ブログ「日々整体」

いつも腕が疲れている人

いつ体をみても、腕の疲労がひどい、そういう人がいました。
私は、

「体の使い方が下手だね。」

という指摘をしていました。
ちょっと重い荷物をもったり、ハードな仕事をすると腕の疲労がひどくたまってしまって、そこから体の調子が悪くなるのです。

余談ですが、整体で腕の状態を確認すると、

「自分の腕がこんな事になっていとは・・・。」

という人がすくなくありません。
人間の体というのは、腕に疲労がたまっても普通は全身が疲れたと感じます。腕がつかれているという事を自覚できる人はほとんどいません。


さて、今回の方は、指にできたタコが最近になってどんどん大きくなるという話でした。私は気にもしていなかったのですが、長く整体に通われている方だったので、自分の指の使い方がおかしいという事に気がついたのです。

10年以上前に、指を怪我して指がまとも動かなくなりました。
そのためその指を動かすために隣の指にそえて動かすという事を自然にやるようになったのです。

わかりにくいので、試しに中指と薬指を常にくっつけて腕を動かしてみてください。指の力がまったく抜けないことがわかるでしょうか?

何をしても腕がつかれるのは、この指の使い方が原因でした。
以前、怪我をしたときには、

「もう死ぬまで指は動きません。」

と言われていたそうですが、

「そんなはずはないから動かしてみなさい。」

と話すと多少ぎこちないものの動きました。
それではと、指をバラバラに動かすように指導したところ、指にできていたおおきなタコは2週間で消えてしまいました。あまりに強く隣の指を添えていたので、タコができていたのです。

さて、腕の緊張が強くなった場合、交感神経の過剰な緊張がおこります。
腕の疲労からくる体の問題で比較的多いのは、耳鳴りでしょうか。腕からくる交感神経の緊張は内耳に影響することが多いのです。人によってはめまいがすることもあります。

自律神経の働きはこんな事が原因で悪くなるということです。

関連カテゴリー< 手、指のしびれ

静脈瘤という病気

先日、老齢の女性が足が痛いと相談にこられました。
私はひと目みて静脈瘤だとわかったのですが、そのときはその名を失念していて伝えることができませんでした。

「病気なんて見ても意味が無い。」

といつも公言しているせいで記憶しておこうという気があまりないせいです。

相談にこられた時点で、まともに歩けなくもなっていました。
そんな状態にも関わらず皮膚の異常ということで、皮膚科にかよって塗り薬をもらっているとのことでした。その医師の所見は、

「老化のせいである。」

ということでした。
気の毒な事に、完全な誤診といえるでしょう。

実は、静脈瘤で皮膚科にかよっている人は今回がはじめてではありませんでした。
以前も同様に、塗り薬をもらっていたのですが、痛みから塗ることもできずになんとかならないだろうかと相談をされたのです。残念なことに、皮膚科では静脈瘤という判断ができないことがあるようです。

イメージのわかない方は、インターネットで画像検索してみるといいでしょう。ただ、かなりショッキングな写真がでてきますので、それなりの覚悟をもって閲覧してください。

静脈瘤ですが、交感神経の働きが悪くなることによっておこります。
ですから、交感神経の働きを整えてることで整体します。静脈瘤になるような方は胸椎10番、泌尿器(内蔵でいうと腎臓だと思ってもらうといいでしょう。)の働きがすぐに悪くなってしまうため、時間がかかる傾向はあります。しかし、一生付き合わなければいけないというものではないというのが私の考えです。

整体をすると、かなり痛みが和らいだといっていましたが、

「おそらく痛みはまだすぐにでてくるし、ほっておくと歩けなくなるよ。」

と、定期的に通って体を整えるよう説明しましたが、家族の介護があるので難しいといっていました。歩けなくなるまで介護するのかと思いましが、深刻な病気になる人はこのような合理的ではない判断をする事が多いですね。

「あぁ、この人もか。」

と、驚かなくなってしまっている自分に気がつきました。このような方への指導方法はご本人の意思で体を整えるのだという気持ちをもってもらえるように、もう少し工夫が必要なのでしょう。
関連カテゴリー< 整体について

今週土曜日は自律神経についての勉強会です。

HPでのお知らせをやったつもりでできていませんでした。

今週土曜日 9月6日(土) 13時 から自律神経についての勉強会を開催します。
 場所は、長岡京市生涯学習センター6階の和室です。
    http://www.bambio-ogbc.jp/

今回のテーマは全6回の総まとめとして癌という病気を取り上げています。
多くの人が癌とう病気を死に至る病気ということで、必要以上に恐れてしまっています。確かに、自覚しにくい病気ではありますが、元気で健康に暮らしていた人がある日突然癌に気がつくということは絶対にないといいきれます。そこにはもっと前の段階でいくつものサインが体には現れてきているものです。

癌という病気になりやすい自律神経の状態というのは確認できます。
実際、病院の検査より私が先に癌という病気を見つけることもこれまで何回も経験しております。少なくとも、以下のような方は参加してもらうのがよいのではないでしょうか?

・癌の家系なので癌にならないかずっと心配である。
・癌治療が恐ろしくて考えるのもいやだ。
・癌の疑いがあると言われている
・検査で癌がみつかり治療が必要であるといわれている。

癌という病気でもっとも大切なことは、ちゃんとした知識だと私は思います。
テレビドラマ、ニュースで有名人の癌治療などの中途半端な知識しかもっていないから恐ろしいのではないでしょうか?自律神経の働きと癌の関係を知っていれば、癌という病気はそれほど恐れる事はないものだということがわかっていただけると思います。

参加費用は 1000円です。

参加希望の方は、電話にてお名前を知らせておいてください。
 TEL075-954-0036
関連カテゴリー<

間食の話

私はいつも間食をやめなさいという話をします。
間食しすぎて体を壊している人が多いからですが、間食が完全にダメかというとそういうわけではありません。

先日、京都の寺町通りにとある電子部品を買いにいったのですが、売っていませんでした。ほかに用事もなかったので、完全に無駄足を踏んだなぁ、時間とお金の無駄だと感じしょんぼりしていたのです。体も気分も重く沈んでいました。

そこで、気分を切り替えるためにおやつを食べようと、ドーナツのお店にはいりました。
するとそこのドーナツはとても美味しかったのです。まぁ、もともと好きで京都に足を運んだ際には必ず買っていたのですけどね。

すると、気分が晴れ体も軽くなりました。
間食というのは、上手にとるととても効果的です。でも、これを毎日ドーナツを食べていると、日々心も体も元気に過ごせるかというとちょっと違います。

食べるのだけが楽しみとか食べないと仕事やってられないとかいう人はよくいますが、たいていは食べ過ぎで肩が凝るとか腰が痛いとかいっています。食感や味覚を刺激することは快感ではありますが、やり過ぎると体を壊します。これでは、たばこを吸っているのとあまり変わらない行といえるでしょう。味わっているとはとてもいえません。

食べることの喜びというのは、食べた時に体が元気になる事だと私は思います。

「自分はこれを食べてこころと体が元気になるか?」

ちょっと考えてみて欲しいところです。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る 12
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036