまったので同じ轍は踏まないようにちょっと注意しているという程度でしかありません。だから、健康とか病気に関わる番組をみるときは、距離感を誤らないようにすることですね。番組をみて、


「俺は大丈夫だろうか?」


なんて考えるのは、スーパーにバナナを買いに走るのと同じ行動といえますからね。


さて、昨夜、難病についての番組をやっていました。
難病というぐらいだから、原因がわからっていません。しかも、その注意するべき傾向なんてのが全く価値のない情報だったりします。


「そんなもの普通に生活していたら日常的に感じて不思議がない。」


という程度のものです。
唾つけてほっとけというようなものをいちいち診察受けて慎重に対応しましょうなんて丁寧に不安を煽ってくるわけです。言っている事は、


「バナナの色が変わっていたら注意しましょう。」


という程度のことでしかありません。
肉なんかでもそうですが、バナナは色が変わり始めた頃が一番美味しくなります。子供だとシュガースポットだとかいって、色が変化している部分を見つけたら喜んで食べていたりするんじゃないでしょうか。



ついでにいっとくと、私のところに相談にこられる人の話を聞いていると、この手の難病に対して適切に対応できる医師というのがほぼいません。原因が不明なので当たり前といえば当たり前なのですけどね。


「よくわからないから様子見ましょう。」


なんて事になって、相当困った事になるまで放置になってしまうというのがほとんどじゃないでしょうか。難病に対して使われる医薬品なんてのは、念のためにつかっておきましょうみたいなもんじゃなありませんから仕方ないのかもしれませんけどね。結局、最近のこの手の番組って不安をあおるだけの内容で中身がなんにもありませんから真に受けて戦々恐々とするのはちょっとバカバカしいのです。


もし、強い不安を感じたのであれば、


「この番組はどういうメッセージを私達に届けようとしているか?」


と振り返ってみるといいでしょう。
どうも不安をあおって、視聴者から安心を奪う方が視聴率があがるようです。そんな視聴率稼ぎな作り方のモノに振り回されるのは辞めておくのがいいでしょう。


いくつかの難病があがっていたようですが、原因がわからないのは観察力が足りないだけというのが多いですね。まぁ、観察のやり方が間違っているから原因が見えてくるはずがないのですけどね。





関連カテゴリー< ブログ

歯の治療の話

「歯科医にいかなくてはいけない。」


という人がいたので、


「この様子なら何年も延々と通っているのではないですか?」


と聞くと2年ほどずっと通っているということでした。
それで、


「こんなんじゃいつまでたっても歯の治療なんか終わらないでしょう。」


なんていう話をしました。



「人間の体を部品単位で考えてはいけない。」


といつもいっていますが、つい忘れがちになるものの1つが歯です。
歯の大きさ、形、はえ方なんかをみると体の様子がおおよそ推測できるぐらい歯というのは体の状態に影響をうけています。そして、影響を受けているということは歯になにかあると体はその影響を受けるということでもあります。


だから、


「体の調子がおかしくなった。」


なんていってこられて体をみたら、どうも変だと。
それで、


「医者にいったんではないですか?」


と聞くと、歯の治療にいったというケースは非常に多いです。
歯の治療をしてそれが体には何も影響を起こさないと思うほうがおかしいのです。だから、本当は歯の治療なんかはやっていい時期とかタイミングがあって、いつでも好きな時にやっていいようなものではないのですけどね。


歯科というところが、歯しか見ていないせいで起こるのだろうとは思います。
歯は無理やり矯正すればいいというほど単純ではありません。ゆがんではえてきたりかみ合わせが悪くなるのにはそれなりの理由があります。そういう理由とか原因とかほったらかしで歯の並び方だけなんとかしましょうというのは無理があります。

簡単にいうなら顎が弱い人だと、歯が弱って虫歯になりやすかったり、歯が歪んだり曲がったりしやすいわけです。だから、顎が弱く食べたものがちゃんと噛めないような人がいくら歯の治療をしてもほぼ成果はあがりません。どうして顎が弱っているのか、弱った顎がどうすれば丈夫になってゆくのか、そういう事を考えなければならないわけです。それなのに、顎を丈夫にしましょうという発想をもっている専門家には会ったこともなければ、聞いたこともありません。


アメリカのスポーツチームなんかだと専属の歯科医がいたりするそうです。
歯がしっかりとしていなければ身体能力を発揮できないという考えが根底にあるそうですね。マウスピースをしている選手が多いのもそういう考えからくるのでしょう。経験とか、歴史とか、文化とか、そういう積み重ねがあってやっているのでしたらそれなりに変わってくるとは思うのです。

ただ、相談にやってこられる人たちをみていると、日本ではまだ足りないとか、的はずれになっているとか、そういう事になっていると思ってしまいますね。まぁ、探せばしっかりとした経験と高い技術をもった技術者はいるのかもしれませんけどね。

餅は餅屋というのは誤った考えではないでしょう。
しかし、口をあけたときに見えるのは氷山の一角でしかないという事は踏まえておいてもいいのじゃないでしょうかね。



関連カテゴリー< ブログ
<戻る 1234567891011
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036