ブログ「日々整体」

体を部品で考えない

先日、

「肩や首がこるのでなんとかならないか?」

という相談にこられてきました。
体の状態を一目見て単なるお酒の飲みすぎでした。こういったことを指摘すると大半の人が、

「1日1杯しか飲んでいない。」
「晩酌程度しか飲んでいない。」

などと言い出すので、ひきうけずにお帰りいただくこともあるぐらいです。

こういう相談は、

「上手な人にもんでもらえれば楽になるのではないか?」

と、安易に考えているようです。


肩こりや首のつまりの原因はご自身の不摂生です。
ですから、1週間お酒をひかえればそれですむような方も少なくありません。ただ、今回こられた方は、ちょっと違っており、もっと深刻な状態でした。

首の状態を確認すると、耳がおかしいのでそのことを指摘すると、


「最近、中耳炎をずっとくりかえしている。」


ということでした。

首の状態をみて、耳がおかしいことがわかるのは不思議に感じるかもしれませんが、中耳炎を繰り返してしまうとうのは、首に問題があるからです。ところが、本人はそのことをわかっていませんでした。おそらく多くの方もそうでしょう。

耳がおかしいから耳の専門化へ相談

では、ダメなのです。

この方の場合、首に問題があって、そのせいで中耳炎を繰り返しているのですが、その首の問題が肩こりや、首のつまりの原因でもあるのです。

ですから、こんな状態を改善しようと重うと首の調整をしてあげなくてはいけません。人間の体は全体でとらえなければいけません。部品でとらえてはいけないのです。ただ、この方の場合、お酒の飲み過ぎが原因で交感神経の働きがとても鈍っていることが原因だと思われました。ですから、まず最初に

「お酒をやめろ。」

というのは別にかわりませんけどね。



関連カテゴリー< 自律神経失調症
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036