ブログ「日々整体」

それは当たり前という感覚

甲野善紀氏の『古武術からの発想』という単行本に面白い一文があったの紹介してみようと思います。

とある学会でこのような発表がなされたそうです。

科学的測定の結果、背の高い者は体重が重いことがわかった。そして、体重の重い物は体脂肪が多いことがわかった。日本人の体内脂肪は、その比率が外国人より多かった。したがって、この体内脂肪の比率を減らせば、日本人はオリンピックでもっと勝てるのではないか

その学会に参加していたその方は、笑いをこらえるのが大変だったのだとか。

似たような話でよくきくのは、

「年をとると、体のある成分が減少してくることがわかりました。その成分を補えば若く元気でいられるのではないか。」

というものでしょうか?

隣に住んでいるおじいさんが、

「エベレストに登るために毎日ごまの油を食べることにした。」

とおおまじめに言っていたら、どうおもうでしょうか?

でも、実はこれ、笑い話ではありません。
いま、科学的検証の結果、以下のようなことがわかっています。

・腰を悪くしている人は、運動が不足していることがわかりました。
・体を悪くしている人は、ストレスを受けていることがわかりました。
・体が細身で太れない人は、食事の量がすくないことがわかりました。
・眠れない人は、交感神経が緊張していることがわかりました。
・耳鳴りのする人は副交感神経の働きが悪いことがわかりました。

などなど、この手の例はつきることがありません。
これらすべて「背が高い人は体重が重い」という程度の話でしかないのですが、多くの人がそこに気づけにいるようです。
関連カテゴリー< ブログ

ダメな電話のかけ方してくる人たち

「整体で自律神経がどうして整うのか教えてほしい?」

と、電話で質問してくる方がいます。
残念ながら、電話でこれを説明するのは無理です。

例えるなら、

「足し算のわかっていない人に掛け算を説明する。」

というようなものです。
体や自律神経についてちょっとでも知っていれば、こういう質問はでてこないからです。ちょっと違うパターンでは、

「耳鳴りなんですが止まりますか?」
「不眠なんですが眠れるようになりますか?」

というものもあります。
はっきり言ってしまうと、体の状態をみていないのにわかるわけがありません。整体の祖、野口晴哉氏は、

「体の状態をみていないのに答えを求めるのは無礼である。」

と言いきっています。
私はそこまで思いませんでしたが、こういう質問をしてくるには何をいっても無駄だなぁということとは感じています。何をいっても聞く耳がないのです。平たくいってしまうと、

「耳鳴りはここに異常があるので、このツボを押せばよくなる。」

というような情報しか求めていないからです。

「そんなことを言ってるから体を壊すんだ。」

と、ここではっきりと言っておきたいと思います。
関連カテゴリー< 整体について

7月の自律神経勉強会の時間がかわっています

7月5日の自律神経勉強会の時間が午前10時~12時に変わっています。
よーいどんの早いものがちで、取り合いになってしまうために、時間を安定させることができません。今後も、このように時間の変更は頻繁にあると思っておいていただくほうがよさそうです。
関連カテゴリー< ブログ

子供の整体

小さな子どもに整体をするとテキメンに体がかわってくるので非常に面白かったりします。
そういうことを踏まえて考えると、大人になると、ひねくれてしまって素直に成果が上がらないのだろうと、冗談抜きで思ったりします。子供というのはそれぐらいすぐに体が変わってきます。

小さな子供でよく相談いただくのは、

・花粉症
・無気力

の2つでしょうか。
ただ、相談頂く場合たいてい両方です。

「花粉症じゃなくて、副鼻腔炎です。」

とかいう人もいますが、私に言わせると大した違いはありません。
こんなこというと乱暴に感じるかもしれませんが、本当にやることは対して変わりません。樹木に例えて考えるなら、

「葉がしおれているか、花がしおれているか?」

という程度の違いです。
そんなとき、どうするか?というと、考えるのは根からちゃんと水が吸えるようにしてあげることです。体質によって多少やり方は変わってきます。もちろんその木の種類によっては、手入れやり方は多少かわると思います。ただ、大元の考え方はそんなにかわらないのです。

さて、体を壊している子供の体をみていると、ほぼすべての子供にいえるのは、

交感神経の働きが非常に悪い

ということです。
交感神経はすべての元気の源です。それがうまく働いていないから、体のありとあらゆるところに問題がでてきます。

特に最近よく聞くのが免疫系の異常です。
私には5歳の息子がいますが、何万人に一人の病気なんていう子供が5~6人います。

「たいへんだ。困った。」

と、途方にくれているようですが、なんのことはない、たいていは交感神経の働きが悪いだけです。



関連カテゴリー< 無気力、不登校

明日は自律神経についての勉強会です。

明日の勉強会のテーマは交感神経についてです。
多くの人がいかに副交感神経をたかめるか?ということを一生懸命に考えていますが、だから自律神経が整わないのです。

実は、明日の交感神経についてが全6回のうちでももっとも大切な内容といってしまっていいと考えています。
会場の都合でGW中にやることになってしまいましたが、たまたまGWに予定がなかったという人にとってはとても価値のある時間にしてもらえるのではないかと思っています。

さて、サイト経由で何人かの方から勉強会の申し込みを頂いていたようです。
ようですというのは、実は、メールフォームに不具合がありまして、当方に申し込みの通知がまったく届いておりませんでした。今朝気がついて修正をしたのですが、その後には申し込んで頂いた方もいるのでもしかしたら、思っていた以上にこられる方いるかもしれません。だったらいいなぁというところですけどね。

さて、そういう事情がありますので、もし申し込みと同時に質問などを頂いていた場合、こちらにその質問が届いておりませんので返事ができておりません。
もし、なにかしら事前に聞いておきたいことがあった場合などはお手数ですが電話にてお問い合わせください。
関連カテゴリー< ブログ
<戻る 12
品川での整体指導予約受付中
名古屋での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036