ブログ「日々整体」

たまに体を壊すのも悪くない

今朝、左の背中から腰にかけての辺りに妙な痛みを感じました。
腎層がすこし腫れているように感じています。振り返ってみれば、昨日の夜、妙に喉がかわきました。いくら水を飲んでも飲んでも渇きがいやらされることがなく、1リットルも飲んだでしょうか。

体にとくに違和感はなかったのですが、今朝になって体をひねると痛みを感じました。

ちなみに、世間でいうぎっくり腰なんていうのはたいていこんな痛みです。
ある日突然、腰を痛めるという事はまずありません。痛みを感じるはある日突然ですが、腰や背中の痛みはそれ以前からずっとその予兆があるものです。

さらに余談でいうと、多くの場合、


「すぐさま痛みをとってくれ。」


という人が多いのですが、それをするとダメですね。
こんな時、最低でも2、3日痛がっている方が体にはよいのです。それをしないでいると内臓に深刻なダメージを残すと思っておいてもらう方がよいでしょう。

ただ、私も一応仕事をしないといけないから、


「これはやばいかもしれない。」


そう思って、確認のために刀を振ってみたのですが、体の動きには問題はなくおもいっきり動かしても平気でした。ただ、時々痛みを感じます。どうも不適切な動きをすると違和感や痛みを感じるようです。

歩いていても、座っていても、重心がずれたりすると痛みます。例えていうなら、整体をするときに不適切な姿勢をとると痛みがでるという具合です。


「これは悪くない。」


そう、ほくそ笑んでいます。
自分の体が理想的に使えていれば痛みがないけど、そこからはずれると痛むわけですす。たまには、不摂生して体を痛めるのも悪くないかもしれないとまで思えます。体が悪くなったときにはじめて気がつく事やわかることもありますから。

私の場合は、今回は体の使い方でいろいろ気づくことができればいいなぁと、転んでもただでは転ばないでいたいものです。

ちなみに、今回、痛めた直接の原因は塩分のとりすぎではないかと思います。
ここ何日か塩っけが欲しくなっていました。疲労から、少々体が痛みはじめていたので、その立て直しをいまやっているのではないかと思います。ただ、勘違いしてほしくないのは、塩分を控えればよかったということはないということですね。おそらく必然的なものだろうと思うからです。ですから、痛みがでるまでそのことに気がつけなかった事を恥じねばなりません。
関連カテゴリー< 腰痛、膝痛
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036