ブログ「日々整体」

歯の治療の話

「歯科医にいかなくてはいけない。」


という人がいたので、


「この様子なら何年も延々と通っているのではないですか?」


と聞くと2年ほどずっと通っているということでした。
それで、


「こんなんじゃいつまでたっても歯の治療なんか終わらないでしょう。」


なんていう話をしました。



「人間の体を部品単位で考えてはいけない。」


といつもいっていますが、つい忘れがちになるものの1つが歯です。
歯の大きさ、形、はえ方なんかをみると体の様子がおおよそ推測できるぐらい歯というのは体の状態に影響をうけています。そして、影響を受けているということは歯になにかあると体はその影響を受けるということでもあります。


だから、


「体の調子がおかしくなった。」


なんていってこられて体をみたら、どうも変だと。
それで、


「医者にいったんではないですか?」


と聞くと、歯の治療にいったというケースは非常に多いです。
歯の治療をしてそれが体には何も影響を起こさないと思うほうがおかしいのです。だから、本当は歯の治療なんかはやっていい時期とかタイミングがあって、いつでも好きな時にやっていいようなものではないのですけどね。


歯科というところが、歯しか見ていないせいで起こるのだろうとは思います。
歯は無理やり矯正すればいいというほど単純ではありません。ゆがんではえてきたりかみ合わせが悪くなるのにはそれなりの理由があります。そういう理由とか原因とかほったらかしで歯の並び方だけなんとかしましょうというのは無理があります。

簡単にいうなら顎が弱い人だと、歯が弱って虫歯になりやすかったり、歯が歪んだり曲がったりしやすいわけです。だから、顎が弱く食べたものがちゃんと噛めないような人がいくら歯の治療をしてもほぼ成果はあがりません。どうして顎が弱っているのか、弱った顎がどうすれば丈夫になってゆくのか、そういう事を考えなければならないわけです。それなのに、顎を丈夫にしましょうという発想をもっている専門家には会ったこともなければ、聞いたこともありません。


アメリカのスポーツチームなんかだと専属の歯科医がいたりするそうです。
歯がしっかりとしていなければ身体能力を発揮できないという考えが根底にあるそうですね。マウスピースをしている選手が多いのもそういう考えからくるのでしょう。経験とか、歴史とか、文化とか、そういう積み重ねがあってやっているのでしたらそれなりに変わってくるとは思うのです。

ただ、相談にやってこられる人たちをみていると、日本ではまだ足りないとか、的はずれになっているとか、そういう事になっていると思ってしまいますね。まぁ、探せばしっかりとした経験と高い技術をもった技術者はいるのかもしれませんけどね。

餅は餅屋というのは誤った考えではないでしょう。
しかし、口をあけたときに見えるのは氷山の一角でしかないという事は踏まえておいてもいいのじゃないでしょうかね。



関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036