ブログ「日々整体」

食べ過ぎの体の見方

食べ過ぎの状態は背骨をみればすぐにわかります。

たとえば、一昨日に焼き肉にいってたらふくたべてきた。という場合は、胸椎8番の左側3側というところが堅くなります。3側というの背筋の外側あたりと思っていただくといいでしょう。その食べ過ぎがしばらく状態が続くと、胸椎9番の左または右側の3側が堅くなります。


そして、長い間食べ過ぎがつづいているような人は、胸椎10番の右または左の3側に異常があらわれます。体の異常というと緊張している、つまり堅くなっていると考えがちですが、胸椎10番の3側はちょっと違います。緊張のの異常ではなく、弛緩の異常があわられます。力がぬけてゆるくしまう異常もあるということです。残念ながら、弛緩の異常は慣れていない方には判断が難しいでしょう。


さらに詳しい見方もありますが、さしあたっては食べ過ぎていると胸椎8,9,10番に異常がでてくると考えておくといいでしょう。


「食べ過ぎですね。」


と指摘すると、


「そんなに食べていない。」


と怒る方がいますが、根拠もなしにそんな事をいいません。背骨をみれば食べ過ぎかどうかはすぐにわかるのです。


8,9,10番に異常があれば食べ過ぎなのです。

これはどんなに小食であってもそうです。1日2食しか食べていない、朝はパン1枚だけ、胃の調子が悪くてほとんど食べれない。そんな場合でも、8,9,10番に異常があれば食べ過ぎです。


適切な食事量である腹八分目の食事ができていれば8,9,10番に異常がでてくることはないのです。

関連カテゴリー< 整体について
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036