ブログ「日々整体」

不眠を他人のせいにしないこと

不眠についてはほとんど人が間違った認識をしています。
多くの人が仕事や生活におけるストレスが不眠の原因であると考えます。しかし、普通に生活をしていれば、


「明日から旅行へ行くのが楽しみで眠れない。」
「仕事で嫌な事があって眠れない。」
「週末に試験を受けるのでそれが心配で眠れない。」


不安になったり、喜びや楽しみに気持ちが高ぶったり、興奮したり、落ち込んだりというのは、当たり前です。それで寝付きが悪くなるということは確かにありますが、そんなものは一時的なもので不眠とはいえません。


ところが、相談にこられる方は、

「仕事で、嫌な上司が、嫌な仕事で・・・・」
「うとうとしかけたら、家族や、子供に起こされてしまう。」


などと、ほとんどの人がいいます。
最近は、ちょっと面倒になってきて、


「そうやって他人のせいにしているから眠れないんだよ。」


と叱りつけたりすることも増えてきてしまいました。はっきりいってしまいますが、こういう事を言うのは非常にみっともないことです。そこそこ生きていれば、理不尽で嫌なことなどいくらでも起こります。そのたびに不眠にでもなるつもりでしょうか?たいていの方は、

「なにか問題がおこったときにそれを他人のせいにするのは恥ずかしいことだ。」

という感覚はもっているのですが、どうも不眠に関する事になるとそういう根っこの部分で間違いを起こしている人がおおいですね。


さて、眠れない原因は、


「眠れない体の状態になっている。」


ということです。

人間の体はバランス崩れると眠れなくなることがあります。
眠れない状態なのですから眠れないのは当たり前です。そんな状態が原因なのですから、となり部屋で家族がごそごそしていたり、家の前を車が通ったり、会社で嫌な事があったということはほとんど関係ありません。

眠れない状態で眠ろうとするから眠れないのです。
だから、眠るためにはまず眠れる体の状態にするとよいのです。眠れないという人は、まずこういう根本的な考え方に問題がないか振り返ってみるとよいでしょう。



関連カテゴリー< 不眠

書籍の紹介『朴歯の下駄』

書籍を1つ紹介したいと思います。
整体という技術をまとめた人は野口晴哉という人です。私は野口先生が作った整体協会やお弟子さんに整体という技術を学んでいます。
ただ、野口晴哉氏については、私は

「宇宙人みたいな人だから模倣とか学びの対称にしたらあかんよ。」

といつも話しています。
一言で言うと天才というおはこういう人なのだろうなぁと思います。エピソードを聞いたり、その著書を読んでいるとそのぶっ飛びようは異様といっていいでしょう。

ただ、こういうちょっと桁外れな人の話は一人挟んで聞くと非常に面白かったりします。
と、いうわけで、第3者がみた野口晴哉氏についてのお話の本の紹介です。突拍子もないエピソードが多いので、眉唾と思う人もいるかもしれませんが、私が真似したらあかんといっている意味もこれ読むとちょっとわかってもらえるかもしれません。
関連カテゴリー< ブログ

体の個性について

自分の体の個性について考えた事がある人はほとんどいないようです。

「自分らしさ。」

というのを追い求めるのが当たり前といえるような時代になったのに、自分の体についてはおいてけぼりなるのははじめの第一歩から間違えているといえます。

映画やドラマを見た時の感想というのは人それぞれです。
ハリーポッターの映画をみた人に感想を聞いてみると、

「ハリーの勇気に感動した。」
「クディッチの試合シーンに胸が高まった。」
「ヴォルデモート卿が怖かった。」
「ハーマイオニーが可愛かった。」

などなど、人によって感想が異なります。
これは体に個性がというものがあるから起こるものです。違う言葉でいうと感受性です。
身近なところで考えると、

・絵など目で見たものに敏感な人
・音楽など耳で聴いたものに敏感な人
・文章や文章などの敏感な人

などなど、様々な感受性があります。

そして体にも同じ感受性があります。
具体的には、


「本を読んでいるとどんどん元気になってくる人。」
「山登りやジョギングなど体を動かしていると元気になってくる人。」
「音楽を聞いたり演奏していると元気になってくる人。」
「子供の面倒をみていると元気なってくる人。」
「興味のあるものを掘り下げて考えこんでいると元気になってくる人。」


などなど。
こういう体の感受性は千差万別なので、あげてゆけばキリがありません。
ところが、今の世の中はこういう体の個性を無視して、


「体に必要な栄養素は○○と△△で、1日1時間運動をするのが健康の秘訣。」


なんて事をやっています。

体のことなんてなんも考えてないのに、元気な人なんていくらでもいるのですよ。
そんな人に、無理矢理、運動させて、必要な栄養素だからとかいって不要な栄養をとらせて体を壊しているケースがを少なからず見かけます。

人間という生き物は本当は自分らしく生きていれば健康になるようにできています。
あれこれ考える前に、

「自分らしさ」と「自分の体質」

についてちょっと考えてみるとよいでしょう。
関連カテゴリー< 整体について
<戻る 123
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036