ブログ「日々整体」

症状だけ止まっても治っていないという話

昨年末ぐらいから、肺の働き具合というのがわかるようになってきました。
そして、それがわかるようになると想像以上に肺の動きが悪い人が多いということもわかってきました。中にはそれが原因で、


「30年以上の頭痛持ち。」
「キーンという耳鳴りが鳴り止まない。」


なんていう人がいます。

別に息が苦しいとか、日常生活をおくるのに問題があるというわけではありません。
しかし、こういう人は運動能力が低くなりますから、荒野のサバンナでライオンにおいかけられれば真っ先に狙われて捕まえられてしまうことでしょう。肉食獣に追いかけられるようなことはないでしょうけどね。地震が来て、津波が起こった時に一緒に逃げた人は逃げ切ったけど、自分は津波に飲まれた。強盗や不審者に追いかけられて逃げ切れなかったなんてことはおこっても不思議ではないと思えます。

極端な例をあげましたが、こんな特殊な状況でしか差がでないわけでもないはずです。
健全な人とくらべて何事にも集中しにくく、持続力も低いという傾向がでるはずです。ですから、何か目標がある、充実した人生を送りたいという人にとっては肺の働きが悪いというのは大きなマイナス要素ということがいえます。まぁ、身近なところでいうなら、首の緊張が抜けにくくなって眠りが悪くなるのですけどね。

気の毒なのは、喘息や気管支炎が治りきっていないために体の調子が悪いという人が少なからずいるということでしょうか。症状だけ強引に薬で止めてしまったせいで、肺の働きが元の元気な状態に戻っていないようです。

心当たりのある方に割合と簡単に確認する方法を1つ紹介しておきましょう。
呼吸というのは息を深くいれるということを意識するようによくいわれいます。しかし、肺の働きの悪い人はこの深くいれるということが自分でうまく認識できません。ですから、息なんて無視して横隔膜に注意しながら呼吸をしてみるのです。可能なら、誰か別の人に脇腹の肋骨に手をあててもらうと横隔膜の動きは認識しやすくなります。横隔膜の右側か左側のどちらかの動きが悪い方がないか注意深く自分の体を観察してみてください。私がみている範囲だと、たいていの人がこのやり方で肺の動きが悪いということを自覚できるようになっています。







関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036