ブログ「日々整体」

腰痛の整体

腰痛を長く抱えている人は、もう一生よくならないと思いこんでいる人が多いようです。

今回、紹介する事例の方も同様のようでした。
数年前にあるスポーツで腰をいためてからずっと腰に痛みをかかえてきており、痛みがなくなることがありませんでした。原因は腰椎(腰の骨)の間がせまくなっているためということを指摘され、改善には手術が必要というようなことを言われていたようです。

ところが、私が実際にみさせていただいたら右の骨盤が下がっているだけでした。そこで実際に、右の骨盤をあげる整体を数回行うと痛みが大きく改善しました。

ただ、ここですこし腰の状態が停滞します。
以前に比べればずいぶん楽になったということなのですが、小さな違和感が消えないのです。

ここで問題になるのは、右腰が下がる原因があるということです。
人間の体は何もしていないのに悪くなるということはまずありません。つまり、腰が悪くなる、また悪くなった腰痛がよくならないということは、腰に対してなにか悪い影響をあたえることをやっているということです。

そこで、生活習慣を確認させてもらうと、夜おそくまで仕事をしており家にかえってから食事をしているということでした。これが右の骨盤が下がる原因だと考えた私は、夜おそくに食べないようにすること、腰の状態よくないときには食事の量を減らすことを指導いたしました。すると2週間程度で残っていた違和感も解消し腰がすっきりとしたそうです。

このように腰痛を解消しようと思うと、単純に整体だけすればいいといことではなく、生活習慣の見直しをすることが必要です。

なお、この方が腰痛にかかった期間は3ヶ月程度です。
数年間、消えなかった腰痛が数ヶ月で解消することはそれほど珍しいことではないということも補足しておきたいと思います。
関連カテゴリー< 腰痛、膝痛
<戻る | トップ | 次へ>

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036