ブログ「日々整体」

とっとと離婚することですな

「ブログに私のことが書いてあった!」

と、ついさっき言われました。
どこをみてそう思ったのか聞いてみたら、その方のことを頭に描いて書いたものではない記事でした。

実は、こういう事を言われるは珍しくありません。
ブログには普段考えている事をそのまま記事にしていることが多いのですが、通りがかかりの思いつきでこられたような人の事を書くことの方が多いかもしれません。その方が書きやすく過激な表現もしやすいですね。過激である必要はありませんが、過激な言い方をした方が伝わりやすいようには思います。当たり障りのない、気休めなどほとんどの人にとって必要ないものでしょう。


でも、最初にいった、自分のことがかいてあったと思った記事には実はちょっと過激すぎて、控えめに書いてありました。それはどういうことかというと、その人がいうには、


「主人の存在がストレスでそのせいで自律神経が乱れている。」


ということを一生懸命に主張するのです。
ですから、


「もしそれが事実であれば、ご主人を殺して山に埋めなければいけませんね。今日は、その殺し方と埋め方について教えればいいですか?」


と、私は答えました。
すると黙ったので、


「自分が何も悪くないのに体がおかしいということは絶対にありえません。体の調子が悪いのを他人のせいにしていたら何をやっても体が整うことなどありません。」


さらに、


「生きていれば嫌なことや辛いことがあるのは当たり前です。そのたびに体の調子を崩して病気になるつもりですか?」


と説明をつづけました。
そして、


「殺すのが嫌ならとっとと離婚することですな。」


と言って帰ってもらいました。
実は、こういう人は少なくありません。月に何人か必ずこられます。
関連カテゴリー< ブログ

座右の銘

私にも座右の銘というものがあります。
それは、

「人の価値はネガティブな感情がわいたときの言動で決まる。」

というものです。

例えば、交通事故にあったとします。
事故の原因が相手の過失だったとしたら。世の中は立派な人ばかりではありませんから、こちらが怪我をしているのにニヤニヤしていたり、誰かに電話して、

「さいてー、事故っちゃたよ、あはははー。」

とか笑っているかもしれません。
こんな時に、どういう言葉を発して、どう行動するかでその人の価値が決まると私は考えています。

そんなことを思っていると、

「トラブルが起こったときにその人の本質がでる。」

という事もわかってきます。
問題が起こったとき、トラブルが起こったときのその人の言動をみていると、その人が本当に信頼できる人がどうかがわかったりします。

すると、トラブルや問題が起こるのが待ち遠しかったりするようになるときもあったります。まぁ、これは別の話なのでおいておきます。


さて、この考え方は、体に置き換えてもそのまま使えます。


「人の価値は、痛みや不快感を感じた時の言動で決まる。」


この場合、価値は人生と置き換えてもいいでしょう。


「仕事がしんどい、辛いのでチョコレートを食べて憂さをはらさずにはいられない。」
「主人が私の気持ちをちっともわかってくれないのでついやけ食いしてしまう。」


という人が後を絶ちません。
これはどういことかというと、

「仕事が辛いということは解決するべき問題があるということです。」
「結婚して一緒に生活しているパートナーとわかり会えていない。」

ということです。
こういう問題から目をそらすために食べていれば、体と人生はどのようなことになるか?ちょっと考えてみてください。今起こっているのがその結果のはずです。
関連カテゴリー< ブログ

体をちゃんと使えていないだけの話

「正座は体に悪い姿勢である。良い姿勢であれば正座して足が痺れるはずがない。」

と、テレビでいっている人がいました。
で、その人の結論は骨盤を閉めれば健康になるからこのベルトを使って骨盤をしめろということでした。こんな人がテレビにでて偉そうな事をいっているのとはひどい話です。この程度の人を取り上げるメデイアにも文句を言いたくなってしまいますね。

見ている側も、この話をきいて、

「あぁ!そうだったのか!」

と正座を辞めてベルトを買うというような人がそうたくさんいるとも思えませんが、実際のところはどうなのでしょうね?

正座をすると足が痺れるのは上手く正座ができていないだけです。
足を曲げて背中をすっと伸ばせばそれで正座ができているというわけではありません。正座というのは全身をうまく使ってこそはじめてできるものです。例えば、足が痺れている人は、足より手に意識を持っていくほうがよいでしょう。全身をうまく使えれば痺れたりするような事はなくなります。日常的に畳の上で生活してお箸で食事をしていた日本人はそういう事が当たり前のようにできたのでしょう。

最近では、

「こういう事ができなくなったのは栄養不足である。」

という風潮です。
正座ができないのは栄養価の少ない野菜を食べているからだとかいってサプリメントをせっせと食べたりしている事になります。ずいぶんおかしな事をやっているとは思わないでしょうか。

実は、腰が痛くなるも、肩や首が痛くなるのも、耳が遠くなるのも、目が見えなくなるのも、眠れないのも、全部体をうまく使えていないことが本当の理由です。

でも、こんな事を言うと、


「そうか!運動不足が原因なのか!」


なんてほとんどの人がいいだします。
本当の原因は、こういう安直な思考といえるかもしれません。

ゴールデンウィークの予定

「ゴールデンウィーク中は休みですか?」

という質問をいくつか頂いています。
ゴールデンウィークは通常通り整体をしています。いつもどおり日、月曜日が休みなだけです。


関連カテゴリー< ブログ
<戻る 12
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036