ブログ「日々整体」

痛みについて

体に異常があるのに痛みがないというのは異常です。
ころんでひざをすりむいたときに、その膝から血がでてきているのに痛くないというのはおかしいのです。

体に問題があるとき、それはなんらかの形、たいていは痛みや違和感として感じます。ただ、それは膝が悪いから膝が痛むという具合にストレートに感じないときがあります。

例えば、胃が悪い時を例に考えると、

・首や肩につまりやコリとして感じる。
・背中に痛み違和感として感じる。
・唇が切れたり、口の中に口内炎ができる。
・手の指が荒れてくる。

など、様々なケースがあります。
同じ人でも季節が変われば違った形で感じることもあります。ただ、これらはたいてい胃の働きが落ちている時にでてくる体の違和感や痛みです。その原因は、食べ過ぎだったり、疲れだったりとケースバイケースではありますけどね。

こういうことを踏まえないで、手が荒れてくるからと一生懸命にハンドクリームを塗っても手肌が綺麗にはなってきません。綺麗になるのは胃の働きが整ったときです。

さて、今日、肩が痛いという人がきました。
茶碗を持つこともできないぐらい痛むのに、検査をしてもらっても、

「筋肉痛です。」

と片付けられたそうです。

体をみたら、骨盤が開いて下がっていました。

「飲み過ぎ食べ過ぎのせいだな。」

とすぐに私は判断しました。
で、そのように整体したら、痛みが楽になったとびっくりしていました。肩なんてなんもさわっていません。本人は、

「どうしてなんだ?」

と不思議がっていまししたが、痛みを感じる場所と体の悪い場所は一致しないことがあるということです。
ただ、こんなものは一時的なものです。

飲み過ぎ食べ過ぎから来るのですから食事をみなおさなければいけません。
だから、

「こんなんはその場しのぎですから、2~3日後にはすぐに痛くなってきますよ。」

私はそう付け加えてどのように変えればよいかを指導しました。
本人はピンときてなかったようでおそらく何も変えないだろうなlと思いました。ただ、痛みがでてきたころには私の説明を思い出すことでしょう。
関連カテゴリー< >
<戻る | トップ | 次へ>
品川での整体指導予約受付中

RSS

月別

自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)


075-954-0036