ブログ「日々整体」

20年の不調が1.5ヶ月でよくなりました

「子供の頃から、疲れやすく、眠気がとれない」


 そんな相談を頂いた事例です。
 検査をしても異常はないそうで、自律神経失調症と診断されたこともあるとのことでした。

 さて、体の状態をみると冷え、不眠、食べ過ぎと3重苦な状態でした。
 こういうとき、どこから手をつけるのか?を迷うときがあるのですが、まずは眠れるようにすることに重点をおいて整体を行いました。もちろん全て同時に改善し てゆくことは大事です。しかし、一番の問題点はどこか?を、つきとめて整体をおこなえば、すべてが一気にかわってくるからです。

 その上で、生活において

・冷えをとるために足湯を毎日すること

・食べ過ぎているので食事を減らすこ


 の2点を事を指示します。

 そうやって整体をつづけると、一ヶ月ほどで眠りが改善しました。
 すると予想どおり、冷えや食べ過ぎも解消されました。自律神経のバランスが乱れていたので、食欲がとまらなくなっていたようです。整体をはじめてから 1.5ヶ月ほどで、体調に対する不安はなくなったとのことです。若い方だったのでよくなりはじめれば一気に体はよくなりました。約20年調子がおかし かったのが1.5ヶ月でかわることもあります。


 さて、体調がよくなってから本人がこんな事をいっていました。

「食べ過ぎると確かに体がおかしくなりますね。」

「夜更かししていると駄目ですね。」


 とても当たり前のことです。
 こんな些細なことで・・・、と思うかもしれません。しかし、体がおかしい方はまず自分の生活に問題がないか考えることです。少なくとも20年も付き合うようなものではなかったのはおわかり頂けるのではないでしょうか。




関連カテゴリー< 自律神経失調症

疲れやすく、眠気がとれない

「子供の頃から、疲れやすく、眠気がとれない」

そんな相談を頂いて事例です。
検査をしても異常はないそうで、自律神経失調症と診断されたこともあるとのことでした。

さて、体の状態をみると冷え、不眠、食べ過ぎの3重苦な状態でした。
こういうとき、どこから手をつけるのか?を迷うときがあるのですが、まずは眠れるようにすることに重点をおいて整体を行いました。もちろん全て同時に改善してゆくことは大事です。しかし、一番の問題点はどこか?をつきとめて整体をおこなえば、すべてが一気にかわってくるからです。

その上で、生活において

・冷えをとるために足湯を毎日すること
・食べ過ぎているので食事を減らすこと

の2点を事を指示します。

そうやって整体をつづけると、一ヶ月ほどで眠りが改善しました。
すると予想どおり、冷えや食べ過ぎも解消されました。自律神経のバランスが乱れていたので、食欲がとまらなくなっていたようです。整体をはじめてから1.5ヶ月ほどで、体調に対する不安はなくなったとのことです。若い方だったのでよくなりはじめればいっきに体はよくなりました。約20年調子がおかしかったのが1.5ヶ月でかわることもあるのです。

さて、体調がよくなってから本人がこんな事をいっていました。

「食べ過ぎると確かに体がおかしくなりますね。」
「夜更かししていると駄目ですね。」

とても当たり前のことです。
こんな些細なことで・・・、と思うかもしれません。しかし、体がおかしい方はまず自分の生活に問題がないか考えることです。少なくとも20年も付き合うようなものではなかったのはおわかり頂けるのではないでしょうか。



関連カテゴリー< 自律神経失調症

素人判断はやめましょう

「私うつなんです。」
「自律神経がおかしいのです。」

そう相談されることがあります。
どうやってそれを確認したのか?と質問すると、

「ネットでみて。」

なんていう返事がかえってきます。

本気か?と疑いますが、本人はいたって本気だという点が困ったところでしょう。

インターネットでは様々な情報をえることができますが、その情報の精度はそれほど高くありません。

うつ、パニック、不安症、自律神経失調症の判断は、日々そういった方に接している専門家の方でも誤ることがあるのです。
よくある例をあげると、

「うつという診断をされたのですが・・・。」

と来られた方でも、私が確認するとうつと判断するような状態でなく、整体すればすぐに元気になってしまう方の方が多いのです。

ひどい方では、

「うつというほどひどくないね。」

というと、がっかりしてしまう方までいます。どういう事かと思いますが、どうやら、自ら調べてだした判断が違うと言われてがっかりしたり、病気である方が都合がいいという方だったりと・・・。

ネットを情報をとっての素人判断は非常に危険です。病気でもないのに、自分が病気であると判断してしまうことで、本当に病気になってしまうことが少なくないからです。

「○○かもしれない。」

そう思ってもその判断は、自分でしてはいけません。



関連カテゴリー< うつ整体について自律神経失調症

夫婦仲が自律神経失調症の原因か?

整体にこられた方にひどいことを言われた。と、うったえる方がおられました。
ある不調で整体にこられたのですが、整体をうけに来られる前に医師の診断と検査をうけたそうです。

そして、検査の結果は、異常なしとなると私生活面やストレスが原因だと判断したそうです。
そして、

「あなたは夫婦仲に問題があるはずだ。」

と決めつけて、そんなものよくなるなるかどうか医師の自分にわかるわけがないと、延々と説教をされたのだとか。

さて、この方、体に問題がなかったかというと、明らかに問題がありました。
骨盤が下垂しており、自律神経の働きが悪くなっていました。こういう事は検査をしなくても、背骨、骨盤の状態を手で触れてみればすぐに確認できることです。

以前に、自律神経について研究をしているという方が整体をうけにこられた方がいたのですが、

「自律神経の状態を検査する明確な方法がない。あることはあるがあてにならないんです。」

そういって、私が実際にどうやって自律神経の状態を確認するのか、詳しく質問してゆかれました。こういう先生に相談できるとまた違ったとは思うのですが、そうではない方もいるということなのでしょう。

実は、こういったケースはすくなくありません。
なんでもかんでもストレスのせいにされてしまうのです。ストレスが体の状態に影響を与えるのは間違いありませんが、ストレスが根本的な原因で体がおかしくなっているケースはかなりすくないというのが本当です。

体の不調の原因がよくわからないとき、自律神経をつうじて体を確認してみると案外すぐに原因がわかることはすくなくありません。



関連カテゴリー< 自律神経失調症

体が重い、動かない

腰が痛い、背中が痛いなど具体的に体のどこかに痛みがある場合は、相談もしやすいでしょう。ところが、不調というとそんなものばかりではありません。

今回、ただ、

体が重く辛い。動けない

そういう事例を紹介しましょう。

最初は、少しでも体が楽になればと思って整体をうけにこられました。しかし、体の状態をみて、

「これではしんどいでしょう。」

そういう指摘をさせてもらいました。
すると、数ヶ月もつらい状態が続いていたので、整体で体の調子をととのえることになりました。

骨盤と背骨の状態でみると、

・左側の骨盤が開いている
・背骨の稼働性が悪い

以下のような問題がありました。
日によって、腰が痛くなったり、首が痛くなったりとでてくる体の症状はまちまちです。

ちなみに、体がつらいかどうかの判断は体のどこをみてもわかりますが、背骨の弾力をみるとわかりやすいでしょう。ずれているとか、ねじれているとかの以前に弾力がなく堅いのです。

胃の働きが低下してたので、食事を減らすよう指示して、1ヶ月ほど整体をつづければすぐに元気なられました。もともと体は丈夫だったようです。ただ、無理がつづいていたために、自律神経の調子が崩れていただけでした。自律神経の状態でいうと、交感神経側の働きが極端に悪くなっていたのです。

自律神経と体の状態は別々に考えてしまう人が多いのですが、自律神経がきちんと働いていれば体が不調になることなどはありません。逆にいうと、どこかの調子がおかしければ自律神経の働きに乱れがあるということです。ですから、自律神経がバランスよく働いていれば体の不調などすぐに改善してきます。



関連カテゴリー< 自律神経失調症
<戻る 56789101112131415
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036