ブログ「日々整体」

無意識に骨を折るという話

最近、電車に乗ると右足を怪我をするイメージが頭に浮かんできます。
電車ならすべてそうなるわけではなく、阪急電車限定です。揺れ方がそうさせるのか、はたまた違う何かが私にそれを連想させるのか、そのあたりのことについて考えてみました。


以前はもっとひどいイメージでした。
阪急電車に乗ると、床にいきなり丸く穴があいてそこから落ちるという映像が頭の中にに浮かんでいたのです。そんな事が実際に起これば、間違いなく死んでしまいますから、いやだなぁ、怖いなぁと、


「死ぬまでにやりたい事がおぼろげに見えてきて、死ぬのが怖くなってきたのかなぁ。」


なんて考えていましたが、どうも違うようです。
おそらくではありますが、偏り疲労というものがあるからです。実は、私が整体をする際の体の使い方というのはかなりひどいものでしてね。変な疲れを残したり、あちこち痛くなったりする事など珍しくもありません。


「体の使い方=技術レベル」と言えます。
私が自分をたまに卑下しているのをあれこれいってくれる人がいてありがたいのですけどね。自分の技術、体の使い方がかなりダメなことについては自分でわかっているというか、わからされてしまっています。


私が満足できるレベルはどんなものかというと、


「目の前に人がいたとして、その人が気がついた時にはもう死んでました。


という事ができるようになったら、我が一生に一遍の悔いなしみたいな事を言って死んでいけるでしょう。こういう事が実際にできる人に数名会った事があって、実際にその技を体験してみたわけですが、今のところ、そのレベルは遙か彼方で、死ぬまでにそこに到達できるような気が全くしていません。


この事を踏まえておいて、話を変えます。


足の骨を折ったとか、以前に折っていましたという人の体を観ると折るべくして折っていると感じることがあります。折ったところに体のひずみというか負荷が集中しているのです。ただ、負荷が集中してその疲労で折ったというわけではありません。スキーで転んだとか、交通事故だとかが直接の原因ではあります。

でも、折れたところは負荷が集中しているところなのです。
これはどういう事かというと、


「負荷が集中して体に対しての負担が大きくなりすぎている。そして、その負荷を分散するためにスキーで転んだり、車で交通事故を起こす。」


という事です。


怪我の仕方は、

 ・タンスの角に小指をぶつける
 ・階段を踏み外す
 ・熱いやかんを落とす
 ・何かが落ちてくる工事現場向かう
 ・車を運転していて信号無視をする

などなど、ほかにもいろいろあるでしょう。


「そんな自らの意思で怪我をすることがない。」


と思うかもしれません。
しかし、怪我をしたあとの状態をみると、怪我をするべくしている怪我、無意識にここを怪我するような行動をしていたと思える怪我をしている人は珍しくない程度にはみかけます。


さらにすすめて、私の頭にに浮かんでくるイメージについて考えます。
電車に飛び込む人って衝動的に駅のホームから飛び降りるそうですけど、私が感じてたイメージをもっと強烈に感じてしまったのだろうと思われます。

私はイメージの中では右足に一番大きな怪我をします。
右足のスネに偏り疲労があって、それを解消するために右足を怪我したいという欲求が無意識にでてきてしまうわけです。電車から落ちてほぼ命がないイメージの中で、右足がどうとかいうのはおかしなことではありますけどね。偏り疲労があるレベルを超えるとイメージが飛躍するのだと思われます。


で、いつものことではありますが、自分の体の問題にがあるというわけで、それを解消するべく取り組んでいました。
すると阪急電車に乗っても突然穴が開いて落ちる事はなくなりましたが、未だに右足を怪我するイメージが残っています。こういう時にスキーに行くと木に向かって滑ってゆくし、車を運転するとスピードを出しすぎるし、切れ味鋭い包丁を持ったりすると誰かを刺してみたくなったりするわけです。私の日々の行動を振り返って考てみると、通勤で原付に乗っているのですがこのままほっておくと事故を起こして右足を怪我する可能性が高いのでしょうね。


余談ですけど、よく当たる占い師なんていうのはこういうのを私とは違った方法で観たり、感じたりすることができるのです。占いで事故に注意だと言われたら、本当に事故にあったなんていう話はいくらでも聞いたことがあるでしょう。占ってもらったせいでその占いの通りの行動を無意識にとるなんていう説もあったりしますが、実力のある占い師であれば私とはまた違った見方で占う相手のことが見えているであろうと思われます。

さらに余談ですが、最近話題のメンタリストを自称している人は、まがい物であろうという気はしています、ちょっと前に話題になっていた井原さんでしたっけ?彼なんかはたぶんそういうのがみれてるんじゃないかなぁと思ったりもします。まぁ、私は彼らのことをほとんど知らず、漏れ聞く情報だけでそうじゃないかなぁと感じているだけの話ですけどね。


まぁ、トラブルや不運というものは偶然で片付けられがちでしょうけどね。
そういった出来事に必然性があると考えれば、体にはその兆候は必ず現れていると私は考えます。


「この人危ないなぁ。」


と思ったら本当に事故を起こした事もありますしね。



まぁ、そんなわけで、私自身が怪我をしたり、凶行に及ぶのはちょっと世間体が悪いですから、なんとかしなくてはいけないなぁと考えていたりします。まぁ、この手の問題は自覚さえしていれば実際に起こることはほぼないはずなんですけどね。


書いている途中で、手塚治虫の漫画で事故を起こして寿司職人に大怪我をさせたトラック運転手が、


「魔が差した。」


といっていたのを思い出しました。
魔が差したなんていうのは、体に偏り疲労があって普段では考えられない思考や行動をしたときの様子を表現しているといえば非常にしっくりきますかね。


関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036