ブログ「日々整体」

○○が痛い!は問題ありません

「先週、腰が痛かったんですが。」

というような相談をしにこられる方がおられますがまったくの無意味です。どうしてかというと、痛みがでているならそれで問題ないからです。
ところが、

「痛みがあるのになんで?」

と考えてしまう人の方が多いようです。

では、腕をとがったもので切ったとします。
すると、傷から血がでてきて、痛みを感じるはずです。もし、傷があるのに血がでなかったら?それの方がたいへんです。生きている上で何か大きな欠陥があるかもしれない。そういう風にいってしまっても言い過ぎではないでしょう。

この事をふまえて、腰の痛みについて考えていっましょう。
腰の痛みの原因は、

 ・使い痛み。簡単にいってしまえば疲労
 ・食べ過ぎ
 ・冷え

などです。
多いのは、使い痛みと食べ過ぎでしょう。

ちょっと仕事がハードで次の日、腰がいたくなってきた。

これは全然問題ありません。
疲れがでて痛みがでてきたのですから、1~2日体を休めて疲労を抜けばすぐに痛みはなくなってしまいます。

食べ過ぎだって同じです。
食べ過ぎて胃がもたれているのなら、1~2日食事の量を控えて胃を休めればすぐに痛みはなくなります。

そんな状態で、体の経過をしたのを、

「実はこないだの日曜日に腰がいたかったのです。」

なんて、相談されたって、

「あぁ、そうですか。」

としか答えようがないことはわかっていただけますでしょうか?
関連カテゴリー< ブログ
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036