ブログ「日々整体」

整体において大事な事

今朝のことですが、私にある悩みが生まれました。
通勤の途中なのですが、『放課後クラブ』という看板を出した事務所があるのです。以前にも見かけて似たようなことを思ったのですが、その時はそれほど重要な事だとは思いませんでした。ところが、今朝、その看板を見かけて、


「アダルトビデオのタイトルみたいだな。」


と思ってしまいました。
こんなことを考えてしまうという事は、もしかしたら私の人間性に大きな問題があるのかもしれません。

最近、仕事をしていてちょっとまずいなと思える出来事が頻繁に起こっています。
起こっている事は想定の範囲内なのですが、起こらないように対策していたのに実際に起こるのです。それはもしかしたら、某事務所の看板をみて、あまり品のよくない想像をしてしまうという私の人間性に由来するものなのかもしれないわけです。

こうなってくると私はある選択を迫られてしまうわけです。
1つは、品行方正、誰にでも優しく丁寧に接する人間に目指すこと。もう1つは、ジャックナイフと呼ばれるような人間になること。前者は、たぶん無理だから後者になるしかないなぁと、そんなことを考え始めています。

私自身は、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いというニュートラルというか、フリーな状態でいることを望んでいるのですが、どうも世間がそれを許してくれないのですから仕方がありません。ただ、ダークな方向にいってしまうと、想定される私のセリフが、


「耳鳴り?止めてほしくば3000万円払え!」


みたいなものになってくるから困ったものです。
手塚治虫の漫画ブラックジャックの主人公は高額な報酬を要求する無免許医ですが、彼がお金を必要としているのではなく、どうも患者を治すためにはそれだけの支払わせる必要があるのだという事がわかったような気がしています。ブラックジャックのジャックは男という意味からとっていますが、ナイフという意味も含めているのかもしれないなぁと。



さて、今の世の中では、


「親切にされるのが当たり前だ。」


と考えているとういか、染み付いてしまっている人の方が多いのかもしれません。ところが、私が一人で仕事をやっている理由は、気に食わない人がやってきたときに、


「あんたは胸糞悪いから帰れ!」


といつでも言えるようにするためです。
これはきちんと整体をするために必要なことだったりします。まぁ、こんな言い方をするとちょっと角がたってしまうのでちょっとまるめた言い方をすると、


「私は、私がうまく整体できるであろう人だけを選んで仕事をやっている。」


ということです。
そういう仕事をするためには、いくつかのポイントがあるのですけど、その最初のポイントになるのがその人は私が好意をもてる人物かというものです。私自身がそんな大層な人間ではありませんから、別に、そんな立派な人間であってもらう必要はありません。


整体というのは体に触れる仕事です。
この触れるというのは、多くの人が思っている以上に体に非常に大きな影響を与えます。でも、ただ触れればいいというわけではありません。

例えば、満員電車の中で私が女性の体に触れたらどうなるか?
女性の体には拒否反応が起こるから嫌な感触と記憶が残るだけで、何らよい影響を与えることはないでしょう。いくら私が、


「私が体に触れれば体の○○な問題が解決するのだ。」


とか主張をしても耳を貸す人はなく、私は逮捕されてしまうはずです。


これは逆でも同じ事が起こります。
当院にやってきた人でも、私が好意を持てない、とてもじゃないけど親身なることができないなんていう人がいるわけです。先日、やってきた私に対して見下した態度と物言いをする人なんかがいい例でしょうかね。


「私の発言など、とるになりたい、くだらない。」


と思えるような別の大先生が身近にいるならその先生にお願いしたらいいはずなのです。
まぁ、大先生は自律神経については専門外なんでわかりません、なんていい加減なことをいうから、本人にその自覚がなかったりする事が多くてタチが悪いのですけどね。


しかし、その人の意図や考えはどこにあるかは別として、


「この人は私を馬鹿にしているな。」
「この人は私の話を理解しようとしていないな。」


と私が感じてしまった瞬間に、私はその人の体にはなんの影響も起こせなくなってしまいます。
痴漢された女性には何も変化が起こらないのと同じ理屈で、私がその人を拒否する気持ちが湧いてしまったら私はなんの変化も起こせなくなってしまうわけです。そうなってしまったときには、時間とお金の無駄でしかないからお帰りいただいているわけで、その時にはお金をもらったりはしませんからどっちかというと良心的な対応だと思うのですけどね。


わからないなら、わからないなりに言われた通りにやってみるというぐらいの考えが持てれば話はかわってくるのですが、体をモノとしてしか見れない人には絶対に伝わらないし理解できない話なのでなかなか厄介なことかもしれません。


で、そんなことを考えていたら


「耳鳴り止めるだけで3000万円なら楽でいいなぁ。」


と、そんなことに気が付きました。
どうやら、私は死んだら地獄に落ちること事は間違いなさそうです。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036