ブログ「日々整体」

胃袋の眠りの関係

「まったく眠れない。」


という相談があったのですが、こういうのの原因はたいてい2つしかありません。で、この方はやはりそのうちの1つで、食べ過ぎで胃を壊してしまっていました。

胃袋が働かなくなっていれば眠れないのは当たり前です。
本人もそうではないかと薄々感じいてたようで、


「胃が痛むときに眠れないような気がするのですが?」


と医師に相談していたそうです。
ところが、その医師の返答は、


「胃の状態と眠りは一切関係がない。」


というものだったそうです。
すべての医者がそうだとは思いたくはありませんが、ひどい話です。胃の状態が悪けれれば眠りが悪くなるのは当たり前です。人の体の状態を丁寧に観察していればこんな事はすぐにわかることなんですけどね。この方は、そんな胃が食べたものを消化して吸収することができない状態でした。当然、胸のもやもやむかむかしていたのですが、胃薬飲んで、食べなければ駄目だとせっせと食べていたそうです。


食えればOKという発想は辞めるべきでしょう。
整体という技術を通してみると胃薬というのは胃の不快感や痛みを消しているだけで胃の働きを健全にはしてないからです。私のところに来られた時の胃の状態は完全に壊れているといってもいいぐらいでした。


そういや最近ある運動部の大学生がこられました。
部の先輩に吐くまで食べさせられるそうです。部活は当然できなくなり、大学へいくのもままならないようになっていましたね。

話を戻します。

そこで、食事の内容を見直しつつあれこれと指導してきて1ヶ月ほどでしょうか。
まぁ、そこそこ眠れるようになってきたようです。ただ、胃の状態はまだまだなのでぐっすり熟睡というわけにはまだいきません。


体を細分化して部品単位にして考えるとわからなくなるというよい例といえるでしょう。
関連カテゴリー< 不眠
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036