ブログ「日々整体」

薬を使って体は調整できるか?

最近、鹿の増加で山や森が死んでしっているそうです。
鹿の増加は深刻で、奈良県でも鹿を駆除しようという話がでるぐらいのようですね。鹿を捕まえて食べるような肉食の生き物がいませんから、いったん増えるとどうしようもないようです。地域によってのは農作物の被害が深刻になっているところもあるとか。


「こんな時どうするか?」


すくなくとも、鹿を捕まえて食べる狼を山に放すわけにはいかないでしょう。
また、


「鹿が増えたのは猟師が減ったせいだ。」


という人がいるのですが、それじゃあということで猟師を増やせるか?というと、鹿を捕まえて生計をたてられる世の中でもありませんのでなりてがいません。それじゃあ、猟師が生活できるように補助金をいれればよいかというとそうでもありません。

実際に猟をしている人の話を聞いたのですが、猟師のマナーが非常に悪いそうです。
平気で山にゴミを捨ててくる。他人がしかけた鹿用の罠を壊したり盗んだりということも珍しくないのだとか。猟師が減っているのはそのマナーの悪さが原因だといっていました。

そして、その人の知人は猟師に散弾銃で撃たれてしまったそうです。川で釣りをしていたのですが、撃った当人は、


「イノシシだと思った。」


といっているそうです。
幸いその人は、命は助かりましたが体中に散弾の弾が残っているそうです。すべての猟師が人かイノシシかを確認せずに銃を撃つとはおもえませんが、猟師が増えれば割合としてそういう人が増えるのは間違いありません。

ちょっと前には動物よけのための電気を流す装置が漏電して死者がでる大騒ぎになっていました。規制がどうのとニュースでいってましたが規制すれば事故がゼロになるようなものでもありません。

このあたりの流れが体を整えるという感覚ととても似ているのです。
病気の時に薬を使うというのは、電気を流したり、猟師を増やしたりというのと同じといえます。目先の問題の本質を考えずに対応しているだけでは、新たな問題を産んでしまい、延々ともぐらたたきを続けることになってしまうというわけです。
関連カテゴリー< 整体について
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036