ブログ「日々整体」

耳鳴り(耳なり)の整体事例

耳鳴り(耳なり)の整体事例を1つ紹介いたします。
耳鳴り(耳なり)は耳の原因なので、耳をなんとかしないといけないと思い込んでいる人にとってはよい事例になるでしょう。

70歳の方ですが、最近耳鳴りがひどくなってきたということで相談にこられました。
もともと、体は頑丈で体の悩みなどなかったそうなのですが、母親の介護をするようになってから調子がどうもおかしい。そう感じるようになってきたとのことです。介護がいかに重労働か、よくわかりますね。

話をもどします。

体の状態を聞いていくといくつかの問題がみつかります。

・腰が痛い
・肩が凝る
・疲れやすい
・冷える
・胃の調子が悪い
・耳が聞こえにくい

これの中で、耳鳴りに関係あるのは難聴だと思うかもしれません。
しかし、実際に体の状態を確認すると、胃の調子を崩しているのが原因という事がすぐにわかりました。

胃の調子が悪いことが引き金になって耳なりがはじめることがある。

そういうことです。

体は部分部分の部品の集まりではありません。
人間の体はすべて手、足、内臓、脳そのほかがすべて集まってはじめて人間なのです。耳が悪いから耳だけ交換して、耳がよくなりました。そんな風に、機械を修理するような感覚で考えるとうまくいかないのです。

原因がわかれば、それに応じて整体を行います。
胃の調子を整えることを主眼にして、あわせて耳なりの整体をおこなっていきます。

約2ヶ月程度で、耳鳴りはほぼ気にならない程度になってきました。ただ、気になることがあるようなので整体はつづけていきたいとのことです。

私がメインに行ったのは胃腸の調子を整えるように整体指導することです。
胃が悪くなってすぐに耳なりがするわけではありません。しかし、放置しておくとそれが原因となって様々な所に悪影響がでてくるのです。
そのことがよくわかる事例といえるでしょう。

汗の問題、めまいの整体事例

何年も耳鳴り(耳なり)とめまいに悩んでいた方の事例です。
鍼灸や整形外科ではなかなかよくならないということで相談にこられたのですが、体の状態を確認すると、

腰の痛み、無気力などなど

単純にめまいだけの問題ではありませんでした。

こういうケースで一番たいへんなのは、めまいや耳鳴り(耳なり)といった体の問題が解消するのが一番最後になるということです。
この方も同様で、大半の問題は3~5ヶ月程度で解消したのですが、めまいだけがなかなかすっきりしませんでした。

さて、この方の場合、最後まで残った体の問題は、

汗をかかない

というものでした。

汗というのは体の毒素を外に出すという働きをしているのですが、汗をかかないので、その毒素が体を悪くしていたのです。

汗をかけばいいのかと、

「それじゃ岩盤浴やサウナで汗をかけばいいのか。」

というと、そう単純なものではありません。汗をかく機能というのは、背骨に異常があるとうまく働かないのです。いくら汗をかいても毒素が体の外にでていなければ何の意味もないからです。

汗をかかないという状態は言い換えると、体が冷えている状態という事もいえます。冷えた体ではきちんとした汗はかけないのです。

結局、汗がでるようになるまでには半年以上かかりました。そして、汗がでるようになるとめまいは軽くなってきました。汗をかかないということが原因でめまいや耳なりがすることがあるのです。そして、冷えの解消にはそれぐらい時間がかかってしまうことが珍しくありません。

耳なりの整体事例

耳なりのある方は難聴傾向もある方がすくなくありません。そんな方の事例です。

この方の場合5年前から難聴と耳なりがあるとのことでした。
ただ、いつもいわせていただくことですが、耳だけがおかしいということはまずあり得ません。体の状態を確認してゆくと

・不眠傾向がある。ずっと夢をみているような状態で眠りが浅い
・パニック傾向
・肩こり
・胃のもたれ
・体の冷え

以上のような問題点がみつかりました。

箇条書きにすると、すべて別々の問題に感じるかも知れませんが、原因は1つです。
その原因とは、

・冷え

です。
体を冷やしてしまっているので、それが原因で体のあちこちに異常がでてきてしまっていのです。

整体としは、いつものように自律神経を整える事、耳の調整をおこないますが、同時に胃と冷えとりの整体も行います。

耳なりが気にならない程度におさまってくるのに2ヶ月ほどでした。
5年間なんの変化もなかったものが、2ヶ月です。きっちりと原因をおさえて、整体をおこなっていけば
耳なりはきちんとかわってくるものです。

もう少し体には問題が残っていますので、整体はつづけておられますが、不眠、パニックなどの問題はすでに解消しておりますので、残りは時間の問題といえるでしょう。

耳なりの整体事例

5年前から、耳なりと難聴に困っている方の事例です。

耳なりに困っている方にとても多いのが、

「耳なりだけをなんとかしたい。」

という相談です。

残念ながら、体のしくみを理解すればこれが不可能に近いということがわかります。実際、耳なりの以外にもいくつかの問題がみつかりました。箇条書きにしてみると、

・不眠
・パニック傾向あり
・慢性的な胃炎

などです。

こういった事は体の状態をみすとすぐにわかるのですが、多くの方はこういった事を私が確認するまでおっしゃってくれません。耳なりと関係ないと考えているからでしょう。

これらの問題の原因は、食べ過ぎと冷えでした。

ですから、耳なりを解消するような調整もおこないますが、冷えと食べ過ぎのによって狂った体を整えるのがメインの整体です。それをおこなった上で生活習慣の指導をおこないました。

経過としては、1ヶ月程度の胃の調子が改善。2ヶ月目で、耳なりが苦痛でないぐらいにまでおさまってきました。

ここで注意がひとつあるのですが、多くの方は、「すこしづつよくなる。」というのを期待するのですが、多くの場合は、ある日突然によくなるという風に感じます。この方の場合もそうでした。

まだ、静かなところにいくと少し鳴っているということですので、完全におさまるのはもう少し時間がかかるでしょう。

しかし、何をしたら体が壊れるのか?体の調子が狂いはじめたときに、どう自分が感じるのか?ということを理解し、感じ始めているので改善してくるのは時間の問題といっていいでしょう。

耳なりの整体事例

割合、早く耳なりがとまって事例を紹介します。

「5年前から耳なりがする」

そう、相談にこられたのですが、体の状態を詳しくきくと、

・左足にしびれ
・胃の調子が悪い
・めまい

などもの不調もあわせてもっておられました。

体の状態を確認すると、

・右の骨盤がさがっている。
・骨盤の動きが悪い。

のほか、気になったのが胃の調子がずいぶん悪いことでした。
そこで、行った整体は、

・右の骨盤の調整
・胃の調整
・耳なり、めまいの調整

を行い、胃薬を辞めるほか、生活習慣の改善点を説明しました。
胃の調子が悪いのを胃薬でごまかしてていると体の調子がよくなることがないからです。

すると、わたしもびっくりしたのですが翌週には耳なりがとまっていました。
2回目の整体では左側の骨盤を調整してあげると、しびれもなくなり、不調をまったく感じなくなってしまいました。

耳なりはしつこくつづく傾向があるので通常はこうはいきません。
おそらく、以前はもっと悪かったのだと思います。ただ、だいぶよくなってきたのだけど、万全とはいかない。そんないまいち調子だったようです。ですから、私がやったのは最後によくなるきっかけをちょっと作ったというぐらいだと思います。

ただ、なにかが邪魔をして最後の最後でしっくりこない。

そんな事が体には起こったりします。
<戻る 12

RSS
自律神経整体院

京都府長岡京市天神1丁目1-56
ながおかスタジオビル2F
(阪急長岡天神駅から徒歩1分)

0120-556-435
075-954-0036